転職サイトへの登録はバレる?注意点と登録だけでもいいのかを解説

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

転職したいけど、「今の職場に転職活動をしていることがバレたら気まずいなあ…」と悩んでいませんか?

現職中でも、どんな求人があるのかチェックしたり情報収集したい人も多いはず。

転職サイトに登録だけして、今の会社にバレずに使うにはどうすれば良いでしょうか?

この記事では、転職サイトに登録だけしてバレずに使う方法、注意点を解説していきます。

転職サイトは登録だけでもOK?

最近は、多くの転職サイトの広告をネットやテレビでも見かけるようになりました。

マンネリ化した仕事に疲れていると、「転職」という言葉に敏感になり、「転職したいなぁ」と思いますよね。

もちろん、転職サイトは登録だけして求人を閲覧するために使っても全然問題ありません。

転職サイトに登録した後に、必ずしも転職しなければならないといった規則はないので大丈夫です。

例えば、転職サイトには大手の「リクナビNEXT」「マイナビ転職」などありますが、ほとんどのサービスは登録無料です。

現在、仕事をしている人も気軽に転職サイトに登録をして、求人閲覧のために利用することができます。

転職サイトに登録するとバレる?バレるパターンまとめ

転職サイトは登録だけでも大丈夫だと分かりましたが、会社にバレてしまうと正直困りますよね。

転職サイトに登録しても、基本的にバレることはありませんので心配しなくて大丈夫です。

多くの人は会社に勤めて仕事をしながら、同時に転職活動を進めているので全く問題はありません。

しかし、自分の思わぬ不注意によって職場にバレてしまうケースもあるのでここで例を確認しておきましょう。

パターン①同僚に同僚に転職サイトを使っている話をしない

仲の良い同僚に「転職サイトに〜の求人があって…」など口を滑らせないように注意してください。

あっという間に「転職活動している」という噂話が職場に広がり、居心地が悪くなってしまいます。

職場では転職の話は一切せず、周囲に気づかれないように注意しましょう。

パターン②個人情報のセキュリティ管理がある大手の転職サイトを使う

転職サイトには個人情報や経歴、職務経歴など、あらゆる情報を提供します。

大手の転職サイトは個人情報の管理体制がしっかりしているので、セキュリティが万全ですから心配不要です。

しかし、無名の転職サイトの場合はセキュリティが万全ではない可能性があり、個人情報が漏れるリスクも…。

個人情報を保護するためにも、転職サイトは大手が運営している転職サービスに登録しましょう。

パターン③詳細を入力しない

個人が特定されるほどの詳細をレジュメに入力すると、取引先など関係者にバレてしまうリスクがあります。

多くの転職サイトでは、匿名のレジュメを公開して、興味を持った企業からスカウトメールが届くサービスがあります。

匿名のレジュメでも、細かい情報を入力すると個人が特定される可能性があるので注意しましょう。

転職サイトへの登録がバレるとどうなる?3つのデメリットを解説

転職サイトに登録したことが会社にバレるとどんなデメリットがあるのでしょうか?

①職場の人間関係が悪化する

転職活動をしていることが職場にバレると、当然ながら周囲の人は「辞めるつもりなんだね…」と距離を置くようになります。

チームで仕事をしたり同じ部署にいる人は「仕事の押し寄せが来る…」と不安に思う人もいるかもしれません。

転職の噂話を聞いても気にしない人もいるかもしれませんが、職場の居心地が悪くなる可能性があります。

②今の仕事のやる気がなくなる

転職活動を頑張れば頑張るほど、今の職場を早く辞めたい気持ちが高まり、仕事のやる気がなくなります。

まだ在職中なので、現職の仕事をしなければなりませんが集中できなかったり、気が散ってしまうことがあります。

③上司に引き止められる可能性

転職活動していると職場にバレると、同じ部署の上司や同僚から考え直すように助言されるかもしれません。

優秀な人材で会社に大きく貢献している人は、労働条件の変更を提示されて、引き止められる可能性があります。

仕方なく転職を諦めると、また転職したくなった時に年齢的に厳しくなっているので注意が必要です。

転職サイトへの登録をバレたくない人が押さえるべきポイント3選

ここからは、職場にバレずに転職サイトを使う方法を解説していきます。

①職歴は詳細を入力しない

転職サイトには簡単な職務経歴を入力する項目があります。

職務経歴は詳細を入力すると、現在どの会社に勤めているか分かってしまいます。

例えば、自分が担当した製品や職場のエリア、会社の規模など細かい情報を入力すると個人が特定されるリスク大です。

転職サイトに登録する際は、職歴は詳細を入力しないようにしましょう。

②専門用語は控える

会社だけでしか使わない専門用語を記入すると、特定の会社がバレる可能性があります。

転職サイトに登録する際に、会社だけで使うような専門用語を職務経歴に記入するのは避けましょう。

③ブロック機能を使う

業界に絞って転職活動をすると、関連企業や取引先からスカウトが来ることも十分にあり得ます。

顔見知りの取引先担当者を通じて、転職していることが今の職場にバレることがあるのです。

転職サービスには、特定の企業に情報が伝わらないようにブロックできる機能があります。

自分の情報が取引先にもバレないようにブロック機能を使いましょう。

登録すべきおすすめの転職サイト3選

ここからは、会社にバレずに使いたい方におすすめの転職サイトをご紹介しましょう。

①リクナビNEXT

リクナビNEXT

株式会社リクルートキャリアが運営する「リクナビNEXT」は、信頼度が抜群の転職サイトです。

「リクナビNEXT」は、業界トップクラスの求人数と幅広い業界・職種をカバーしているのがポイント。

対応エリアは全国、20代から40代の幅広い年齢層のユーザーが登録しています。

「リクナビNEXT」は、初めて転職する方からハイキャリア転職まで多くの方におすすめ!

②doda

doda

パーソルキャリアが運営する「doda」は国内最大級の転職サービスです。

幅広い業界・職種をカバーしており、業界ごとに分かれたキャリアコンサルタントの質の高さも評判です。

自分で仕事探しをしたり、専任キャリアコンサルタントに転職サポートを受けながら最適な求人を紹介してもらうことも可能。

「doda」は上場企業や好待遇な求人も多いので、登録だけしても優良求人に出会えるチャンスがあります。

③リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

株式会社リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」は業界最大手の転職エージェント。

20代から40代の幅広いユーザーがメインに使っていて転職後の満足度はなんと99%!

サービスの質の高さ、求人数の多さ、サポート体制どれをとっても安心して利用できる安定感がポイント。

「リクルートエージェント」のキャリアコンサルタントは、電話やメールなどサポートの迅速さにも定評あり。

求人は早く応募するのがコツですからリクルートエージェントは内定率アップに繋げてくれるでしょう。

転職サイトへの登録まとめ

今回は、会社にバレずに転職サイトを使うコツをご紹介しました。

現職中に転職サイトに登録してもバレることなく使用できますので、心配しすぎる必要はありません。

ただし、自分の不注意で周囲に分かってしまうことがあるので気をつけて使うようにしてください。

大手転職サイトのおすすめ比較ランキング|人気求人サイト一覧まとめ【2000人の口コミ評判から決定】

2019年4月30日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。