転職エージェント経由で落ちた企業への直接応募はOK|直接応募の方が有利?

転職エージェントを通じて応募する方法の他にも、直接自分で応募する方法がありますが、何か違いはあるのでしょうか?

結論から言えば、どちらが「内定率が上がりやすいので有利になる」といった違いはありません。

初めて転職する方、新しい業界・職種にチャレンジする方は転職エージェントを通した方が最適です。

ただし、転職先の企業が決まっている方、自己アピールや交渉も自分でできる方は直接応募が向いています。

この記事では、転職エージェント経由の応募と直接応募のメリット・デメリットを解説していきます。

転職エージェントを使わずに直接応募する3つのメリット

転職したい企業が決まっていれば、ホームページの採用情報ページに募集要項を見つけることがあります。

ここからは、転職エージェントを通さずに、自分で直接応募すると3つのメリットをご紹介します。

①直接応募するしかない企業もある

多くの企業は、優秀な人材を確保するために転職エージェントに求人を依頼して、人材を紹介してもらう採用活動を行っています。

転職エージェントは人材を紹介した見返りとして、企業から成果報酬を受け取り運営が成り立っているのです。

企業側が支払う紹介手数料は転職者の年収の約30%となっており、それなりにコストがかかります。

そのため、採用活動に資金を回せない中小企業やベンチャー企業の場合は、ホームページのみに求人を掲載している企業も多いです。

直接応募するしかない企業の場合は、自分で応募するしか選択肢はありません。

②面接の設定が早く決まる

転職エージェントでは、専任コンサルタントに面接日の日程を設定をしてもらえるので、基本的にお任せできます。

しかし、コンサルタント→企業の採用担当者→コンサルタント→転職希望者とやり取りが長くなり、時間がかかってしまう弱点があります。

一方で、直接応募をした場合は、転職希望者→企業の採用担当者というたった2ステップです。

直接応募をすると、速攻面接日が決まることがあるのでスムーズに進むこともあります。

企業の採用担当者としても直接応募の方がすぐに面接をして進められるので、その点は直接応募が好まれます。

③急かされることがない

転職エージェントは成果報酬型のビジネスですから、決して親切心だけでサポートしているわけではありません。

転職希望者を入社させた時点で初めて報酬が発生するので、コンサルタントは1日も早く転職先を決めようと必死です。

コンサルタントによっては営業ノルマを達成するために、応募や面接を急かされることは少なくありません。

業界・職種が決まっていない第二新卒や20代前半の方は、コンサルタントの営業トークに流される人も多いので注意が必要です。

直接応募ならば、転職エージェントの都合に利用されることなく、ノーリスクで進めることができます。

転職エージェント経由で落ちた企業への直接応募が大丈夫な2つの理由

転職エージェント経由で落ちてしまった企業に直接応募でもう一度チャレンジしても大丈夫です。

その理由は、転職エージェント経由の場合は採用担当者までレジュメが届いていない可能性があるから。

そして、再チャレンジすることはOKとされているので、もう一度直接応募で申し込んでも大丈夫です。

①レジュメが人事まで届いていない可能性あり

転職エージェントは、登録したレジュメが社内選考に落ちた場合に「お断り」と判断します。

企業の採用担当者へレジュメを見せる前にお断りをするのは許せませんが、実際によくあるケースです。

転職エージェントは企業にどんな人材を求めているのか入念なヒアリングをしています。

社内選考でミスマッチな人材と判断したら、企業側にレジュメを見せる前に落としてまいます。

自分が書いたレジュメは必ずしも人事担当者へ渡っていない可能性があるのです。

直接応募するとスムーズに面接まで進むケースがあるので、諦めたくない企業は直接応募で再チャレンジしましょう。

②再チャレンジすることができるから

転職エージェント経由で落ちたとしても、どうしても入社したいという強い意思がある場合は、再チャレンジすることができます。

前回の弱点を克服して、スキルを上げてもう一度応募すれば、自信を持って望めるでしょう。

企業としても粘り強くアプローチしてくれる人材は好印象ですし、その熱意を面接にぶつけると良いです。

