マイナビ税理士に登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

税理士の転職に強みがある「マイナビ税理士」は登録するとどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

この記事では、これから税理士転職する方に向けて「マイナビ税理士」の特徴や活用法をまとめて解説していきます。

最後までご覧になると「マイナビ税理士」のポイントが掴めるので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること

  • マイナビ税理士の特徴
  • マイナビ税理士の口コミ・評判
  • 「マイナビ税理士」と「他の転職サービス」の違い
  • マイナビ税理士のメリット
  • マイナビ税理士のデメリット
  • マイナビ税理士がおすすめな人
  • マイナビ税理士のおすすめな使い方
  • マイナビ税理士に登録してから利用までの流れ

マイナビ税理士の特徴は?

株式会社マイナビが運営する「マイナビ税理士」は、税理士を専門とする転職支援サービスです。

マイナビ税理士の特徴

・全国にある会計事務所、税理士法人、コンサルティングファームに強みがある
・転職大手のマイナビが運営する安心感
・業界に詳しい専任キャリアコンサルタントによるフルサポートを受けられる
・税理士の資格がない方、勉強中の方もアシスタントの求人あり

「マイナビ税理士」は全国にある会計事務所、税理士法人、コンサルティングファームの求人を取り揃えた転職支援サービスです。

2015年から始まった比較的新しいサービスですが、転職大手のマイナビが運営している安心感もあり、信頼度は抜群です。

全国の税理士業界に強みがあり、税理士転職をする方はまずは初めに登録しておくべきサービスです。

取り扱い案件は、デロイトトウシュトーマツような外資系のコンサルティングファームのハイキャリア案件から地域密着型の会計事務所まで幅広く揃います。

「マイナビ税理士」に無料の会員登録をすると、業界に詳しい専任キャリアコンサルタントによるサポートを受けれるのがメリット。

希望の条件やこだわりを伝えると、豊富な求人数から最適な仕事を紹介してくれます。

特に一般には公開されない独占案件(非公開案件)は高収入やハイポジションの求人も多いので、利用する価値は十分にありますよ。

年収アップしたいキャリア転職はもちろん、まだ税理士の資格を持っていない方もアシスタントの求人を見つけることができます。

口コミでは「どこよりも税理士の求人が多い」「キャリアコンサルタントに相談できるので便利」と評判です。

マイナビ税理士の口コミ・評判は?

税理士・30代前半・男性・520万円台 評価:★★★★★ 4.0

税理士の資格を取っても、実際に転職するとなると難しいと思っていましたがマイナビ税理士のおかげでスムーズに転職をする事ができました。自分で求人を探して応募するのではなくカウンセリング後に求人を紹介してもらいました。応募する企業を選んでキャリアアドバイザーが応募の手続きをするシステムがいいですね。面接についての指導やアドバイスも受けることができるので本番でもしっかり受け答えができました。

税理士 28歳 女性 500万円 評価:★★★★ 3.5

~さんに紹介可能な案件は今のところないといわれてショックでした。私が税理士事務所よりも、一般企業に就職することを希望していたからでしょうか?コンサルの対応も丁寧で責任感がありましたが、求人がないので結局意味がなかったです。最終的にマイナビではなく、他の大手転職エージェントを利用して転職したのですが、面接、書類選考時に、マイナビ税理士担当者が教えてくれた選考通過のコツを利用できて、感謝してます。

税理士・40代前半・男性・600万円台 評価:★★★★★ 5.0

登録は無料で簡単にできました。カウンセリングではこちらの希望も聞いた上で3社の求人を紹介してもらい1社ごとに応募書類のアドバイスや面接対策もしてくれたので、2社から内定が貰えて満足です。職務経歴書の作成でわからないこともありましたがキャリアアドバイザーががアドバイスをしてくれたので助かりました。面接が苦手な人や応募書類でわからないことがある人にはマイナビ税理士がおすすめです。

税理士 32歳 女性 550万円 評価:★★★★★ 4.5

わたしは昔職場で雇用条件に問題を感じ転職をしました。複数の転職サービス会社を利用していましたが、はじめに登録した会社はとても対応が悪くて信頼できませんでした。そこで、別の転職エージェントをメインにしたのですが、一向に条件合った求人が見つけられなくて苦労しました。そんな中、一番最後に登録したのが「マイナビ税理士」でした。さすが大手だけあり、求人数も豊富でしたので、選択肢が増えて視野が広がりました。

