30代におすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング12選【2019年】

転職希望者/男性

現在、30代だが転職を真剣に検討しています。おすすめの転職サイト・転職エージェントはどれですか?

転職希望者/女性

新卒で入った大手企業に10年近く勤めてきたが、そろそろ転職したい・・・。とりあえず、どの転職サイト・転職エージェントを利用するのがいいのか教えてほしい!

30代の転職では、求職者のスキル・マネジメント経験が「即戦力」に値するかどうかを厳しく見られます。そのため、油断していると優秀な人や職歴が充実している人でも、内定がもらえないということは珍しくありません。

さらに、転職サイト・転職エージェントはそれぞれ違った特徴を持っています。つまり、30代は「女性」「未経験職種への転職」「ニート・既卒・フリーター・職歴なしから正社員」など、あなたの条件に合ったものを見つける必要があるのです。

当記事では、転職サイト・転職エージェントの利用を考えている30代のために「30代におすすめな転職サイト・転職エージェント12選」を紹介していきます。

目次

30代におすすめな転職エージェントの3つの選び方

【30代向け】転職エージェントのおすすめの選び方

転職エージェントの選び方が分からない、どこの転職エージェントが良いのだろう。このような悩みを持っている30代の方も少なくないでしょう。

そこで、ここからは30代に向けて、「転職エージェントのおすすめの選び方」について解説していきます。

30代におすすめな選び方①職種特化型の転職エージェントを選ぶ

特に30代の場合は、職種特化型の転職エージェントを選ぶと転職成功率がアップします。理由としては、30代の場合はそれまでの職種の経験が20代の若者よりも長いため、即戦力として期待がかかるからです。

そのため、30代は職種特化型の転職エージェントに登録すれば、求人紹介もスムーズな傾向にあります。「即戦力を採用したい企業」と「職歴を活かして転職したい転職希望者」のニーズがうまくマッチすることもあり、非常に良い結果が期待できます。

30代におすすめな選び方②業界特化型エージェントを選ぶ

業界に特化した転職エージェントを選ぶと、30代以降は内定確率がアップする傾向にあります。特定の職種の経験がなくとも、業界の経験があればどんな製品を作っているかや、どんな仕事の進め方をしているのかなどが理解できます。

30代以降は業界の仕事慣習や風土に慣れているのかも大きな評価要素となってくるため、仕事経験のある業界に特化した転職エージェントを選ぶようにしてみてください。業界経験があるという場合も転職市場では有利になりますので、30代が転職エージェント選びをする際には積極的に業界特化型エージェントを活用することをおすすめします。

30代におすすめな選び方③総合型の大手転職エージェントを選ぶ

30代で何らかの役職者の経験がある場合は、積極的に大手転職エージェントを選ぶようにしてみて下さい。企業は30代になると、「部下をもって指揮命令した経験があるかどうか」を大きな評価基準の一つとしています。

大手総合転職エージェントの場合は、こうした役職経験者向けの求人を多く用意しています。特に30代は管理職経験のある方も多いと思われますので、人を命令する立場での仕事をしたことがある人は大手総合転職エージェントで給与アップを狙ってみて下さい。

30代におすすめの転職サイト・転職エージェント12選|比較ランキングを口コミ評判から決定

転職サイト・転職エージェント おすすめ 30代

「30代前半」と「30代後半」では、別の評価軸で転職サイト・転職エージェントを選ぶ必要があります。なぜなら、企業側は「30代前半」にはプレーヤーとしてスキル・能力を求めますが、「30代後半」にはマネジメントスキルを求めるからです。

転職サイト・転職エージェントは、業者によって扱っている求人や得意な領域が全く違います。そのため、30代の方は自分の年齢に対応する企業側のニーズを把握して、条件に最も合った転職サイト・転職エージェントを見つける必要があるのです。

