【医師/医者に強い】おすすめの転職サイト比較ランキング10選【口コミ評判】

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

医師の転職といえば、医局や知り合いに紹介してもらうことが主流でした。

最近は、医師転職でも一般企業のように転職サイトに登録して条件を検索して、良い職場を見つけるのが当たり前になっています。

そのため、医療機関専門の転職サイトの種類が増えてきており、何を基準に選べばよいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。

そこで今回は、求人数や転職実績、サポート力に定評のある転職サイト10選をご紹介しましょう。

目次

【医師/医者向け】転職サイトを利用すべき3つの理由

【医師/医者向け】転職サイトを利用すべき3つの理由

医師/医者が転職サイトを利用すべき理由として、以下の3つが挙げられます。

【医師/医者向け】転職サイトを利用すべき3つの理由

  • 自分のペースで転職活動を行うことができる
  • 自分の目で求人を選ぶことができる
  • 求人担当者と直接交渉できる

医師/医者は転職市場では有利であるため、転職サイトの活用が重要です。

ここからは、医師/医者が転職サイトを利用すべき3つの理由について詳しく解説していきます。

①自分のペースで転職活動を行うことができる

【医師/医者向け】転職サイトを利用すべき理由

医師/医者の場合は、転職サイトを活用することで自分のペースで活用することが可能になります。

理由としては、転職サイトは自分の好きなタイミングで登録だけしておけば、スマホやパソコンからいつでもエントリーして求人を受けることができるためです。

特に医師/医者は普段の仕事が非常に忙しいため、好きなときに求人にエントリーできるのは大きなメリットですね。

また、それだけではなく自分の希望に合った求人条件を登録しておけば、自動で求人を通知してくれるような転職サイトもあります。

②自分の目で求人を選ぶことができる

【医師/医者向け】転職サイトを利用すべき理由

医師/医者が転職サイトを活用する場合は、自分の目で見て求人を選ぶことが可能です。

転職サイトに登録すれば求人情報に自分自身でアクセスを行い、条件の合わない求人は応募しなくても問題ありません。

なぜなら、転職サイトはすべて自力で転職活動を行えるような仕様になっているからです。

転職サイトは、登録しておいて自分に合った条件の求人が来た場合だけ応募するというようにしておけば、いらないストレスを抱えることがありません。

医師/医者は国家資格を持っているため、転職サイトで自力で転職活動を行っても成功する可能性は高いといえますね。

③求人担当者と直接交渉できる

【医師/医者向け】転職サイトを利用すべき理由

医師/医者は、転職サイトを活用すれば求人担当者と直接交渉が可能です。

特に医師免許のような医療系の国家資格取得者は、転職市場でも非常に強い傾向にあります。

仮に現在の病院で給与待遇などに不満がある方は、職歴に自信があるなら求人担当者と直接交渉をする方が年収アップに近づけます。

医師/医者は、転職サイトを活用して条件交渉などを積極的に行うことをおすすめいたします。

【医師/医者に強い】おすすめの転職サイト比較ランキング10選【評判】

【医師/医者に強い】おすすめの転職サイト比較ランキング10選【評判】

医師は初めて転職サイトに登録して利用することにためらう方も多いです。

医師の転職は、まだまだ知り合いに紹介してもらう方が安心という考えが浸透している側面もあります。

転職サイトを使うと、周囲にバレて現場の医療機関に知られることを恐れている医師も多いです。

しかし、実際に転職サイトに登録しても個人情報がネット上で漏れたり人に知られることはありません。

医師転職サイトは個人的に転職活動する感覚で効率的に進めることが可能です。

転職サイト経由で転職すると、キャリアコンサルタントが医療機関に給与交渉などの営業もしてくれるのもメリット。

結局のところ、自分で転職活動するよりも転職サイトを使ったほうが良い条件で転職できるのです。

現職が忙しくてなかなか病院の情報収集が難しい方も、効率的に進めることができるようになります。

医師転職サイトを利用すれば、今より良い職場が見つかること間違いなしです。

▽【医師/医者に強い】おすすめの転職サイト比較ランキング10選【評判】

ランキング順位 サービス名
ランキング 1位 m3.com CAREER(エムスリーキャリア)

m3.com CAREER(エムスリーキャリア)

ランキング 2位
マイナビDOCTOR

マイナビDOCTOR

 ランキング 3位 医師転職ドットコム

医師転職ドットコム

 4位 ドクターキャスト

ドクターキャスト

 5位 リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

 6位 医師ジョブ.jp

医師ジョブ.jp

7位 e-doctor

e-doctor

8位 ドクタービジョン

ドクタービジョン

9位 Dr.転職なび

Dr.転職なび

10位 Dr.アルなび

Dr.アルなび

①m3.com CAREER(エムスリーキャリア)

m3.com CAREER(エムスリーキャリア)

