秘書・受付におすすめの転職サイト・転職エージェント10選【2019年】

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

秘書・受付の職種はキャリアアップよりも、働きやすさを求めて転職するケースが多く見られます。今の職場は雰囲気が馴染めない、上司との折り合いが良くない…と悩んでいる方は、転職するタイミングかもしれません。

今よりも待遇が良い職場に転職するならば、転職サイト・転職エージェントを活用しましょう。これまで、多くの秘書・受付の転職成功した実績がある転職サイト・転職エージェント10選をご紹介します。

目次

秘書・受付におすすめな転職サイト・転職エージェントの選び方

自分の希望する求人を見つけて、納得のいく給与・待遇の職場に転職するには、転職サイト・エージェントに登録すると便利です。

ここからは、秘書・受付におすすめな転職サイト・転職エージェントの選び方を見ていきましょう。

おすすめの選び方①秘書・受付の求人が豊富に揃う

秘書・受付の職種に絞っている方は、秘書・受付の求人数が多い転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。転職サービスによって保有している秘書・受付の求人数は異なるので要チェックです。

大量の案件を扱う大手の総合型エージェントは、秘書・受付の求人数も豊富に揃っているのでおすすめです。秘書・受付の求人数は全体的に少ないので、大手の総合型エージェントならば、適性に合わせて他の職種も紹介してもらえるのがメリット。

おすすめの選び方②秘書・受付の転職サポート実績がある

これまで秘書・受付の転職サポート実績が多いかどうかチェックすることも大切です。履歴書添削や面接対策に力を入れており、内定後に労働条件や年収アップの交渉をしているサポートがあると安心です。

専任のキャリアアドバイザーはカウンセリング力に定評があり、秘書・受付に特化した手厚いサポートがあるか確認しましょう。

おすすめの選び方③キャリアアドバイザーが秘書・受付の仕事に精通している

転職エージェントに登録すると、自分の担当者となる専任キャリアアドバイザーが仕事紹介やキャリア相談にのってもらえます。秘書・受付の仕事内容や業界に詳しいキャリアアドバイザーがいると、的確なアドバイスをもらえるので信頼感があります。

自分の要望に合った求人を紹介してくれるので、ミスマッチの求人を紹介されるリスクも防ぐことがてきます。

秘書・受付におすすめの転職サイト・転職エージェント5選

秘書・受付専門の転職サイト・転職エージェントは少ないため、多くの職種を取り扱っている総合型の転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。まずは気になる転職サイト・転職エージェントは複数登録して、自分が使いやすいと思ったものを活用すると良いです。

転職サイト・転職エージェントは、業界の知識があるのでネット上では分からない会社の雰囲気や風土なども教えてくれるのがメリット。独占案件とよばれる非公開案件も紹介してもらえるので、幅広い企業の案件を比較できるのが良いですね。

秘書・受付におすすめ1位:パソナキャリア

パソナキャリア

人材派遣大手のパソナキャリアが運営する「パソナキャリア」は、幅広い業界・業種を取り扱う総合型の転職サービスです。パソナキャリアは常時2万件以上の案件を保有しており、秘書と受付の求人数は全体の約2%と少なめです。

しかし、秘書と受付の求人自体が少ないので、他の求人サイトよりも多いほうだと言えます。パソナキャリアの特徴は、キャリアアドバイザーの丁寧なカウンセリングとサポート体制に定評があります。

パソナキャリアの口コミ・評判

転職活動期間にお世話になりました。大手ということもあり求人の案件も多く、異業種でも初心者OKの求人を紹介していただき、今まで自分が知らなかった得意な分野を新たに引き出してくださいました。

出典:みん評

秘書・受付におすすめ2位:LiBz CAREER(リブズキャリア)

リブズキャリア 女性 転職

株式会社LiBが運営する「リブズキャリア」は女性のキャリア転職に力を入れている転職サイト・転職エージェントです。リブズキャリアは年収400万円からの優良案件だけを集めて、女性の年収アップを支援しています。

女性が働きやすく、転職して年収アップすることを目標にサポートしているのです。取り扱い案件は大手企業、外資系企業、中小企業の管理職の案件が多く、秘書と受付の求人もあります。

リブズキャリアの口コミ・評判

秘書・受付におすすめ3位:マイナビエージェント

マイナビエージェント

転職大手のマイナビグループが運営する「マイナビエージェント」は幅広い職種を取り扱う総合型の転職サイト・転職エージェントです。リクルートと並び業界大手なので、求人数が多く、全国区の案件から探すことができます。

マイナビエージェントは職種により求人サイトを分けて、専門的なサポートに定評かあります。非公開案件には大企業の秘書・受付の仕事が多いので、登録する価値は十分にありますよ。

マイナビエージェントの口コミ・評判

秘書・受付におすすめ4位:MINDS(マインズ)

MINDS(マインズ)

唯一の秘書・受付・アシスタントに特化した転職サイト・転職エージェントは「MINDS(マインズ)」です。2018年12月現在、秘書・受付・アシスタントに特化した転職サイト・転職エージェントは他にありません。