しかし、転職サイト・転職エージェントを探すにあたって、下記のような悩みを抱えている人は少なくありません。

転職希望者/女性

調べてみたら、転職サイト・転職エージェントは全国に約17,000社も合った。これでは、どのエージェントがいいのか全くわからない・・・。

そこで、ここからは本当に自分に合った転職サイト・転職エージェントを見つけたい方のために、「おすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング」を紹介していきます。また、ランキングは「30代前半」「30代後半」「30代女性」「未経験職種へ転職したい30代」「ニート・職歴なし・既卒・フリーターな30代」の5つの観点でまとめています。

現在転職サイト・転職エージェントの利用を考えている30代の方には、複数の転職サイト・転職エージェントに登録して上手に使い分けるのがおすすめです。

30代におすすめの転職サイト・転職エージェント12選|比較ランキング早見表

どんな30代におすすめ? おすすめの転職サイト・転職エージェント名
30代前半(30〜34歳)
30代後半(35〜39歳)
30代女性
未経験職種への転職をしたい30代
正社員になりたい30代

【30代前半向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング3選

【30代前半向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング3選!

転職サイト・転職エージェントには、年代・属性に関わらずにおすすめできる業者がいくつかあります。その中でも、ここで紹介する「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」の3社は、30代で転職するなら必ず登録しておきたい優良エージェントです。

それは、公開求人数・非公開求人数・年収UP実績など、それぞれのポイントで突出して評価が高いことからも明らかです。これから転職を始める30代の方は、まずは「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント 」の3社から利用してみてください。

30代前半におすすめ1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職
実績 転職支援実績No. 1 対応地域 全国
非公開求人 10万件以上 ターゲット層 20代〜50代
転職実績が多い業界 IT・通信、医薬など 年収アップ実績 7割以上

30代が転職を成功させたいのなら、まずはリクルートエージェントを利用するのが鉄板です。この年代の人達は経験やスキルは豊富なのに、転職市場の知識・試験対策の準備が不足していて痛い目を見ることが少なくありません。つまり、30代で転職を成功させたいのなら、豊富な実績に基づく徹底的なサポートが必要なのです。

このような中で、リクルートエージェントはあなたに必要なサポートを全て行ってくれます。なぜなら、転職支援実績No. 1のリクルートエージェントには優秀なキャリアアドバイザーがたくさんいるからです。また、保有している求人数も業界トップクラスであるため、利用することでキャリアの選択肢が間違いなく増えます。

リクルートエージェントなら正しい転職のやり方の下、満足のいく転職活動を行うことができるでしょう。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

30代の転職でも業界最大手のリクルートエージェントが1位ですね。業界最大手の強みを活かした求人の量と質に定評があるようです。ご自身の経験やスキルが「転職市場でどのくらいの価値があるか」を、客観的に把握するための情報収集として、業界最大手のリクルートエージェントにまずは、登録してみるという人も多そうですね。

リクルートエージェントの評価

総合評価 ★★★★★
求人数・求人の質 ★★★★★
キャリアアドバイザーの質の高さ ★★★★★
サービスの知名度 ★★★★★
求職者の紹介実績数 ★★★★★
転職経験者の口コミ・評判 ★★★★

リクルートエージェントの口コミ・評判

30代前半におすすめ2位:doda

doda
非公開求人数 70,000件以上 対応地域 全国
新着求人 6,079件 ターゲット層 ミドル層
強い業界 機械・電気メーカー/金融/サービス業 年収UP実績 2万人以上

30代で転職活動を行うのなら、dodaを利用するのも効果的です。dodaは20代のような若手よりも、30代〜40代のミドル層の求人に強みがある転職サイト・転職エージェントです。

これまでに2万人以上の求職者がdodaを利用することで年収UPを実現しており、キャリアアップを狙う30代の方から強い支持を得ています。リクルートエージェントと並ぶ大手転職サイト・転職エージェントであり、経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

最大の特徴は、キャリアカウンセリングに徹底して力を入れていることです。転職の前に「自分が本当に大事にしている価値観は何か?」「自分が一番もやもやしていることは何か?」といった曖昧な点を明確にしてくれます。