出典:m3.com CAREER

ソニーグループの転職サイト「m3.com CAREER(エムスリーキャリア)」は国内最大級の医療機関の転職サイトです。

東証一部上場のエムスリーとエス・エム・エスが合体してからは、豊富な案件と分かりやすい広告というそれぞれの強みを発揮。

見やすい医師の転職サイトとしてユーザー数を確実に増やしています。

登録数は20万人以上おり、口コミや評判でも高い評価を得ています。

転職サイト選びには迷ったらまずは登録しておきたいおすすめのサイトです。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

m3.com CAREER」は、エムスリーキャリア株式会社が運営する日本最大級の医師のための総合転職支援サイトです。エムスリーキャリア株式会社は、約27万人の医師会員数を誇る国内最大級の医療従事者向けポータルサイトを運営する東証一部上場のエムスリーと、介護・医療・アクティブシニア分野における情報インフラ構築で創業以来継続的に高い成長率を誇る東証一部上場のエス・エム・エスが、医師や薬剤師と、医療機関や医療法人とのベストマッチを実現させるべく200912月に設立。m3.com CAREER」は、いつも10,000件にも上る優良な常勤医師の求人を掲載しているのが特徴で、特に高い年収を手に入れるのにこだわりを持っている人には魅力的な求人が豊富です。勤務地は全国各地で、募集科目も取りこぼしがなく、どのような専門を持っている医師でも利用することが可能です。

②マイナビDOCTOR

業界大手マイナビ運営の「マイナビDOCTOR」は医者や看護師、薬剤師などの転職サポートや人材紹介事業を行っています。

全国区の案件を取り扱っていますが、首都圏(東京都、神奈川、埼玉県、千葉県)が多く見られます。

非公開求人は全体の80%以上を占めていおり、質の高い案件を取り揃えています。

関東圏での転職を希望する方なら、間違いなく登録する価値があります。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

マイナビDOCTORは大手総合人材サービス企業である株式会社マイナビが提供する医師専門の転職支援サービスです。常勤、定期非常勤からスポット・アルバイトまで、様々な勤務形態の求人を取り扱っています。マイナビでは、医師だけでなく、看護師、コ・メディカル、薬剤師など、医療に関する多数のサービスを提供しており、医療機関とのパイプも太く、様々な科目、医療機関の形態での求人に対応しています。また、マイナビDOCTORを利用する上で大きなメリットになるのが、キャリアパートナーのサポート力の高さです。転職業界であらゆる業種の転職支援を手がけてきているので、充実した教育を受けているキャリアパートナーが手厚くサポートしてくれます。サポート力が優れているマイナビDOCTORは、カウンセリングをベースに転職活動をしたい医師に向いています。

③医師転職ドットコム

メディウェル運営「医師転職ドットコム」は、気持ちよく退職するサポートから始まります。

経験豊富なエージェントが現場に向かい、スムーズな退職ができるようにアドバイスしてくれるのです。

他にも医師転職ドットコムは面接の際に年収アップの交渉をするために同行してくれたり、サポート体制に定評があります。

公式サイトのメディウェルの調査によれば、医師転職ドットコムの利用者は平均年収1.4倍アップした実績があります。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

メディウェルの「医師転職ドットコム」は医師のための転職支援サービスです。メディウェルは、医療に特化している専門企業として、人材紹介から情報発信までを広く手がけていて、「医師転職ドットコム」以外にも「医師バイトドットコム」というアルバイト専門のサイトや、「40代、50代、60代からの医師転職ドットコム」という中高年向けのサイト、「エピロギ」という医師のためのキャリアマガジンなどのサイトを運営し、医療業界での転職、キャリアに関する事業に多角的に取り組み、質の高い情報を発信し続けています。「医師転職ドットコム」は、1日約200件以上の新着求人が更新されるという業界最大級の求人数が魅力で、他サイトでは見つけられなかった条件での求人情報を見つけることができたというケースもあるようです。

④ドクターキャスト

メディカルキャスト社運営の「ドクターキャスト」は関西エリアの医師転職に強みのある転職サイトです。

きめ細かくマッチングに定評があり、忙しい方も全国の病院情報の中から最適や仕事を見つけ出してくれます。

専任エージェントは転職先の勤務条件や給与交渉を行い、職場の状況や雰囲気を伝えてくれます。

登録は1分で完了するので、医師転職の情報収集としても利用する価値はあります。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

