JACリクルートメントに登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

転職希望者/男性

JACリクルートメントはエージェントの質が1番高い

こんなことがよく言われていますし、私も同感です。

とはいえ、JACリクルートメントにはどんな特徴・メリット・使い方があるのか疑問に思う人も多いことでしょう。

ここでは、そんな疑問をエージェントを使用して転職してきた私の視点から解決します。

簡単に読めますし、今後JACリクルートメントを使用して転職を考えている方のお役に立てれば幸いです。

この記事を読んでわかること

  • JACリクルートメントの特徴は?
  • JACリクルートメントの口コミ・評判
  • 「JACリクルートメント」と「他の転職エージェント」を徹底比較!
  • JACリクルートメントを利用する5つのメリット
  • JACリクルートメントを利用する2つのデメリット
  • JACリクルートメントがおすすめなのはこんな人!
  • JACリクルートメントを上手に使う方法
  • JACリクルートメントに登録してから利用までの流れ

目次

JACリクルートメントの特徴は?

JACリクルートメントは、ロンドン発祥の転職エージェントです。

アジアの国を中心とした7ヶ国で業務提携を行っております。

そのため、JACリクルートメントには「世界から様々な企業の案件」「エージェントの質が高い」などの特徴もあり、海外で働きたい方や質の高いエージェントと転職活動を行いたい方におすすめです。

ここでは、そんなJACリクルートメントの特徴を3点紹介していきます。

①外資系企業の転職に強い

JACリクルートメント 特徴

JACリクルートメントはアジアの国を中心とした国と業務提携を組んでいます。

具体的には、「中国」「韓国」「インドネシア」などのアジア7ヶ国が存在します。

日本のみならず海外の企業にも対応しているため外資系の求人が多いです。

そのため、外資系の転職支援実績も多く外資系企業の転職に強いです。

②ミドル層の転職成功事例が多い

JACリクルートメント 特徴

JACリクルートメントはこれまでの経験を生かして転職をしたいミドル層のサポートが手厚で、転職成功実績も多いです。

転職先でもキャリアアップを望んでいる方に1人1人の価値や動向などを的確なアドバイスを行います。

また、JACリクルートメントが一般的に公開している求人が3割程度と言われていて、残りの7割はエージェントを通じて紹介してくれる非公開求人となっています。

そのため、経験を生かして転職行いたいミドル層が多いです。

③エージェントの質が高い

JACリクルートメント 特徴

JACリクルートメントの特徴の一つとしてエージェントの質が高いです。

なぜなら、JACリクルートメントのコンサルティング体型は一気通貫型となっているからです。

一気通貫型とは、企業側と求人側と同じ人がコンサルタントを担当していることです。

もちろん、面接サポートやカウンセリングなども行っています。

そのため、一般的なエージェントが行えない「仕事内容」「面接内容」「採用背景」などのサポート・アドバイスもしてくれます。

JACリクルートメントのいい口コミ・評判

JACリクルートメント 口コミ 評判

ここからは実際にJACリクルートメントを利用した人のいい口コミ・評判をまとめていきます。

JACリクルートメントのいい口コミ・評判まとめ

  1. 担当のキャリアアドバイザーがとても優秀
  2. 対応がスピーディで安心して任せられた
  3. 外資系企業への転職に強い
  4. 企業の採用担当者に強く推薦してくれる
  5. 年収の高い求人を多数抱えている

①担当のキャリアアドバイザーがとても優秀

JACリクルートメントの担当の方は、とても親身になってくださり、私の続けてきたキャリアだけでなく、経験から可能性のある職種を紹介していただきました。別のエージェンシーの方と話していた時に、JACの担当の方のことをご存知で、その方だったらこの辺りの企業から厚い信頼を受けているから、大丈夫ですよと言われたくらいです。

★★★★ 4.0

出典:みん評

②対応がスピーディで安心して任せられた

抱いていたイメージの通り、エージェントの対応は良く、非常にテキパキと動いてくださり終始スムーズに、スピーディな対応をしてくださったことが強く印象に残っています。将来を見越したアドバイスも的確に行っていただけました。

