海外転職でおすすめな転職エージェント5選|失敗しない選び方とは?

今まで日本企業で働いてきた方は、「今度は海外転職して世界で自分の実力を試したい!」と思う方が増えています。

近年のグローバル化に向けて、世界で認められるスキルを身に付ければ、世界どこでも仕事ができるようになるのがメリット。

しかし、海外転職と簡単に言っても、何から仕事を探しをすれば良いのか迷ってしまいますよね。

海外転職するならば、海外に強い転職エージェントを活用することが最善策と言えます。

そこで今回は、これから海外転職したい方に向けて、厳選した海外向けの転職エージェント5つをご紹介します。

それぞれの特徴や強み、どんな人がおすすめなのかポイントを解説するので、転職エージェント選びの参考にしてみくださいね。

目次

【海外志望向け】転職エージェントを利用すべき3つの理由

【海外志望向け】転職エージェントを利用すべき3つの理由

海外志望な人が転職エージェントを利用すべき理由として、以下の3つが挙げられます。

【海外志望向け】転職エージェントを利用すべき3つの理由

  • 海外志望向け求人は転職エージェント以外では保有していない傾向にある
  • 海外志望向け求人は経験を強く問われるため、転職エージェント向き
  • 海外志望向け求人は契約などに注意が必要

海外志望な人は契約などに注意する必要があるため、転職エージェントの活用が重要です。

ここからは、海外志望な人が転職エージェントを利用すべき3つの理由について詳しく解説していきます。

①海外志望向けの求人は転職エージェントに集まる傾向にある

【海外志望向け】転職エージェントを利用すべき理由

海外志望向けの求人は、転職エージェントに集まる傾向にあります。

理由としては、海外勤務の求人は転職サイトやハローワークには出ていない可能性が高いためです。

海外勤務の求人は給与が高いことや希望者が多いこともあり、転職サイトやハローワークを活用すると求職者が集まりすぎる傾向にあります。

出来るだけ自社にマッチした人材を採用したいと考えている海外勤務求人は、応募が殺到するのを嫌います。

転職エージェントの場合は、ある程度、海外志望向けの求人を転職エージェントが選別してから求人紹介をしてくれます。

②海外志望向け求人は経験を強く問われるため、転職エージェント向き

【海外志望向け】転職エージェントを利用すべき理由

海外志望向けの求人は経験者を優先して採用する傾向にあるため、転職エージェントが向いているといえます。

海外志望向けの求人は、英会話能力だけではなくコミュニケーション能力も求められる傾向にあります。

そのため、海外慣れしているかどうかも重要です。

転職エージェントは基本的に転職希望者の経験をベースに求人を紹介することで、人事担当者の書類選考の手間を省いています。

海外志望向けの求人は転職エージェントに、人事が頼りきりになることもあるので、積極的に活用することをおすすめいたします。

③海外志望向け求人は契約などに注意が必要

【海外志望向け】転職エージェントを利用すべき理由

海外志望向けの求人は、労働契約などが日本より複雑な傾向にあります。

特に海外の現地で就労するパターンは、日本の労働法規の及ばない未知の世界です。

日本であれば「そんなこと常識だろう」というようなことが、海外向け志望の求人では通用しないこともあります。

特に同業他社にもしも将来転職する場合は、転職に制限があったり、ベースの賃金の考え方などが全く違います。

そのため、転職エージェントを積極的に活用して、いらないトラブルに巻き込まれないようにするのが賢明です。

また、海外志望向けの求人を扱っている転職エージェントは、契約トラブルを避けられるだけではなく、海外企業への紹介にも慣れています。

【2019年】海外転職でおすすめな転職エージェント5選