取り扱い案件は国内外の大企業から外資系企業、グローバル企業、中小企業と幅広く保有しています。MINDS(マインズ)のメリットは職種を秘書・受付・アシスタントに限定しているので、アドバイザーは専門知識があるのがポイント。

秘書・受付、アシスタント職に絞って転職する方は登録必須のエージェントです。

秘書・受付におすすめ5位:Spring転職エージェント

Spring転職サイト・転職エージェント

大手人材派遣会社のアデコが運営する「Spring転職エージェント」は、専門のアドバイザーによる転職支援サービスを受けられます。アドバイザーは職種により分かれており、自分の希望する職種の専門アドバイザーが担当となります。

Spring転職エージェント「一気通貫型コンサルティングサービス」を掲げており、採用から採用後までの一貫した支援を行なっています。秘書・受付・アシスタントの転職成功へ導いた実績も多いので、活用してみてはいかがでしょうか。

Spring転職エージェントの口コミ・評判

秘書・受付におすすめの求人サイト5選

秘書・受付という職種は新卒・第二新卒よりも経験者の方が好まれる傾向にあり、転職者が有利な立場にあります。しかし、秘書・受付の案件は他の職種よりも数が少ないので、複数の求人サイトに登録して多くの情報を収集することをおすすめします。

特に大企業の秘書・受付の案件は非公開案件になることも多いので、1つの求人サイトにこだわらずに多くの求人サイトを活用しましょう。

秘書・受付におすすめ1位:リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクルートキャリアが運営する「リクナビNEXT」は常時1万件の案件を保有する日本最大級の求人サイトです。仕事が忙しくてなかなか仕事探しができない方も、リクナビネクストに登録すれば「スカウト機能」を利用できます。

過去の実績やスキルを記入したレジュメを登録しておけば、それを見た企業の採用担当者からスカウトが届くようになります。リクルートは業界最大手なので数多くの企業とコネクションがあり、転職先の選択肢が広がるのがメリット。

リクナビNEXTの口コミ・評判

秘書・受付におすすめ2位:日経キャリアNET

日経キャリアNET

株式会社日経HRが運営している「日経キャリアNET」は、転職情報や転職セミナーの情報を掲載している求人サイトです。日経キャリアNETは、実績やスキルがある方向けとなっており、公開求人数は約3万件と多くの案件を保有しています。

取り扱い案件は専門職や高収入案件が多く、秘書・受付・アシスタント職も多く見られます。日経キャリアNETに登録すると、企業からのオファーがくるスカウト制度も利用できるので、忙しい方にもおすすめです。

日経キャリアNETの口コミ・評判

秘書・受付におすすめ3位:doda

doda

doda(デューダ)は求人サイトとキャリアアドバイザーによる転職支援サポートの両方を利用できるサービスです。リクルートと並び、業界トップクラスの常時10万件以上の案件を保有しています。

企業セミナーや転職フェアなどのイベントも多いので企業イメージを掴んだり、情報収集には最適です。他の求人サイトにはない独占案件(非公開案件)も多いので、秘書・受付・アシスタント職の転職にも役立ちます。

dodaの口コミ・評判

秘書・受付におすすめ4位:マイナビ転職

マイナビ転職

転職大手のマイナビグループが運営する「マイナビ転職」は第二新卒や20代向けの転職支援サービスです。初めて転職する方も「転職マイコーチ」による安心のサポートを受けられます。

例えば、職務経歴書・履歴書の書き方から面接対策まで、しっかり見てくれるので安心して転職活動を進めることができます。求人サイトですが、キャリアアドバイザーのような丁寧なサポートが付いているのが嬉しいですね。

マイナビ転職の口コミ・評判

秘書・受付におすすめ5位:エン転職

エン転職

エン・ジャパン運営の「エン転職」は仕事探しから採用後のアフターフォローまで最後までしっかりサポートしてくれる求人サイトです。エン転職には従業員の口コミや年収、社内の雰囲気や風土など、企業の公式サイトには分からない有力な情報を得ることができます。

転職後は「活躍サポートメール」や「エンカレッジ無料講座」などのサービスを利用できます。

エン転職の口コミ・評判

秘書・受付におすすめな転職サイト・転職エージェントの使い方とは?失敗しないための方法5選

秘書・受付への転職成功のコツは、転職サイト・エージェントに登録後に積極的にサービスをフル活用することです。ここからは、おすすめの使い方について解説していきます。

おすすめの使い方①秘書・受付のキャリア相談をする

転職サービスに登録する最大のメリットはプロにキャリア相談ができること。一人で転職活動すると見えなかった自分の強みやスキル、経験を引き出してくれて、採用されやすい人材に引き寄せることができます。

他業種から初めて秘書・受付を目指す方は、自分には適性があるか、現状を見つめてキャリア形成に役立てることができます。キャリア転職したい方は、現職の不満な点を洗い出して、希望の条件を絞り込むことで理想的な転職へ導いてくれます。

おすすめの使い方②業界情報や転職市場を教えてもらう

秘書・受付の気になる求人を見つけても、職場の雰囲気や社風、実際の仕事内容は具体的にイメージできません。担当のキャリアアドバイザーは企業の採用担当者と何度も顔を合わせて、求める人材について話し合っているので役立つ情報を教えてくれます。

