【薬剤師に強い】おすすめの転職サイト比較ランキング5選【口コミ評判】

この記事の監修者

青山学院大学経済学部卒業後、株式会社キャリアデザインセンターに入社。IT業界、コンサルティングファーム、重機メーカー、飲食業界など、大手上場企業から中小ベンチャーまで200社以上の中途採用に携わる。その後、大手ITサービス企業の人事として年間数百名規模の人材採用に従事。2015年株式会社STORIO設立。キャリアコンサルタントとして転職支援を行うとともに、人事領域のプロフェッショナルとして人材採用支援、組織開発などのコンサルティングも行う。

 

「このまま調剤を続けるのは将来が不安…」「もっと年収が良い職場はないかな…」と思ったら、転職するタイミングです。

薬剤師と一口に言っても、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社など、多くの職場と職種があります。

薬剤師は職場と職種によって仕事内容は異なり、年収の幅も広いので、転職活動は慎重に行う必要があります。

そこで便利なのが、薬剤師専用の転職サイトを活用することです。

薬剤師専用の転職サイトは、それぞれの特徴と強みを抑えて選ぶことが大切です。

今回は、薬剤師の転職を成功させるための転職サイト厳選5選をご紹介します。

この記事を読んでわかること

  • 薬剤師が転職サイトを利用すべき3つの理由
  • 【薬剤師向け】おすすめの転職サイト比較ランキング5選【口コミ評判】
  • 「転職エージェント」と「転職サイト」の違いとは?
  • 【薬剤師向け】転職サイトのおすすめの選び方
  • 【薬剤師向け】転職サイトの上手な使い方
  • 【薬剤師向け】転職サイトのメリット・デメリット
  • 【薬剤師向け】転職サイトに登録してから利用までの流れ

