ゲーム業界への転職でおすすめな転職サイト・転職エージェント5選【2019年】

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。
転職希望者/男性

2018〜19年は“VR(Virtual Reality)元年”で、ゲーム業界は超売り手市場と聞いています。

そこで、転職を考えているのですが、おすすめの転職サイト・転職エージェントはどこですか?

転職希望者/女性

話題のスマホゲーム・アプリを自分でも作りたいので、エンジニア職で転職を考えています。

ゲーム業界に強い転職サイト・転職エージェントを教えてください。

当記事ではゲーム業界に強い「おすすめの転職サイト・転職エージェント」を5社紹介します。

人気のゲーム業界に転職したい方は、良質な求人を多数抱えている転職サイト・転職エージェントを利用するのがおすすめです。

目次

ゲーム業界でおすすめな転職サイト・転職エージェントの選び方

ゲーム好きでゲームに関しては人より詳しいけど、ゲーム制作に関しては知識がない…という方は転職サービスを活用しましょう。

ここからは、ゲーム業界を目指す人に向けて登録すべき転職サービスのポイントをご紹介します。

おすすめの選び方①ゲーム業界に強いところを選ぶ

転職サイト・転職エージェントは数多くの種類がありますが、ゲーム業界を目指す方は、ゲーム業界に強いサービスを選ぶことが大切です。転職サービスには幅広い業界・職種をカバーする総合型と専門職を中心とした特化型に分かれます。

総合型の転職サービスにはゲーム業界の求人も取り扱いがありますが、より専門的な求人を探すならば、特化型にも登録しましょう。例えば、ゲーム業界と一口に言っても、ソーシャルゲーム、オンラインゲーム、家庭用ゲーム機、アプリなど様々な種類あります。

転職サービスに登録する前に、自分の目指す求人が多いかどうか確認することが大切です。

おすすめの選び方②ゲーム業界の仕事に精通しているアドバイザーがいるところを選ぶ

ゲーム業界に特化した転職エージェントは、業界出身者が担当アドバイザーとなって相談役になってくれたり、求人紹介をしてもらえます。ゲーム業界の転職サポート実績が多く、未経験者の転職成功も多い業者に登録すると安心して利用できますね。

ゲーム業界の職種選びに悩んでいる方は、キャリアアドバイザーに適性チェックしてもらうことをおすすめします。

おすすめの選び方③自分が希望する勤務先をカバーしているところを選ぶ

ゲーム業界に特化した転職サービスは首都圏や都市部の求人のみ取り扱っている場合があります。ゲーム制作会社やIT・ウェブ企業の拠点は、都市部に集中している傾向にあり、地方には求人が少ないのが特徴です。

地方在住者でゲーム業界を目指す方は、総合型の転職サービスを使って幅広く求人を探して絞り込みすると良いでしょう。

ゲーム業界への転職でおすすめな転職サイト・転職エージェント5選【2019年】

ここからは、ゲーム業界に強いおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較ランキング形式でご紹介します。

ゲーム業界への転職でおすすめな転職サイト・転職エージェント5選|比較ランキング早見表

おすすめ比較ランキング順位 転職サイト・転職エージェント名
おすすめ比較ランキング1位 マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

おすすめ比較ランキング2位 レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめ比較ランキング3位  ワークポート

ワークポート

おすすめ比較ランキング4位 Geekly

Geekly

おすすめ比較ランキング5位  

doda 転職サイト・転職エージェント

ゲーム業界におすすめ1位:マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

人気の高いゲーム業界に転職するなら、「マイナビクリエイター」の利用は欠かせません。「マイナビクリエイター」は、大手人材会社が運営するIT・Web・ゲーム業界に特化した転職サイト・転職エージェントです。

最大の特徴は、トレンドの変化の激しいゲーム業界に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍していることです。専門職に特化しているからこそ、他の転職サイト・転職エージェントでは実現できない徹底した選考対策をサポートしてくれます。

また、「マイナビクリエイター」はポートフォリオの作成のアドバイスが充実していることでも有名です。転職を考えているエンジニアの方の多くは、Githubなどを利用して自分のポートフォリオを作成していることでしょう。

マイナビクリエイターの口コミ・評判

ゲーム業界におすすめ2位:レバテックキャリア

レバテックキャリア

現在すでにゲーム業界で働いた経験がある方には、「レバテックキャリア」がおすすめです。急成長中ベンチャー企業「レバレジーズ」が運営するレバテックキャリアは、メガベンチャーを始めとした人気企業の求人を多数抱えています。

