管理栄養士におすすめの転職サイト・転職エージェント10選【2019年】

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

管理栄養士の仕事は、学校や保育園、病院や介護施設など多くの職場から選ぶことができます。これから管理栄養士の方が転職するならば、総合型の求人サイトと特化型を併用していくスタイルがおすすめ!

今回は、管理栄養士に強いおすすめの転職サイト・転職エージェント10選をご紹介します。

目次

管理栄養士におすすめな転職サイト・転職エージェントの選び方

管理栄養士の資格を活かして転職したい場合は、複数の転職サイト・エージェントに登録しておきましょう。

現職が忙しくて求人探しができない方も、希望の条件を設定しておけば、定期的に求人を紹介してもらえるので便利です。

おすすめの選び方①管理栄養士の求人数が豊富

転職サービスに登録する前に管理栄養士の求人数を多く取り扱っているか確認してから登録しましょう。転職サービスには、幅広い業界・職種をカバーする総合型と専門職の特化型があります。

管理栄養士はメディカル系の特化型にも求人を見つけることができるので登録しておきましょう。総合型と特化型から2〜3社ずつ登録して幅広い求人から仕事選びをすると効率的です。

おすすめの選び方②管理栄養士の仕事に精通しているアドバイザーがいる

管理栄養士に特化した医療求人に特化したサイトに登録すると担当のキャリアアドバイザーが付き、転職サポートを受けられます。キャリアアドバイザーは、全国の病院、 クリニックでの勤務経験があり、業界に精通している人が担当すると信頼性が高いですね。

管理栄養士の転職を成功させるには、実務経験や人間性もアピールポイントになり、キャリアアドバイザーが引き出してくれます。専門性が高いキャリアアドバイザーがいると安心できるので口コミや評判をチェックしてから登録しましょう。

おすすめの選び方③自分が希望する勤務先をカバーしている

多くの転職サービスは、首都圏、都市部エリアの求人だけを取り扱っているケースがあります。地方在住者の転職希望者は、自分の希望する勤務地、エリアの求人を取り扱っているかどうか確認してから登録しましょう。

管理栄養士の職場は、保育園・幼稚園など教育施設、給食会社、病院・クリニック、介護施設などが挙げられます。職場の種類もチェックして、幅広い選択から選べる転職サービスに登録しましょう。

管理栄養士におすすめの転職サイト・転職エージェント10選

管理栄養士・栄養士に特化した転職サイト・転職エージェントは、初めて転職する方も安心のサービスが受けられます。これからご紹介する転職サイト・転職エージェントはすべて無料サービスなので、気軽に試してみてください。

管理栄養士におすすめ1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

日本最大手のリクルートエージェントは、管理栄養士の仕事も多く保有しています。専門のキャリアアドバイザーは、管理栄養士の仕事にも精通しているので、悩み相談やキャリアアップのサポートに役立ちます。

現職中の方もリクルートエージェントならば、キャリアアドバイザーが効率的に面接まで進めてくれるのでスムーズです。栄養士特化型の転職サイト・転職エージェントでは良い案件が見つからなかった方は、登録してみましょう。

リクルートエージェントの口コミ・評判

管理栄養士におすすめ2位:doda

doda

リクルートと並び、こちらも最大手のdodaは総合型の転職サイト・転職エージェントです。管理栄養士・栄養士の仕事が多く、キャリアアドバイザーは非公開案件も紹介してくれます。

大手ならではの大企業やこれから注目の中小企業、病院や保育園など、多くの職場をカバーしています。全国区の案件を保有しており、転職セミナーや転職フェアなどのイベントも多いので情報収集に役立ちます。

管理栄養士におすすめ3位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは総合型の大手転職サイト・転職エージェントです。栄養士・管理栄養士も多く保有しており、全国区から条件に合う仕事探しが可能です。

キャリアアドバイザーは優良案件の管理栄養士・栄養士・フードコーディネーターの仕事を紹介してくれるので、他にはない仕事が見つかるかも。マイナビはブラックは排除して優良案件だけを紹介してくれるので、安心感がある転職サイト・転職エージェントです。

マイナビエージェントの口コミ・評判

管理栄養士におすすめ4位:栄養士のお仕事

栄養士のお仕事

「栄養士のお仕事」は管理栄養士に特化した求人サイトです。職場は、病院や介護施設、保育園など多くの場所から選ぶことができます。

仕事を探す求人サイトとしてだけでなく、キャリアアドバイザーが常駐しているので、希望に合った仕事を紹介してもらえます。「栄養士のお仕事」は管理栄養士の仕事に特化しているので、一般の求人サイトにはない全国の病院・介護施設の非公開案件も保有しています。

