PTOTSTワーカーの口コミは?3つの特徴や利用の流れを解説!

PTOTSTワーカー

PTOTSTワーカーは「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」専門の転職サイトです。

「転職したい」という気持ちがあっても、求人探しや面接の日程調整など、忙しい日々の中で一人で進めていくのは大変ですよね。
そこで、サポートの手厚い転職サイトを利用することで、負担を減らしながら転職活動をすることができます。
給与や働く時間など、条件も絞り込みながら探すことも可能です。

この記事では、PTOTSTワーカーの口コミや特徴、利用の流れについて解説します!

PTOTSTワーカーの特徴3つ

理学療法士

1.求人数が豊富

PTOTSTワーカーには豊富な求人が掲載されており、幅広い選択肢の中から転職先を選びたいという方におすすめです。

中にはPTOTSTワーカーでしか見られない非公開の求人もあります。
自力で転職活動をしていては出会えないようなレアな求人もあるため、特にスキルや経験の多い方は必見です。

また、都心だけでなく地方の求人も掲載されているため、「地方で良い転職先を見つけたい」という方も登録してみることをおすすめします。
パートの募集や時短勤務が可能な職場もあるため、フルタイムを希望しない方も相談してみると良いでしょう。

2.専任の担当者がつく

PTOTSTワーカーでは、職種ごとに専任の担当者がいるため、業界に詳しい人からサポートが受けられるというメリットもあります。
決まった担当者がつくことで、利用者ひとりひとりの理解を深めながら転職先を斡旋してもらえるため、うまくコミュニケーションを取りながら進めていきましょう。

また、PTOTSTワーカーでは、担当者と直接面談することが可能です。
メールやチャットなどの対応よりも話が食い違いにくく、スムーズに進めていくことができるでしょう。

面接練習のサポートや本番の同行も可能なため、サービスをフル活用しましょう。

3.転職後のフォローがある

転職サイトを利用していざ働きはじめても、「伝えられていた条件と違う」などのトラブルがないか不安になりますよね。

PTOTSTワーカーでは、転職したらそこで終わりではなくアフターフォローもあります
何か疑問や困り事があれば交渉を依頼することも可能です。

本当の意味で転職を成功させるためにも、担当者と信頼関係を築いておきましょう。

PTOTSTワーカーの良い口コミ

理学療法士

未経験の分野に挑戦できた

Aさん
評価:★★★★★5.0
資格取得後、急性期病院へ入職しましたが業務についていけず1ヶ月で退職をしました。本当は学校の実習で行った精神科が希望でしたが、周囲の方からまずは急性期を経験した方がよい。と言われ急性期病院に入職しました。1ヶ月で退職した事・精神科が全くの未経験である事から入職ができないかもしれないと思っていました。キャリアアドバイザーさんから『早期退職でも、経験がない方でも大丈夫ですよ。』と言っていただきとても嬉しかったです。しかも、本来したい業務だった精神科の病院をご紹介頂き、見学・面接時には同行して下さりフォローまでして頂きました。面接時に早期退職・未経験であった為、心配でしたが心強かったです!!本当にありがとうございました!!

PTOTSTワーカー ご利用者の声より

ブランクがあっても再就職できた

Bさん
評価:★★★★★5.0
私は新卒のころ三年間回復期病院で働いた後、結婚、出産により二子に恵まれ、8年程ブランクがありました。子育ても一段落して、保育園に子供を預けながら働こうと考えました。ただ、夫との相談で、9時~17時の時間で週3,4日からはじめて、子育てと両立して無理なく働き始めることを希望していました。そのときに相談してもらったのがPTOTSTワーカーです。ブランク明けでスキルに不安がある中で、時間も日数も少ない働き方だったので、見つかるかどうか不安だったのですが、相談した翌日に3件の求人をご紹介頂きました。面接時も一緒に3件の面接を同行頂き、ブランク明けでも安心して働けるかどうかを丁寧に相談をして頂けました。その結果ママさんセラピストも多い老健で決まり、職場で子育てへの理解がある中で、今は充実した毎日を送っています。一人で悩まずにPTOTSTワーカーさんに相談して本当によかったです♪

PTOTSTワーカー ご利用者の声より

面接に担当者が同行してくれた

Cさん
評価:★★★★★5.0
PTの資格取得後、急性期病院で働いてきましたが、10年目を節目に「整形のクリニックで整形分野を深めたい」と思い、転職を決めました。アドバイザーの方からは、クリニックによって「患者さんの層」や「リハビリの方針」などが様々ということで、実際に見学することをオススメされ、いくつかのクリニックにお伺いしました。見学や面接の際はアドバイザーの方も一緒に来てくれましたし、聞きにくい点や聞きそびれた点も突っ込んで聞いてくれたので、安心して転職活動を進められました。面接の際、緊張してしまった私の横で、院長に今までの経験のアピールをして頂いた時は、本当に安心しました。入職後も、条件を含めて納得した上での入職でしたので、今もギャップは無く充実して働けています。この度はサポートして頂いて、本当にありがとうございました。

PTOTSTワーカー ご利用者の声より

PTOTSTワーカーのデメリットは?

