クラッチ栄養士の評判や口コミ|登録前にチェック!

栄養士の転職に特化した転職サイトである「クラッチ栄養士」の特徴を解説。
栄養士にありがちな転職理由や、栄養士が転職したいと思ったときにすべきことなどもご紹介します。

栄養士に多い転職理由とは?

クラッチ栄養士

ここからは、栄養士に多い転職理由をいくつか紹介します。

職場によっても異なりますが、栄養士の転職理由としては人間関係・低賃金・仕事量などが多くあげられます。
また、スキルアップを目指して転職を考える方も多いです。
栄養士の現状も合わせて紹介するので、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

待遇や労働環境に不満があった

栄養士の転職理由として一番多いのは、待遇や労働環境への不満です。
調理補助をフルで行っていると栄養士業務が後回しになり、残業時間が増えてしまうケースが多いです。

特に少ない人数でまわしている職場は、忙しさが尋常ではない場合があります。
また、栄養士の平均月収は223,300円(平成30年度の厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」)のように、他の国家資格を使った職業に比べて低いのが現状です。

そのため、精神的・肉体的に過酷な職場で働いており、燃え尽きてしまいそうになっている場合は転職を検討するのがおすすめです。

人間関係に関する悩みがあった

栄養士の転職理由として2番目に多いのは、人間関係に関する悩みです。
栄養士の職場は、保育園や高齢者施設など女性の割合が高い場合が多いです。

そのため、女性特有の馴れ合いや派閥争いなどに巻き込まれる場合があります。
1つの事業所に対して栄養士の雇用人数が少ないため、孤立しやすかったり人間関係の悩みを抱えやすかったりします。

また、調理師との連携の難しさや思っていた仕事内容と違ったなども転職理由として多いです。

スキルアップを目指したかった

栄養士の中には、スキルアップ・キャリアアップを目指して転職する方も多いです。
人手が不足している職場だと毎日同じ業務の繰り返しになりやすく、スキルアップの時間を確保するのが難しいです。

そのため、栄養士の資格を活かせる業界は多種にわたるので、資格とキャリアを活かして転職する方が増えています。
なお、入賞経験や所持している資格はキャリアアップの重要な要素になるので、必ず職務経歴書に記載してください。

栄養士の転職にはクラッチ栄養士がおすすめ!

栄養士

ここからは、栄養士の転職におすすめな「クラッチ栄養士」の特徴を紹介します。
クラッチ栄養士は、転職が初めての方でも利用しやすいとして人気の転職サイトです。

転職サイト選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

完全無料で利用できる

クラッチ栄養士は、完全無料で利用できるのがメリットです。
登録料や利用料などがすべて無料なので、転職サイトを初めて使う方にもおすすめです。

なお、クラッチ栄養士は、持っている資格・希望の働き方や職場・個人情報を入力するだけで簡単に登録できます。
現職と並行しながら転職活動を進めたい方も、ぜひチェックしてください。

会員限定の非公開求人が豊富

クラッチ栄養士は、会員限定の非公開求人を豊富に取り揃えています
栄養士や管理栄養士向けの求人はもちろん、調理師や調理師希望の無資格の人向けの求人も多いです。

また、栄養士の資格取得が見込まれている学生向けの求人もあるため、就職活動にもおすすめです。
非公開求人は公開求人に比べて良い条件の求人が多いので、ぜひ登録して自分に合った求人を見つけてください。

LINEでの相談も可能

クラッチ栄養士は、LINEでの相談ができるのも魅力です。
日常で使う機会の多いLINEでやり取りできるので、メールに慣れていない方でも安心して利用できます。

また、クラッチ栄養士は相談だけでも利用できるため、転職活動を始めようか迷っている方にもおすすめです。
少しでも転職したい気持ちがある場合は、ぜひクラッチ栄養士を利用してみてください。

栄養士におすすめな転職先は?

栄養士

ここからは、栄養士におすすめな転職先を紹介します。

栄養士として働いたキャリアや得た知識は、飲食業界・食品業界・スポーツ業界などさまざまな業界で活かせます。
国家資格である栄養士資格を存分に活かして働ける転職先を紹介するので、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

給与アップを求めるなら民間病院

給与アップを求めたい場合は、民間病院を選ぶのがおすすめです。
民間病院は学校現場より給与が高い場合が多く、福利厚生も充実しているところが多いです。

なお、病院で働く栄養士の仕事は、臨床部門と給食部門に分けられています。
給食部門は、入院患者向けの献立作成や調理などを行います。
献立作成だけでなく調理も行うため少しハードですが、やりがいを感じられるとして人気です。

一方、臨床部門は栄養指導や栄養管理計画書の作成などを行います。

安定した収入を求めるなら公的機関

安定した収入を求めたい場合は、公的機関を選ぶのがおすすめです。
公的機関なら、公務員として安定した収入が保障されるほか、退職金がもらえます。

毎年昇給がある職場も多いので、キャリアアップを目指したい方にもおすすめです。
なお、地方公務員の栄養士の主な勤務先は、公立学校・都道府県設置の保健所・福祉センター・保健センター・自衛隊などです。

保健所や保健センターで働く栄養士は栄養士と呼ばれ、給食施設指導や乳幼児健診の個別栄養相談などを行います。

人と関わるのが好きなら保育園や介護施設

人と関わることが好きな場合は、保育園や介護施設を選ぶのがおすすめです。
保育園は学校に比べて大人数ではないため、余裕をもって献立を考えやすいです。

また、保育園の栄養士はブランクがあってもチャレンジしやすい傾向にあります。
そのため、結婚・出産後に栄養士の資格を活かして働きたい方にもおすすめです。

ひなまつりやクリスマスなど、イベントにちなんだメニューを考えるのが楽しいという方も多いです。
さらに、子どもや入所者の「おいしい」を毎日聞けるので、やりがいを求めたい方もぜひチェックしてください。