そのため、キャリアアップを狙うゲーム業界志望に特に利用されています。また、これまでの利用者の中には、転職を成功させて年収が320万円もアップした人がいます。ゲーム業界のハイクラス求人を探しているのなら、レバテックキャリアを利用しておけば間違いないでしょう。

レバテックキャリアの口コミ・評判

ゲーム業界におすすめ3位:ワークポート

ワークポート

ゲーム業界への転職を検討している人の多くが、現役のエンジニア・プログラマーです。しかし、中には全くの未経験から異業界・異業種のゲーム業界に足を踏み入れる人もいます。

「ワークポート」は、このような未経験からゲーム業界に転職したいと考えている人におすすめの転職サイト・転職エージェントです。他の転職サイト・転職エージェントと違い、登録情報の入力が簡単なので、転職経験があまりない方でも気軽に利用できます。

ワークポートの口コミ・評判

何件か登録しましたが、ワークポートの登録が一番簡単でした。めんどくさがりなので登録が早く完了するのは魅力がありました。求人案内のメールや電話もしっかりあったし満足しています。

★★★★ 4.0

出典:みん評

ゲーム業界におすすめ4位:Geekly

Geekly(ギークリー)

Geeklyはベンチャー企業でバリバリ働いて、急成長したい人におすすめの転職サイト・転職エージェントです。年収が700万〜1000万円のハイクラス求人も多いため、「レバテックキャリア」と並んでキャリアアップ志向の人に向いています。

また、求人全体の傾向としてはゲームディレクター・ゲームプロデューサーなどの上流のポジションでの募集が目立ちます。そのため、エンジニアやプログラマーをディレクションする仕事を経験したい人にもおすすめです。

Geeklyの口コミ・評判

ゲーム業界におすすめ5位:doda

doda

「doda」は、パーソルキャリアが運営する業界二番手の規模を誇る転職サイト・転職エージェントです。一般に、「doda」のような業界・業種問わず、幅広く求人を抱えている業者を総合型転職サイト・転職エージェントといいます。

総合型転職サイト・転職エージェントの最大の特徴は、圧倒的な求人保有量です。「doda」には、合計で10万件以上の求人を保有しており、ハイポジションでの採用が見込める非公開求人も多数抱えています。

そのため、他のゲーム業界に特化した転職サイト・転職エージェントよりも、広い視野で求人を紹介してもらうことができます。

dodaの口コミ・評判

昔から知っている名前ですし、何となく安心感がありました。良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

ゲーム業界でおすすめな転職サイト・転職エージェントの使い方とは?失敗しないための方法5選

ゲーム業界に強みのある転職サイト・転職エージェントに登録したら、最大限に活用して情報収集することが大切です。

おすすめの使い方①ゲーム業界のキャリア相談をする

ゲーム業界は、主に総合系、ソフト系、モバイル系の3パターンに分かれており、自分が何を目指すかを明確にしましょう。ハードとソフトを両方開発している総合系は、任天堂やソニーコンピューターエンターテイメントが挙げられます。

ソフトを専門に開発しているゲーム会社は、セガサミーHDやバンダイナムコHDが代表的です。近年、需要が急速に高まっているのがスマホなどのモバイル端末で遊べるモバイル系です。

モバイル系はサイゲームス、ガンホーなどのゲーム会社が挙げられます。漠然とゲーム業界へ進みたいけど適性が分からないと言う方は転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

おすすめの使い方②ゲーム業界の情報や転職市場の情報を教えてもらう

ゲーム業界は、近年の急速なインターネット・スマートフォンの普及により、モバイル系のゲーム企業が順調に業績を伸ばしています。今後もゲーム業界全体で成長を続けることが予想されており、未経験からゲーム業界を目指す方は求人数が増えているモバイル系を要チェックしましょう。

未経験からの転職者が多い職種は、ゲームプログラマー、デバッカー、プランナーが挙げられます。転職エージェントは最新のゲーム業界の動向に詳しいので役立つ情報を教えてくれるでしょう。

おすすめの使い方③ゲーム業界の非公開求人を紹介してもらう

ゲーム業界の有名企業へ転職したい方は、なるべく多くの転職エージェントに登録して、非公開求人を紹介してもらうことをおすすめします。 非公開求人には、ゲーム業界の有名企業の求人、高収入案件などいわゆるお宝案件の宝庫です。

一般公開されていない特別な非公開求人は会員登録した人だけが紹介してもらえる仕組みになっています。

おすすめの使い方④ゲーム業界に特化した面接対策で内定率を上げる

ゲーム業界は全体的に勤務時間が長く、残業が多めの企業が多い傾向にあります。スケジュール通りに進めるのは難しく、常に時間に追われる仕事を覚悟しなければなりません。

面接ではどれだけ忍耐力があり、問題解決能力があるかどうかを判断されるので、しっかり面接対策しておく必要があります。担当のキャリアアドバイザーはゲーム業界を意識した面談対策を行ってくれるので、本番では自信を持って臨めるでしょう。