理学療法士

担当者によって対応に差がある

希望とずれている所を1、2箇所紹介され、1日で感想を教えてほしい・とりあえず見学したら?と言われた。慎重に決めているということを伝えると、決断を早くと急かされ、県外を探すとと言われ1ヶ月以上音信不通。主な連絡手段はLINEなのは有難いが、友達に送るような文章でとても不快。

LiVELLより

専任の担当者がつくのはメリットですが、担当者によっては相性が悪い場合があるようです。

その場合は遠慮なく担当者の変更を希望しましょう。
本人に伝えにくい場合は問い合わせフォームを利用するのも一つです。

転職を急かされる場合がある

煮え切らずに、押し切られて転職してしまいました。希望年収を伝えましたが、1年目だからでしょうか、入職したら話と違い大幅に下回ります。私の担当の方は、条件の詰めが甘くて、(ボーナスも)初回は満額ではないが、8掛け程度で貰える、と思います。と、憶測で物を言う方でした。中途採用の方は、ボーナスがどうなるか等、しっかりと雇用側と話してもらい、書面に残してもらってください。

LiVELLより

希望条件によってはなかなかマッチする職場から内定が出ず、転職を急かされてしまうケースもあるようです。
条件の詰めが甘いと入職後に「聞いていた条件と違う」などと後悔する原因にもなるため、焦らずに納得のいく転職先に決めることが大切です。

担当者とペースが合わない場合は変更を希望しましょう。

PTOTSTワーカーを利用する流れ

ヒアリング

PTOTSTワーカーを利用する流れは、下記の通りです。

  1. 会員登録
  2. 担当者によるヒアリング
  3. 求人の紹介
  4. 面接
  5. 内定・就職

対面でのヒアリングの後、条件にマッチする求人を紹介してもらえます。
面接の練習や書類作成のサポートもあるため、一人では不安な方も安心です。

「給料をアップさせたい」などという伝えづらい内容の交渉を任せられる点もメリットです。

転職後もアフターフォローがあるため、何か困ったことがある場合などは遠慮なく相談しましょう。

まとめ

理学療法士
PTOTSTワーカーの口コミや特徴、利用の流れなどについて解説しました。

「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」専門の転職サイトであり、豊富な求人の中にはレアなものやパート・非常勤などの募集もあります。
担当者のサポートは求人の紹介にとどまらず、面接練習や書類作成、面接当日の同行など様々です。

「業界に詳しい担当者からサポートを受けたい」「譲れない希望条件がある」などという方は、ぜひ利用してみてください!

併用すべき!転職サイト3選

1.マイナビコメディカル

マイナビコメディカル
マイナビコメディカルは、転職業界の大手「株式会社マイナビ」が運営している医療・介護に特化した転職サイトです。
求人数がトップクラスに多く、キャリアアドバイザーの対応が手厚いと評価されています。

面接や応募書類の対策サポートもあり、万全の状態で本番に臨むことができます。
頼れるアドバイザーのサポートを受けたいという方はぜひ利用してみてください!

20代女性
評価:★★★★★5.0
他のサイトで理学療法士の求人があまり見つからず困っていました。
そこでマイナビコメディカルを利用したところ、求人数の多さにとても驚きました。
条件の絞り込みが簡単で、サイトが使いやすかったです。
もっと早く利用すればよかったと後悔しています。

マイナビコメディカルについての記事はこちら!

2.PTOTSTワーカー

PTOTSTワーカー

PTOTSTワーカーは、「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」専門の転職サイトです。
専任の担当者がつき、直接の面談を交えながら転職活動を進めていくことができます。

面接練習や本番の同行も可能なので、初めての転職が不安な方にもオススメです!
退職後も相談できる体制が整っており、アフターフォローもしっかりしています。

評価:★★★★★5.0
PTの資格取得後、急性期病院で働いてきましたが、10年目を節目に「整形のクリニックで整形分野を深めたい」と思い、転職を決めました。
アドバイザーの方からは、クリニックによって「患者さんの層」や「リハビリの方針」などが様々ということで、実際に見学することをオススメされ、いくつかのクリニックにお伺いしました。
見学や面接の際はアドバイザーの方も一緒に来てくれましたし、聞きにくい点や聞きそびれた点も突っ込んで聞いてくれたので、安心して転職活動を進められました。
面接の際、緊張してしまった私の横で、院長に今までの経験のアピールをして頂いた時は、本当に安心しました。
入職後も、条件を含めて納得した上での入職でしたので、今もギャップは無く充実して働けています。この度はサポートして頂いて、本当にありがとうございました。

PTOTSTワーカーについての記事はこちら!

3.PTOT人材バンク

PTOT人材バンク

PTOT人材バンクは、「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」の転職に特化したサイトです。
コンサルタントが業界に精通しており、職場の内部事情まで把握しています。

利用者とのコミュニケーションを最も重要視しているため、コンサルタントと信頼関係を築きながら進めていきたいという方にオススメです。
応募書類や面接の対策サポートも受けられるため、本番が不安な人も安心して利用できます。

30代女性
評価:★★★★★5.0
登録した後の面談では特に強引な勧誘なども無かったです。
以前の仕事をしながらの転職でしたが無理のないスケジュールを提案してくれたので助かりました。
紹介された求人の細かい情報も教えてくれたので、本当にいい求人に応募をする事ができました。
ハローワークと違って自分ひとりで転職先を見極めるのではなくキャリアパートナーから色々とアドバイスが貰えるので、こちらとしても心強かったです。

PTOT人材バンクについての記事はこちら!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)