その結果、自分が本当に希望する仕事のイメージが明確になり、あとあとミスマッチが発生することを防げます。総じて、優良な転職サイト・転職エージェントなので、30代で転職をするならぜひ利用しておきたいところです。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

20代からも多くの指示を得るdodaが第2位。業界2位の豊富な求人数に加え、エージェント分業制による効率的な求人情報の提案がスピード感のある転職活動につながり、転職成功につながっているようですね。また、年収UPの転職成功例も多いようで、その点からもキャリアアップを狙う30代からの強い支持を得ているようです。

dodaの評価

総合評価 ★★★★★
求人数・求人の質 ★★★★
キャリアアドバイザーの質の高さ ★★★★★
サービスの知名度 ★★★★★
求職者の紹介実績数 ★★★★★
転職経験者の口コミ・評判 ★★★★

dodaの口コミ・評判

30代前半におすすめ3位:マイナビエージェント

マイナビエージェント
公開求人数 8,000件以上 対応地域 全国
非公開求人 18,000件以上 ターゲット層 全年齢
強い業界 メーカー/サービス/IT/不動産/流通 年収UP実績 6割以上

30代の中でも30歳〜34歳の方は、マイナビエージェントの利用も欠かせません。なぜなら、提案される求人の種類が非常に30代前半に向いているからです。

30代前半の方は、20代のように「単体プレーヤーとしてのスキル・能力」と「マネジメントスキル」の2つを求められます。それゆえに、転職サイト・転職エージェントを選ぶ際には「プレーヤー向けの求人」「マネージャー向けの求人」の両方を保有しているかが肝になります。

マイナビエージェントは、20代・30代の転職支援に強みがあることで評判の転職サイト・転職エージェントです。そのため、30代前半の方には「マネージャー向けの求人」だけでなく、「プレーヤー向けの求人」も紹介してくれます。

転職活動をする上で、まずはたくさんの求人を見て選択肢を増やし、そこから自分に合った企業に応募したいと思っている30代前半の方も多いはず。そのような30代前半の方にsは、キャリアの選択肢を増やしてくれるマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェントの評価

総合評価 ★★★★
求人数・求人の質 ★★★★
キャリアアドバイザーの質の高さ ★★★★★
サービスの知名度 ★★★★★
求職者の紹介実績数 ★★★★
転職経験者の口コミ・評判 ★★★★

マイナビエージェントの口コミ・評判

【30代後半向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング3選

転職サイト・転職エージェント おすすめ 30代

ここからは、30代後半(35〜39歳)の方におすすめしたい転職サイト・転職エージェントを3つ紹介していきます。30代後半の方は、20代の第二新卒や30代前半の方と違った観点で転職サイト・転職エージェント選びをしなくてはなりません。

なぜなら、30代後半から企業側から求められる能力が大幅に変わるため、20代や30代前半のときの気持ちのままで転職活動をしても、まず間違いなく失敗するからです。一般に、転職市場では35歳を境に求人件数が大幅に減少します。

それは、35歳以降は幹部候補・リーダー候補としての採用が中心になるため、空いているポジションが少なくなるからです。30代後半の場合、企業からはプレーヤーとしての能力以上に、マネージャーとしての経験や実績を求められます。

そのため、転職サイト・転職エージェントを選ぶ際には、「管理職向けの求人数が多いか?」「30歳後半をターゲットとしているか?」という視点を持つことが大切です。では、30代後半の方に向いている転職サイト・転職エージェントはどこでしょうか。

結論から言いますと、「JACリクルートメント」「ランスタッド」「キャリアカーバー」の3社がおすすめです。30代後半の方は、まずは上記の3社を比較検討することから始めてみてください。

30代後半におすすめ1位:JACリクルートメント

JACリクルートメント 転職サイト・転職エージェント
実績 転職サイト・転職エージェント部門2017年第1位 対応地域 全国、イギリス、アジア7ヵ国
非公開求人 60%以上 ターゲット層 外資・エグゼクティブ
強い業界 製造/IT/金融 年収UP実績 7割