「ドクターキャスト」は、メディカルキャストが運営している医師のための転職サイトです。メディカルキャストは、「ドクターキャスト」の他に看護師、薬剤師、PT・OT・ST、事務系幹部候補者など、医療業界における人材紹介事業を展開しています。「ドクターキャスト」に登録すると、経験豊富なキャリアコンサルタントが医師の転職をサポートする転職支援サービスを利用できます。「ドクターキャスト」では、全国の求人を取り扱っていますが、メディカルキャストは、大阪に本社を持つため、関西圏の医療施設や病院との強いコネクションがあり、関西圏の求人・非公開求人が豊富です。関西周辺のエリアで転職を検討している医師の方は、まずは登録してみても良いかもしれません。

⑤リクルートドクターズキャリア

リクルートグループ運営「リクルートドクターズキャリア」は業界最大級の医師専門の転職サイトです。

医師に特化した転職サイトとして約40年の歴史がある老舗です。

リクルートの公式サイトによれば、医師の支持率は83%と高い信頼を置かれています。

リクルートドクターズキャリアは、常時約2万件以上の案件を保有しており、豊富な情報を得ることができます。

実際に働いてみないと分からない内部事情、職場の雰囲気もリクルートならではのコネクションから情報をキャッチできるのです。

サポート力も迅速で丁寧だと評価は高く、オールマイティに活用できる転職サイトです。

現役転職エージェントからのコメント

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職エージェント】

リクルートドクターズキャリアは、リクルートメディカルキャリアが運営する医師の転職に特化した転職支援サービスです。リクルートメディカルキャリアは、転職のプロ『リクルートグループ』のノウハウを結集し、1979年の設立以来「医師のキャリアデザイン」と「病医院の安定的な人材採用」支援を行っています。2009年からは、看護師の転職支援する『ナースフル』、2011年より薬剤師の転職支援する『リクナビ薬剤師』などのサービス展開し、多くの医療業界の転職支援実績を誇ります。大手のノウハウとその長い歴史に裏付けられた転職支援実績から、多くの病院やクリニックと信頼関係を気付いており、医療の業界理解に精通していて、トップクラスの求人数を保有し、優良求人が非常に多いことが魅力です。リクルートドクターズキャリアであれば、数多い選択肢をみた上で、希望条件を満たす職場が見つかることでしょう。

⑥医師ジョブ.jp

クラシス株式会社運営の「医師ジョブ.jp」は自分で転職先仕事をする「転職サイト」の他にもエージェントにサポートしてもらうサービスがあります。

現職が忙しく、なかなか転職先探しをできない方は専用エージェントが条件に合う仕事探しと給与交渉などを代行します。

エージェントに完全お任せしてもフルサービスで動いてくれるので転職活動がスムーズに。

取り扱い案件は首都圏エリアに強みがあり、医師の転職に役立ちます。

⑦e-doctor

e-doctor

出典:e-doctor

株式会社リンクスタッフは、医療機関の転職に特化した「e-doctor」、医師専門のアルバイト情報サイト「e-hijokin」、産業医の転職「e-産業医」などを運営しています。

「e-doctor」は医師、歯科医師の転職サポート、海外臨床研修紹介や看護師、介護職員の転職支援も行います。

非常勤や地方の案件もあり、迅速なアドバイザーの対応に定評あります。

⑧DOCTOR VISION(ドクタービジョン)

メディカルリソース運営「ドクタービジョン」は医療機関の転職サービスです。

医師や看護師、薬剤師などの医療機関の転職情報と採用までのサポートを行います。

転職後は今よりも良い条件の職場になるように、転職エージェントは面接に同行して、採用担当者と給与交渉してくれます。

転職サイトだけでは分からない現場の雰囲気なども伝えてくれるので役立ちます。

全国対応しているので、地方の医師に転職する方にもおすすめです。

⑨Dr.転職なび

「Dr.転職なび」はキャリアコンサルタントの質が高く、全員が医療経営士の資格を取得しています。

医療経営士とは、医者や看護師、薬剤師など医療機関の運営に必要な知識を持ち合わせている資格です。

カウンセリング力が高く、仕事とミスマッチが少ないため、理想的な職場に出会える確率が高いのです。

医療機関との交渉力も高く、頼りがいのある転職サイトと言えます。

⑩Dr.アルなび

株式会社エムステージ運営の「Dr.アルなび」は全国の医師転職に対応する転職サイトです。

全国の医療機関に精通しており、サイトも見やすく使いやすさに定評があります。

Dr.アルなびのエージェントは登録した条件から最適なマッチングをしてくれるので、ミスマッチが少なく、転職活動がスムーズになります。

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いとは?