【薬剤師向け】転職サイトを利用すべき3つの理由

【薬剤師向け】転職サイトを利用すべき3つの理由
【薬剤師向け】転職サイトを利用すべき3つの理由

  • 薬剤師の国家資格保有者に限定した仕事が登録されている転職サイトがある
  • 求人を探す手間が省ける
  • 年収アップが可能

薬剤師は、国家資格保有者であるため、薬剤師を求めている企業が登録している転職サイトに登録することが重要です。

ここからは、薬剤師が転職サイトを利用すべき3つの理由について詳しく解説していきます。

①薬剤師の国家資格保有者に限定した仕事が登録されている転職サイトがある

【薬剤師向け】転職サイトを利用すべき理由

薬剤師の国家資格保有者に限定した仕事が、薬剤師向けの転職サイトには登録されています。

せっかく薬剤師の国家資格を持っているのに、特化した転職サイトに登録しないとうまく転職活動が進みません。

なぜなら、通常の転職サイトでは職種が多すぎて、薬剤師の国家資格保有者のメリットが活かせないからです。

薬剤師の国家資格保有者限定の転職サイトであれば、求人も薬剤師の国家保有者に合わせたものが登録されています。

資格を活かした転職活動を行うなら、薬剤師の国家資格の取得者を対象とした特化型の転職サイトを選びましょう。

②求人を探す手間が省ける

【薬剤師向け】転職サイトを利用すべき理由

薬剤師の求人に特化した転職サイトの場合は、求人を探す手間を省くことができます。

理由としては、薬剤師の求人に特化した転職サイトでは基本的に国家資格保有者を求める企業が集まっているためです。

通常の転職サイトでは職種が多い上に薬剤師資格の保有者であっても、あくまでもたくさんある職種の中の一つという位置づけになってしまいます。

薬剤師の求人に特化した転職サイトであれば、求人を探す手間が大幅に省けます。

ニーズのあるところを狙って転職活動を行うので、ミスマッチが起こりにくいです。

③年収アップが可能

【薬剤師向け】転職サイトを利用すべき理由

薬剤師のような医療系の国家資格保有者の場合は、そもそもベースの給与が一般的な仕事よりも高い傾向にあります。

理由としては、薬剤師は需要が高く取得が難しい資格の上に、有資格者以外は行えない独占業務があるためです。

薬剤師の求人に特化した転職サイトであれば薬剤師に向けた求人で、しかも年収が高い仕事が多いです。

薬剤師の資格を活かして年収アップを狙う場合は、薬剤師の資格保有者に特化した転職サイトを活用するほうが良いといえます。

【薬剤師に強い】おすすめの転職サイト比較ランキング5選【口コミ評判】

薬剤師 転職サイト おすすめ 比較 ランキング

転職サイトには、「キャリアカウンセラーがサポートする転職エージェント」と「求人を掲載する求人サイト」の2種類があります。

まず、薬剤師専用の転職エージェントは、大きく分けて派遣型と正社員向けに分かれます。

キャリアアップされたい方、年収アップしたい方は当然、正社員の案件を多く保有している転職エージェントがベストです。

一方で、結婚してお子様が生まれて、自分のライフスタイルに合ったペースで薬剤師を続けたい方には派遣薬剤師の選択肢もあります。

近年の薬剤師の需要アップに合わせて、派遣薬剤師の案件は急増しています。

まずは、自分の希望する労働形態(正社員、契約社員、派遣社員)を決めておきましょう。

次に、どの職場(調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社)へ転職したいかも検討しておくべきです。

一方で、「求人を掲載する求人サイト」は調剤薬局・ドラッグストアに強いサイト、病院に強いサイト、一般企業に強いサイトと様々です。

具体的に理想的な転職先がイメージできない方は、気になる転職(求人)サイトに3社くらい登録して、後で絞り込むと良いでしょう。

一つの転職(求人)サイトに頼るよりも、複数のサイトと比較することで、良い求人と出会えるチャンスも広がります。

▽【薬剤師に強い】おすすめの転職サイト比較ランキング5選【口コミ評判】

ランキング順位 転職サイト
ランキング 1位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

ランキング 2位 薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリ(エムスリーキャリア)

ランキング 3位
ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

4位  リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

5位 EXPHARMA(エクスファルマ)

EXPHARMA(エクスファルマ)

①マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

日本最大級の薬剤師転職サイトといえば「マイナビ薬剤師」です。

マイナビ薬剤師は、薬剤師転職支援サービス利用者満足度ナンバーワンにも選ばれた実績があります。

薬剤師の求人は常時約41,000件以上保有しており、マイナビ薬剤師だけが持つ非公開求人も案内しています。

多くの薬剤師にマイナビ薬剤師が選ばれているポイントは、全国の地域に対応していること。

対応エリアは都心だけでなく、北海道から九州・沖縄まで、幅広い地域の薬剤師の案件を取り揃えています。

マイナビ薬剤師

実は、薬剤師の求人は都心よりも地方のほうが需要が高く、平均年収も高めに設定されているのが特徴です。

山岳地帯や地方の薬剤師は人手不足に悩んでおり、お得な案件も豊富なので、要チェックです。

マイナビ薬剤師は職種・業種の幅も広く、管理薬剤師や一般企業の臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)といった高収入の案件もあります。

マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーとは電話やメールでも相談できるのが嬉しいポイント。

質の高い求人数が多く、丁寧なアドバイザーのサポートを受けたい方におすすめです。

 現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

「マイナビ薬剤師」は、5年連続“利用者満足度 No.1”を獲得している薬剤師のための転職サービスです。マイナビは、「マイナビ看護師」「マイナビコメディカル」「マイナビ介護職」「マイナビDOCTOR」など、医療業界での豊富な転職支援実績を持っています。応募者との「面談」に力を入れていて、親身にアドバイスをしてくれる丁寧なキャリア面談が高く評価されているようです。また、求人は、全国の医療施設から調剤薬局、ドラッグストア、製薬企業など、さまざまな医療機関、法人企業とバリエーションが豊富。マイナビ薬剤師は、全国15ヵ所にオフィスを設けているので、地方で転職したい薬剤師の方は、まずは登録してみてもいいかもしれません。