30代後半の方なら、JACリクルートメントを利用しない理由はありません。なぜなら、JACリクルートメントは30歳後半〜50代のミドル層・シニア層をターゲットにしているからです。

他の転職サイト・転職エージェントでは登録を断られることの多い30代後半の方も、JACリクルートメントなら登録できるということも珍しくありません。また、「年収600万円以上」のハイクラスの求人保有数もダントツであるため、キャリアアップを狙っている方からも高い支持を得ています。

人気の日系大手だけでなく外資系企業などの求人も扱っているため、海外志向の方にもおすすめです。総じて、これ以上ないくらい30代後半に向いている転職サイト・転職エージェントといえます。30代後半でこれから転職活動を始めるならば、ぜひ登録してみてください。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

外資系企業や海外勤務希望者の転職サポート、ハイキャリア案件に強みがあるJACリクルートメント。年収600〜1500万円の高年収の非公開求人が豊富です。30代だと管理職を経験している方々も多く、今後のキャリアを見据えてさらなるキャリアアップを望んでいる人や「グローバルな転職に興味あるけど、初めてなのでどうすれば良いか分からない」という方にとっては、心強いサポートになるでしょう。

JACリクルートメントの口コミ・評判

30代後半におすすめ2位:ランスタッド

ランスタッド

「エグゼクティブ・役職者・経営幹部・管理職」向けの求人を探している30代後半の方には、ランスタッドがおすすめです。ランスタッドは、保有している求人の80%が年収800万円以上という超ハイクラス向けの転職サイト・転職エージェントです。

これだけ高い年収の求人が多い理由は、募集しているポジションのほとんどが「エグゼクティブ・役職者・経営幹部・管理職」だからです。つまり、マネージャーや経営幹部として「高度な能力・豊富な経験・圧倒的な実績」を求められるため、対価として支払われる報酬も巨額なのです。

30代後半の場合、「管理職などのマネージャークラス」だけでなく、「役員などのエグゼクティブクラス」のポジションでも応募することが可能です。そのため、ハイクラス向けの求人を探している30代後半の方にはランスタッドがおすすめといえます。

30代後半におすすめ3位:キャリアカーバー

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

「管理職」「年収600万円以上」などのハイクラスの求人を探しているならば、キャリアカーバーがおすすめです。キャリアカーバーは一般的な転職サイト・転職エージェントと違い、登録者に対してヘッドハンターが逆オファーするサービスとなっています。

こちらから求人に応募する求人サイトと違い、逆オファーが来るキャリアカーバーは採用の確率が非常に高いのが特徴です。なぜなら、優秀なヘッドハンターが「本当に採用される可能性がある人材」にのみオファーをするからです。

このような理由から、特段行きたい企業が明確ではないが、「管理職」「年収600万円以上」などの好条件の求人を探している人に向いています。また、利用者は会員登録をした後には、ヘッドハンターからオファーが来るのを待つだけとなっています。そのため、小まめにサイトを確認しなくても、オファーが来たときにだけ対応をすればいいのです。

30代後半となると、複数の転職サービスを利用することが必須となりますが、キャリアカーバーなら両立も簡単です。

【30代女性向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング2選

【30代女性向け】おすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキング3選!

30代女性の場合、男性とは別の軸で転職サイト・転職エージェントを選ぶ必要があります。30代女性の多くは子持ちであったり、結婚・育児・出産を視野に入れてキャリアを築く必要がありますよね。

そのため、30代女性は育児休暇などの各種福利厚生制度が整っているかなども事前に把握しておく必要があります。転職サイト・転職エージェントはこのような企業の制度や風土・文化なども把握しているため、サポートを受けることでミスマッチのない転職が可能です。

ここからは30代女性が活用すべき転職サイト・転職エージェントを2つ紹介していきます。

30代女性におすすめ1位:リブズキャリア(LiBzCAREER)

