歯科衛生士におすすめの転職サイト・転職エージェント9選【2019年】

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

歯科衛生士の求人募集は多くあり、その中から希望の条件にあった案件を見つけることは大変です。これから歯科衛生士転職をする方には、無料で転職サポートをしてくれる転職サイト・転職エージェントがおすすめです。

今回は、歯科衛生士転職に役立つ転職サイト・転職エージェント9選をご紹介しましょう。

目次

歯科衛生士におすすめな転職サイト・転職エージェントの選び方

現象が忙しい歯科衛生士はなかなか求人探しをする時間がない方も多いでしょう。

歯科業界に特化した転職サイト・転職エージェントに登録すれば効率よく自分の条件にピッタリ合う職場を見つけることができます。

おすすめの選び方①歯科衛生士の求人数が豊富

歯科業界に特化した転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。転職サービスには多くの業界・職種の求人を幅広く取り扱っている総合型と専門職の求人を集めた特化型があります。

歯科衛生士の転職には、歯科業界・メディカル系の特化型と総合型を併用して転職活動すると効率的です。多くの求人から選ぶと自分の条件にマッチする求人が見つかるので気になる転職サービスは複数登録すると良いですね。

おすすめの選び方②歯科衛生士の仕事に精通しているアドバイザーがいる

歯科業界に強みのある転職エージェントは、元メディカル業界出身者が多いので、親身になってキャリア相談にのってもらえます。これまで多くの歯科衛生士の転職サポート実績があると安心して利用することができますね。

歯科業界は今後も慢性的な人手不足が続くと見込まれており、歯科衛生士の求人はどのサイトでも多く見つかります。ただし、実際に応募すると面接不採用になったり、転職しても早期退職してしまう人もいるので、仕事選びは慎重に行うことが大切です。

業界に精通したキャリアアドバイザーに相談して仕事選びをすれば、理想と現実のギャップに悩まずに良い職場が見つかるでしょう。

おすすめの選び方③自分が希望する勤務先をカバーしている

多くの転職サイト・転職エージェントは都市部の求人のみ対応しているケースもあります。地方在住者は、転職サービスに登録する前に自分が希望するエリアに対応しているかどうかチェックしておきましょう。

エリア対象外になると条件にヒットしませんので、全国対応している転転職サービスを選ぶと良いですね。

歯科衛生士におすすめの転職サイト・転職エージェント9選

歯科衛生士の仕事は、比較的職場が狭いため、人間関係に悩んだり、労働条件に不満がある方も多いでしょう。転職サイト・転職エージェントなら、あなたの希望条件に合った求人を見つけて、自分の意思で応募することが可能です。

また、転職サイト・転職エージェント内の支援サービスを利用すれば、自分に合った仕事の紹介、職務経歴書・履歴書の作成や添削、面接対策まで徹底サポートしてくれます。

歯科衛生士におすすめ1位:リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

日本最大級の「リクルートエージェント」は、総合型の転職サイト・転職エージェントとして求人数ナンバーワンです。医療業界に強みのあるキャリアアドバイザーが担当して、仕事案内から採用までを徹底サポートします。

業界最大手のリクルート社ならではの強みは、全国にある非公開案件を紹介してくれること。初めて歯科衛生士転職する方、歯科衛生士以外の仕事も検討している方に最適です。

面接時は専任キャリアアドバイザーが同行して給与や労働条件の提案・交渉をしてもらえるので活用しましょう。

リクルートエージェントの口コミ・評判

【業界最大手、圧倒的な求人数】という口コミを参考に登録致しました。転職サイト・転職エージェントは、4社登録しておりますがその中でも一番レスポンスが早く大手企業〜中小企業まで幅広く紹介して頂き求人数も4社の中で一番多いと感じてます。転職活動を進めていく中での流れやノウハウ、書類添削など細かく指導してくださったのはよかったです

出典:みん評

歯科衛生士におすすめ2位:doda

doda

株式会社パーソナルキャリアが運営する「doda」は転職業界トップクラスの転職支援サービスです。転職サイト・転職エージェントとして医療業界の求人を探せるだけでなく、専任のキャリアカウンセラーが選考対策などのサポートも行ってくれます。

dodaは他にもスカウト制度、転職セミナーやイベントも随時開催しており、情報収集に最適です。「転職サイト・転職エージェント」としてだけでなく、「転職サイト・転職エージェント」としても自由に利用できるフレキシブルさが特徴となります。

dodaの口コミ・評判

歯科衛生士におすすめ3位:メディカルリンケージ

メディカルリンケージ

株式会社リンケージが運営する「メディカルリンケージ」は、歯科医師と歯科衛生士専門の転職サイト・転職エージェントです。全国エリアの歯科医師と歯科衛生士の案件を常時約650件以上保有しています。