注意点として、再応募期間までの期限を設けている企業もあるので確認しておきましょう。

転職エージェントを使わずに直接応募する3つのデメリット

転職エージェントを使わずに、直接応募するとデメリットもあるので確認しておきましょう。

①スケジュールの調整が難しい

転職エージェントを利用するメリットは、面接日の日程を調整してもらえることです。

直接応募の場合は、自分でスケジュール管理をしなければなりません。

複数の企業と面接日が被った場合は、自分で企業にメールや電話をして、面接日の日程変更をする必要があります。

通常、最終面接が通って内定が出ると、約3日から1週間以内に回答する期限が設けられています。

「良い企業に内定をもらったけど、この後に本命の最終面接がある」といった場合は、最悪の場合、内定を無駄にしてしまいます。

転職エージェントはそういった可能性を把握した上でスケジュールを決めるので、安心して任せることができるのです。

②傾向と対策が分かる

直接応募する場合は、面接で聞かれること、どんな人材が求められているか、全部自分で研究しなければなりません。

企業研究が曖昧なまま、履歴書・職務経歴書を制作して、面接に望んでも内定率は上がらないでしょう。

転職エージェントは業界・職種別、企業別の傾向と対策があり、転職ノウハウを知り尽くしています。

ズバリ、どんな人材ならば採用されるか知っているので、良いアドバイスをもらい、採用率を上げることができるのです。

③年収などの雇用条件を交渉してもらえる

転職希望者は誰でも、今の仕事よりも年収が良く、雇用条件が良い仕事に就きたいと思っているはずです。

しかし、転職希望者が年収や労働条件を直接企業に交渉することは非常に難しいと言えます。

一次面接の最後に「何か聞きたいことがありますか?」と最後に聞かれた時に、年収や労働条件の話ばかりする人はイメージが良くありません。

そんな時こそ、転職エージェントが間に入って、年収や労働条件を有利になるように交渉代行してもらうのです。

大手の転職エージェントは営業力があるので、年収10万円アップすることも多く十分に期待できます。

転職活動をサポートしてほしい人におすすめな転職エージェント2選

転職活動はきめ細かいサポートをしてもらい方は、コンサルタント力に定評のある以下の2社がおすすめ!

①リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

業界トップクラスの求人数を誇る「リクルートエージェント」は全国対応の総合型の転職エージェントです。

幅広い業界・職種をカバーしており、初めて転職する方からベテランのキャリア転職まで、多くの利用者から支持を受けています。

リクルートは知名度があり、全国にある多くの企業からも厚い信頼を置かれており、求人の質の高さも定評があります。

独自に管理する非公開求人は10万件以上保有しているので、登録する価値は十分にあります。

全国に拠点があり土日の利用も可能なので、まずは相談だけでも利用してみることをおすすめします。

②doda

doda

リクルートエージェントに続き、日本最大級の転職サービス「doda」はコンサルタント力が自慢です。

IT業界に精通したキャリアコンサルタントが常駐しているので、IT業界への転身、キャリア転職をする方は
登録マストです。

的確な面接対策やアドバイスを受けられるので、自信を持って面接に望むことができるでしょう。

dodaはホームページのレイアウトも見やすく、隙間時間を使って自分で求人探しもできるのが嬉しいポイント。

全国対応、幅広い業界・職種をカバーしているので転職を決めたら、まずは登録しておきたいサービスです。

転職エージェントと企業への直接応募まとめ

転職エージェントを経由した応募と直接応募の違いや注意点についてご紹介しました。

直接応募しかできない企業や二回目のチャレンジとして直接応募を検討する価値はあります。

ただし、企業研究や面接対策をして内定率を上げるならば、転職エージェントを使った方が役立ちます。

転職エージェントは登録・利用は無料ですから、ぜひ上手に活用していきましょう。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較28選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です