食品に興味があるなら食品メーカー

食品に興味がある場合は、食品メーカーを選ぶのがおすすめです。
栄養士になる際に食品関係の栄養成分を学ぶため、その時に得た知識を存分に活かして働けます。

なお、食品メーカーでは、食品・健康食品の提案やサプリメント開発などを行います。
他の職場と違い、消費者の求めているものを調査したり、リニューアル商品の商品設計を行ったりする場合も多いです。

他の部門と協力して仕事をする機会も多いので、コミュニケーション能力も鍛えておくとよいでしょう。

スポーツに興味があるならスポーツ業界

スポーツに興味がある場合は、スポーツ業界へ転職するのもおすすめです。
スポーツ施設の栄養士は、アスリートの体調を整える献立を考えたり食事に関するアドバイスなどを行います。

また、アスリートやジムの利用者に向けてセミナーを開催する場合も多いです。

なお、スポーツ業界へ転職する場合は公認スポーツ栄養士の資格を取っておくのがおすすめです。
管理栄養士の資格があればスポーツ栄養士になることは可能ですが、持っておいた方がスポーツ栄養士としての知識を証明できます。

栄養士が転職したいと思ったときにすべきこと

クラッチ栄養士

ここからは、栄養士が転職したいと思ったときにすべきことを紹介します。
栄養士から転職したいけど、どのように行動すればよいかわからない方におすすめです。

転職活動をスムーズに進めるためにも、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

明確な転職理由を持って上司に相談する

栄養士から転職したい場合は、明確な転職理由を持って上司に相談するのがおすすめです。

円満に退職するためにも、いきなりやめるのではなく前もって明確な理由を伝えていきましょう。
明確な理由を説明すれば上司からの理解も得やすいです。

「キャリアアップを図りたい」「別の仕事で視野を広げたい」など、意欲を伝えるのもおすすめです。

今後のキャリアプランを立てる

栄養士から転職したいと思った場合は、今後のキャリアプランを立てましょう
キャリアプランを考えると、仕事を辞めてから転職するまでの計画を立てやすくなります。

そのため、転職先・転職先の年収・スキルアップが可能かどうか・やりがいの有無などを具体的に調べましょう。
なお、福利厚生の充実度や家からの通いやすさなども調べておくのがおすすめです。

転職サイトに登録する

栄養士から転職したい場合は、転職サイトに登録するのがおすすめです。

転職サイトに登録すれば、条件を入力するだけで大量の求人を見られます。
自分にこだわり条件を入力できるサイトもあるので、ぜひ自分に合った転職サイトに登録してください。

なお、栄養士から転職したい場合は、栄養士に特化した転職サイトを選ぶのがおすすめです。

栄養士の転職における注意点

注意点

ここからは、栄養士の転職における注意点を詳しく紹介します。
転職するなら、のびのびと働ける自分に合った職場を見つけたいですよね。

しかし、いくつかの注意点を守らないと思った職場に転職できない場合があります。
そのため、栄養士からの転職を考えている方はぜひ以下を参考にしてください。

給与や福利厚生をチェックする

転職を考えている場合は、転職先の給与や福利厚生をチェックしてください。
基本給の金額と合わせて、ボーナスの金額もしっかりとチェックしましょう。

なお、資格手当・住宅手当・食事の補助の有無なども確認したい項目です。
ほかにも、産休の取得の可否や介護休暇の有無なども確認しましょう。

残業の有無や休日をチェックする

転職を考えている場合は、残業や休日の有無をチェックしてください。
現在の職場に比べて給与が高くても、職場環境が良くなくては本末転倒です。

また、職場によって勤務形態や休みの取り方が異なります。
そのため、年間の休日日数や1ヵ月当たりの休日日数を事前に確認してください。

職場までの通いやすさをチェックする

転職を考えている場合は、自宅から職場までの通いやすさをチェックしてください。
給与が良くても、通うための交通費が高いのでは意味がありません。

また、職場への通いやすさは働くモチベーションにも影響をもたらします。
そのため、必ず自宅から職場までの通いやすさや駐車場の有無などを確認してください。

仕事内容をしっかりとチェックする

転職先を選ぶ際は、仕事内容もしっかりとチェックしてください。
いくら給与が高くても、仕事内容が粗悪では肉体的・精神的に負担がかかってしまいます。

また、献立を作る仕事をしたいのに、調理ばかりではやりがいを感じられません。
そのため、自分が希望している仕事内容に沿っている職場かどうか必ず確認してください。

まとめ

栄養士

今回は、栄養士の転職におすすめなクラッチ栄養を紹介しました。
クラッチ栄養士は、完全無料で利用できる転職サイトであり、相談だけの利用も可能なのが魅力です。

会員限定の非公開求人も豊富なので、スキルアップを目指したい方にもおすすめです。
転職に不安がある人でも、クラッチ栄養士を使えば自分に合った求人に出会えるはずです。
LINEでのやりとりも可能なので、まずは一歩を踏み出してみてくださいね。

管理栄養士おすすめの転職サイト 

2022年10月1日
The following two tabs change content below.
株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

青山学院大学経済学部卒業後、株式会社キャリアデザインセンターに入社。IT業界、コンサルティングファーム、重機メーカー、飲食業界など、大手上場企業から中小ベンチャーまで200社以上の中途採用に携わる。その後、大手ITサービス企業の人事として年間数百名規模の人材採用に従事。2015年株式会社STORIO設立。キャリアコンサルタントとして転職支援を行うとともに、人事領域のプロフェッショナルとして人材採用支援、組織開発などのコンサルティングも行う。
株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

最新記事 by 株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】 (全て見る)