会社員フロントマン・29歳・男性・年収330万 評価:★★★★★ 4.0

サイトとしては検索がかけやすく、税理士という長期戦の資格を目指している者にとって合格科目から自分に合った求人を探せるのは他の求人やハローワークになく有難い機能だと思った。ただ他の求人も同様一番仕事探しに苦戦する地方の求人が不足しており、やはり都心向けであると感じた。ネットで求人を閲覧できる醍醐味としては中心部のアクセスしやすい場所より都心から離れた地方の求人をもっと充実させてもらえると有難い。

税務コンサルタント 35歳 男性 700万円 評価:★★★★★ 5.0

以前の税理士法人は激務で、転職を決意しました。その時、複数の税理士専門サービスを利用していました。しかし、はじめに使ったサービスはいかにも中小企業対応で、あまりに信頼性にかけていたので途中退会しました。2つ目は、無難な大手転職エージェントでしたが、わたしの希望条件に合った求人をなかなか紹介してくれません。そして最期に利用したのが「マイナビ税理士」です。求人数が豊富なだけでなく、キャリアアドバイザーの対応も気持ちよく、第一志望であるコンサルファームの求人を複数紹介され無事内定できました。

企業税務アドバイザリー 28歳 男性 800万円 評価:★★★★★ 4.5

わたしは応募企業を一社に絞って転職活動をしていたので、企業研究を徹底してやりました。在職中、なかなか転職活動の時間が取れませんでした。しかし、「マイナビ税理士」のキャリアアドバイザーの人に企業情報をいただくことができたので、効率的に企業研究を進められたことが転職成功のカギとなりました。内定をもらった企業は上場会社で、税理士として業務をしつつ、アドバイザリーの業務もするといった珍しい求人でした。恐らく、一人で転職活動をしていたら巡り会うことができない求人だったと思います。

「マイナビ税理士」と「他の転職サービス」を徹底比較!

「マイナビ税理士」は、会計事務所、税理士法人、コンサルティングファームの求人に強みがあります。

ここからは、「マイナビ税理士」と他の転職支援サービスを比較しましょう。

①「マイナビ税理士」と「ジャスネットキャリア」の違いとは?

ジャスネットコミュニケーションズが運営する「ジャスネットキャリア」は会計、税務、経理・財務分野に特化した転職支援サービスです。

「ジャスネットキャリア」の最大の特徴は、完全非公開案件となっており、会員登録した人だけが特別な求人を紹介してもらえるシステムになっています。

取り扱い職種は、公認会計士や税理士の他にも経理全般をカバーしていますが、対応エリアは都心部の東京、大阪がメインです。

運営元のジャスネットコミュニケーションズは、経理や財務分野に特化した転職支援の実績があります。

初めての転職する方も会計・税務・経理・財務分野に詳しい専任キャリアコンサルタントが手厚いサポートしてくれるので安心ですね。

「マイナビ税理士」よりも非公開求人が多い「ジャスネットキャリア」は登録して損はないサービスと言えます。

②「マイナビ税理士」と「MS-Japan」の違いとは?

株式会社MS-Japanが運営する「MS-Japan」は経理・財務、人事・総務、法務、会計に特化した転職支援サービスです。

取り扱い職種は主に経理・公認会計士・税理士・弁護士・人事・法務などを多く揃えています。

「MS-Japan」は管理部門の特化型として約30年以上の歴史があり、老舗の転職エージェントとして知られています。

全国にある日本の大手から中小、ベンチャー、外資系まで幅広い求人を紹介しているので、登録する価値はあるでしょう。

経理や公認会計士に強みのある「マイナビ税理士」と
併用して使い分けると選択肢が広がるのでおすすめです。

マイナビ税理士を利用するメリット

「マイナビ税理士」は税理士業界と転職のどちらも強みのあるマイナビが運営しています。

特に個人情報の取り扱いは信頼度が高く、安心して利用できるのがメリット!