転職エージェント 海外 おすすめ 比較 ランキング

海外転職に特化した転職エージェントは数多くありますが、それぞれ得意な国や職種があります。

アジア圏の案件に強かったり、アメリカ・ヨーロッパ系の案件が多かったり、それぞれ強みが異なります。

そのため、転職エージェントを選ぶ前に、海外のどのエリアで職種は何にするのか、ある程度絞ることが大切です。

理想の転職先を決めることで、転職エージェント選びも失敗が少なくなるはず。

海外転職は仕事内容などのスペックだけでなく、現地の情報収集も非常に重要です。

現地情報に詳しく、その国のメリットだけでなくデメリットまで教えてくれる転職エージェントを選ぶと頼りになります。

海外転職に特化したエージェントはハイキャリアの案件が多く、面接では語学力やスキルのチェックがあります。

海外転職したい動機がハッキリしていて、能力も高いと判断されれば、良い案件を紹介してもらえるチャンスが広がるでしょう。

そして、転職エージェントは必ずしも一つに絞る必要はありません。

ランキングや公式サイトを良く見て比較しても、実際のサービスは利用してみないと分からないこともあります。

経験豊富な頼れるコンサルタントに出会えるように、複数の転職エージェントに登録するのもおすすめです。

海外転職でおすすめな転職エージェント5選|早見表

ランキング順位 転職エージェント
ランキング 1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

ランキング 2位 JACリクルートメント

JACリクルートメント 転職エージェント

ランキング 3位
ビズリーチ

ビズリーチ

4位 doda

doda 転職エージェント

5位 Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

①リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

リクルートエージェントは案件数が業界ナンバーワンの最大手転職エージェントです。

国内の案件のイメージが強いかもしれませんが、リクルート社は、実は海外転職のエージェントにも強化しています。

リクルートエージェントは、全世界にある優良な案件を500件以上保有しています。

海外転職に特化している転職エージェントでも平均的に100件程度なので、その数の多さが分かります。

リクルートエージェント

グローバル企業の駐在員、海外勤務の求人の管理職・専門職を豊富に揃えているのが特徴です。

初めて海外転職する時は分からないことも多いので「敷居が高いかな?」と不安も多いかと思います。

リクルートエージェントならば、無料でキャリアアップの相談に乗ってもらえるので、初めての海外転職する方にも安心ですね。

海外転職の成功のコツは、コンサルタントが良い案件を紹介してくれてサポートしてもらえること。

デメリットとしては、リクルートエージェントはコンサルタントの質にバラツキがあると言われています。

もし自分の希望がうまく伝わっていないと感じたら、コンサルタントを変えてもらったり、他の転職エージェントと併用すると良いでしょう。

②JACリクルートメント

海外転職や外資系企業への転職に強みがある転職エージェントといえば「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは、海外転職と外資系企業への転職に特化している中では最大手の転職エージェントです。

世界7ヶ国に拠点があるので、外資系企業の優良な案件を多く保有しているのが特徴です。

国別で見ると、アジア圏シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、香港、韓国、ヨーロッパ圏やアメリカの現地法人の案件も取り扱っています。

