コンサルタントにおすすめの転職サイト・転職エージェント10選【2019年】

コンサルタント業界はやりがいと年収の高さを実現できる職種です。コンサルタント事業は転職業界でも人気があるので、思い切ってチャレンジしたい!と思う方は多いのでは?

20代のキャリア設定においてコンサルタント業を選ぶことは良い選択肢だと言えます。ただし、コンサルタントへの転職は競争率が高く難易度が高いので、採用されるための対策が必要です。

そこで今回は、コンサルタント転職に強みのある転職サイト・転職エージェントをご紹介しましょう。

目次

コンサルタントにおすすめな転職サイト・転職エージェントの選び方

コンサル業界は平均年収が1,000万円以上と高く、キャリアアップのために転職を希望する方も多いです。市場需要が拡大してコンサル業界の求人は増えていますが、人気故に非常に倍率が高いので、転職成功には対策が必要です。

ここからは、コンサル業界への転職サポートに役立つ転職サイト・エージェントの選び方を解説していきます。

おすすめの選び方①コンサルティング業界全般に強みがあるところを選ぶ

コンサル業界の求人が多く、転職成功の実績がある転職サイト・エージェントを選ぶことが大切です。大手総合転職エージェントは、コンサルティング業界の専門部署を配置しているケースが多く、業界出身者が担当しています。

業界出身者ならではの実際の仕事内容や面接のポイントをアドバイスを受けられるので、専門性の高さも満足できるでしょう。

おすすめの選び方②ハイキャリア向けのサービスを選ぶ

コンサルティングファームは、転職エージェントに高額な仲介料を支払い、優秀な人材確保のために積極的に投資をしています。ハイキャリア案件に特化した転職サービスを選ぶことで、他にはない優良案件に出会えるチャンスが高くなるのでおすすめ。

ハイキャリア向けの転職サービスは、スキルと実績がある人材にはキャリアアップを徹底サポートしてもらえます。注意点としては、シビアに人材を評価するため、市場価値が低いと判断されるとコンサルの案件を紹介してもらえません。

おすすめの選び方③ヘッドハンター経由での求人があるところを選ぶ

コンサル業界は、優秀な人材はヘッドハンターによるスカウトで引き抜かれるパターンも多いです。転職サービスにヘッドハンターによるスカウト制度があれば転職成功へ近づけます。

コンサル業界に特化した転職エージェントは、良質な案件が揃っており年収2,000万以上の高収入案件もあるので見逃せません。スカウト制度がある転職サービスは複数登録しておくと、幅広いファームから声がかかるのでおすすめです。

コンサルタントにおすすめの転職サイト・転職エージェント6選

コンサルタント転職を成功するためには、ハイキャリア向けの案件に強みがある転職サイト・転職エージェントを活用しましょう。外資系企業やグローバル企業の案件を多く保有している転職サイト・転職エージェントも最適です。

では早速、コンサルタント転職を成功に導いてくれる転職サイト・転職エージェントをご紹介しましょう。

コンサルタントにおすすめ1位:JACリクルートメント

JACリクルートメント 転職サイト・転職エージェント

JAC リクルートメントは外資系企業、グローバル企業、海外転職などのハイキャリアに強みのある転職サイト・転職エージェントです。コンサルタント事業にも精通しており、数々の転職成功へ導いた実績があります。

取り扱い案件は、管理職、専門職、現地法人社長などハイキャリアに特化しています。高収入のハイキャリアに特化しているだけあり、キャリアアドバイザーの質が高く、専門知識が豊富なプロが揃っています。

外資系のコンサルタント事業、海外進出企業のコンサルタント事業への転職に興味がある方は、要チェックです。

JACリクルートメントの口コミ・評判

コンサルタントにおすすめ2位:リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

株式会社リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」は国内最大手の転職サイト・転職エージェントサービスです。リクルートエージェントは求人数が多く、全国にあるほぼすべての職種を取り扱っているのが特徴です。

コンサルタントのようなハイキャリア案件は独占案件(非公開案件)として保有しています。リクルートは知名度が高く実績もあり、多くの企業から独占的に案件を持っているので、利用する価値は十分にあります。

リクルートエージェントの口コミ・評判

コンサルタントにおすすめ3位:ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

「ロバート・ウォルターズ」は、イギリス発の人材会社であり、世界28カ国、日本には東京と大阪に拠点があります。ロバート・ウォルターズの特徴は、外資系企業、日系グローバル企業への転職に強みがあります。

国内に留まらず外資系のコンサルタント事業にチャレンジしたい方、ネイティブレベルの英語力がある方は登録マストです。ロバート・ウォルターズ自体が外資系なので、キャリアコンサルタントは外国人の社員も多く、英語で転職相談が行われることも多いです。

ロバート・ウォルターズの口コミ・評判

コンサルタントにおすすめ4位:ミドルの転職(エン・ジャパン)