初めて転職する方や転職のプロに相談しながら転職したい管理栄養士は「栄養士のお仕事」に登録して、活用しましょう。

管理栄養士におすすめ5位:管理栄養士・栄養士プロ

管理栄養士・栄養士プロ

ライセンススクールコーポレーション株式会社が運営する「管理栄養士・栄養士プロ」は2016年7月に始まったばかりの新しい求人サイトです。管理栄養士・栄養士の求人に特化しており、管理栄養士の転職に役立つコンテンツが豊富です。

例えば、イーラニングを使って管理栄養士国家試験対策講座を運営していたり、転職の口コミも掲載されています。管理栄養士、栄養士として働いている人たちの生の声や転職の経験など、読んで役立つコラムもあります。

初めて転職する管理栄養士、栄養士の方は、ぜひ知っておきたい情報が満載です。

管理栄養士におすすめ6位:エイチエ

エイチエ

「エイチエ」は2011年6月に管理栄養士・栄養士・養成校学生の方向けに作られた専用コミュニティサイトです。管理栄養士・栄養士の転職情報だけでなく、会員の人同士が繋がることができるコミュニティが特徴。

現役の管理栄養士・栄養士、これから目指している学生、転職を希望する方達が悩みや経験を共有しています。おしごとQ&Aは、栄養士の仕事の疑問・質問に答えてるサービスとして早くも盛り上がっています。

これから管理栄養士・栄養士の転職したい方だけでなく、現役の方から学生さんまで幅広い会員がいます。

エイチエの口コミ・評判

管理栄養士におすすめ7位:ジョブメドレー

ジョブメドレー

株式会社メドレーが運営するジョブメドレーは医療介護職に特化した求人サイトです。医療介護職や保育園の仕事が多く、管理栄養士・栄養士の仕事も見つけることができます。

口コミや体験談もあるので、転職者の声を見ながら仕事探しができるのがポイント。ジョブメドレーは2009年に設立された比較的新しい求人サイトですが、検索しやすさとサイトのみやすさもあり、人気急上昇中です。

ジョブメドレー の口コミ・評判

管理栄養士におすすめ8位:FOODCAREER(フードキャリア)

FOODCAREER(フードキャリア)

FOODCAREER(フードキャリア)は栄養士・管理栄養に特化型の求人サイトです。仕事探しだけでなく栄養士の仕事に精通したキャリアアドバイザーを配置して、転職相談や希望に合った仕事案内をしてもらえます。

自分専用のアドバイザーとなるので、二人三脚で転職成功したい方、悩みが多い方に最適です。フードキャリアのアドバイザーは栄養士の仕事を良く理解しているので、様々な相談に乗ってもらえます。

管理栄養士におすすめ9位:GUPPY(グッピー)

GUPPY(グッピー)

株式会社グッピーズが運営する求人サイト「グッピー」は医療、医薬、福祉に特化した求人サイトです。取り扱い案件は全国区なので地方で栄養士や医療機関で転職をしたい方にもおすすめです。

グッピーには独自の適正診断サポートがあり、自分にあった職種から見つけることができます。キャリアアドバイザーも配置していますが、口コミからはあまり積極的ではないと不満の声も見られます。

管理栄養士におすすめ10位:プレーピア

プレーピア

プレーピアは飲食業界専門の求人サイトです。サイトはとてもシンプルな作りになっていて、希望職種と労働形態(正社員、契約社員、非常勤)、飲食経験のあり・なしのみから検索します。

管理栄養士・栄養士の仕事は大手求人サイトよりも少なめですが、スマホからも使いやすく、手軽に仕事探しが可能です。

管理栄養士におすすめな転職サイト・転職エージェントの使い方とは?失敗しないための方法5選

転職サイト・転職エージェントは、登録後にサービスを最大限活用することが大切です。登録後に何も行動しないと、やる気がないと思われて優良案件の紹介も後回しされるので注意しましょう。

おすすめの使い方①管理栄養士のキャリア相談をする

管理栄養士のお仕事は、健康志向の自然食を取り扱う飲食店や給食サービス会社でも活躍の場が広がっています。栄養面から見た献立の作成は一般企業や外食産業でも需要が高いため、職場もよく検討する必要があります。

職場選びに悩んでいる方は一人で悩まずに、気軽にキャリアアドバイザーに相談しましょう。転職エージェントに登録すると、担当のアドバイザーが付くので親身になって相談に乗ってもらえます。

管理栄養士の資格を活かして、商品開発・品質や衛生管理など幅広い仕事を紹介してもらえるでしょう。

おすすめの使い方②管理栄養士の業界情報や転職市場の情報を教えてもらう

気になる求人を見つけても、職場の雰囲気や人間関係までは詳しく分かりませんが、キャリアアドバイザーに聞けば詳細を教えてもらえます。転職サポートのプロですから、業界全体の動向や管理栄養士の平均年収、資格手当などの労働条件にも詳しいので、聞いてみることをおすすめします。