マイナビ薬剤師の口コミ・評判

@みん評-マイナビ薬剤師の口コミ・評判《高評価》

口コミサイトで好評だったので、マイナビ薬剤師を利用して転職をしました。最初に感じたことは、求人の質が高くヒアリングがしっかりとしているということでした。一人で転職活動をすることに不安があったのですが、ヒアリングをしたうえで自分に合った職場を提案してもらえたので良かったです。確固としたサポート力があり、登録をして正解だったと思いました。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

条件にあう求人がなかなか見つからず、マイナビ薬剤師に力を借りようと思い登録しました。しかし実際は、私ほとんど何もしていません…!私は条件をお伝えして、書類とか作成しただけ。転職は初めてだったもので、色々を教えていただきました。頼ってばかりの私でしたが、担当の方のおかげで無事採用をいただき、新しい職場と出会うことができました。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

やはり大手なので安心できるということと、求人数の多さで選びました。サイトも見やすく、検索もしやすいのでとても便利です。結婚しパート勤務で地方の案件を探していましたが、ドラッグストアで無事勤務することができました。復職復帰相談会を利用し、自分のキャリアにあったパート先をみつけることができたので、とても感謝しています。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

私はマイナビ薬剤師を利用して転職をしました。 マイナビ薬剤師を選んだ理由は転職先の掲載数が多く、有名だったことです。パソコンから応募してみるとすぐに、担当者さんからお電話をいただき、たくさん私の希望に合う転職先を紹介してくれました。転職先では子供の体調不良時にも優しく対応していただき、とても感謝の気持ちでいっぱいです。 もし転職することがあれば、またマイナビ薬剤師を利用すると思います。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

@みん評-マイナビ薬剤師の口コミ・評判《低評価》

基本的に業界に詳しくありませんでした。パンフレット・HPに記載されていることを説明されるのみ。
現場の事は置いておいて、会社を説明されるのみ。
まだ、こちらの意思を尊重してくれず一方的に面接した会社を勧められました。
日々業界も変わっているので、マイナビさんのやり方では追いつかないと思います。

★ 1.0

出典:みん評

スタッフが仲良く、明るく楽しいなどということはどこのサイトにも書いてあるので、真に受けない方が良いです。やはり自分で体験してから職場を決めることをおすすめします。

★★★ 3.0

出典:みん評

②薬キャリ(エムスリーキャリア)

薬キャリ

国内大手のエムスリーキャリアが運営する薬剤師転職サイト「薬キャリ」は、約4万件の求人数を保有しています。

薬キャリは、20社の人材紹介会社と提携しており、自分の希望に合った案件を見つけ出し、案内してくれる転職支援サービスでもあります。

薬キャリは業界でも歴史があり、医療業界との太いパイプもあるので信頼度が高く、良い案件を多く持っているのが特徴です。

薬キャリ

薬キャリは細かい条件の中から、自分にピッタリ合う案件を探し出せるので便利です。

例えば、土日休みで未経験など、こだわりの条件に合う仕事探しをすることができます。

対応エリアは全国区、職種・業種は一般薬剤師から管理薬剤師、研究開発、臨床開発、学術、薬事まで幅広く取り扱っています。

薬キャリは、薬剤師転職して年収アップしたい方、働き方を自由に選びたい方、初めての薬剤師転職など、幅広い方におすすめできます。

 現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

東証一部上場のエムスリーグループが運営し、約4万件の求人数、年間2万人以上の薬剤師が利用する転職サイト「薬キャリ」。エムスリーグループは、医療業界に特化したビジネスを行っているため、病院や医療施設などにおいて圧倒的な知名度を誇ります。「薬キャリ」では、豊富な薬剤師求人が掲載されていることや就職人気の高い病院薬剤師や企業薬剤師の求人数が多いことも人気の要因のようです。また、「薬キャリエージェント」という薬剤師専門の転職支援サービスも行っていて、業界専門のコンサルタントが薬局や病院などの事業所から求人情報を直接収集し、求職者の方にお仕事を紹介しています。

