Switch(スイッチ)に登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

転職したいけど、パソコンに向かって情報収集するのは手間と時間がかかって気が進まない…という方も多いのでは?

「Switch(スイッチ)」はフェイスブックと連携してスマホからサクサク転職活動ができる最新のサービスです。

今回は、口コミでも話題となっている「Switch(スイッチ)」の特徴や活用法をご紹介しましょう。

最後までご覧になることで、スイッチのポイントを掴むことができるので、参考にしてみください。

この記事を読んでわかること

  • Switch(スイッチ)の特徴
  • Switch(スイッチ)の口コミ・評判
  • 「Switch(スイッチ)」と「他の転職サービス」の違い
  • Switch(スイッチ)のメリット
  • Switch(スイッチ)のデメリット
  • Switch(スイッチ)がおすすめな人
  • Switch(スイッチ)のおすすめな使い方
  • Switch(スイッチ)に登録してから利用までの流れ

Switch(スイッチ)の特徴は?

株式会社オープンキャリアが運営する「Switch(スイッチ)」は、IT・ウェブ業界に特化した転職サービスです。

Switch(スイッチ)の特徴

・Facebookに連携して転職活動できる
・面倒な会員登録はなく、フェイスブックにログインしてすぐに使える
・IT・ウェブ企業からスカウトメッセージが届く
・興味がある企業に「いいね!」するだけ

口コミやSNSで話題となっているスイッチは、IT・ウェブ業界に特化した転職サービスです。

最大の特徴はフェイスブックに連携して、スマホから転職活動ができること。

通常の転職活動の場合、転職サイトや転職エージェントに会員登録をして、プロフィールや職務経歴の入力が必須です。

Switch(スイッチ)は、スマホからフェイスブックにログインすればすぐに使える手軽さが便利ですね。

フェイスブックも連携しながら、興味がある企業とやり取りできるようになります。

Switch(スイッチ)は、あなたに興味を持った企業側からスカウトメッセージが届くシステムです。

フェイスブックを実名や顔出しをしている方も、企業側には名前と画像は伏せられるので、安心ですね。

大企業に勤めている方は、転職活動をしていることがバレるのが心配ですが、ブロック機能を使えるので大丈夫です。

Switch(スイッチ)を利用すれば、転職サイトや転職エージェントを通さなくても企業側からスカウトが届くので便利です。

スカウトメッセージが届いても必ず応募する必要はないので、自分の市場価値を客観的に確かめるためにも役立ちます。

注意点としては、Switch(スイッチ)はIT・ウェブ業界に特化しているので、他の業界は対応していません。

口コミでは「スマホからチェックできるので便利」「匿名で進められるのが良い」と早くも評判です。

Switch(スイッチ)の口コミ・評判は?

事務職・30代前半・男性・420万円台 評価:★★ 2.0

facebookと連動して登録できる転職サイトですが、自分には少し使いにくかったです。求人の検索もわかりにくく求人数も多いとは言えません。facebookが好きな人にはいいサービスかもしれませんが自分はfacebookをあまりやらないのでいまいちですね。ただ、これは悪魔で自分の意見ですので毎日facebookをしている人なら「Switch(スイッチ) 」は使いやすいかもしれません。

経理事務 45歳 女性 480万 評価:★★★★ 3.5

ちょうど転職しようと考えていた矢先にFacebookの広告がたまたま目にとまったのでなんとなくクリックして登録。しかも登録はとても簡単でした。中をのぞいてみると気になる求人がみつかったらいいねボタンを押し、クライアント側もいいねボタンを押してもらえればお互いのやり取りができるようになります。その点では本当に手軽で素早いやり取りが出来るので転職に浪費する時間を短縮できるとおもいました。

会社員・33歳前半・男性・530万円台 評価:★★★★ 4.0

「Switch(スイッチ) 」だとメールや電話番号ではなくfacebookで最初は登録します。その後に希望条件登録をしますが、希望条件を登録すると、より条件に合ったスカウトが届きやすくなります。それから企業の採用者は、プロフィール情報を見てスカウトするか決めるのでプロフィールもしっかり書いたほうがいいですね。スカウトはそこまできませんでしたが転職サイトとしては十分使えました。

ソフトウェア業界・20代後半・女性・500万円台 評価:★★★★ 4.0

登録後に自分が希望したソフトウェア業界で検索をしたら140件くらいでできました。全部の業種を検索したわけではありませんが、インターネットサービス、ソフトウェア、ハードウェアの業種で検索をしたら結構な求人数があったと思います。その後は入社1年目で年収500万円を稼ぐことも可能で未経験でも働けるソフトウェア業界の会社に転職です。「Switch(スイッチ) 」のおかげで、うまく転職できました。

