人事・労務におすすめの転職サイト・転職エージェント10選【2019年】

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

企業の人事や労務、社会保険労務士事務所やコンサルティング会社に勤めている方は、どんな転職サイト・転職エージェントを利用すべきでしょうか。結論から言えば、人事や労務に特化した転職サイト・転職エージェントは少なく、ほとんどが総合型となります。

今回は、人事や労務に強みがあるおすすめの転職サイト・転職エージェントを10選ご紹介しましょう。

目次

人事・労務におすすめな転職サイト・転職エージェントの選び方

人事・労務は、会社の従業員が働きやすい環境を整えて成長と活躍を支えるやりがいのあるお仕事です。

人事職への転職に役立つサービスは何を基準に選べばよいのかチェックしていきましょう。

おすすめの選び方①人事・労務の求人に強みがある

人事・労務の求人数は転職サイト・エージェントによって異なりますので、登録前にチェックしておきましょう。求人数の多さはもちろんのこと、求人の質の高さも重要なポイントですから、口コミに目を通しておくと良いです。

求人数が多いほど自分の希望する条件とマッチングしやすく理想的な仕事に出会えるチャンスがあります。初めて人事・労務への転職を目指す方は、専任キャリアアドバイザーのフルサポートがあると安心ですね。

転職エージェントに相談しながら、転職サイトにも登録して求人を探しをすると効率的です。

おすすめの選び方②キャリアアドバイザーは人事・労務の仕事内容に精通している

人事・労務のお仕事は、企業によって配属先が異なる特徴があります。人事、労務、総務がそれぞれ部署として独立している企業もあれば、人事部で人事と労務の両方を行う企業もあり、様々です。

自分のキャリアに合わせて求人を選ぶ必要があるので、仕事内容に精通しているキャリアアドバイザーがいると安心して相談できます。口コミをチェックしてキャリアアドバイザーの専門知識が高いかどうかチェックしてから登録しましょう。

おすすめの選び方③サポート体制が充実している

サポート体制は転職サイト・エージェントによって異なるのでよく確認しておきましょう。転職先が決まったらサポートがピタリと止まる業者もあれば、採用後もアフターフォローしてくれる業者もあり様々です。

転職希望者と企業の採用担当者との間に入って、労働条件や年収アップの交渉をしてくれる業者もあるので積極的に活用しましょう。現職が忙しくて求人探しをする時間がない方は、希望する条件に合った新着求人をお知らせしてくれる機能があるサービスに登録すると便利ですね。

人事・労務におすすめの転職サイト・転職エージェント6選

人事や総務部門の転職サイト・転職エージェントは、未経験歓迎の案件はほとんどなく、社会保険労務士の実務経験が求められます。人事や総務の転職は経験を問われますので、未経験の方は社会保険労務士事務所などで実務経験を積んでから転職すると良いです。

人事・総務・経理・法務等の企業の管理部門は、転職サイト・転職エージェントを利用すると年収アップ、キャリアアップに導いてくれます。

人事・労務におすすめ1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

株式会社リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」は日本最大級の転職サイト・転職エージェントです。幅広い職種を取り扱っており、人事・総務・経理・法務の最新の案件も多いので要チェック。

全国区をカバーしており、年齢は20代から50代の幅広い転職サポートをしています。リクルートは転職業界で抜群の知名度があり、全国から有料な案件が集まっています。

これまで多くの転職を成功させた実績があり、信頼度もナンバーワンの転職サイト・転職エージェントです。

リクルートエージェントの口コミ・評判

人事・労務におすすめ2位:Spring転職エージェント

Spring転職サイト・転職エージェント

人材派遣大手のアデコグループが運営する「Spring転職エージェント」。職種別に分けられた専門のキャリアアドバイザーによる手厚い支援サポートを受けられます。

人事・総務・経理・法務ならば、経験者や業界に精通したキャリアアドバイザーが担当します。そのため、アドバイザーの専門知識が高く、転職相談やベストマッチな案件を紹介してもらえるのがメリット。