薬キャリの口コミ・評判

@みん評-薬キャリの口コミ・評判《高評価》

転職を決めたとき、こういった薬剤師求人にいくつか同時に登録しました。求人数が多いところも多々ありましたが、逆に情報量が多すぎてうまく選べず。薬キャリでは、担当さんが私の知りたい情報をしっかりと伝えてくれたので、とても転職活動をしやすかったです。1児の母であることもあり、提示した条件も多くなかなか決まらなかったのですが、焦らずじっくりとサポートしてくれて安心しました。何とか再就職できて、今は働きやすい環境で働けています。感謝しています。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

担当さんの質が高いです。親身になってこちらの希望や疑問にこたえてくれましたし、すごく対応が早いです。イライラすることもなく気持ちよく職探しできました。
調剤薬局で5年ぐらいしか働いていない自分でも、条件が良い求人が意外とあって良かったです。

★★★★ 4.0

出典:みん評

ブランクが10年以上あり不安でしたが、思い切って登録してよかったです。以前の仕事内容をコンサルタントの人に話してどのような職場に適しているか探してもらいました。勉強会には参加しませんでしたが、研修制度なども受けることができ、自信をもって再就職することができました。

★★★★ 4.0

出典:みん評

 

@みん評-薬キャリの口コミ・評判《低評価》

正社員の求人を希望し登録しました。中小薬局を希望と伝えたのですが、大手薬局を受けるようやたらと急かされました。キャリアや知識を積むには大手のほうがいい、と力説され、中小に行くのは楽したいからでしょう、と遠回しに言われて悲しい気分になりました。

★ 1.0

出典:みん評

不運なのかも知れないが 担当エージェントの質があまりにも低い。 求人紹介時の待遇と面接後の待遇が異なる 提示された求人情報にエラー多数 日夜構わず電話をしてくる 上記を指摘したところでエージェントからの謝罪、訂正などはなし。

★ 1.0

出典:みん評

③ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

「ファルマスタッフ」は、大手薬局チェーンを運営する日本調剤の株式会社メディカルリソース提供の転職サイトです。

大手薬局を運営していることもあり、ドラッグストアや薬局、調剤薬局の案件に強みがあり、約50,000件の案件を保有しています。

フォルマスタッフは、調剤薬局、ドラッグストア、病院の職場で転職したい方に向いています。

フォルマスタッフは正社員だけでなく、派遣薬剤師や契約社員、アルバイト・パートなど労働形態も豊富に揃っています。

ファルマスタッフ

コンサルタントは医療業界の知識があり、専門性が高いので、キャリア相談にも乗ってもらえます。

ただし、他の転職サイトよりも一般薬剤師の案件が中心なので、製薬会社などの一般企業の案件は少なめです。

公式サイトには薬剤師のキャリアアップに役立つコラムなど情報も多いので、一度目を通しておくと良いですね。

一般薬剤師の転職を希望する方は、全国対応しているフォルマスタッフに登録すれば、良い案件に出会うことができるでしょう。

 現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

ファルマスタッフは、総求人数は、調剤薬局を中心に5万件以上を誇る薬剤師専門の転職サービスです。全国に15の拠点を持ち、コンサルタントが求職者のニーズに対してきめ細やかなサポートをしています。大手薬局チェーンの「日本調剤」をグループ企業に持つファルマスタッフは、あらゆる薬局グループと深いつながりがあることから、調剤薬局の求人数が多いようです。また、全国15箇所に相談可能なオフィスが点在していて、他の薬剤師専門転職エージェントに比べて、各地域の情報を網羅しているという声も聞きます。各オフィスでは地元情報に精通した専任アドバイザーが、丁寧なアドバイスをしてくれるようなので、転職に悩んでいる薬剤師の方は、まずは、登録してみて話を聞いてみるのもいいかもしれません。

フォルマスタッフの口コミ・評判

@みん評-フォルマスタッフの口コミ・評判《高評価》

薬剤師の求人を探している際に、たまたまファルマスタッフを見つけました。1人で進めるよりはうまくいくかもしれないと思い、軽い気持ちで登録しましたが、登録してよかったと思いました!求人の情報をすごく丁寧に教えてくださり、不安もなく転職先を選ぶことができました。求人情報をとても多く把握していて、大変手厚いサポートだと感じました。無事転職もでき、すごく感謝しています。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