職種は経験と実績がある人向けとなっており、管理職、営業、マーケティング、エンジニア、クリエイティブ、コンピュータ、金融、医療などがあります。

JACリクルートメントは外国人のコンサルタントも常駐しているので、現地情報の収集にも役立ちます。

国内で経験と実績がある方でキャリアアップしたい方、外資系企業に絞り込んだ転職をする方に向いています。

国内の外資系企業は都心だけでなく、全国から探すことができるのも人気のポイントです。

Uターン転職や地方でグローバル企業に転職したい方も理想的な案件に出会えるチャンスがあります。

③ビズリーチ

普通の転職エージェントでは満足できないというハイキャリアの転職をする方は、「ビズリーチ」がおすすめ。

ビズリーチはいわゆるサイトで案件を探すタイプの転職エージェントではなく、スカウト制度を導入しているのがポイント。

ビズリーチに登録して有料会員になると、ベッドハンターまたは企業の採用担当者から直接スカウトが届くようになります。

ビズリーチの有料会員だけが受け取れるプラチナスカウトは、面接が確定されているので、優位な条件で転職活動をすることができるのです。

即戦力のあるハイキャリアの人だけが得られるチャンスとも言えますね。

ビズリーチは平均年収1,000万円クラスの案件が多く、中には2,000万円を超えた高収入案件も見られるのでレベルの高さが伺えます。

得意なエリアは、アジア圏の中国、韓国、香港、シンガポール、北米、欧州など幅広いのもポイント。

今在職中の方は、ビズリーチに登録しておけばスカウトが届くようになるので、気になる案件が来たら、質問して交渉することも可能です。

今よりも有利な勤務条件の外資系企業へ転職したい方、海外赴任で年収アップをしたい方におすすめです。

④doda

dodaはパーソルキャリアが運営する転職エージェントです。

国内転職エージェントではリクルートに次に2番手の位置につける大手エージェントです。

国内の案件はもちろんのこと、海外転職や外資系企業も独占案件も豊富に揃っています。

dodaは大手ならではの企業とのネットワークを強みに、海外転職は現地採用から駐在員まで幅広く取り扱っています。

dodaのメリットはハイキャリアの海外転職に特化しているわけではないので、敷居が低く、海外転職をはじめての方にも向いています。

海外転職を初めて検討する方に向けの役立つコラムや個別の相談会などがあるので、登録しておいて損はありません。

まずはdodaに登録して、アドバイザーに相談しながら海外転職や外資系企業への転職を検討することもできます。

年齢に関係なく、希望する仕事をじっくりカウンセリングしてもらえるので、理想的な案件に出会えるチャンスがあります。

キャリアアップの第一歩に登録する価値のある転職エージェントと言えます。

⑤Spring転職エージェント

海外転職は勤務条件だけでなく、仕事先の国情報や生活スタイルなどのアドバイスもしてもらえるエージェントがおすすめ。

スイスに本拠地を置く外資系の人材サービス会社「Spring転職エージェント」は、日本では「アデコ」が運営しています。

アデコは世界60カ国以上に拠点があり、外資系企業や海外転職サポートに定評のあるエージェントです。

他の転職エージェントにはない、目玉の優良案件を保有しており、非公開案件が多いのも嬉しいポイント。

外資系企業の転職サポートに定評があり、英文履歴書の書き方からレジュメのマニュアル、面接対策講座などの役立つサービスが揃います。

そして、Spring転職エージェントの強みは業種ごとに専門のキャリアアドバイザーが常駐していること。

自分の希望する職種には専門の担当アドバイザーが付くので、採用までに必要なスキルを徹底的にサポートしてくれるのです。

Spring転職エージェントのキャリアアドバイザーは直接企業の人事担当者に営業してくれるので、頼りがいがあると言えますね。

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いとは?

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いとは?

転職エージェントが良いのか、転職サイトが良いのかと悩んでいる方も少なくないでしょう。

一般的に、「転職エージェント」と「転職サイト」には以下のような違いがあります。

「転職エージェント」と「転職サイト」の違い

  • 転職エージェント:海外志望でも契約など安心して任せられる
  • 転職サイト:自分で海外勤務の求人の契約などを行う必要がある

ここからは、海外志望な人に向けて、「転職エージェント」と「転職サイト」の違いについて解説していきます。

①転職エージェントとは?どんな人におすすめ?

転職エージェントとは?どんな人におすすめ?
転職エージェントがおすすめな人

  • 海外志望向け求人を探したい人
  • 時間をかけて良い会社を探したい人
  • 海外志望向け求人でトラブルを避けたい人

転職エージェントのビジネスモデルは、転職エージェントに登録した転職希望者が内定を獲得したら報酬が発生するというものです。

一般的に、報酬額は内定を獲得した人の年収の約30%です。

転職エージェントは海外志望向けの求人を用意しており、契約トラブルなどを避けるように仕事を紹介してくれます。

海外志望向け求人は給料の支払い方など、どれをとっても難しいことばかりです。

日本の労働法規の及ばない世界で働くので、海外志望向け求人を受ける場合は、できるだけ転職エージェントを活用するようにしてくださいね。

②転職サイトとは?どんな人におすすめ?