「メディカルリンケージ」に登録すると専任の転職キャリアアドバイザーが年収アップの求人を紹介してくれます。「メディカルリンケージ」はエリア検索もできるので地方在住の歯科衛生士・歯科医師の方にもおすすめです。

歯科衛生士におすすめ4位:ファーストナビ 歯科衛生士

ファーストナビ 歯科衛生士

日本最大級の歯科衛生士の転職支援サービスである「ファーストナビ 歯科衛生士」も要チェックです。全国にある大手のクリニックなら地元の小さな医院までの歯科衛生士の求人を幅広く対応しています。

「ファーストナビ 歯科衛生士」は歯科業界に精通した専任エージェントが常駐しています。新規オープニング医院や好条件の非公開案件も保有しているので登録する価値は十分にあります。

専任エージェントは、面接日の調整、面接に同行して、給与や労働条件の提案・交渉など採用までのトータルサポートをしてくれます。

歯科衛生士におすすめ5位:ジョブメドレー

ジョブメドレー

歯科衛生士を含めた医療・介護業界向けの転職サイト・転職エージェント「ジョブメドレー」は業界トップクラスの求人数を誇ります。全国にある医療・介護職の求人を約25万件保有しているので幅広い案件をチェックできます。

ジョブメドレーは雇用形態も幅広く、正社員の他にも契約社員や派遣社員の仕事もあり、ライフスタイルに合わせて選べるのがポイント。子育てと歯科衛生士の仕事を両立したい方、歯科衛生士として年収アップしたい方、ブランクがある方など幅広く対応しています。

「ジョブメドレー」は応募はダイレクトに担当者へ届くので、早く転職活動を進めることができるでしょう。

ジョブメドレー の口コミ・評判

歯科衛生士におすすめ6位:ライオンコーディアルサポート

ライオンコーディアルサポート

「ライオンコーディアルサポート」はライオン株式会社が運営する派遣会社です。ライオン株式会社またはライオン系列会社へ転職を希望されている方は要チェック。

歯科衛生士の紹介予定派遣の案件が多く、職場は歯科医院、歯科関連メーカー、ディーラーと幅広く揃います。歯科衛生士の資格を活かして、一般企業に勤めたいと考えている方はチェックしてみましょう。

「ライオンコーディアルサポート」は、歯科助手、受付、レセプト、医療事務等、総合病院や歯科医院等での仕事も豊富に揃います。

歯科衛生士におすすめ7位:d.Style(ディースタイル)

d.Style(ディースタイル)

「d.Style(ディースタイル)」は日本最大級の歯科専門メディアです。ディースタイルは全国にある歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、受付、事務長の仕事を紹介しています。

全国対応しているので、地方在住の方も自宅から近い医院を探すことができます。「ディースタイル」の支援サービスを利用すれば、専任のキャリアアドバイザーが付いて、希望条件にあった求人情報を案内してくれたり、書類作成、面接対策を徹底サポートしてくれます。

「ディースタイル」は歯科医療の最新情報やニュース配信する姉妹サイト「WHITE CROSS」のコンテンツも利用できます。

歯科衛生士におすすめ8位:GUPPY(グッピー)

GUPPY(グッピー)

「Guppy(グッピー)」は医療・介護系の歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、受付の求人を幅広く取り扱う求人サイトです。「Guppy(グッピー)」は求人の他にも歯科衛生士を目指す学生と仕事の質問や相談のやり取りをしたり、口コミをチェックできます。

これから歯科衛生士を目指す方、現場のリアルな声をチェックしたい方、歯科衛生士転職したい方に幅広く役立つサイトです。

歯科衛生士におすすめ9位:Denty(デンティ)

Denty(デンティ)

株式会社メディカルネットが運営する「Denty(デンティ)」は、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士、受付の求人を取り扱っている求人サイトです。労働形態も常勤・非常勤があり、希望する条件に合わせて検索しやすいのが特徴です。

デンティに無料の会員登録をすると、歯科医院からスカウトメールが届くようになるので、有利に転職活動を進めることができますよ。

歯科衛生士におすすめな転職サイト・転職エージェントの使い方とは?失敗しないための方法5選

転職サービスは登録したら終わりではなく、自分からサービスを積極的に利用することが大切です。ここからは、転職サイト・転職エージェントの賢い使い方を解説していきますので参考にしてみてください。

おすすめの使い方①歯科衛生士のキャリア相談をする

歯科業界特化型の転職サービスに登録すると、自分の担当となるキャリアアドバイザーが付きます。キャリアアドバイザーにはメディカル出身者の場合も多く、親身になって転職相談に乗ってもらえます。

現職では人間関係に悩んでいる、労働条件で悩んでいる、引越して通勤時間が長くなった、など悩みは人それぞれ。転職成功するためには、まず今の悩みを解決して、次の職場では悩みを繰り返さないことが大切です。

おすすめの使い方②歯科衛生士の業界情報や転職市場の情報を教えてもらう

キャリアアドバイザーは、近年の歯科業界の転職市場について熟知しています。転職希望者は、歯科衛生士は人手不足とは知っていてもエリア別の平均年収や有効求人倍率など調べることは難しいです。

担当のキャリアアドバイザーに歯科衛生士の転職市場を尋ねると仕事選びの役に立つでしょう。

おすすめの使い方③歯科衛生士の非公開求人を紹介してもらう

好条件の歯科衛生士求人は、一般の求人サイトには掲載されず信頼のおける転職エージェントに依頼するケースが多いです。少しでも高年収、福利厚生が充実していて良い労働条件の仕事を見つけるならは非公開求人を要チェック!