リブズキャリア 女性 転職

30代女性がまず登録すべき転職サイト・転職エージェントは、リブズキャリアです。リブズキャリアは業種・職種・年収などの基本的な条件以外にも、女性ならではのこだわり条件で求人を探せるのが魅力です。

例えば、育児サポートや働き方にこだわりがある方に向けて、自宅や保育園の最寄り駅に帰りたい時間から検索できる「帰れる検索」などがあります

また、登録しておくだけで厳選された企業からスカウトが来ますので、転職活動を無理なく行いたい30代女性の方におすすめです。

30代女性におすすめ2位:パソナキャリア

パソナキャリア
求人数 5万件 対応地域 全国
取引実績企業数 16,000社以上 ターゲット層 全年齢
転職実績が多い業界 製造業、IT、商社、流通・小売・サービス 年収アップ実績 67.1%

自分のキャリアに自信がある30代女性の方は、パソナキャリアを利用しましょう。なぜなら、業界トップクラスの優秀な転職サイト・転職エージェントが、あなたのキャリアに見合った転職先を提案してくれるからです。

キャリアが充実している30代女性に必要なのは、あとは正しいやり方で転職活動を行うことだけです。その際、優秀な転職サイト・転職エージェントであればあるほど、求職者のキャリアに見合った提案を行うことができます。

そのため、キャリアアドバイザーの質が高いと評判のパソナキャリアなら、他の人が知らない「上手な転職活動のやり方」を教えてもらえる可能性が高いです。30代女性の方はパソナキャリアに登録して、自身のキャリアを活かした転職活動を行ってみてください。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

求人数では、業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、手厚いサポート・フォローには定評があるのがパソナキャリア。「押し付けがましくない提案がよかった」などの声も聞きます。30代になって初めての転職する人、転職活動に不安がある人にオススメです。

未経験職種に強い!30代向けのおすすめ転職サイト・転職エージェント比較ランキング2選

未経験職種に強い!30代向けのおすすめ転職サイト・転職エージェント比較ランキング2選

30代で未経験職種へ転職して、新しいキャリアにチャレンジしたい方は専用の転職サイト・転職エージェントを利用すべきです。なぜなら、20代と違って30代は未経験職種への転職は難しいため、未経験職種の転職支援実績が豊富な転職サイト・転職エージェントでないと失敗の可能性があるからです。

ここからは、未経験職種への転職を本気で考えている30代のためにおすすめの転職サイト・転職エージェントを比較ランキング形式で紹介します。

30代未経験職種におすすめ1位:ワークポート(WORKPORT)

ワークポート(WORKPORT)

30代で未経験職種へ転職するなら、まずはワークポートに登録しましょう。ワークポートは主にIT業界・Web業界の求人に強みがあり、営業・エンジニアなどの人気職種の求人が豊富です。他の転職サイト・転職エージェントと違い、登録の際に断られる可能性が低いということで、未経験職種にチャレンジしたい30代におすすめです。

ワークポートは未経験職種への転職支援に強みがありますので、20代とは違った職種にどうしても就きたい30代の方は、一度キャリアカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

30代未経験職種におすすめ2位:Spring転職エージェント

Spring転職サイト・転職エージェント
実績 2018年版オリコン顧客満足度ランキング総合1位 対応地域 全国、海外60ヵ国
公開求人 求人全体のごく一部(非公開求人が大半) ターゲット層 外資・日系大手
強い業界 コンサル/保険/Sler/通信事業者/機械 年収UP実績 8割

自分のキャリアに自信がない30代の方には、Spring転職エージェントがおすすめです。なぜなら、登録拒否される可能性が極めて低く、「年収200万円未満」「正社員経験なし」のようなキャリアの30代でも利用することができるからです。

転職サイト・転職エージェントは営利組織ですので、採用が決まって企業側から紹介料をもらえる人でないと求人を紹介してくれない可能性があります。つまり、一部の転職サイト・転職エージェントでは30代に対して、求人紹介を兼ねた面談を拒否することがあるのです。