「転職エージェント」と「転職サイト」の違いとは?

「転職サイトが良いのだろうか、転職エージェントが良いのだろうか」と悩んでいる方も少なくないでしょう。

一般的に、「転職エージェント」と「転職サイト」には以下のような違いがあります。

「転職エージェント」と「転職サイト」の違い

  • 転職エージェント:担当エージェントが転職のサポートを行う。転職エージェントに主導権がある。
  • 転職サイト:自分で求人選定から応募まですべてを行う。自分に主導権がある。

ここからは、医師/医者に向けて「転職エージェント」と「転職サイト」の違いについて解説していきます。

①転職エージェントとは?どんな人におすすめ?

転職エージェントとは?どんな人におすすめ?
転職エージェントがおすすめな人

  • 求人内容を精査してほしい人
  • 細かいことはすべてやってほしい人
  • 転職に時間をかけられる人

転職エージェントは医師/医者の転職希望者を病院などの事業所に紹介して、内定が出たらはじめてお金が発生する仕組みになっています。

紹介した人が内定が出たら、転職エージェントは病院などの事業者から年収の30%を貰えます。

また、転職エージェントは転職希望者と企業の間に入って仲介役を行います。

そのため、転職活動には時間がかかる傾向にあります。

転職エージェントは時間はかかりますが、求人内容の精査や、履歴書や職務経歴書の提出代行などを行ってくれます。

転職活動に時間をかけられる場合は、医師/医者は転職エージェントも選択肢としては悪くないかもしれませんね。

②転職サイトとは?どんな人におすすめ?

