リクルートジョブズの評判/求人/転職難易度は?中途採用成功の秘訣!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

リクルートジョブズに転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、リクルートジョブズへの転職成功に必要な知識を一挙に理解できます。

これから本格的に転職活動して、リクルートジョブズへ転職したい!と考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートジョブズの口コミ・評判は?

リクルートジョブズ 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

評価が高いのは「20代の成長環境」「社員の士気」「風通しの良さ」となっており、20代後半から30代の若い社員が仕事をしやすいと感じています。

全体的に社員同士は尊敬しあって仲良く仕事をできる環境にあると言えます。

しかし、人材育児のみ評価が極端に低いところを見ると、新卒をイチから育てるのではなく、中途採用の即戦力を求めていることが分かります。

月間の平均残業時間は40.5時間、有給休暇消化率47.5%と平均的な数値になっています。

リクルートジョブズの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • リクルートグループの中でも求人に特化した組織なので、若くて元気な人が多く会社に活気があります
  • 企業の経営まで踏み込める提案ができたり、ヒト、モノ、カネに対する経営者の話が聞けるので毎日学ぶことが多い
  • コミニュケーション能力が高いと男女関係なくチーフやマネージャーに選ばれるので管理職に就ける
  • 数値やデータを分析する性格よりも褒め上手・叱り上手で感情を上手に伝えるほうが出世する
  • 営業のクライアントは大手から中小、個人商店のようなところまで担当するので、相手に合わせた会話術が見についた

リクルートジョブズの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 外部の研修会社を呼んで年次や経歴に合う研修やセミナーを実施したり、役立つ教育制度が多く、モチベーションアップになっている
  • 若い会社なので、上司や同僚、同期も同年代が多く意思疎通がしやすく評価もしてもらいやすい環境です
  • 多くの経営者の方と話す機会が多く、企業戦略や取り組みをリアルタイムで聞けて、貴重な経験ができる

リクルートジョブズの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 成果主義なので、営業成績によって給与は上下します。入社してすぐに新規の電話営業や飛び込みがあります。
  • 正社員や契約社員でもボーナスはしっかり出るところに満足している。成績が給料アップに結びつく
  • 営業部の場合は忙しいときは最低でも月40時間、多いときは60時間の残業がある。残業代で給料が高くなった
  • 営業だけでなく内勤でも業績により3ヶ月毎の達成インセンティブやキャンペーンのインセンティブが貰えて嬉しい

リクルートジョブズの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 20代後半からの30代が多い職場なので子育て中の人が多く、行事等での半休・有給なども取得しやすい
  • 有給は取りやすく、むしろ会社側が休暇を取るように促してくるので有り難い。(もちろん繁忙期や締め日前日は難しい)

リクルートジョブズはどんな企業?

ここからは、リクルートジョブズの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 株式会社リクルートジョブズ

(Recruit Jobs Co., Ltd.)

本社所在地 〒104-8227
東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル(リクルートGINZA7ビル)
代表者 代表取締役社長:葛原 孝司
取締役:藤井 直子、三木 久生
設立 昭和58年9月14日
資本金 1億5,000万円
事業内容 アルバイト、パート、派遣から正社員まで、多種多様な雇用領域における人材採用に関する総合サービス

事業内容

2012年10月1日、「株式会社リクルートジョブズ」は「株式会社リクルート」の人材領域と「株式会社リクルートHRマーケティング」が組織統合して設立されました。

1980年02月「とらばーゆ」創刊から始まり、1982年11月には「フロム・エー」など、その人らしい働き方を選択できる求人情報を提供しています。

銀座に本社があり、東日本エリア・東海エリア・関西エリア・西日本エリアと全国23拠点があります。

リクルートジョブズの主な事業は、情報誌、Web、アプリ、イベント、コンサルティング、事業支援が挙げられます。

主力事業

  • タウンワーク/無料求人情報誌
  • フロムエー ナビ/日本最大級のアルバイト/バイト/パートの仕事・求人情報サイト
  • はたらいく/就職・転職サイト
  • ジョブオプ応募管理/応募受付から面接までの応募管理の事務業務を一括代行サービス

リクルートジョブズはジョブズリサーチセンターを設置して、有期労働市場の最新データ、人材活用事例についての調査を行い、ユーザーに有益な求人情報を提供しています。

売上・業績

公式サイトの業績推移・見通しによれば、平成29年3月期の売上高は1,275億1,760万円です。

平成28年3月期の売上高1,223億7,667万円と比べて、52億円プラス、平成27年と比べると119億円のアップです。

リクルートジョブズのサービスは、リクルートグループの中でも主に国内人材募集分野に注力しています。

国内人材募集分野にはリクルートジョブズの事業のほか、「リクナビ」「リクルートエージェント」といったリクルートキャリアの事業も含まれます。

リクルートホールディングスのグループ全体の売上高は1兆8,399億円(前年比15.8%増)となっており、そのうち国内人材募集分野は3,763億円(前年比7.7%増)と他の事業分野よりも高い売上高です。