Spring転職エージェントは会員に対する一人あたりの支援サポートが手厚く、満足度の高いサービスが自慢です。

Spring転職エージェントの口コミ・評判

人事・労務におすすめ3位:JACリクルートメント

JACリクルートメント 転職サイト・転職エージェント

JACリクルートメントは大企業、外資系企業、高収入のハイキャリア向けの転職サービスです。全職種合わせて、公開求人数は約2,000件、非公開求人数は約1万件以上保有しています。

取り扱っている職種は、営業職が多く、人事・総務・経理・法務の管理部門、管理職にも強みがあります。JACリクルートメントは年収1,000万円以上の案件も多く、対応エリアは関東圏と関西圏の都市部を中心とした大企業の案件に集中しています。

キャリアアドバイザーはハイキャリアの転職成功の実績があり、年収アップしたい方は登録すべきエージェントです。

JACリクルートメントの口コミ・評判

人事・労務におすすめ4位:MS-Japan

MS-Japan

「MS-Japan」は管理部門に特化した転職サイト・転職エージェントです。人事・総務・経理・法務の管理部門、管理職の転職希望者はぜひ活用したいですね。管理部門に特化した転職サイト・転職エージェントは珍しく、25年以上の歴史があるのも信頼できるポイント。

MS-Japanの取り扱い職種は、弁護士、社会保険労務士、公認会計士、コンサルタントが多いです。人事・総務・経理・法務の管理部門の実務経験のある転職希望者におすすめです。

人事・労務におすすめ5位:エリートネットワーク

エリートネットワーク

「エリートネットワーク」は丁寧なマッチングに定評のある転職サイト・転職エージェントです。一般的な転職サイト・転職エージェントは、書面上の条件だけを見てマッチングさせています。

一方で、エリートネットワークのエージェントは転職希望者と企業や事務所の人事担当者と両方に直接会い、マッチングを見極めるのでミスマッチは少ないのです。エリートネットワークのエージェントは転職先を急かしたり無理に勧めたりすることなく、丁寧なサポートをしてくれるがメリット。

転職する際のデメリットまで丁寧に説明してくれるので、ユーザー満足度が高いのも納得です。

エリートネットワークの口コミ・評判

人事・労務におすすめ6位:日本の人事部「人事の転職」

日本の人事部「人事の転職」

日本の人事部「人事の転職」は人事向けの転職支援サービスです。人事の仕事紹介だけでなく、人事の採用成功例を元に転職サポートを行っています。

業界の経験者や業界の知識があるキャリアアドバイザーによる支援サポートが受けられます。キャリアアドバイザーは多くの企業の人事担当者とコネクションがあるので、有力な情報を提供してくれますよ。

人事・労務におすすめの求人サイト4選

人事や労務、社会保険労務士事務所やコンサルティング会社へ転職希望する方は、総合型の求人サイトに登録して情報収集することをおすすめします。人事・労務に特化した転職サイトは少ないので、総合型の転職サイトに少なくても2〜3社登録して、情報を多く集めましょう。

リクナビやdodaなどの総合型の転職サイトは、社会保険労務士事務所だけでなく、会計事務所やコンサルティング会社の案件も多く見られます。

人事・労務におすすめ1位:リクナビNEXT

リクナビNEXT

株式会社リクルートキャリアが運営する日本最大級の転職サイト「リクナビNEXT」は求人数ナンバーワン。人事・労務の転職をする方にもリクナビネクストはおすすめです。

全職種合わせて常時1万件以上の案件を保有しており、全国の企業や事務所とコネクションを持ちます。会員登録すると、レジュメをみた企業・事務所からオファーが届く「スカウト機能」も利用できます。