ベンチャー企業・30代前半・男性・430万円台 評価:★★★★ 4.0

こちらの転職サイトは、まだサービスを開始して間もないせいか求人数は他の転職サイトに比べて少ないですが、探せばいい求人もありました。面談も簡単に申し込めるのでfacebookを使っている人にはいいですね。自分もすぐに面談を気になる求人に申し込みました。登録後はスキルや可能性を、数多くの採用担当者が見つけられるようにするために自分のプロフィールは充実させておくのがコツですね。

IT 20代前半 男性 300万円 評価:★★★★★ 4.5

フェイスブックを持っていれば簡単に利用することができるので満足しています。他の転職サイトよりもスムーズに転職活動することができるので利用するメリットがあります。スカウト機能がしっかりとしているので、企業からのスカウトも頻繁にありました。メッセージのやりとりもスムーズにできるのでストレスを感じることはありません。基本的にIT業界となっているので他の転職サイトも併用しなければなりません。

リクルートコンサルタント・20代後半・男性・480万円台 評価:★★★★★ 4.5

簡単に言えば転職サイト 「Switch(スイッチ) 」はfacebookで登録して気になる求人に「面談したい」を申し込むシステムになっています。自分はリクルートコンサルタントに面談を申し込んで転職ができました。facebookをしていない人だと登録が少し面倒に見えるかもしれませんが、求人は多く「Switch(スイッチ) 」で自分の希望通りの求人が見つかったのがよかったです。

ベンチャー企業・30代前半・男性・430万円台 評価:★★★★ 4.0

「Switch(スイッチ) 」だと求人数はあまり多くないですが、メッセージでこちらと担当者だけのやり取りができるので便利でした。 気兼ねなくお互いの気持ちを話せるのがよかったです。facebook経由ですのでパソコンだけでなくスマートフォンを使っている人にはいいサービスだと思います。自分の希望した求人の検索になりますが東京なら、かなりいい求人が揃っていましたね。

エンジニア・20代後半・男性・530万円台 評価:★★★★ 4.0

「面談したい!」でマッチング成立したら担当の方とメッセージのやり取りができます。転職サイトにもかかわらずにお見合いサイトのような感じがしました。その後は面接から内定を貰うまであまり時間はかからずに1ヵ月後には転職できたのがよかったです。「Switch(スイッチ) 」のメッセージには、よく使われる文章のテンプレートが用意されているのでメッセージのやり取りもやりやすかったです。

事務職(総務)・26歳・男性・約400万円 評価:★★★ 3.0

良かった点は、採用担当者とチャット形式の気軽なやり取りで、ステップを踏めたことにより、形式ばった文章を模索する等、余計なことに頭を悩ます必要が無かったことです。もちろん、砕け過ぎは良くありませんが、語彙に困らなかったのは、ストレスを感じませんでした。悪かった点は、応募側が待ちの姿勢になってしまう分、連絡が思ったより遅く来ることが多々あったことです。もう少しマメな連絡があれば良かったのにと思います。

「Switch(スイッチ)」と「他の転職サービス」を徹底比較!