おすすめの使い方⑤キャリアアドバイザーに推薦文を書いてもらう

実務経験があり、スキルに自信がある方は、キャリアアドバイザーに推薦状を書いてもらうことをおすすめします。 推薦状とは履歴書・職務経歴書に添えて自分を売り込んでもらうための紹介文です。

キャリアアドバイザーに推薦状を書いてもらうと、採用担当者にアピールできるので依頼してもうと良いでしょう。

【Q&A】ゲーム業界への転職でよくある質問

ここからは、ゲーム業界へ転職する際に感じる疑問点を解決していきます。

Q.ゲーム業界に特化した転職サイト・転職エージェントがおすすめな理由とは?なぜ使うべき

  • 企業側の事情をよく知ったキャリアアドバイザーが担当してくれる
  • エンジニア・プログラマー志望の人には、元業界出身者が対応してくれる
  • 最新の技術動向に詳しいため、転職市場で求められるスキルを教えてくれる
  • 現状の自分のスキルと企業側が求めているスキルとのマッチング度合いを正確に測ってくれる
  • 採用担当者の目を引くポートフォリオ(Githubなど)の作成をサポートしてくれる

Q.ゲーム業界への転職で転職サイト・転職エージェントを使うメリットとデメリットとは?

メリット デメリット
  • ゲーム業界の求人の選択肢が広がる
  • ゲーム業界に詳しいキャリアアドバイザーに相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類選考の通過率が上がる
  • 履歴書・職務経歴書の採点やアドバイスを受けられる
  • 希望する条件に合わない求人を勧められることがある
  • 地方の勤務地の求人は少ない
  • キャリアアドバイザーの質にはばらつきがある

Q.30代・40代でゲーム業界に転職するのは厳しい?

近年のゲーム業界の転職動向は、プログラマー不足に悩まされており、クリエイターやプログラマーの求人数が急増しています。

ゲーム業界においては、30代・40代でも実務経験とスキルがある場合は、採用されるチャンスは十分にあるでしょう。

Q.未経験でゲーム業界に転職するのは難しい?

多くのゲーム会社は、ソーシャルゲーム系のデバッカーや営業職、プランナーは未経験者も積極採用しています。

ただし、ゲーム制作の根幹に関わるデザイナー、ディレクター・プロデューサーの場合は即戦力が求めれるので全くの未経験は難しいでしょう。

Q.女性でもゲーム業界への転職を成功させることはできる?

企業によるため一概にはいえませんが、20代から30代であれば女性でも十分にゲーム業界への転職は可能です。

女性のコミニュケーション能力の高さは将来マネジメントを任されることもあり貴重な人材です。

Q.ゲーム業界への転職理由で困っている・・・。どんな志望動機なら選考を通過できる?

志望動機は、自分が目指している目標と企業のキャリアビジョンを合わせてアピールすると好印象です。

経験者の方は、自分のスキルを活かして企業に何を貢献できるか、将来どうなっていたいか明確にしておきましょう。

Q.面接ではどんなことに注意すればいい?

ゲーム業界の開発職の場合、「どんなゲームを制作したいですか?」は面接で必ず聞かれる質問です。ゲームサイトのウェブデザイナーの場合は、自分はどういうサイト作りが得意なのか、自分の能力を魅力的に語ります。

コーポレートサイト、ブランディングやIR・CSRなどの領域にも対応できるかなど、保有スキルを明確にしておきましょう。

Q.ゲーム業界から別の職種に転職するならおすすめは何?

ゲーム業界から、ウェブ・IT業界・SNS業界へ転職して、製作スタッフ、ディレクター、プロデューサーなど管理職クラスに携わる方が多いようです。

デジタルCG技術を持つ人は、デザイン映像系、システム開発への転職もおすすめです。

ゲーム業界への転職でおすすめな転職サイト・転職エージェントまとめ

ゲーム業界への転職でおすすめな転職サイト・転職エージェントまとめ

以上、当記事ではゲーム業界に強い転職サイト・転職エージェントを比較ランキング形式でご紹介しました。

「これからゲーム業界に足を踏み入れる方」や「すでにエンジニアとして活躍している方」は、自分の市場価値を常に把握して、転職を積極的に考えることをおすすめします。

IT・Web業界に強いおすすめの転職サイト・転職エージェント9選【未経験もOK】

2018年11月1日

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。