リクナビNEXTの口コミ・評判

人事・労務におすすめ2位:doda

doda

パーソルキャリア株式会社が運営する「doda(デューダ)」は、幅広い職種をカバーしている転職サービスです。dodaはリクナビ同様、求人数が最大級なので情報収集するには最適です。

人事・労務の案件も多く、全国区の仕事をカバーしているので地方在住の方も役立ちますよ。dodaの特徴は仕事探しの転職サイトとしてだけでなく、転職サイト・転職エージェントのサービスも利用できることです。

dodaの口コミ・評判

人事・労務におすすめ3位:ビズリーチ

ビズリーチ 

ビズリーチはキャリアやスキルがある方のキャリア転職に力を入れている転職サービスです。ビズリーチは無料でも利用できますが、有料会員になると、ベッドハンターや企業の採用担当者から直接スカウトが届くようになります。

ビズリーチのスカウトは面接確約なので、人よりも有利でスムーズな条件で面接まで進めることができます。現職中の方も匿名で利用できるので、同業にバレずに安心して利用できるので便利ですね。

ビズリーチの口コミ・評判

人事・労務におすすめ4位:AMBI(アンビ)

AMBI

エンジャパン株式会社が運営するAMBI(アンビ)は2017年4月にスタートしたばかりのハイキャリア向け転職サイトです。最近は、ハイキャリアに特化した転職サイトが増えていますが、AMBI(アンビ)は20代の転職支援に力を入れています。

20代でもキャリアとスキルに自信があり、年収アップしたいキャリア志向の方は登録マスト。AMBI(アンビ)には「マイバリュー」という独自の判定機能も人気です。

求人に気になるマークを付けると、レジュメを見たヘッドハンターや掲載企業が合格可能性大、合格可能性中、合格可能性小で評価します。

AMBI(アンビ)の口コミ・評判

人事・労務におすすめな転職サイト・転職エージェントの使い方とは?失敗しないための方法5選

転職サイト・エージェントは登録したら受け身になるのではなく、こちらから積極的に活用することが大切です。

ここからは、人事・労務の転職成功へ導く活用法をご紹介しましょう。

おすすめの使い方①人事・労務のキャリア相談をする

他業種から初めて人事・労務の転職を目指す人、年収アップのために条件の良い企業を見つけたい人など、転職の目的は人それぞれ。どんな転職の形であっても、自分の希望に合った職場を見つけて最後に「転職して本当に良かった!」と満足した結果を得たいですよね。

ただし、募集要項や企業のホームページを見ただけでは満足の行く仕事選びをするのは難しいと言えます。転職エージェントのキャリアアドバイザーは、人事・労務への転職サポートを行った経験から、的確なキャリア相談が可能です。

人事・労務の適性はあるのか、職歴や能力から客観的に分析してもらい、転職アドバイスを受けることをおすすめします。

おすすめの使い方②業界情報や転職市場の情報を得る

キャリアアドバイザーは、人事・労務に求められる人材、採用されやすいタイプ、近年の転職市場を詳しく知っています。自分で最新の転職市場を調べようと思っても難しいので、業界に詳しいキャリアアドバイザーに聞いてみると良いでしょう。

担当のキャリアアドバイザーは、実際に企業の人事担当者と会ってどんな人材を求めているのか話し合っているので、生の情報を得ることができるのが嬉しいポイント。

おすすめの使い方③人事・労務の非公開求人を紹介してもらう

人事・労務の求人は転職サイトでも見つけることができますがいわゆるお宝案件を狙うためには、転職エージェントに非公開求人を紹介してもらいましょう。大企業や人気の案件、高収入案件は一般公開すると応募が殺到して、優秀な人材を見つけにくくなります。

そのため、多くの企業はコストがかかっても転職エージェントに最適な人材探しをお任せしているのです。大手転職エージェントは80%から90%は非公開求人となっているので、複数登録して多くの案件を紹介してもらいましょう。