しかし、Spring転職エージェントは「絶対に面談を断らない」という評判があります。そのため、他の転職サイト・転職エージェントでは面談を断られてしまった30代でも、Spring転職サイト・転職エージェントなら利用することができます。

30代の方でキャリア不足を自覚している方は、まずはSpring転職エージェントから登録してみてください。

正社員で働きたい!無職・職歴なし・高卒・ニートな30代におすすめの転職サイト・転職エージェント2選

正社員で働きたい!無職・職歴なし・高卒・ニートな30代におすすめの転職サイト・転職エージェント2選

30代の中には、ニート・職歴なし・フリーター・既卒などの非正規雇用または不安定な就労形態にあてはまる人もいるでしょう。そのような人は、正社員への転職に強みがある転職サイト・転職エージェントがおすすめです。

30代であっても、まだまだ非正規から正社員への転職は十分に可能です。ここからは、ニート・職歴なし・フリーター・既卒などの属性を持つ30代のためにおすすめの転職サイト・転職エージェント紹介していきます。

1位:type転職エージェント

type転職サイト・転職エージェント

30代で転職活動を行うなら、迷わずtype転職エージェントを利用しましょう。その理由は、あなた自身も知らない自分の市場価値を的確に把握して、少しでもいい転職先を提案してくれるからです。

一般的に30代の人は、第二新卒に続いて転職市場での価値が高いです。そのため、異業種・異職種への転職も可能であり、キャリアの選択肢は幅広いといえます。

しかし、逆に選択肢が多い分、本当に自分に合った転職先がどこであるのかがわからない人は少なくありません。そのような中、type転職エージェントならこちらの「もやもや」を解決して、転職成功のための良質な提案を行ってくれます。

30代の転職を満足のいくものにしたいのなら、type転職エージェントを利用することをおすすめします。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

1994年から東京・神奈川・埼玉・千葉の一都三県の求人案件を中心に取り扱う転職サイト・転職エージェントです。IT・通信業界、Web業界、メーカーなどの求人に強いと定評があります。これらの職種・業種でキャリアアップを狙う30代には、かなり向いているでしょう。また、エンジニアの転職実績も多いので、SE、プログラマーなどのエンジニアの方にもオススメです。

2位:アイデムスマートエージェント

30代で正社員に転職したいと考えているならば、アイデムスマートエージェントを利用しましょう。アイデムスマートエージェントは求人媒体を扱って40年以上の実績を誇る老舗転職サイト・転職エージェントです。

正社員の人材紹介・就職支援サービスに特に強みがあり、30代でニート・職歴なし・フリーター・既卒などの属性を持つ人に向いています。他の転職サイト・転職エージェントだと断られてしまうネガティブな経歴である人でも、アイデムスマートエージェントならサポートを受けられる可能性があります。

30代で正社員への転職を真剣に考えているならば、アイデムスマートエージェントに登録できるかどうかを確認してみましょう。

30代に転職サイト・転職エージェントの利用がおすすめな3つの理由

転職サイト・転職エージェント 30代

転職活動をする上で、まず最初に行うのが求人を探すことです。一般的に、30代の方が求人を探す方法は以下の7つがあります。

▽30代の方が求人を探すための7つの方法

求人媒体 評価 特徴
①転職サイト・転職エージェント 企業と求職者の間に入って、両者をマッチングする
②求人サイト 企業からの求人を大量に掲載
③人材銀行 40歳以上の管理職・専門職経験のある人が対象
④ハローワーク 公的な職業紹介機関
⑤新聞 全国紙の日曜日版に求人が少数掲載
⑥求人雑誌・折込チラシ タウンワークのような求人媒体
⑦企業ホームページ  公式の採用ページ

しかし、この中で本当に利用すべきものは「①転職サイト・転職エージェント」「②求人サイト」の2つだけです。特に30代の方の場合、転職サイト・転職エージェントをいかにうまく利用するのかが転職成功の鍵となります。