転職エージェントに登録すると、独自に保有した非公開求人を紹介してもらえるので積極的に利用しましょう。

おすすめの使い方④歯科衛生士に特化した面接対策で内定率を上げる

初めて転職する方は、面接で何を聞かれるのか不安な方も多いでしょう。そんな時もキャリアアドバイザーに聞けばよく聞かれる質問を教えてもらえて模擬面接もしてもらえるので安心ですね。

歯科衛生士の資格を持っているけどブランクがある方もしっかり面接対策をしておけば内定率アップに繋がります。

おすすめの使い方⑤キャリアアドバイザーに推薦文を書いてもらう

履歴書と職務経歴書を作成する際は、キャリアアドバイザーに指導してもらえます。仕上がった書類を添削してもらったり、推薦状を添えてもらうこともできます。

推薦状は200文字程度の紹介文のことで、自分を売り込んもらうきっかけになるので用意してもらうことをおすすめします。

【Q&A】歯科衛生士の転職でよくある質問

ここからは、歯科衛生士の転職の疑問点を解決していきましょう。

Q.歯科衛生士への転職で転職サイト・転職エージェントを使うメリットとデメリットとは?

メリット デメリット
  • 歯科衛生士求人の選択肢が広がる
  • 歯科衛生士に詳しいキャリアアドバイザーに相談できる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 書類選考の通過率が上がる
  • 履歴書・職務経歴書の採点やアドバイスを受けられる
  • 希望条件に合わない求人を勧められることがある
  • 地方の勤務地の求人は少ない
  • キャリアアドバイザーの質にはばらつきがある

Q.30代・40代で歯科衛生士に転職するのは厳しい?

歯科衛生士の資格を取得していれば、30代・40代でも転職できるチャンスは十分にあります。結婚・出産を機に一度仕事を離れたブランクのある歯科衛生士も復職できるので諦めずにチャレンジすることをおすすめします。

ただし、希望の労働条件を細かく設定すると仕事が見つからなくなるので、選択肢を広げて絞り込んでいきましょう。

Q.未経験で歯科衛生士に転職するのは難しい?

歯科衛生士の資格を取得していれば未経験でも採用する求人は多くあります。募集要項に未経験OKという表記があっても経験者優遇の場合がほとんどなので未経験者は仕事に対する熱意をアピールすることが大切です。

Q.女性でも歯科衛生士への転職を成功させることはできる?

歯科衛生士の男女比率は、女性が約86%、男性が約13%となっており、圧倒的に女性が活躍しています。歯科衛生士は女性の多い職種ですので問題なく良い転職先を見つけることができるでしょう。

Q.歯科衛生士への転職理由で困っている・・・。どんな志望動機なら選考を通過できる?

女性は結婚、出産、子育てなど大きなライフイベントに合わせて転職する人が増えています。

例えば、「歯科医院の雰囲気やスタッフの対応が良く、ご縁があって入社させて頂けたら一生懸命働きたい」と伝えると好印象です。

Q.面接ではどんなことに注意すればいい?

面接では、採用担当者は「入社後に早期退職されないか」、「周囲のスタッフとも仲良くできるコミニュケーション能力があるか」を判断しています。

歯科衛生士は経験やスキルはもちろんのこと、長く勤めたいと思っていること、やる気や熱意も伝えましょう。

Q.歯科衛生士から別の職種に転職するならおすすめは何?

歯科衛生士からの転職は自己分析を行い適性をしっかりチェックして職種を選びましょう。歯科衛生士からの転職で最も多いのが事務職、コールセンター・リサーチなどのオフィスワークが挙げられます。

人と接することが好きな方は、販売接客、営業、企画、マーケティング、サービス業に向いています。

歯科衛生士におすすめの転職サイト・転職エージェントまとめ

まとめ

今回は、歯科衛生士転職に役立つ転職サイト・転職エージェントと転職サイト・転職エージェント9選をご紹介しました。

歯科衛生士転職成功のコツは歯科衛生士に特化した転職サイト・転職エージェントと総合型のサイトを併用することです。

複数の転職サイト・転職エージェントを活用することで幅広い案件の中から最適な転職先を見つけることができます。

転職サイト・転職エージェントの登録と利用は無料なので、積極的に活用して仕事探しに役立てましょう。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。