おすすめの使い方④人事・労務に特化した面接対策で内定率を上げる

人事・労務に転職したい場合、自分一人で企業別に面接対策するのは並大抵のことではありません。そんな時もキャリアアドバイザーに面接対策を依頼すれば、企業別に対策を取ってくれるので大変役立ちます。

人事・労務の面接で必ず聞かれる定番の質問、志望動機のコツ、自己PRを的確に指導してもらえます。

おすすめの使い方⑤キャリアアドバイザーに推薦文を書いてもらう

転職エージェントには、履歴書に「自信を持ってご紹介できます」という内容の推薦状を添付してくれるサービスがあります。自分の人間性やスキルを魅力的にアピールして、売り込んでもらえるので内定獲得率アップに繋がります。

専任キャリアアドバイザーによって推薦状の伝え方は変わるので、提出する前に見せてもらうと良いでしょう。

【Q&A】人事・労務の転職でよくある質問

ここからは、人事・労務の転職する際に気になる疑問点を解決していきましょう。

Q.人事・労務への転職で転職サイト・転職エージェントを使うメリットとデメリットとは?

メリット デメリット
  • 人事・労務求人の選択肢が広がる
  • 人事・労務に詳しいキャリアアドバイザーに相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類選考の通過率が上がる
  • 履歴書・職務経歴書の採点やアドバイスを受けられる
  • 興味のない求人を勧められることがある
  • 地方の勤務地の求人は少ない
  • キャリアアドバイザーの質にはばらつきがある

Q.30代・40代で人事・労務に転職するのは厳しい?

30代・40代で人事・労務へ転職するには、基本的なパソコンスキル、マネジメント経験、コミュニケーション能力は必須条件です。

人事の管理や評価制度の作成、保険関連の管理などパソコンスキル、他業種でもマネジメント経験があれば採用率は上がるでしょう。30代・40代以上の人生経験の豊富なコミュニケーション能力はアピールポイントになります。

Q.未経験で人事・労務に転職するのは難しい?

未経験から人事・労務の仕事を目指す人は多く、他業種から転職した人も活躍しています。営業職の場合は、対外交渉スキルがあると高く評価される傾向にあります。

人事系の資格や検定があれば、未経験でも採用されやすくなるので強みになります。例えば、社会保険労務士や国家資格「CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)」、メンタルヘルス・マネジメントを持っていると転職に有利になります。

Q.女性でも人事・労務への転職を成功させることはできる?

人事・労務のお仕事は、男女関係なく企業で働く人材を支える仕事です。人と関わることが好きな人、従業員をサポートしたり、職場環境を整える仕事に興味がある人は人事職に向いています。

Q.人事・労務への転職理由で困っている・・・。どんな志望動機なら選考を通過できる?

人事・労務へ転職する方は、コミュニケーション能力・企画力・情報収集能力など、多方面から自分をアピールすると選考を通過できるでしょう。

Q.面接ではどんなことに注意すればいい?

人事・労務の面接でチェックされるポイントは、これまでの実績・経験、自社の仕事の適性、ストレス耐性、コミュニケーション能力です。中途採用はポテンシャル・やる気の他にも即戦力になるか見極めれるので、面接では実績・スキルをアピールしましょう。

仕事の適性やストレスに強いことも上手くアピールし、早期退職しない根性を見せることも大切です。

Q.人事・労務から別の職種に転職するならおすすめは何?

人事・労務から異業種への転職は、営業、広報、人事コンサルタントを選ぶ人が多いようです。人事のスペシャリストを目指すなら、様々な企業の人事部門に関するコンサルティングがおすすめです。

人事・労務におすすめな転職サイト・転職エージェントまとめ

まとめ

今回は、人事や労務に強みがあるおすすめの転職サイトとエージェントを10選ご紹介しました。人事や労務は医療業界やIT業界と異なり、専門的な転職サービスが少ないので、総合型の転職サービスを複数登録すると良いです。

ぜひ、ランキングから気になるサイトに2〜3社登録して早速活用しましょう!

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。