新聞の折込広告や地元の職業斡旋所を利用し探していましたがなかなか見つからず、先輩に紹介されたファルマスタッフに頼ってみることにしました。すると希望通りの求人をすぐに見つけてくれ、1ヶ月以内に入職することができました。もっと早く頼っていればよかったです。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

ファルマスタッフを選んだ理由は、やはり大手で求人数が多いからです。北海道から沖縄までさまざまな場所での求人があるため、家族が転勤族なためとても重宝しました。求人数がとても多くて豊富なので、時間などある程度わがままを言っても希望通りの求人を探してくれました。おかげで子育ての空いている時間で賢く見つけられました。薬剤師の資格を持たれている方はおすすめです。

★★★★★ 5.0

出典:みん評

@みん評-フォルマスタッフの口コミ・評判《低評価》

利用して思ったのが、返信がちょっと遅いな。。と感じました。でも対応は丁寧で悪くなかったです。たまたま私が希望している地域では求人数が少なくて結局転職はできませんでしたが、よい求人サイトだったと思います。

★★★ 3.0

出典:みん評

転職活動をしていることを、現在の勤務先にばらされた。。。活動中なのに、気まずい。

★ 1.0

出典:みん評

④リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

国内最大級リクルートグループが運営する薬剤師転職サイト「リクナビ薬剤師」は求人数と転職支援実績がナンバーワン。

リクナビ薬剤師は、薬剤師の案件を約45,000件保有しており、他の転職サイトにはない非公開求人も多いのが特徴です。

最大手のリクルートが持つネットワークを武器にして、多くの薬局やドラッグストア、企業から信頼を置いています。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の対応地域は全国エリアをカバーしているので、都心だけでなく地方の転職を検討している方にも向いています。

取り扱っている職種・業種は一般薬剤師の他にも管理薬剤師やドラッグストアのエリアマネージャー、一般企業の医薬品開発、、研究開発、臨床開発まで様々。

リクナビ薬剤師は、調剤薬局からドラッグストアへの転職、病院から調剤薬局併設のドラッグストアなど、職場を変えて探したい方にもおすすめです。

 現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

総求人数35,000件以上、リクルートメディカルキャリアが運営する薬剤師に特化した人材紹介サービス「リクナビ薬剤師」。人材サービス最大手リクルートグループの医療業界に精通した転職サービスなので、圧倒的な知名度と安心感はあると思います。薬剤師専任キャリアアドバイザーが多数在籍し、求人情報は大手の調剤薬局やドラッグストアチェーンなど優良求人が中心、キャリアアドバイザーによる面談は対面もしくは電話で行われるようです。「とにかくコンサルタントの対応スピードが早かった」や「利用者の転職日数「最短3日」」などという口コミもみますので、リクルートグループならではのスピード感を持ったサポートを受けることができそうです。「早く転職先を決めたい」という薬剤師の方は、登録しても良いかもしれません。

リクナビ薬剤師の口コミ・評判

@みん評-リクナビ薬剤師の口コミ・評判《高評価》

担当の方が希望条件をすごく細かく聞いてくれ、現状よりも給料がよくなるように交渉してくれました。
休みも希望通りで、無事給料も上がったので、本当に夢のようでした!
こんなに一生懸命になってくれる担当の方に出会えてすごくありがたかったです!お世話になりました!

★★★★★ 5.0

出典:みん評

薬剤師の仕事が大好きでがむしゃらに働き続けていましたが、精神的にも体力的にも厳しくなり、退職を決意。しばらく休んでゆっくりしたらやっぱり「薬剤師の仕事をしたい」と思い直し、今度はゆっくり働けるパートで薬剤師求人を探していました。他の求人サイトにも登録しましたが、リクナビの担当者さんが一番熱心に対応してくれたので最後はリクナビ一本で頑張りました。おかげで近所のゆっくりしたペースで働ける環境で今は仕事をしています。

★★★★ 4.0

出典:みん評

以前は病院の薬剤師として働いていましたが、強いプレッシャーが耐えられなくなり、転職を決めました。友人のすすめでリクナビに登録し、担当さんと相談しながら決めました。
今までのキャリアを活かせる職場で、無理のない環境を希望に出したところ、個人経営の調剤薬局を紹介してもらえました。話もすぐまとまり、今は前向きに頑張れています。