転職サイトとは?どんな人におすすめ?
転職サイトがおすすめな人

  • 自分で海外志望向けの求人を探せる人
  • 海外現地法人や担当者とやり取りできる人
  • 海外の労働法規に慣れている人

転職サイトは、求人広告の掲載依頼を行った会社が、広告料金を転職サイトに支払うことで成り立っています。

一番安いプランで約18万円で、50万円程度で依頼する会社も多いです。

そして、払った金額の大小で広告の位置や大きさが変わります。

海外向けの転職サイトを活用する場合は、転職エージェントのように代行者が間にいません。

そのため、自分で求人を探して給与条件などを交渉し、契約書を交わせる人に向いています。

【海外志望向け】転職エージェントのおすすめの選び方

【海外志望向け】転職エージェントのおすすめの選び方
【海外志望向け】転職エージェントのおすすめの選び方

  • 海外勤務の求人を扱っている転職エージェントを選ぶ
  • 外資系企業の求人に強い転職エージェントを選ぶ
  • 大手企業からの海外現地法人出向の求人を紹介してくれる大手転職エージェントを選ぶ

海外転職をする上で、どの転職エージェントを選ぶべきなのかは多くの人が知りません。

そこで、ここからは海外志望な人に向けて、「転職エージェントのおすすめの選び方」について解説していきます。

①海外勤務の求人を扱っている転職エージェントを選ぶ

【海外志望向け】転職エージェントのおすすめの選び方

海外転職を希望する場合は、海外勤務の求人を扱っている転職エージェントを選ぶようにしましょう。

特に海外現地での就労を目指している場合は、転職エージェントを間にはさんだほうが安全です。

理由としては、海外勤務求人をメインとしている会社はトラブルの対処法なども熟知しているためです。

トラブルに巻き込まれないようにアドバイスを貰えますし、巻き込まれたとしても転職エージェントが間に入って対処してくれます。

このような理由もあり、海外転職をするなら転職エージェントの活用は必須といえます。

②外資系企業の求人に強い転職エージェントを選ぶ

【海外志望向け】転職エージェントのおすすめの選び方

外資系企業の求人に強い転職エージェントを選ぶのも、海外志望者にとっては有効な方法です。

外資系企業の求人をメインに扱っている会社の場合は、付随して海外現地就労の支援を行っている会社もあります。

海外転職を希望する場合は、外資系企業の求人を多く扱っている会社に登録するのも良い選択肢の1つです。

また、海外転職を希望する方は、可能性のある転職エージェントには積極的に登録していくことが大切です。

海外志望者は、外資系企業の求人をメインとしている転職エージェントに登録するようにしてみて下さい。

③大手企業からの海外現地法人出向の求人を紹介してくれる転職エージェントを選ぶ

【海外志望向け】転職エージェントのおすすめの選び方

大手総合の転職エージェントでは、日本企業から海外に出向するようなタイプの求人が用意されている場合があります。

理由としては、日本の大手企業の人事担当者の場合は、とりあえず知っている転職エージェントに声をかけて登録をお願いするケースが多いためです。

海外転職を希望しているけれど、ガチガチの海外勤務向け求人は緊張するという場合には、日系企業からの海外出向求人を狙うとよいといえます。

日本企業からの出向の場合は、海外現地に日本人が駐在しているケースも多いです。

海外志望者でも周りに日本人がいたほうが安心な場合は、大手総合型の転職エージェントを活用するのも良いでしょう。

【海外志望向け】転職エージェントの上手な使い方

【海外志望向け】転職エージェントの上手な使い方
【海外志望向け】転職エージェントの上手な使い方

  • 転職エージェントにしっかりと契約内容について確認する
  • 海外現地勤務の求人の場合はできるだけ情報を仕入れる

海外志望な人が転職エージェントを使う際には、転職エージェントと求人内容について確認をするように注意しましょう。

海外転職を希望する場合、特に求人の条件などについては最新の注意を払う必要があります。

また、転職前にできるだけ勤務先の現地情報を仕入れるようにしてください。

現地でいざ就職してから、、「こんなはずではなかった」と後悔してからでは取り返しがつかない可能性があります。