ミドルの転職

エン・ジャパンが運営する「ミドルの転職」は30代と40代の転職支援に力を入れているエージェントです。エン・ジャパンはテーマ別に求人サイトや転職支援サービスを多く展開しています。

通常、転職サイト・転職エージェントにはキャリアアドバイザーが常駐しており採用までの転職支援を行います。コンサルタントに強みがあるエージェントを選び、マッチングやキャリア相談をできるのがメリット。

コンサルタントにおすすめ5位:クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

株式会社クライス&カンパニーが運営する「クライス&カンパニー」は、IT業界のハイキャリア向けの転職サイト・転職エージェントです。外資系の転職サイト・転職エージェントとして、日本では20数年間の歴史があります。

ハイキャリアのヘッドハンティングを得意としていて、質の高い案件とコンサルティングに定評があります。キャリアアドバイザーは約20名と少なく、少人数制を貫きているのも特徴です。

首都圏の案件のみ対応しているので、都心部でコンサルティング転職を検討している方におすすめです。

クライス&カンパニーの口コミ・評判

コンサルタントにおすすめ6位:MS-Japan

MS-Japan

「MS-Japan」は人事、経営企画、広報など、企業の管理部門に特化した転職サイト・転職エージェントです。法務・弁護士・人事・税理士などの経理や公認会計士に強みがあり、約25年運営している老舗エージェントと言えます。

コンサルタント、弁護士、公認会計士などの有資格者の転職成功実績があるので期待できそうですね。

コンサルタントにおすすめの求人サイト4選

業界から見ると、コンサル業界は人気が高く転職は難易度が高めです。そのため、転職成功するには多くの求人サイトに登録して、良い案件を見逃さないことが大切です。

求人サイト毎に案件は異なるので、なるべく多くの求人サイトを活用したほうが良い案件に巡り会える可能性は高くなります。

コンサルタントにおすすめ1位:ビズリーチ

ビズリーチ 

ビズリーチは、「選ばれた人だけのハイクラス求人サイト」のキャッチフレーズでお馴染みの求人サイトです。ビズリーチには無料会員と有料会員があり、有料会員になると、大企業や外資系企業から直接オファーが届くようになります。

複数のヘッドハンターとやり取りすることができて、非常に効率良くハイキャリア転職を進めることができるのがメリットです。

ビズリーチの口コミ・評判

コンサルタントにおすすめ2位:リクナビNEXT

リクナビNEXT

株式会社リクルートキャリアが運営する「リクナビNEXT」は知名度とブランド力抜群の求人サイトです。全国にある企業とコネクションがあるので、優良案件を多数保有しています。

リクナビネクストに登録すると、レジュメを見た企業からオファーが届く「スカウト機能」を利用することができます。コンサルタントに転職したいなら、リクナビネクストのような総合型の大きな求人サイトには登録しておいて損はありません。

リクナビNEXTの口コミ・評判

コンサルタントにおすすめ3位:AMBI(アンビ)

AMBI

AMBI(アンビ)は、20代のハイクラス向け求人サイトです。20代でも人に誇れる実績とスキルがあり、「コンサルタントへ転職して年収アップしたい!」という方に最適です。

AMBI(アンビ)の会員は第二新卒、20代が大半を占めており、若い人材の転職支援に力を入れています。他にもエージェントやベッドハンターによるスカウト制度やサポートもあるので、コンサルタント志望なら総合型の求人サイトと併用して使うと便利ですね。

AMBI(アンビ)の口コミ・評判

コンサルタントにおすすめ4位:キャリアカーバー

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

株式会社リクルートキャリアが運営する「キャリアカーバー」は、ヘッドハンティング型のハイキャリア転職サービスです。キャリアカーバーは、ヘッドハンターが転職希望者を見つけて企業に紹介するというヘッドハンティング型が特徴です。

対応エリアは日本だけでなく、アジア、アメリカ、オーストラリア、カナダ、ヨーロッパの案件も取り扱っています。コンサルタントへの転職を目指す方は、リクルートの強みを活かしたキャリアカーバーを活用してみてはいかがでしょうか。

キャリアカーバーの口コミ・評判

コンサルタントにおすすめな転職サイト・転職エージェントの使い方とは?失敗しないための方法5選

コンサル業界へ転職成功するには、転職サービスをフル活用して情報収集に役立てましょう。転職サイト・転職エージェントを最大限活用する5つのコツを解説していきます。

おすすめの使い方①コンサル業界に精通したキャリアアドバイザーに相談する

コンサル業界への転職に精通した専門性の高いキャリアアドバイザーにキャリア相談することをおすすめします。コンサル業界への転職は決して簡単ではなく、どこのコンサルファームも求人倍率は高めです。

転職サポートのプロに相談することで、経験による豊富なノウハウを効率よく身につけて転職成功へ近づけます。コンサル業界特有の論理的な考え方を説明するケーススタディ面接、フェルミ推定についても対策をしてもらうと良いでしょう。