★★★★ 4.0

出典:みん評

③外資系企業への転職に強い

コンサルタントが元外資系で働いていたこともあって、外資の内情に詳しかったです。話がすぐ通じたのでストレスなく話を進められました。

★★★★ 4.0

出典:みん評

④企業の採用担当者に強く推薦してくれる

⑤年収の高い求人を多数抱えている

JACリクルートメントの悪い口コミ・評判

JACリクルートメント 口コミ 評判

ここからは実際にJACリクルートメントを利用した人の悪い口コミ・評判をまとめていきます。

JACリクルートメントの悪い口コミ・評判まとめ

  1. 担当者によっては対応が悪いこともある
  2. 効率的に対応してもらえるが、少々ドライに感じることもある

①担当者によっては対応が悪いこともある

良い評価されてる方もいらっしゃいますが、私にとっては?でした。 登録しに行った時に対応した担当者はいい加減そうだったし、一社紹介してはくれましたがその後連絡なし。 他のエージェントからはもっと紹介があったし、現状の確認などフォローもあったので、やる気のなさを感じました。

★ 1.0

出典:みん評

②効率的に対応してもらえるが、少々ドライに感じることもある

コンサルタントも良い意味でドライで無駄がなかったです。第二新卒や、転職経験が少ない人には面談時の同行がありませんので、心細く感じるかもしれません。。

★★★ 3.0

出典:みん評

「JACリクルートメント」と「他の転職エージェント」を徹底比較!

JACリクルートメント 比較

JACリクルートメント以外の転職エージェントでは主に「リクルートエージェント」「doda」などが存在します。

JACリクルートメントと他の転職エージェントでは様々な違いがあります。

しかし、各転職エージェントの違いがわかっていない方も多いと思います。

ここでは、JACリクルートメントと他の転職エージェントの違いを比較していきます。

「JACリクルートメント」と「リクルートエージェント」の違いとは?

リクルートエージェントの特徴として、下記の2つが挙げられます。

▽リクルートエージェントの特徴

  • リクナビの求人情報を担っている
  • セミナーの数が多い

膨大な求人情報をリクナビを通じて担っているので様々な求人が存在しています。

また、面接や履歴書などのセミナーを多く行っておりサービスも豊富です。

具体的に、JACリクルートメントとの違いは「国内求人情報の多さ」「参加できるセミナーの数」があります

「JACリクルートメント」と「doda」の違いとは?

