転職エージェントの仕組み|費用・料金が無料なのはなぜ?

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

マンツーマンで転職までの徹底サポートを受けられる転職エージェントは転職者の強い味方です。

仕事の紹介から書類の添削、面接対策から年収交渉まで何から何まで支援してもらえる便利なサービスです。

ただ、転職エージェントを利用しても、求職者は費用・料金が無料である理由は気になるところですよね。

今回は、転職エージェントの運営の仕組み、無料で利用できる理由についてご紹介しましょう。

転職エージェントの仕組みとは?ビジネスモデルを解説

転職エージェントは転職希望者と採用企業をマッチングさせる成功報酬型のビジネスモデルです。

転職エージェントは、転職者を採用企業に紹介をして、内定が出て入社した時点で、成果報酬として紹介手数料を受け取っています。

転職者を紹介してあげた手数料として企業側から報酬をもらい、それが会社の利益になるというわけです。

採用企業側としては、ホームページで求人公開すると多くの応募が殺到して、自社に最適な人材を選定するのな困難になります。

一つ一つの履歴書をチェックして理想的の人物像を見つけにくくなり、時間がかかるのがネックです。

そこで、信頼のおける転職エージェントに求人を託すことで、選ばれた最適な人材だけを紹介してもらえるので採用がスムーズに行くのがメリットです。

転職エージェントの費用・料金が無料な理由

転職エージェントの運営は採用企業側からの紹介手数料をもらうことで成り立っています。

そのため、ほとんどの転職エージェントは転職希望者ははじめから最後まで無料で利用することができます。

転職サービスには、キャリア相談から希望に合った求人の紹介、面接の設定、年収の交渉、転職後のアフターフォローまで様々なサービスかあります。

これをすべて無料で利用することができるのですから上手に利用して理想的な転職を成功させたいですね。

転職エージェントは企業から成功報酬をもらう仕組み

転職エージェントは、採用企業がどんな人材を求めているのか、採用条件を徹底的にヒアリングをします。

会員となった転職希望者からはこだわり条件を聞き、マッチする求人を多数紹介していきます。

無事に転職希望者が内定をもらい、入社が決まったタイミングで、企業は転職エージェントに紹介手数料を支払う仕組みです。

紹介手数料は転職者の年収の約30~40%が平均的な相場です。

例えば、年収800万円の人が入社した場合、転職エージェントの報酬は約240円となります。

大手企業が新プロジェクトに伴い、一度に大量の正社員を雇用する場合は、1人当たりの紹介手数料は安くなります。

転職エージェントの仕組みはどこがいい?