では、なぜ30代こそ転職サイト・転職エージェントを利用すべきなのでしょうか?ここからは、これから転職活動を行う30代の方のために「30代が転職サイト・転職エージェントを利用すべき3つの理由」をまとめていきます。

①30代を対象にした求人のみを紹介してもらえる

転職サイト・転職エージェント 30代

30代の方が転職サイト・転職エージェントを利用すべき最大の理由は、「年代に合った求人のみを紹介してくれるから」に尽きます。転職サイト・転職エージェントは求職者の転職先が決まったときに、相手先の企業から紹介料をいただきます。

このようなビジネスモデルを取っているため、転職サイト・転職エージェントでは「本当に転職成功の可能性がある求人」のみしか紹介しません。そのため、利用者は全く条件に当てはまっていない求人に応募するなどの手間を省くことができるのです。

②求人サイトと違って、ミスマッチが少ない

求人サイト ミスマッチ
転職希望者/男性

転職サイト・転職エージェントを利用しなくても、求人サイトを使っていたら大丈夫なのでは?

求人サイトも後悔のない転職を行うためには、利用必須のサービスです。しかし、30代の方が求人サイトを使う場合、求人のメッセージの「建前と本音」をしっかりと区別する必要があります。

求人サイトの求人は、法律で募集・採用時の年齢制限を設ける事が出来ない旨が規定されているため、どの年代の方でも応募することができます。

そのため、求人に「平均年齢26歳」などというメッセージが書いてあるのを見て、30代後半の自分でも十分合格可能性があるのではないかと勘違いしてしまう人が少なくありません。そうなると、採用の決定権は企業側にあるため、求人のメッセージの「建前」を理解できないと合格見込みのない求人ばかり応募することになってしまいます。

どれだけ積極的に転職活動を行ったとしても、企業側のターゲットとずれてしまっていては採用まで至ることはできないでしょう。つまり、20代と違って30代の方が求人サイトを利用する場合、ミスマッチトラブルに合う可能性があるのです。

このような問題を回避するためには、事前に求人に対してスクリーニングをかけてくれる転職サイト・転職エージェントの利用が効果的です。転職サイト・転職エージェントならば、30代を雇いたいという企業側の「本音」が載った求人のみを紹介してくれます。

▽【30代が引っかかりやすい!】求人サイトの求人に書いてある「建前」一覧

求人情報の表記例 解説
社会人経験1年以上 社会人経験が少しでもあればいいというレベルの求人です。30代の人向けではありません。
若手社員の写真が多数掲載されている 暗に20代の若手限定の求人ということを表しています。
平均年齢27歳 平均年齢を出すことで、27歳前後の人を対象にしていることを表しています。
第二新卒歓迎 新卒から3年ほど社会人経験を積んだ人のことを「第二新卒」と呼びます。よって25歳前後の人を募集している求人です。
ポテンシャル採用 経験や実績ではなく、モチベーションの高さや潜在的な能力を評価軸とするということです。この評価方式は新卒を対象としています。
20代中心の職場です! 「20代以外の応募者は落とします」という意味のメッセージです。
経験不問・未経験歓迎 一般的には、未経験職種への転職も可能な第二新卒向けのメッセージです。
年収事例
1,000万円/入社4年目 29歳
800万円/入社6年目 28歳
年収事例で出てくる年齢に30代がない場合、20代中心の職場である可能性が高いです。

参考:「「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド |秀和システム」

③自分の市場価値を知る機会になる

転職サイト・転職エージェント 30代

多くの30代は近年の急速な転職市場の変化についていけず、転職をする上で絶対に知っておかなければならない2つのことに気づいていません。

  1. 希望する転職先に行くことは簡単ではない
  2. 自分が思っているほど、転職市場での自分の価値は高くない

特に新卒で日系大手などの優良企業に就職した方に多いですが、自分のキャリアに自信があるがゆえに、プライドが邪魔をして転職活動を失敗させてしまいます。要するに、30代の方はビジネス経験が豊富であるがゆえに、「自分は優秀だから何処へでも就職できる」と根拠のない自信を持ってしまうのです。