doda

dodaの特徴としては、下記の2つが挙げられます。

▽dodaの特徴

  • 地方転職に有利
  • 国内各地に拠点がある

dodaは国内各地に拠点が存在していて、全国から対応が可能です。

また、全国からの対応が可能ということで、地方の転職に有利になる点もあります。

具体的に、JACリクルートメントとの違いは「国内の拠点数」「地方転職に有利」があります。

JACリクルートメントを利用する5つのメリット

JACリクルートメント メリット

JACリクルートメントは、アジア7ヶ国で業務提携を行っており様々なメリットがあります。

具体的には、下記の5つのようなメリットがあります。

▽JACリクルートメントを利用する5つのメリット

  • サポートが手厚い
  • ハイキャリアな求人が多い
  • 外資系企業の求人数が多い
  • 企業情報に詳しい
  • エージェントの質が高い

ここでは、各JACリクルートメントを利用する5つのメリットについて紹介していきます。

メリット1:サポートが手厚い

JACリクルートメント メリット

JACリクルートメントでは、各サポートが手厚です。

様々なサポートがありますが、主に「転職者にコンサルタント付きで面談」「戦略的なアドバイス」などが上げられます。

各転職者には、コンサルタント担当者が付き場合によっては面談を行うことができます。

面談を行うことで、転職活動を悩むことなくスムーズに行うことができます。

また、戦略的なアドバイスなども行ってくれるので納得できる転職が期待できます。

メリット2:ハイキャリアな求人が多い

JACリクルートメント メリット

30代〜40代で今まで経験を今後の転職先に生かしたい方が多くいます。

しかし、転職サイトにはハイキャリアな求人が中々見つからない方もいます。

JACリクルートメントでは、「外資系」「金融系」などでハイキャリアな求人が多いので、今後更なるキャリアアップをしたい方にオススメです。

メリット3:外資系企業の求人数が多い

JACリクルートメント メリット

JACリクルートメントでは、アジア7ヶ国との業務提携を行っており、外資系企業の求人数は業界トップクラスです。

これまで、様々な外資系企業に人材を送り込んできた実績やノウハウがあり、サポートが心強いです。

例えば、外資系企業への転職で問題となる「英文」「現地状況」など、サポートや日本では中々手に入らない情報を得ることができます。

今後、外資系企業に転職を考えている方におすすめです。

メリット4:企業情報に詳しい

JACリクルートメント メリット

JACリクルートメントは一気通貫型のスタイルを取るので、企業側と求人側とで同じ人がコンサルタントを担当しています。

直接企業側の方が担当ということもあり、「採用背景」「面接内容」などリアルタイムな情報を得ることができます。

また、環境のニーズにあった面接対策や履歴書の書き方なども行ってくれます。

メリット5:エージェントの質が高い

JACリクルートメント メリット

JACリクルートメントには、「ハイキャリアの求人が多い」「一気通貫型のコンサル担当者」という特徴があります。

ハイキャリアの求人が多いため、エージェントは高い知識が求められます。

そんなエージェントから、「面接対策」「面談」と受けることができるので、的確なアドバイスが期待できます。

JACリクルートメントを利用する2つのデメリット

JACリクルートメント デメリット

JACリクルートメントには様々なメリットがありましたが、その分デメリットもあります。

具体的には、下記の2つのようなデメリットがあります。

▽JACリクルートメントを利用する5つのデメリット

  • 市場価値が低いと求人が少ない
  • 強い意欲が必要

ここでは、JACリクルートメントデメリットについて紹介していきます。

デメリット1:市場価値が低いと求人が少ない

JACリクルートメント デメリット

JACリクルートメントでは、ハイキャリアな求人が多いです。

また、キャリアアップへの関心が評価される場合もあります。

そのため、「キャリアが豊富ではない」または「キャリアアップに関心が無い」ような人材には求人が少なくなってしまいます。

ハイキャリアな求人が多い分人材に求められるハードルも高くなります。

デメリット2:強い意欲が必要

JACリクルートメント デメリット

ハイキャリアの求人への転職には強い意識が必要不可欠になります。

強い気持ちが感じられない場合は企業に入社できませんし、エージェントからは意思が無いと判断されサポートが受けられない場合もあります。

JACリクルートメントがおすすめなのはこんな人!