「Switch(スイッチ)」は、フェイスブックと連携してカジュアルに転職活動ができます。

IT・ウェブ業界に特化しており、企業側からスカウトメッセージが届くのがポイント。

ここからは、「Switch(スイッチ)」と他の転職支援サービスを比較しましょう。

①「Switch(スイッチ)」と「キャリコネ転職」の違い

株式会社グローバルウェイが運営する「キャリコネ転職」は全国にある4千社以上の求人を保有しています。

会員登録をして、希望条件やレジュメを登録すると企業側からスカウトメールが届くようになります。

「Switch(スイッチ)」と「キャリコネ転職」はどちらもスカウト制の転職サービスです。

「Switch(スイッチ)」はIT・ウェブ企業の専門ですが、「キャリコネ転職」は技術系、事務系、販売職、経営な幅広く対応しています。

幅広い職種から求人をお探しの方は「キャリコネ転職」を利用しましょう。

②「Switch(スイッチ)」と「キャリトレ」の違い

株式会社ビズリーチが運営する「キャリトレ」は20代のキャリア転職を支援する転職サービスです。

ビズリーチは採用側とベッドハンターからスカウトメールが届く制度が有名です。

「キャリトレ」も簡単なプロフィールとレジュメを登録すると、スカウトメールや自分に合った求人が届くようになります。

取り扱い職種は、コンサルタント、営業職、経営企画、マーケティング、エンジニアに強みがあります。

特に20代のキャリア転職は専任キャリアコンサルタントが大プッシュして支援してくれるのが嬉しいポイント。

ビズリーチよりもハードルが低く、比較で採用されやすく好条件の求人が揃っています。

「Switch(スイッチ)」と併用することで効率的に転職活動が進められるでしょう。

「Switch(スイッチ)」を利用するメリット

「Switch(スイッチ)」はフェイスブック経由で気軽に企業側とやり取りできるのがメリット。

転職サイトや転職エージェントよりもカジュアルに進めることができます。

「Switch(スイッチ)」のメリット

・大企業のIT・ウェブ企業の求人も多く見つかる
・高収入、好条件の求人にスカウトされる
・企業側と気軽にチャットできる

Switch(スイッチ)は大企業からベンチャー企業、中小企業のエンジニア、営業、クリエイターの仕事が多く揃っています。

スカウトには好条件の求人も多いため、全くストレスなく良い転職先を見つけられるチャンスがあります。

IT・ウェブ企業へ転職する方は、気軽に登録して使ってみるだけでも価値がありますよ。

転職サイトや転職エージェントを通して転職活動をしていると、企業側に直接質問したくてもできないことがほとんどです。

コンサルタントがいれば多くの情報を教えてもらえますが、企業側から直接回答をもらうのは困難です。

そんな時もSwitch(スイッチ)を使えば、フェイスブックのチャットで求人の質問をラフにやり取りすることができるのがメリット。

応募するまでは名前も画像も未公開になるため、聞きにくい年収や労働条件の話も質問することができますよ。

Switch(スイッチ)はIT・ウェブ企業に強みがあるので、他の転職サイトにはない求人が見つかるのもメリットです。

「Switch(スイッチ)」を利用するデメリット

「Switch(スイッチ)」は転職エージェントのような仕事探しから採用までのきめ細かいサポートはありません。

「Switch(スイッチ)」のデメリット

・転職エージェントのような手厚いサポートはない
・求人の対応エリアは都心部が多い

Switch(スイッチ)はIT・ウェブ企業の求人に特化しているため、どうしても都心部のエリアが多くなっています。

地方のIT・ウェブ企業をお探しの方は、希望する勤務地では仕事が見つからない可能性があります。

Switch(スイッチ)に良い求人がなかった場合は、他の転職サイト、転職エージェントを使いましょう。

Switch(スイッチ)は、基本的に企業側からスカウトメッセージ待つスタイルになります。

転職エージェントのように専任キャリアコンサルタントが付いて転職相談に乗ってくれたり、面接対策をしてくれるサポートはありません。

もちろん、転職サービスは併用することができるので他の転職エージェントや転職サイトを使っている方もスイッチを利用できます。

Switch(スイッチ)はスキマ時間にもスマホから気になる求人をチェックできるのが便利なポイント。

Switch(スイッチ)は企業の担当者と直接話ができるので、上手に使い分けると良いでしょう。

「Switch(スイッチ)」がおすすめなのはこんな人!

「Switch(スイッチ)」」は以下に当てはまる人におすすめです。

「Switch(スイッチ)」がおすすめな人

・カジュアルに転職活動をしたい方
・IT・ウェブ企業への転職をする方
・すぐには転職する予定はないけど求人をチェックしたい方

スイッチは転職サイトや転職エージェントよりも非常にカジュアルに転職活動できるのが嬉しいポイント。

キャリアコンサルタントから電話やメールが頻繁に来るのが苦手な方やマイペースに情報収集したい方にもおすすめ。

転職活動の進め方で迷ったら、他の転職エージェントと併用しましょう。

「Switch(スイッチ)」のおすすめな使い方

「Switch(スイッチ)」」は、IT・ウェブ企業へ転職したい方は誰でも無料で利用することができます。

「Switch(スイッチ)」のおすすめな使い方

・スキマ時間や通勤時間に求人をチェックする
・気になる求人の採用担当者にチャットで質問する

Switch(スイッチ)は、フェイスブックから名前や画像は見せない形で企業側とコンタクトを取ることができます。

他の転職サイトや転職エージェントと用途に合わせて使い分けるやり方もおすすめです。

「Switch(スイッチ)」に登録してから利用までの流れ

「Switch(スイッチ)」」を利用するにはまず、フェイスブックにログインしましょう。

フェイスブックアカウントがあれば、すぐに利用することができます。

あとは、企業からのスカウトを待つだけです。

まとめ

まとめ

今回は、口コミでも話題のフェイスブック連携型の転職サービス「Switch(スイッチ)」の特徴や活用法をご紹介しました。

転職サイトや転職エージェントよりもカジュアルにマイペースに進められるのがおすすめポイント。

フェイスブックアカウントがあれば今すぐ利用できるので、試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。