実際に管理栄養士の職場へ足を運んで求人を入手しているので、採用担当者とも面識があり、役に立つ情報を教えてもらえるのがメリット。

おすすめの使い方③管理栄養士の非公開求人を紹介してもらう

管理栄養士の好条件の求人を見つけるには、転職エージェントに非公開求人を紹介してもらうのがコツです。人気の求人はあまり一般公開されず、転職エージェントが独自に管理して、条件がマッチングした会員だけに紹介しています。

転職エージェントに登録するメリットは非公開求人を紹介してもらうことと言っても過言ではありません。管理栄養士の転職エージェントに複数登録して、キャリアアドバイザーに積極的に紹介してもらうことをおすすめします。

おすすめの使い方④管理栄養士に特化した面接対策で内定率を上げる

初めて転職する方は、面接でどんな質問をされるのか、どう答えれば採用されやすいかコツを掴むのが難しいですよね。転職エージェントはこれまで多くの管理栄養士の転職サポートを行っており、直接採用担当者と話し合っているので、面接のポイントを理解しています。

管理栄養士の面接対策をしっかり行ってから本番に臨むことができるので、内定率アップに繋がるのです。

おすすめの使い方⑤キャリアアドバイザーに推薦文を書いてもらう

履歴書と職務経歴書にキャリアアドバイザーが記載した推薦状を添えてもらうと、採用担当者へのアピールポイントとなるので依頼しましょう。推薦状は200文字くらいのシンプルな紹介文ですが、転職エージェントの「おすすめ人材」として売り込み材料となります。

担当のキャリアアドバイザーに履歴書と職務経歴書を採点したもらった後は、優れた推薦状を付けてもらうように依頼しましょう。

【Q&A】管理栄養士の転職でよくある質問

ここからは、管理栄養士の転職の際に気になる疑問点を解決していきましょう。

Q.管理栄養士への転職で転職サイト・転職エージェントを使うメリットとデメリットとは?

メリット デメリット
  • 管理栄養士求人の選択肢が広がる
  • 管理栄養士に詳しいキャリアアドバイザーに相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類選考の通過率が上がる
  • 履歴書・職務経歴書の採点やアドバイスを受けられる
  • 条件に合わない求人を勧められることがある
  • 地方の勤務地の求人は少ない
  • キャリアアドバイザーの質にはばらつきがある

Q.30代・40代で管理栄養士に転職するのは厳しい?

管理栄養士の資格を取得して実務経験があれば、年齢に関わらず30代・40代でも転職できるチャンスはあります。

管理栄養士は健康な人だけでなく、乳幼児・高齢者・障害者など医療・福祉の分野でも需要が高まっています。

Q.未経験で管理栄養士に転職するのは難しい?

管理栄養士の勉強をして合格して資格を取得したけど働いた経歴がない未経験の方は、転職できるか悩む方は多いでしょう。近年は、管理栄養士の需要が高まっている傾向もあり、未経験者や結婚・子育てによりブランクがある方も転職しやすい傾向にあります。

仕事に対してポジティブな姿勢、やる気があり、コミニュケーション能力が高い人材は、未経験でも採用されやすいです。近年は、ポテンシャル採用をする企業も多いもので、一般企業へ勤めたい管理栄養士も未経験からチャレンジして見る価値はあるでしょう。

Q.女性でも管理栄養士への転職を成功させることはできる?

管理栄養士の男女比率は9:1となっており、圧倒的に女性が多い職種と言えます。

女性だから転職できるかな…と心配する必要はなく、むしろ女性の方が産休・育児休暇など、転職しやすい職場環境が整っています。

Q.管理栄養士への転職理由で困っている・・・。どんな志望動機なら選考を通過できる?

病院に勤める管理栄養士においては、食事も治療の一環とされており、医師・看護師とのコミュニケーション能力が求められる職場です。入院患者や通院患者の病状に合わせた栄養指導、栄養管理、献立作成を行い、食と人との結びつきに関わりたいことをアピールします。

常に進化し続ける医療の現場では、学び続ける意欲も伝えると説得力のある志望動機になります。

Q.面接ではどんなことに注意すればいい?

面接では、これまでの実務経験を通して学んだこと、感動した話や勉強になった貴重な経験談を伝えることがコツです。小さい経験であっても自分にとっては自己成長できたきっかけであると話すと、仕事へ取り組む姿勢をアピールできます。

辛いことや失敗をどう克服したのか逆転ストーリーも面接官の印象に残るのでおすすめです。

Q.管理栄養士から別の職種に転職するならおすすめは何

せっかく時間をかけて取得した国家資格ですから、資格を活かして転職したいと思う管理栄養士は多いでしょう。主な転職先は、医療チームの一員として医療機関に転職する、学校給食の現場、スポーツの現場、研究職が挙げられます。

近年は、食品の研究開発を行う食品企業へ転職する人も多くフリーランスの道もあります。

管理栄養士におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

まとめ

今回は、管理栄養士に強いおすすめの求人サイトとエージェント10選をご紹介しました。

複数の転職サイト・転職エージェントに登録して積極的に活用してみてください。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。