JACリクルートメント おすすめ

ここまで、JACリクルートメントのメリット・デメリットについて紹介してきました。

「外資系に強い」「エージェントの質が高い」などの魅力的なメリットがあるJACリクルートメント。

できることならぜひ利用してみたいと思っている人は少なくないはず。

しかし、ハイキャリアにこだわるJACリクルートメントは誰もが利用できるとは限りません。

そこで、ここからはJACリクルートメントがおすすめな人を紹介していきます。

JACリクルートメントがおすすめな人は、以下のような人です。

▽JACリクルートメントがおすすめな人

  • 外国語の能力が高い
  • 海外勤務経験がある
  • マネジメント経験がある

JACリクルートメントでは、外資系企業や海外勤務になる可能性が高いため、外国語の能力や海外勤務経験などが必要になってきます。

また、キャリアとしてマネジメント経験があると良いでしょう。

キャリアアップしたい方で外国語能力や海外勤務経験がなくても、マネジメント能力があれば採用されるケースもあります。

JACリクルートメントを上手に使う方法

JACリクルートメント 上手に使う方法

ここからは、JACリクルートメントを上手に使う方法を紹介していきます。

①優先的に求人を紹介してもらう方法

優先的に求人を紹介してもらうためには、以下の2つの方法を取る必要があります。

▽JACリクルートメントで求人を優先的に紹介してもらう方法

  1. 転職希望時期を早める
  2. 初回面談に出る

ここからは、担当者に良い求人を紹介してもらうための具体的な方法を詳しく解説していきます。

転職希望時期を早める

エージェントは転職成功が大きな実績になります。

そこで、転職時期を早めに設定することを伝えることで、優先的に求人を紹介してくれる可能性が高まります。

しかし、紹介されたからといって必ず入社しなくてはならない訳ではありません。

条件をしっかり確認して判断しましょう。

初回面談に出る

エージェントが求人にあった転職者を探すのに初回面談に訪れたことは大きな評価になります。

また、初回面談に出ることにより「意志の強さ」「印象の良さ」が上がるので出ることに損はないです。

②退会方法

退会方法は担当のエージェントに退会する旨を伝えるかネットで申請するだけで大丈夫です。

退会したい場合は、なるべく早めに伝えましょう。

③絶対にやってはいけないこと

以下のような行為をしてしますと信頼を無くしてしまし求人が紹介してくれなくなります。

嘘を言う

面談や履歴書などで嘘はやめましょう。

嘘をついてもいずれバレますので、最初から正直に話しましょう。

連絡を取らない

用事などで忙しい場合は後で連絡を入れるようにしましょう。

エージェントからの連絡をずっと無視すると信頼が無くなります。

場合によっては、大切な機会を逃してしまう場合もあります。

約束を破る

エージェントとの約束は必ず守りましょう。

逆に言えば、提出物などは早めに出しておくことで好感度は上がります。

悩みを言わない

転職で思っている悩みは必ず言いましょう。

転職活動に成功して入社しても、抱えている悩みが原因でまた退職してしまったら意味がありません。

退職を重ねるとエージェントからの評価も下がりますので、悩みがある場合は遠慮なく相談しましょう。

JACリクルートメントに登録してから利用までの流れ

JACリクルートメント デメリット 登録から利用までの流れ

JACリクルートメントに登録してから利用までに、下記の3つのステップを踏みます。

▽JACリクルートメントに登録してから利用までの流れ

  1. 会員登録
  2. 面談
  3. 求人紹介

JACリクルートメントを利用する際はまず、会員登録をします。

会員登録では、基本情報として住所・職務経歴書を記入します。

また、登録後1週間以内にエージェントから連絡がきて面談・求人紹介の日程調整を行います。

面談時間は約1時間〜1時間30分です。

なお、ここで注意する点は「正直になる」「連絡は必ず返す」の2つです。

職務経歴書や面談などでは自分のことを偽りなく正直に言いましょう。

また、エージェントからの連絡もできる限り早めに対応しましょう。

なぜなら、最初の行動がこの後の信頼関係に大きく関わってくるからです。

まとめ

▽JACリクルートメントの特徴

  • 外資系企業の転職に強い
  • ミドル層の転職成功事例が多い
  • エージェントの質が高い

▽JACリクルートメントが他の転職エージェントと違うところ

  • 国内求人情報の多さ
  • 国内の拠点数
  • 参加できるセミナーの数
  • 地方転職に有利

▽JACリクルートメントを利用する際のメリット

  • サポートが手厚い
  • ハイキャリアな求人が多い
  • 外資系企業の求人数が多い
  • 企業情報に詳しい
  • エージェントの質が高い

JACリクルートメントを利用する際のデメリット

  • 市場価値が低いと求人が少ない
  • 強い意欲が必要

▽JACリクルートメントがおすすめな人

  • 外国語の能力が高い
  • 海外勤務経験がある
  • マネジメント経験がある

▽JACリクルートメントを上手に使う方法

  • 優先的に求人を紹介してもらい方法
  • 退会方法
  • 絶対にやってはいけないこと

▽JACリクルートメントに登録してから利用までの流れ

  1. 会員登録
  2. 面談
  3. 求人紹介

ここまでJACリクルートメントについて紹介してきました。

今後JACリクルートメントを使用して転職を考えている方のお役に立てれば幸いです。

転職エージェント名 サービスの特徴

JACリクルートメント

JACリクルートメント

年収600万円以上のハイクラス求人が魅力!

本当に頼りになるエージェントが多数在籍!

➡ 英語を活かす仕事、外資系企業、海外への転職に強い!

➡ 経理・財務・人事職種、メディカル業界で多くの実績!

➡ 業界・職種別スペシャリストによるサポート!

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)