そして、いざ転職活動をする際に「理想と現実の差」を受け止めることができず、現在の職場よりもランクの低い企業からの内定を全て断って、いつの間にか転職先の候補がなくなってしまいます。転職を成功させるためには、自分の市場価値を客観的に把握することは必須です。そのためには、多くの求職者を見てきた転職サイト・転職エージェントからのアドバイスをもらうのが一番です。

30代の方はまずは複数の転職サイト・転職エージェントに登録して、多くのキャリアアドバイザーからのフィードバックをもらってください。自分の市場価値を知って始めて、転職活動のスタート地点に立つことができます。

30代が転職サイト・転職エージェントについて気になる疑問と回答

ここからは、30代が転職サイト・エージェントについて疑問に思う点を徹底解説していきます。

Q.「転職サイト・転職エージェント」と「求人サイト」の違いとは?どんな30代におすすめ?

転職サイト・転職エージェント 求人サイト
特徴 年収交渉を代行してもらえるため年収アップしやすい 年収交渉を自分でしなくてはならない
おすすめな30代
  • 30代で年収アップを狙いたい人
  • 30代で転職に失敗したくない人
  • 30代で経験を活かした転職をしたい人
  • すぐにでも転職したい30代の人
  • 転職に慣れた30代の人
  • 転職活動を早く終わらせたい人

Q.30代は転職サイト・転職エージェントをどう使うべき?おすすめな使い方とは?

  • 年収の高い求人を積極的に狙う
  • 管理職経験がある場合は積極的にアピールする

Q.30代が転職サイト・転職エージェントを使うメリットとデメリットとは?

メリット デメリット
  • 年収の高い求人が多い
  • 先に社内事情を知ることができる
  • 管理職経験者は年収アップする可能性が高い
  • 未経験転職は難しい
  • 管理職経験がないと年収が下がる可能性が高い
  • 特定の職種のスペシャリスト化していないと年収ダウンする可能性もある

30代におすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキングまとめ

30代におすすめの転職サイト・転職エージェント比較ランキングまとめ

以上、当記事では30代の方におすすめな転職サイト・転職エージェントを「30代前半」「30代後半」「30代女性」「未経験職種へ転職したい30代」「ニート・職歴なし・既卒・フリーターな30代」の5つの観点からまとめていきました。一般に転職の世界では、30歳以降は5つ年を重ねるごとに求人の数が半減すると言われています。

これは、「30歳前半」と「30歳後半」の例からも明らかなように、5年ごとに企業から求められるスキル・経験が変わってくるからです。「30歳前半」では、プレーヤー単体として優秀ならば求人はまだまだたくさんあります。

しかし、「30歳後半」に入るとマネジメントスキル重視になるため、自然と応募できる職種も管理職などに限定されます。そのため、数少ない管理職のポジションを争って求職者が殺到することになるのです。

現在では、2000年代から10年近く続いた就職氷河期が過ぎ去り、30歳以降の人でも転職できるようになりました。それでも、30歳以降の転職がまだまだ難しいことに変わりはありません。

もし、あなたが30代の大事な時期の転職を必ず成功させたいのなら、「求人サイト」だけでなく「転職サイト・転職エージェント」などもフル活用することをおすすめします。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日

 

この記事の監修者

青山学院大学経済学部卒業後、株式会社キャリアデザインセンターに入社。IT業界、コンサルティングファーム、重機メーカー、飲食業界など、大手上場企業から中小ベンチャーまで200社以上の中途採用に携わる。その後、大手ITサービス企業の人事として年間数百名規模の人材採用に従事。2015年株式会社STORIO設立。キャリアコンサルタントとして転職支援を行うとともに、人事領域のプロフェッショナルとして人材採用支援、組織開発などのコンサルティングも行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です