転職サイトとは?どんな人におすすめ?
転職サイトがおすすめな人

  • 自分の好きなタイミングに転職活動をしたい人
  • 面談などにいく時間的余裕のない人
  • 自分で転職活動を進めたい人

転職サイトは病院などの事業主が求人広告の掲載依頼を行い、転職サイトの使用料としてお金を払う仕組みとなっています。

転職サイトがおすすめな人は、自分の好きなタイミングで転職活動を行いたい人です。

転職サイトは転職エージェントとは異なり、自分の好きなタイミングで応募したい求人に応募することができます。

医師(医者)は医療系国家資格の中でも需要が高く年収の高い仕事なので、単独で求人先と交渉しても乗り切れる可能性もあります。

【医師/医者向け】転職サイトのおすすめの選び方

【医師/医者向け】転職サイトのおすすめの選び方

「どんな転職サイトがいいのだろうか、どの転職サイトがいいのだろうか。」

悩ましい問題です。

そこで、ここからは医師/医者に向けて「転職サイトのおすすめの選び方」について解説していきます。

【医師/医者向け】転職サイトのおすすめの選び方

  • 医師/医者の資格取得者に特化した転職サイトを活用する
  • 医療業界に特化した転職サイトを活用する
  • 一般的な転職サイトで産業医の求人も探してみる

①医師/医者の資格取得者に特化した転職サイトを活用する

【医師/医者向け】転職サイトのおすすめの選び方

医師/医者は、医師免許という強力な国家資格を取得しています。

そのため、医師/医者でないと登録できない転職サイトがあります。

医師/医者向けの求人を出している病院等は、医師/医者の資格の取得者で医師業務の経験者を欲しいと考えています。

どうしても医師不足になっている病院は、医師免許の資格取得者に特化した転職サイトを活用する傾向にあります。

医師/医者は、こうした医師免許資格者のみが登録できるような「国家資格取得者限定の転職サイト」を活用すると良いといえますね。

②医療業界に特化した転職サイトを活用する

【医師/医者向け】転職サイトのおすすめの選び方

医療業界に特化した転職サイトを活用することで、医師/医者は転職できる確率がアップする傾向にあります。

理由としては、特定の業界に特化した転職サイトは、特定の職種の転職希望者が多く集まる傾向にあるためです。

特定の業界で医療業界などに特化している転職サイトの場合、求人する対象が絞られてきます。

対象が絞られているのでいざ求人を行う側も人材のスクリーニングが簡単になり、マッチングする可能性が高くなるということですね。

③一般的な転職サイトで産業医の求人も探してみる

【医師/医者向け】転職サイトのおすすめの選び方

一般的な転職サイトで、超大企業が産業医の求人を出している場合もあります。

医師/医者はあまり求人数は多くないですが、一般の転職サイトでも大手企業内での医師業務の求人が出されていることがあります。

もしも、少しでも興味がある場合は、医師/医者でも一般的な転職サイトに登録しておくのもよいといえますね。

特に企業の間では深刻な産業医不足が起こっているので、医師/医者は一般的な転職サイトも活用してみることを検討してみて下さい。

【医師/医者向け】転職サイトの上手な使い方

【医師/医者向け】転職サイトの上手な使い方
【医師/医者向け】転職サイトの上手な使い方

  • 希望の求人が出たらすぐに応募する
  • 給与交渉は内定後に行う

医師/医者が転職サイトを使う際には、希望の求人が出たらすぐ応募するように注意しましょう。

また、医師/医者な人の場合は国家資格があるので、転職の際に給与交渉を行うことも可能です。

ただし、給与交渉は内定後に行うようにしましょう。

内定前に給与交渉を激しくすると、落ちる可能性が高いです。

しかし、内定後に交渉すれば、よほどの理由がない限り取り消しが聞きません。

転職サイトを活用する場合は、この点に特に注意するようにしてください。

【医師/医者向け】転職サイトのメリット・デメリット

【医師/医者向け】転職サイトのメリット・デメリット

医師/医者が転職サイトを活用するにあたってはメリットとデメリットがあります。

医師/医者が転職サイトを活用する場合は、転職サイトの特性によって発生するメリットとデメリットを認識するようにしましょう。

【医師/医者向け】転職サイトのメリット

【医師/医者向け】転職サイトのメリット
【医師/医者向け】転職サイトのメリット

  • 全て自分次第で決めることができる
  • 給与交渉次第では年収アップも可能
  • 求人を選別できれば自分に合った求人を選べる

医師/医者が転職サイトを活用するメリットとして、自分が主導権をもって転職活動ができることがあります。

医師/医者の場合は、医師免許と医師としてのキャリアがあるため、自分自身が主導権を握って転職活動をすれば給与アップなどが期待できますね。

また、求人の情報などに関しても業界的に評判の悪い会社などは意識すれば避けることができます。

医師/医者は情報なども現場で手に入れている分、自分で転職活動をしたほうが早いというケースがあるかも知れません。

転職サイトは使い方次第では大きな裁量をもって転職活動に臨めるので、自分のことは自分で決定したいという方には向いているといえます。

【医師/医者向け】転職サイトのデメリット

【医師/医者向け】転職サイトのデメリット
【医師/医者向け】転職サイトのデメリット

  • 履歴書作成などは受ける病院などの事業所ごとに必要となる
  • 勤務条件のキツイ案件も登録されている可能性がある
  • 交渉が得意でない場合は年収アップは難しい

医師/医者が転職サイトを活用するデメリットとしては、自分ですべての交渉をしなくてはならないことがあげられます。

転職サイトは履歴書作成や職務経歴書作成などが付きまとうため、手続き面の煩雑さを嫌に感じる人には合わないでしょう。

医師/医者で忙しい方の場合は、細かい書類作成などが負担となることも多いです。

また、交渉事が得意な医師/医者が転職サイトを使用する場合は威力を発揮しますが、交渉事が苦手な場合は給与条件などをアップさせられない場合もあります。

さらに、転職サイト内には勤務条件のキツイ求人なども登録されている場合があります。

勤務条件のキツイ求人を見抜いて避けることが出来れば問題ありませんが、うっかり入社してしまう場合もあり得るのでご注意ください。

【医師/医者向け】転職サイトに登録してから利用までの流れ

【医師/医者向け】転職サイトに登録してから利用までの流れ
【医師/医者向け】転職サイトに登録してから利用までの流れ

  • オンライン登録を行う
  • 職務経歴書など詳細登録
  • 求人に自分から応募する

転職サイトを利用する際には、まずオンライン登録をします。

なお、職務経歴書は詳細に入力するように注意しましょう。

なぜなら、転職サイトでは職務経歴書がその人の顔となるケースが多いためです。

特に医師特化型の転職サイトを使う場合は、ライバルも同じ医師なので少しでも有利になるように、しっかりと職務経歴書を作りこんで対策をするようにしましょう。

まとめ

まとめ

今回は、求人数や転職実績、サポート力に定評のある転職サイト10選をご紹介しました。

現職が忙しくて、転職したくてもなかなか転職活動できない方は、医療機関専門の転職サイトに登録して活用しましょう。

今回ご紹介した転職サイトは医療機関の情報や直接人事担当者へ条件交渉などを行ってくれます。

個人情報が漏れたり知られてしまう心配もないので、スムーズな転職が可能になります。

ぜひ、転職サイト選びの参考にしてみてください。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。