【海外志望向け】転職エージェントのメリット・デメリット

【海外志望向け】転職エージェントのメリット・デメリット

海外転職をする上で、転職エージェントの利用は有効な選択肢の1つです。

しかし、便利な転職エージェントにもメリットだけでなくデメリットが存在します。

ここからは、海外転職を考えている方に向けて「転職エージェントのメリット・デメリット」を解説していきます。

【海外志望向け】転職エージェントのメリット

【海外志望向け】転職エージェントのメリット
【海外志望向け】転職エージェントのメリット

  • 海外勤務求人をスムーズに受けることが可能
  • 転職エージェントを間に挟むことで難しい給与交渉を行ってくれる
  • 労働契約の段階でのミスを防げる

海外志望向けの転職エージェントのメリットとしては、難しい交渉を転職エージェント任せることが可能なことが挙げられます。

特に海外勤務の場合、日本企業を相手にするときと違って、労働契約や給与交渉などの方法が全く異なる傾向にあります。

しかし、転職希望者単独で交渉を行うと失敗してしまう可能性もありますが、海外志望向けの転職エージェントであれば不安な部分をカバーしてくれます。

海外志望向けの求人は、窓口となっている採用担当者が日本人でない場合も多いです。

そのため、よほど外国人とビジネス上のやり取りに慣れているという方でないと、自力での海外転職はうまくいかない可能性があります。

【海外志望向け】転職エージェントのデメリット

【海外志望向け】転職エージェントのデメリット
【海外志望向け】転職エージェントのデメリット

  • 未経験からの挑戦は難しい
  • 転職エージェントによって得意不得意がある
  • 転職エージェントが交渉に弱い場合は損をする可能性もある

転職エージェントを活用するデメリットは、転職エージェントの質で結果が左右されることがあり得るということです。

また、転職エージェントを利用しても、未経験からの挑戦は難しい場合があります。

理由としては、どうしても転職エージェントは転職希望者の経験を重視して、求人を紹介する傾向にあるためです。

そのため、未経験から海外で就職したい場合などには、転職エージェントの利用はデメリットが大きくなります。

海外志望者向けの求人は、転職エージェントがしっかりと交渉を行ってくれない場合には、待遇が悪くなるケースも多いです。

海外志望者は転職エージェントに頼るしかない状況なのですが、転職エージェントが頼りない場合にはデメリットが大きくなります。

信用できないと感じた場合は、早めに担当替えを依頼しましょう。

【海外志望向け】転職エージェントに登録してから利用までの流れ

【海外志望向け】転職エージェントに登録してから利用までの流れ
【海外志望向け】転職エージェントに登録してから利用までの流れ

  • オンライン登録を行う
  • 面談を受ける
  • 求人紹介を受ける

転職エージェントを利用する際には、まずオンライン登録をします。

なお、海外転職を希望する場合は、自分の英語能力を客観的に示すためにTOEICスコアなどを持参するようにしましょう。

面談の際には、海外勤務でどうしても達成したいことを転職エージェントに伝えることが大事です。

また、転職エージェントが自分よりも交渉力があるかどうかを見極めることも大切です。

海外求人は転職エージェントが独占していることもあって、しっかりと交渉しないといい条件の求人に出会えない可能性もあります。

海外転職向けのエージェントを活用する場合は、海外勤務を希望する意思が固いことをしっかりと伝えるようにしてください。

まとめ

今回は、これから海外転職したい方に向けて、厳選した海外向けの転職エージェント5つをご紹介しました。

海外転職や外資系企業に強みがあるエージェントは、初心者からOKの業者からハイキャリアに特化した業者まで様々です。

転職エージェント選びは特徴や強みを抑えて、上手に活用して海外転職を成功させましょう。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較28選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です