★★★★ 4.0

出典:みん評

@みん評-リクナビ薬剤師の口コミ・評判《低評価》

担当者か面談日を間違えてしまい、選考中の病院と行き違いに、、、再度改めて日にちの調整をしてもらえましたが、ちょっとギクシャクしてしまい結局内定はもらえませんでした。第一希望だっただけあって悔やまれます。

★★★ 3.0

出典:みん評

話の進め方が強引すぎて、こちらのペースで職探しが出来ない。 話し方もいちいち気に障るものの言い方をする。

★ 1.0

出典:みん評

 

⑤EXPHARMA(エクスファルマ)

EXPHARMA(エクスファルマ)

大手の転職サイトに登録したけど、担当のアドバイザーにうまく伝わらない、相性が良くなかったと感じる方は多いです。

そんな方は、管理薬剤師、薬局開発などの実務経験があるアドバイザーが相談に乗ってくれる「EXPHARMA(エクスファルマ)」を要チェック!

エクスファルマは他の転職サイトと異なり、アドバイザーは皆業界の経験者なので、気持ちが分かってもらえると評判です。

経験豊かなアドバイザーが採用まで徹底サポートしてくれるので、満足の行く転職ができるのです。

EXPHARMA(エクスファルマ)

エクスファルマのアドバイザーは電話やメールの対応の良さはもちろんのこと、お悩みやキャリア相談、希望する条件を親身になって聞いてくれます。

他の転職サイトでは薬剤師だけが分かる悩みを相談しても伝わらないこともあります。

エクスファルマならば、実務経験をもつ専任アドバイザーなので、気持ちが分かってくれて、ちゃんと希望の条件に合った求人を提案してもらえます。

転職支援サービスの中には、希望と全く違う案件を紹介されたり、しつこい営業の方もいます。

エクスファルマのアドバイザーならば、業界の経験者ばかりなので、ミスマッチも起こりにくいのがメリット。

転職の悩みを聞いてくれて、カウンセラーのような存在のアドバイザーをお探しならばエクスファルマをおすすめします。

 現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

阪神調剤ホールディンググループの株式会社エクスファルマが展開する医療人材就職サポートサービス、EXPHARMA(エクスファルマ)。阪神調剤ホールディンググループの会社なので、「薬剤師の調剤薬局転職に強い」ことが特徴です。また、管理薬剤師経験・薬局開発・運営経験など、実務経験をもつ専任アドバイザーたちが、一人ひとりの悩みや要望を、しっかり丁寧にヒアリングし、転職サポートをしてくれるのは、とても心強いですね。さらに、人材派遣サービスも行っているので、ライフスタイルにあわせて希望の時間や期間でお仕事を選びたい薬剤師の方も問い合わせしてみてもいいかもしれません。

EXPHARMA(エクスファルマ)の口コミ・評判

@みん評-EXPHARMA(エクスファルマ)の口コミ・評判《高評価》

求人数が少ないのが少し気になりましたが、ものすごい親身になって頂いてとても心強かったです。調べてみたらどの口コミでも評価高いみたいですね。前評判なしに登録しましたが大正解、という感じでしょうか。

出典:薬剤師転職NAVI

@みん評-EXPHARMA(エクスファルマ)の口コミ・評判《低評価》

相談&交渉してくれるほうだとおもうので、個人的に印象は悪くなかったのですが、札幌中心部から徐々に求人広げてるかなーとの印象だったので、今後に期待かなぁ。

出典:薬剤師転職NAVI

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いとは?

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いとは?

転職サイトが良いがいいのだろうか、転職エージェント良いのだろうかと悩んでいる方も少なくないでしょう。

一般的に、「転職エージェント」と「転職サイト」には以下のような違いがあります。

「転職エージェント」と「転職サイト」の違い

  • 転職エージェント:内定までのスピードが遅い
  • 転職サイト:内定までのスピードが早い

ここからは、薬剤師に向けて「転職エージェント」と「転職サイト」の違いについて解説していきます。

①転職エージェントとは?どんな人におすすめ?

