【処遇改善】ベテラン介護福祉士賃上げへ│勤続10年・転職の影響は?

2019年10月の介護報酬改訂時に「特定処遇改善加算」という加算が加えられ、主に勤続10年以上の介護福祉士の賃金が上げられることが決まっています。

この改定には消費増税と介護保険料から合わせて2,000億円の予算が充てられ、介護職の人手不足打開に向け大きく前進したと言えます。

実際にどの程度の賃上げが行われるのか、転職した場合はどうなるのか、気になるところを紹介します。

介護福祉士の賃上げ・処遇改善の概要

ざっくり言うと
  • 勤続10年以上の介護福祉士の給与を8万円賃上げできる予算を付けた
  • 基準を満たしていれば、配分は事業者に一任される
  • 転職したから直ちに賃上げ対象外(勤続したら無条件で賃上げ対象)となるわけではない

特定処遇改善加算では、勤続10年の介護福祉士に月8万円の賃上げが可能となる予算が割り当てられました。ここで注意したいのは、一定の基準内であれば配分額は事業者に一任されるということです。

そもそも、この予算はリーダー級の社会福祉士に対して処遇を改善しようという趣旨で付けられました。長く勤めている事だけが重要なわけではなく、現場のリーダーとして活躍している社会福祉士に対して、その仕事に見合う待遇を与えるためのものだと言えます。また、頑張って働いても給料が上がらないという不満や不安を解消し、経験者の離職を防ぐ狙いもあるでしょう。

つまり、勤続10年に満たなくても、転職をしていても、現場のリーダーとして働けるような実力があったり、そうした職務をこなしていれば賃上げ対象とみなされ、逆に長く勤めているからと言って必ずしも賃上げ対象になるとは限らないということです。

実際に、「勤続10年以上」の定義は国で定めず、事業所の裁量に委ねることとなりました。勤続10年になるといきなり8万円賃上げされるわけではなく、事業所の方針に応じて適宜分配されていくと考えられます。あくまで、ベテランに主眼を置いた賃上げ施策であるということです。

転職への影響は?

今回の処遇改善を通じ、事業所やスキルにかかわらず比較的横並びだった介護福祉士の給与額に差がつくことが予想されます。特に介護業界で10年以上働いているリーダー候補と言える職員の場合は、賃上げ対象として見られるかどうかにより大きく異なってくるからです。

事業所によって必要とするリーダー人材も異なります。その施設で勤め続けている人が求められる場合もあれば、他の場所で働いたことがあるなど多様な経験が求められる場合もあるでしょう。

面接などを通じて、どのような仕事や経験があれば賃上げ対象となるのか、賃上げ対象となる場合はどのくらいの賃上げが見込まれるのかをしっかりと聞いて後悔の無い転職をできるといいですね。

勤続10年、8万円の賃上げの対象事業所

処遇改善加算は、全ての事業所が取得できるわけではなく、今までの処遇改善加算のように、要件が定められています。

今回の新加算では、既存の処遇改善加算の「加算Ⅰ」から「加算Ⅲ」を取得していることに加え、処遇改善加算の「職場環境等要件」を満たす取り組みを複数行っていることと、処遇改善の取り組みを「見える化」していることが求められます。

「職場環境等要件」というのは、賃金以外の処遇改善のことを言い、研修の充実や育児休業制度を充実させるなどの取り組みのことで、公費を投入することから事業所にも相応の対応を求める内容となっています。

既存の処遇改善加算の「加算Ⅰ」から「加算Ⅲ」を取得している事業所は89.1%(出典:厚生労働省)ですから、対象外となる事業所も少なからず存在することとなります。

処遇改善に備えて転職エージェントに相談するのもおすすめ

今回の勤続10年を目安とした8万円の処遇改善に備えて、キャリアアドバイザー(転職エージェント)に相談するのもおすすめです。月8万円の賃上げは、年96万円に相当する今までで最大級の処遇改善と言えるでしょう。

もちろん事業所によって異なりますが、基本的には転職をしていても介護職として10年以上のキャリアがあれば、処遇改善の対象となり得ます。

特に処遇改善加算対象外の事業所に勤めている場合、キャリアパスを示されていない場合も多くあります。今後どのようにキャリアアップをしていけばよいか転職エージェントに相談することで、知らないうちに損してしまう可能性を減らすことができるかもしれません。

こちらの記事では、介護に特化した転職サイトやエージェントを紹介しています。登録や相談に費用は発生しないので、気軽に登録して相談してみると良いでしょう。

まとめ

今回は、勤続10年以上のベテラン介護福祉士に対する8万円の処遇改善について紹介してきました。賃上げをきっかけにキャリアについて考えている方も多いのではないでしょうか?

CAREEが「最高の転職」を実現する一助となれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です