つまり、リクルートホールディングスのグループ全体の売上高の中でも、国内人材募集分野の売上高が好調なため、リクルートジョブズの業績に繋がっているのです。

リクルートジョブズは同業他社の「マイナビ」や「ディップ」と比較すると、就職・転職、人材派遣、人材育成分野の70%という高いシェアを誇ります。

従業員

リクルートジョブズ 従業員

公式サイトの従業員と働き方に関するデータによればリクルートジョブズは正社員の他にも勤務エリアを限定したエリア限定営業正社員の働き方があります。

2017年4月1日~2018年3月31日の正社員男女比率は男性64%、女性36%となっており男性が多いですが、エリア限定営業正社員は男性58%、女性42%と半々の割合です。

そして、リクルートジョブズは新卒採用42%に対して中途採用58%となっており、多くの中途採用の人が活躍していることが分かります。

平均年齢は31.5歳となっていて、20代後半から30代前半の若い従業員が活躍しています。

これからリクルートジョブズへ転職を考えている20代後半から30代の方は同世代が多い職場なので、働きやすい環境になるでしょう。

従業員の平均勤続年数は男性6.2年、女性6.7年となっており定着率も良く、育児休業取得率は100%と休暇の取りやすさも魅力です。

リクルートジョブズの平均年収は550万〜680万円

リクルートジョブズ 平均年収

リクルートジョブズの平均年収は550万〜680万となっており、20代後半から30代の同じ世代よりも給料は多いです。

リクルートジョブズは成果主義を取っていて、営業成績が良ければボーナスに直結するので、従業員のモチベーションが高いようです。

20代でも年収700万から1,000万以上超えている営業マンもいるので、実力次第で高収入が狙えます。

成績が給与に直結する評価制度なので、積極的で前向きな人は十分に活躍できると言えます。

そして、リクルートホールディングスの中では正社員に関しては給与体系に大きな差はありません。

入社してから飛び込み営業や新規契約の電話を積極的にやって、どんどん契約を取っていく営業マンは年齢な関係なく高収入を狙えるのが良いですね。

リクルートジョブズは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

リクルートジョブズは新卒よりも中途採用の方が比率が高く、中途採用に積極的です。

特に20代後半から30代の中途採用の人が積極的に活躍しています。

中途採用は、開発・企画スタッフ、新規事業スタッフ、コンサルタント、経営統括スタッフ、事業推進スタッフの5職種を募集しています。

同時にエリア限定の営業職の募集も行われているので、自分に合った働き方ができるのもリクルートジョブズの特徴です。

リクルートジョブズの採用情報

リクルートジョブズは公式サイトで採用情報を公開していますので、気になる方はチェックしましょう。

募集エリアは北海道・東北エリア、北関東エリア、北陸・甲信越エリア、東海エリア、中・四国エリア、九州エリアと幅広いので、地方の人にも働きやすいです。

入社時の配属は、面接の選考時に適性を踏まえて決定されるので、希望する職種があれば求める人物像に寄せた対策が必要です。

募集している職種

  • 企画系総合職
    • リクルートジョブズの中心的な役割り
  • 営業戦略
    • マーケット分析、戦略立案と実行
  • 商品戦略
    • 製品・サービスの現状分析、収益化に向けた戦略の設計
  • 事業開発
    • 新規事業を成長させるための戦略立案と実行、人事
    • 戦略の立案、採用、育成、働き方改革
  • CS推進
    • 品質保持センターの運営
  • 新規事業スタッフ
    • リクルートジョブズの新規シフト管理システム「シフオプ」事業を担当。営業企画業務とセールス業務
  • 企画営業職(エリア限定)
    • 「はたらいく」「タウンワーク」「From A navi」など、リクルートジョブズの求人広告を取り扱う営業職

リクルートジョブズは「シゴトとヒトが良い関係で、一人ひとりの未来につながっていく社会」がモットーです。

リクルートジョブズに採用されるには、新しい企画にチャレンジする精神と行動力が求められます。

リクルートジョブズの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 月給31万2500円以上
※職務手当10万1826円含む(超過勤務手当58時間相当分)
※超過勤務手当が職務手当分(超過勤務手当58時間相当分)を越えて発生した場合は、その差額を別途超過勤務手当として支給する【賞与】
年2回(6月、12月)
勤務時間 フレックスタイム制 標準労働時間7時間34分