転職エージェントは転職希望者と採用企業側の双方にメリットがあります。

転職希望者はフルサポートを無料で受けられるので、一人で転職活動をするよりも良い求人に巡り合って内定率が上がるのがメリット。

採用企業側としては、人材を確保するためにコストをかけずに、要領よく優秀な人材を見つけることができるのがメリットです。

転職エージェントは転職希望者を入社させるまで報酬が発生しないため、必死になって転職サポートをします。

転職エージェントは転職希望者と採用企業側の双方をマッチングさせるwin-winの仕組みです。

求職者は費用・料金を気にしないで利用できる

転職希望者は転職エージェントに登録すると、はじめから最後までサービスを無料で利用できるのが嬉しいポイントです。

専任キャリアコンサルタントと呼ばれる自分の担当者がマンツーマンでサポートしてくれるので、現職や忙しい方や初めて転職する方にも役立つはずです。

無料だからこそ、転職希望者は複数の転職エージェントに登録して、サービスを併用しながら転職活動を進めています。

リクルートエージェントによれば、転職成功社の平均登録数は4.2社というデータが出ています。

複数の転職エージェントに登録しても無料で利用できるので積極的に併用すると良いでしょう。

企業は成功報酬だけを支払えばいいので費用を節約できる

企業が採用活動をするやり方は、自社のホームページに掲載したり、求人サイトで募集するやり方があります。

一般公開して募集すると、企業が理想とする人物像とかけ離れた人材が大量に集まり、その中から優秀な人材を見つけるのに一苦労します。

採用枠の人材を確保するまでに時間もかかりますし、採用期間が長くなってコストもかかるのがネックです。

企業の採用活動は、転職エージェントに求人を依頼すればベストマッチする優秀な人材だけを紹介してもらえるので、時間もコストもかかりません。

企業が採用活動でかかるコストは優秀な人材が入社したときだけに支払う成功報酬だけです。

例えば、業界最大手のリクルートエージェントの場合は、入社して半年以内に退職した場合は企業に紹介手数料を返金するルールがあります。

企業にとっては、転職エージェントを使って採用活動をすれば、短期間、低コストで理想的や人物像を確保することができるのが最大のメリットです。

費用・料金が無料ではない転職サイト

国内のほとんどの転職エージェントは無料で利用することができますが、有料のサービスもあります。

ビズリーチ(プレミアムステージ)

ビズリーチ

ビズリーチは年収750万円以上のハイキャリア向けの転職サービスです。

ヘッドハンターや企業の採用担当者から直接指名が受けられるヘッドハンティング型であることが特徴です。

ビズリーチは無料プランと有料プランのプレミアムステージがあり月額2,980円〜4,980円がかかります。

無料プランでも企業やヘッドハンターからのプラチナスカウトメールに返信したり応募は可能です。

有料のプレミアムステージになると、全ての求人を閲覧したり応募したりできるため活動の幅が広がります。

費用・料金が無料のおすすめ転職エージェント4選

ここからは、費用・料金が無料のおすすめ転職エージェント4選をご紹介しましょう。

①リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

業界最大手「リクルートエージェント」は転職を決めたらまず始めに登録しておきたい転職エージェントです。

豊富な求人数、全国対応、職種や年齢層に関わらず幅広い転職希望者に対応する総合型となっています。

リクルートの知名度は全国の企業に幅広く浸透しており、企業への営業力も高いのが特徴です。

特に、営業職、IT・エンジニア、電気、機械、化学エンジニアの求人に強みがあり、求人の質の高さも評判です。

大手企業、外資系企業、中小企業、地方の求人まで幅広く取り扱っているので、まずは登録することをおすすめします。

②doda

doda

パーソルキャリア株式会社が運営するdodaは全国対応している総合型の転職サービスです。

豊富な求人数、幅広い業界・職種をカバーしており、スピーディーなサービス対応に定評があります。

dodaは特に、IT、通信、営業の求人に強みがあり、IT業界の専門アドバイザーを設置するなど、ユーザーからの信頼が厚いです。

リクルートエージェントとはまた違った非公開求人を保有しているので、上手に併用して選択肢を広げると良いでしょう。

③パソナキャリア

パソナキャリア

株式会社パソナキャリアが運営する「パソナキャリア」は手厚いコンサルタントのサービスに定評のある総合型の転職エージェントです。

先程ご紹介したリクルートエージェントやdodaと比較すると求人数には劣りますが、優良な独占案件を多数保有しています。

初めて転職する方や地方在住の方、Uターン転職する方も親身になってキャリア相談に乗ってもらえます。

他の転職エージェントは対応がイマイチだったと感じたら、丁寧な対応が評判のパソナキャリアに登録しましょう。

④JACリクルートメント

JACリクルートメント 転職エージェント

株式会社ジェイ エイ シー リクルートメントが運営する「JACリクルートメント」はイギリス発の転職エージェントです。

年収600万円以上のハイキャリア求人をメインに取り扱っており、管理部門・管理職の求人に強みがあります。

非公開求人は他の転職エージェントにはない新規事業や独占案件が多く、ハイキャリア転職する方は見逃せません。

専任キャリアコンサルタントは企業へ直接出向いて求人を取っているため、求人の質の高さも評判です。

転職エージェントの仕組み|費用・料金が無料な理由まとめ

転職希望者にとって、転職エージェントは至れり尽くせりのフルサポートを無料で受けられるが嬉しいポイントです。

転職したいけど時間がない方、初めての転職で分からないことが多い方、キャリア転職したい方も、転職エージェントを積極的に活用しましょう。

確かに無料で利用できますので、安心して今後の転職活動にお役立てください。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。