おすすめの使い方②アドバイザーとの連絡を密にする

コンサル業界への転職は狭き門な上にライバルが多く、転職成功するには徹底した戦略が求められます。担当のキャリアアドバイザーとはこまめなやり取りを心掛けて転職に意欲的な態度を見せることが大切です。

キャリアアドバイザーの仕事にもノルマがあるので、可能性のある人材には積極的に案件を紹介しています。今すぐ転職したい積極的な人ほど、コンスタントに案件を紹介してもらえるので自分から密な連絡を心掛けましょう。

おすすめの使い方③履歴書・職務経歴書のフィードバックを受ける

コンサル業界へ転職成功するには、履歴書や職務経歴書の書類関係はアドバイザーに必ず見せて採点してもらいましょう。業界出身者のアドバイザーはコンサル業界に精通しており、企業が求めている人材、必要なスキルの知識があります。

書類選考を問題なく通過するためにもプロによる目線でチェックを受けると内定率アップに繋がります。

おすすめの使い方④コンサル特有のケーススタディ対策をサポートしてもらう

コンサル業界の面接では、「ケーススタディ面接」と呼ばれる論理的かつ適切な考え方を説明する試験が行われるのが特徴です。コンサル業界特有の試験でもあり、事前に対策をしなければ面接を突破するのは難しいと言えます。

担当のキャリアアドバイザーと入念な事前対策をして、論理的思考力やプレゼン能力を高めていきましょう。

おすすめの使い方⑤推薦文でプッシュしてもらう

転職エージェントは200字程度の推薦文を出して自分を売り込んでもらうことができます。

推薦文の良し悪しは担当キャリアアドバイザーの経験によって質に差が出てくるので、一度自分の目で確かめておくことをおすすめします。

経歴が網羅されただけの推薦文の場合は、やり直してもらうことも大切です。

【Q&A】コンサルタントの転職でよくある質問

ここでは、コンサル業界への転職でよくあるお悩みを解決していきましょう。

Q.コンサルタントへの転職で転職サイト・転職エージェントを使うメリットとデメリットとは?

メリット デメリット
  • コンサル求人の選択肢が広がる
  • 業界出身のキャリアアドバイザーに相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • コンサル特有の面接対策をしてもらえる
  • 履歴書・職務経歴書の採点やアドバイスを受けられる
  • スキル、実績によっては求人を紹介してもらえない
  • コンサル業界は地方の勤務地が少ない
  • キャリアアドバイザーの質にはばらつきがある

Q.30代・40代でコンサルタントに転職するのは厳しい?

コンサルティングファームへの転職は、管理職経験や高度な専門性があれば30代・40代でも大いにチャンスがあります。クライアントに対して実行可能性を考慮した戦略立案支援や業務支援コンサル経験があれば即戦力が期待されます。

Q.未経験でコンサルタントに転職するのは難しい?

近年、コンサルティング市場の拡大により、コンサルプロジェクトの数が増えて業界全体で人手不足が続いています。コンサルティングファームは未経験者の中途採用を行っており、大手の場合は約85%が未経験者と高い割合を占めています。

未経験者にとってはコンサルタント転職するベストタイミングと言えるでしょう。

Q.女性でもコンサルタントへの転職を成功させることはできる?

女性コンサルタントの比率は、企業により異なりますが平均20%です。クライアントにどれだけ高い付加価値を出すことが出来れば女性でも正当に評価されやすい環境ですから、転職する価値があるでしょう。

Q.コンサルタントへの転職理由で困っている・・・。どんな志望動機なら選考を通過できる?

コンサル業界の志望動機で重視されているのは、「なぜコンサルタントになるのか?」、「なぜ弊社を選んだのか?」の2点が挙げられます?大手クライアントの難易度の高い課題に立ち向かうタフな精神力と情熱をアピールすることが大切です。

同業で転職する方は、即戦力が求められるためスキルマッチングが重要視されるため志望動機は面接で聞かれないこともあります。

Q.面接ではどんなことに注意すればいい?

面接では論理的思考能力、コミュニケーション能力について重要視されるためコンサルタント適性を訓練しておきましょう。コンサル業界には戦略、IT、人事など様々なジャンルがあり、自分の希望に合わせた面接対策が必要です。

Q.コンサルタントから別の職種に転職するならおすすめは何?

コンサルタントからの転職は、外資系メーカーなどのマーケティングマネージャー、ITマネージャー、大企業のグループ会社の役員が多く見られます。コンサル時代のクライアントから気に入られて引き抜かれたり、投資先の経営者として企業再生に当たる人も多いようです。

コンサルタントにおすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

まとめ

今回は、コンサルタント転職に強みのある転職サイト・転職エージェントをご紹介しました。コンサルタントへの転職は人気があり競争率が高いので、多くの転職サイト・転職エージェントから情報を集めましょう。

ぜひ、ランキングを参考に登録して早速活用してみてください。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です