転職エージェントとは?どんな人におすすめ?
転職エージェントがおすすめな人

  • 内定まで時間をかけたい
  • じっくり求人を選びたい
  • すぐに転職を考えていない

転職エージェントは紹介者が会社に内定した場合に、内定した転職希望者の年収の30%を会社から受け取る仕組みになっています。

転職エージェントは、薬剤師と企業の間で仲介者としての役割を担います。

いきなり求人応募してすぐに面接ではなく、転職エージェントが間に入るため時間がかかります。

また、すぐに転職をしたい場合には、転職エージェントは時間がかかるため向いていないといえますね。

②転職サイトとは?どんな人におすすめ?

転職サイトとは?どんな人におすすめ?
転職サイトがおすすめな人

  • 早く転職したい人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • 会社を自分の目で選びたい人

転職サイトは、求人広告掲載依頼を行なった企業からお金を受け取る仕組みになっています。

転職サイトは掲載期間が決められており、求人掲載期間が過ぎるとかけたお金が無駄になることから、内定スピードがアップします。

転職サイトは転職エージェントとは異なり、全て自分の手で転職活動を行うことになります。

自分のペースで求人応募も出来ますし、年収交渉も可能です。

自分で会社を選びたい薬剤師には、転職サイトの方が良いといえますね。

【薬剤師向け】転職サイトのおすすめの選び方

【薬剤師向け】転職サイトのおすすめの選び方

「どんな転職サイトがいいだろうか、どの転職サイトがいいのだろうか。」

悩ましい問題です。

そこで、ここからは、薬剤師な人に向けて「転職サイトのおすすめの選び方」について解説していきます。

【薬剤師向け】転職サイトのおすすめの選び方

  • 薬剤師に特化した転職サイトを活用する
  • 医療業界に特化した転職サイトを活用する
  • 企業内求人に応募したい場合は、一般転職サイトも活用する

①薬剤師に特化した転職サイトを活用する

【薬剤師向け】転職サイトのおすすめの選び方

薬剤師の求人に特化した転職サイトを活用すれば、転職活動がスムーズになる可能性があります。

理由としては、薬剤師に特化した転職サイトを活用すれば内定率がアップするためです。

「薬剤師のような国家資格取得者を欲しい」と考えている企業が特化型転職サイトに登録しているため、薬剤師の方が登録応募すれば内定する確率は高いですね。

薬剤師の国家資格を持たれている方は、積極的に薬剤師の資格保有者に特化した転職サイトへの登録をおすすめいたします。

②医療業界に特化した転職サイトを活用する

【薬剤師向け】転職サイトのおすすめの選び方

医療業界に特化した転職サイトを、活用するのも非常に有効な手段です。

理由としては、薬剤師のような国家資格は幅広く医療機関から求人需要があるためです。

病院内に薬剤師が欲しいと思うパターンもあれば、調剤薬局に欲しいというパターンもありますね。

薬剤師の国家資格取得者が、医療業界ニーズに対応した転職サイトを活用すれば内定率がアップします。

薬剤師だけに特化した転職サイトの場合よりも、医療という広いカテゴリーの中で展開している転職サイトの方が門戸が広い傾向にあります。

③企業内求人に応募したい場合は、一般転職サイトも活用する

【薬剤師向け】転職サイトのおすすめの選び方

最近では、企業内で薬剤師を求めているというケースもあります。

企業内で研究職の仕事を探したい場合は、一般転職サイトにも登録しておくことがおすすめといえます。

理由としては、一般企業で薬剤師を募集している場合は大企業求人も混じるためです。

大企業の薬剤師の待遇は相当に高くなる場合が多く、研究職なので仕事は忙しくなる半面、普通の病院よりも待遇が圧倒的に高くなるためです。

薬剤師の資格を持っていて時間がある場合は、一般の転職サイトに登録するのもよい選択肢といえます。

【薬剤師向け】転職サイトの上手な使い方

【薬剤師向け】転職サイトの上手な使い方
【薬剤師向け】転職サイトの上手な使い方

  • 求人を精査する
  • 応募したい求人があったら迷わず応募する