 ※残業あり(標準勤務時間帯 9:30~18:04)

休日/休暇 土曜日(年に二回出社有)/日曜日/祝日/年末年始/夏季/GW
年次有給休暇/ストック休暇/特別休暇
裁判員休暇/ボランティア休暇/サンクス休暇等
待遇/福利厚生 雇用保険/労災保険/健康保険(介護保険)/厚生年金保険

・深夜・休日勤務手当
・追加割増手当
・通勤交通費(当社規定による) ほか

リクルートジョブズの求人情報

リクルートジョブズ 求人情報

リクルートジョブズでは技術系と事務系の専門職の中途採用を積極的に採用しています。

全従業員の半数以上は中途採用で占められているので、採用されれば活躍できる場が与えられます。

これから自分のエンジニア技術や営業力を試したいと思っている方は、リクルートジョブズへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

リクルートジョブズの求人情報は随時、公式サイトに記載されているので確認しておきましょう。

エンジニア、UIデザイナー 開発ディレクターに求める条件は、とれもエンジニアとして実務経験がある者です。

最先端の求人情報サービスのアプリ開発やWEBサービスの経験があり、キャリアアップしたい方は責任のある仕事を任されます。

選考ステップ

書類選考

SPI試験(プログラミングテスト)

※エンジニアのみ

面接(2・3回)

内定

はじめて転職される方は試験や書類作成、面接の対策をどうすれば良いか迷いますが、転職エージェントの指導とサポートを受けると有利になります。

リクルートジョブズのような大企業の転職成功の実績がある転職エージェントを選ぶと効率的です。

リクルートジョブズの転職難易度は?

リクルートジョブズ 転職 難易度

リクルートジョブズの公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていません。

近年の業績好調と人気度を考慮すれば、転職難易度は高いと予想されます。

リクルートジョブズは求人情報サービスとして業界トップを走っており、チャレンジ精神と明確なビジョンを持った人物像が求められています。

将来の目標や会社に何が貢献できるのか明確にしてしっかり対策しておけば、採用候補に入るはずです。

そのためには、自力で転職活動するのではなく、大企業への転職サポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

リクルートジョブズに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

リクルートジョブズ 転職

リクルートジョブズに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは採用されるために必要な戦略を立てて、徹底サポートしてくれます。

転職エージェントは大企業の転職成功の実績があり、人材を売り込む営業力がある業者を選ぶことが大切。

ここからは、リクルートジョブズへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は大手人材サービス企業「リクルートキャリア」が運営している転職者向けの人材紹介サービスです。

国内最大の20万件近いデータベースに基づき、全業界・全職種の求人を幅広く取り扱っているのが特徴。

大企業の非公開求人や他のエージェントにはない求人紹介を多数保有しているので、登録して損はありません。

専属エージェントによる選考対策のための書類作成や面接指導はもちろん、企業との面接日程、給与の調整と交渉も代行してくれるので頼りがいがあります。

②マイナビエージェント

転職エージェントナンバー2「マイナビエージェント」は業界の転職に精通した「キャリアアドバイザー」 が駐在しているのが特徴です。

実際に転職して勤務経験があるアドバイザーなので、転職のノウハウやコツを掴んでいるのです。

マイナビエージェントは「リクルーティングアドバイザー」による企業の徹底した情報収集も行われています。

多業界の企業とのパイプがあるからこそ、採用担当者から有力な採用情報を得ることができるのです。

実際に入社しなければ分からない社内の雰囲気や働く人の様子なども包み隠さず教えてくれるサポート体制がおすすめポイント。

③JACリクルートメント

ハイキャリアと外資系の転職に特化した「JAC リクルートメント」は、キャリアアップ志向のための転職エージェントです。

新しい仕事では年収アップ、管理職に付いてキャリアアップを図りたい方に最適です。

各業界・業種の管理職や外資系の案件、非公開求人が豊富で転職成功の実績もあります。

JAC リクルートメントは30歳から40代の転職成功へ導くためのヘッドハンターのスキル、知識が豊富なカウンセリングも丁寧と好評です。

リクルートジョブズへの転職まとめ

まとめ

今回は、リクルートジョブズの転職情報についてまとめてご紹介しました。

今後さらに注目されるリクルートジョブズへの転職は簡単な道のりではありませんが、転職エージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、大企業の面接対策や自己分析など専属アドバイザーが徹底サポート。

今回ご紹介したエージェントは、どれも完全無料サービスで登録も無料なので、この機会に登録してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。