マイナビ税理士のメリット

・個人情報の取り扱いに慎重なので信頼度が高い
・専任キャリアコンサルタントは税理士の転職市場に精通している
・独占的に保有している非公開求人を紹介してもらえる

これから税理士転職する方は、ネット上でプロフィールや職務経歴書をすべて晒すのは抵抗がある方も多いかと思います。

万が一、転職活動していることが今の職場に見つかってしまったら困りますよね。

多くの転職支援サービスは会員登録は簡単でも、退会するには複雑な手続きがあり、個人情報の取り扱いも心配です。

「マイナビ税理士」は厚生労働省から認可を受けた「 職業紹介優良事業者認定制度」を取得済みです。

ユーザーの個人情報は徹底管理されているので、プロフィールが外部に漏れたり、他の目的で利用される心配はありません。

安心して最後まで利用することができるのも「マイナビ税理士」のメリットです。

そして、「マイナビ税理士」の専任キャリアコンサルタントは税理士の転職市場に精通しており、転職ノウハウを知り尽くしています。

元税理士や会計事務所に勤めていた経験者も多いので、同じ目線で相談ができるのも心強いですね。

「マイナビ税理士」に会員登録すると、他のサイトでは見られない質高いの非公開求人を紹介してもらえるのもメリットです。

マイナビ税理士を利用するデメリット

「マイナビ税理士」は手厚いサポートと求人の質の高さ定評がありますが、以下のデメリットがあります。

マイナビ税理士のデメリット

・メーカーや商社などの一般企業の求人は少ない
・専任キャリアコンサルタントの専門知識や対応には差がある

「マイナビ税理士」は業界に詳しいきめ細かいサポートがあるので、初めての税理士転職する方も安心して任せることができます。

しかし、すべての専任キャリアコンサルタントは対応が完璧な訳ではなく、ユーザーによってはマッチングに不満がある方もいます。

希望や条件が上手く伝わっていないと感じたり、ミスマッチばかり続く場合は、担当者を変えてもらったり他のサービスに切り替えることをおすすめします。

「マイナビ税理士」は求人のほとんとが会計事務所、税理士法人、コンサルティングファームとなります。

メーカーや商社などの一般企業の税理士求人は少ないので、希望に合った仕事が見つからない場合は、総合型の転職エージェントもチェックしましょう。

マイナビ税理士がおすすめなのはこんな人!

「マイナビ税理士」は以下に当てはまる人におすすめです。

マイナビ税理士がおすすめな人

・税理士、公認会計士の転職をする方
・会計事務所、税理士法人、コンサルティングファームの求人を探している方
・初めての税理士転職なので業界に詳しいプロに相談しながら進めたい方

「マイナビ税理士」は税理士、公認会計士の転職をする幅広い方におすすめです。

転職大手のマイナビが運営しているので、個人情報の取り扱いも丁寧な上、安心して任せることができます。

税理士の資格がない方、勉強中の方も会計事務所や税理士法人のアシスタントを紹介してもらえるのでおすすめです。

マイナビ税理士のおすすめな使い方

「マイナビ税理士」は、税理士転職する方は誰でも無料で利用することができます。

マイナビ税理士のおすすめな使い方

・専任キャリアコンサルタントにキャリア相談をする
・非公開求人を紹介してもらいキャリア、年収アップを実現する

「マイナビ税理士」は高収入の非公開求人を紹介してもらうことに価値があると言っても過言ではありません。

特に会計事務所、税理士法人、コンサルティングファームのハイキャリア向けの求人はほとんどが非公開となります。

転職サービスはどれだけ優良な非公開案件を保有しているのかは大切なポイントです。

専任キャリアコンサルタントにしっかり希望を伝えると最適な仕事に出会える確率は高くなります。

マイナビ税理士に登録してから利用までの流れ

「マイナビ税理士」を利用するにはまず、無料の会員登録が必要です。

会員登録はパソコン・スマホ・タブレットから簡単に完了します。

マイナビ税理士に登録してから利用までの流れ

⑴登録フォームに名前、生年月日、住所などの基本情報を入力
⑵税理士の資格を入力
⑶希望する雇用形態、担当科目、勤務地、仕事を開始する時期を入力
⑷専任のキャリアアドバイザーから電話またはメールで連絡がくる

登録フォームから基本情報と希望条件を入力するだけで簡単に登録が完了します。

会員登録が終わると、専任キャリアコンサルタントから電話がかかってくるので、希望の条件を伝えましょう。

まとめ

まとめ

今回は、「マイナビ税理士」の特徴や活用法をまとめてご紹介しました。

税理士業界に強みがあり、転職支援の実績があるマイナビが運営している安心感がおすすめポイント。

ぜひ、今後の税理士転職の成功にお役立てください。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

会計士・税理士・経理・財務におすすめな転職サイト・転職エージェント11選【2019年】

2018年12月1日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)