例えば、年収、残業時間、有給取得状況については企業に直接問い合わせるのは気が引けますが、担当キャリアアドバイザーに聞けば、詳しく説明してもらえます。自分で求人探しをすると分からないブラック企業の見分け方も、キャリアアドバイザーに相談すると教えてもらえます。

おすすめの使い方③秘書・受付の非公開求人を紹介してもらう

秘書・受付の求人数は、他の職種と比べると少ない傾向にあるので選択肢の幅を広げることが大切です。大企業や外資系企業の秘書・受付求人は、一般の求人サイトには公開されず、転職エージェントの非公開求人に託されるケースが多いです。

大手の転職エージェントは約80%は非公開求人となっており優良な求人が豊富に揃っているので、積極的に紹介してもらいましょう。転職エージェントによって保有している非公開求人の内容は異なるの複数登録して、多くの求人をチェックすることをおすすめします。

おすすめの使い方④履歴書・職務経歴書に推薦文を添えてもらう

履歴書と職務経歴書は、適切なフォーマットと書き方次第で内定獲得率に大きな差が出ます。書類選考を通過するためには秘書・受付に適した書き方をすることはもちろん、推薦状を添えてもらうと効果的です。

推薦状とは、転職エージェントが自信を持っておすすめできる人材ですと自分を売り込んでくれる紹介文のこと。アピールポイントを活かした魅力的な推薦状を出してもらうと採用担当者の目に留まりやすくなるので活用しましょう。

おすすめの使い方⑤秘書・受付に特化した面接対策のサポートを受ける

担当キャリアアドバイザーは、秘書・受付の面接で必ず聞かれる質問や採用されやすいポイントを抑えています。最終面接までスムーズに通過するように適切な面接対策のサポートを受けて本番に備えましょう。

現職が忙しい方は、担当キャリアアドバイザーに面接日の日程調整を代行してもらえるので依頼することをおすすめします。

【Q&A】秘書・受付の転職でよくある質問

ここからは、秘書・受付へ転職する際に気になる疑問点を解決していきます。

Q.秘書・受付への転職で転職サイト・転職エージェントを使うメリットとデメリットとは?

メリット デメリット
  • 秘書・受付求人の選択肢が広がる
  • 秘書・受付に詳しいキャリアアドバイザーに相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類選考の通過率が上がる
  • 履歴書・職務経歴書の採点やアドバイスを受けられる
  • 条件に合わない求人を勧められることがある
  • 地方の勤務地の求人は少ない
  • キャリアアドバイザーの質にはばらつきがある

Q.30代・40代で秘書・受付に転職するのは厳しい?

秘書・受付の年齢制限は、企業によって異なりますが一般的に20代から30代までの若手人材に需要があります。30代・40代で秘書・受付を目指すならば、一旦事務職など他の職種に転職して、秘書としての適性を認めてもらい、異動するやり方がおすすめです。

Q.未経験で秘書・受付に転職するのは難しい?

未経験から秘書を目指す場合は、秘書の適性をアピールするために資格があると採用されやすくなります。例えば、「秘書検定」、「CBS(国際秘書検定)」、「MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)」を取得すると強みになるでしょう。

Q.女性でも秘書・受付への転職を成功させることはできる?

秘書・受付のお仕事は、ほとんどが女性の需要が高いので転職成功の可能性は大いにあります。企業を代表して人前に立つことも多く、女性ならではの感性や気配りを活かし、容姿端麗な方が活躍されています。

Q.秘書・受付への転職理由で困っている・・・。どんな志望動機なら選考を通過できる?

秘書・受付への志望動機は、「得意な英語力を活かして秘書になりたい」、「マナーや敬語の大切さを知り秘書になりたいと思った」などか挙げられます。自分の強みを志望動機と絡めてアピールすれば、選考を通過できるので、転職エージェントと対策を取っておくと良いです。

Q.面接ではどんなことに注意すればいい?

秘書・受付の採用面接では、マナーや礼儀作法、言葉遣い、身だしなみなどを含めた人間性が重要ポイントです。その他、過去の仕事経験や資格などから、情報処理能力や語学力、コミュニケーション能力があるかどうか判断されます。

コミュニケーション能力やスケジュール管理能力はどの企業も必須条件なので、アピールしましょう。

Q.秘書・受付から別の職種に転職するならおすすめは何?

秘書からの転職には、営業と一般事務を選ぶ人が多いようです。営業職は未経験者も転職しやすく、女性の営業職を求める企業が増えているので狙い目です。

秘書も事務職ですが、一般事務は求人が多く、ライフバランスを取りやすいメリットがあるので、結婚・出産後の復職に人気があります。

秘書・受付におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

まとめ

今回は、多くの秘書・受付の転職成功した実績がある転職サイト・転職エージェント10選をご紹介しました。秘書・受付の案件は数が少ないので非公開案件になりやすく、積極的に転職サイト・転職エージェントを利用すべきです。

ぜひ、ランキングを参考に気になるサイトに登録して試してみましょう。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。