薬剤師が転職サイトを使う際には、スピード感を持つようにしましょう。

理由としては、転職サイトは構造上、内定を早く出さないと広告費が無駄になるので求人広告掲載期間内に採用しようと躍起になるからです。

求人を精査しつつも、自分が「あ、この薬剤師の求人がいいな」と思ったら応募するようにしてください。

転職サイトでの転職活動は、スピードが命であるといっても過言ではありません。

良いと思ったらスマホからでもエントリーだけはするようにしてみて下さい。

【薬剤師向け】転職サイトのメリット・デメリット

【薬剤師向け】転職サイトのメリット・デメリット

薬剤師向けの転職サイトにはメリット・デメリットがあります。

薬剤師という資格を活かしたい場合にはメリットが大きいです。

しかし、他の職種も見たいという場合にデメリットが出る可能性があります。

【薬剤師向け】転職サイトのメリット

【薬剤師向け】転職サイトのメリット
【薬剤師向け】転職サイトのメリット

  • 薬剤師の経験を活かせる
  • 薬剤師の国家資格を活かせる
  • 早期決着が可能

薬剤師が転職サイトを活用する場合、転職活動の早期決着が可能となります。

特に薬剤師向けの転職サイトの中には、最初から薬剤師の有資格者で経験者向けの求人が登録されている転職サイトもあります。

また、転職サイトの特性上、期間内に内定を出して仕事を早く決定してしまおうという採用側の思惑が働くのも早期決着が狙える理由の1つです。

薬剤師の国家資格は威力が高く、「薬剤師の国家資格」と「薬剤師の経験」さえあれば、採用側としても即戦力のため採用しやすいですね。

企業内の求人に応募する場合も、研究職に配属される可能性が高いので年収ベースなども高くなる可能性があります。

薬剤師の国家資格は、転職サイトを活用する上でも大きな武器となりますね。

【薬剤師向け】転職サイトのデメリット

【薬剤師向け】転職サイトのデメリット
【薬剤師向け】転職サイトのデメリット

  • 求人を自分で探さなければならない
  • 転職サイトによっては、資格を活かせない
  • 薬剤師以外の転職を考えた場合に落ちる可能性が高い

転職サイトのデメリットは、求人を探すことから条件の確認などをすべて自分で行わなければならないことです。

薬剤師に特化した転職サイトを活用しない場合は、資格が活きない可能性もあります。

また、薬剤師の資格を持っていても、他にやりたい仕事があり薬剤師以外の仕事を探している場合は、採用されない可能性もあります。

なぜなら、転職サイトは内定スパンも早いため、どうしても経験者や特殊な資格を持っている人から内定を出していく傾向にあるからです。

未経験でもやりたい仕事がある薬剤師の方には、転職サイトは厳しいといえますね。

【薬剤師向け】転職サイトに登録してから利用までの流れ

【薬剤師向け】転職サイトに登録してから利用までの流れ
【薬剤師向け】転職サイトに登録してから利用までの流れ

  • オンライン登録
  • 詳細情報を入力
  • 自分で求人情報を探す

転職サイトを利用する際には、まずオンライン登録をします。

なお、注意すべき点としては、オンライン登録後の詳細情報入力画面では、職務経歴書をしっかり書いてください。

採用担当者は経験してきた仕事を重視する傾向にあります。

そのため、これまでの仕事経験の棚卸を兼ねてしっかりと入力することが重要です。

特に薬剤師の国家資格取得者の場合は、資格だけではなく経験もアピールできるようにしてください。

薬剤師は国家資格がないと経験できない特殊な業務を担っているため、経験も人事から高く評価されます。

まとめ

今回は、薬剤師の転職を成功させるための転職サイト厳選5選をご紹介しました。

薬剤師転職を成功させるためには、豊富な求人数を保有する転職サイトを見つけることが欠かせません。

また、薬剤師専用の転職エージェント選びは、特徴と強みを抑えて選ぶことが大切です。

担当のアドバイザーは妥協をせずに、相性も含めて良い人材と出会えるまで努力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です