GCAの評判/求人/転職難易度は?中途採用を成功させる秘訣!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

GCAに転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、GCAへの転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、GCAへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

GCAの口コミ・評判は?

GCA 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高いのは「20代の成長環境」と「風通しこ良さ」となっていて、若い世代の従業員がのびのびと発言できる職場であることがわかります。

他にも「法令順守意識」と「社員の相互尊重」の評価も高く、上下関係が厳しすぎず、働きやすいと感じています。

ただし、「人材の長期育成」と「待遇面の満足度」には不満を感じる人が多く、研修制度や評価に対しては低評価になっています。

そして、月間の平均残業時間は76.3時間と多く、有給休暇消化率31.9%と低いので、休みの取りづらさも気になるところです。

GCAの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 金融機関や監査法人などの系列に属さない独立系のM&Aアドバイザリーとして業界からも注目されている
  • 社内には様々な経歴を持った人が集まっていて、個人の英知が結集されると素晴らしいチームワークになる
  • 忙しい時は夜まで残業が続くことがありますが、同僚・上司が無理のない業務分担をしてくれる
  • 入社前に想像していたよりもそれほど高度な知識は必要とされない。要領良く業務をこなせば比較的ラク。

GCAの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 評価制度については実力主義と言えます。年功序列や終身雇用の面はありません。
  • 厳しく見える実力主義ですが、意外とリストラはなく安定性もあり働きやすい環境だと思う
  • 10か国15拠点でグローバルに事業を展開しているので海外進出したい人はモチベーションが上がります

GCAの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 成果主義なので、成績が良ければ給与に結びつきやすいです。給与水準は高いので高収入も狙えます。
  • 去年の平均年収は2000万円を超えたが、一昨年は減益のため1500万円台になった。年収は企業の業績も影響します。

GCAの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 男女関係なく、能力があれば結果を出して出世したり給与アップのチャンスはある。
  • 残業が多いので仕事と家庭の両立が難しく、独身女性が多い
  • リピートクライアントから女性営業が重宝がってもらえて信頼関係を築けた

GCAはどんな企業?

GCA 企業情報

出典:GCA

ここからは、GCAの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 GCA株式会社

(GCA Corporation)

本社所在地 〒100-6230 東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス丸の内30階
代表者 代表取締役 渡辺 章博
設立 2004年 4月
資本金 258百万円
事業内容 M&Aアドバイザリー

戦略・PMIコンサルティング

デューデリジェンス

アセットマネジメント

事業内容

GCA 事業内容

出典:GCA

GCA株式会社は、2004年4月、米会計監査法KPMGで実績がある公認会計士の渡辺章博と投資ファンドのユニゾン・キャピタル創業者であり、一橋大学大学院国際企業戦略研究科の佐山展生教授が共同代表として創業したM&Aアドバイザリー会社です。

GCAは2020年までに日本一になり、2030年までには世界一のM&A助言会社となるという目標を掲げています。

主な事業は以下の6つです。

M&Aアドバイザリー

  • 経営全般を見据えた上でのM&Aサービス
  • 長期的、総合的な視点でクライアントの経営全般について支援する
  • 売却・買収、非公開化案件及び、買収防衛、グループ再編、事業再生の提案

戦略・PMIコンサルティング

  • 戦略コンサルタントによる専門チーム
  • 成長戦略の立案、M&Aの実行を担当
  • 企業の飛躍的な成長を確実現する

インオーガニック成長戦略コンサルティング

  • インオーガニック成長戦略に特化して最終意思決定までを支援する

PMIコンサルティング

  • 統合計画の策定から統合プログラムの整備と運営

デューデリジェンス

  • M&A取引におけるビジネス・財務・税務デューデリジェンスサービス

アセットマネジメント

  • アセットマネジメント業務(プライベートエクイティ、メザニンファイナンス、上場株式・債券)

売上・業績

GCA 売上 業績

GCAは2020年までに日本一のM&Aアドバイザリーになると目標を掲げており、まさに有言実行の売上高・営業利益の推移が見られます。

まず、設立から5年後の2009年12期の売上高は96億1300万円でしたが、2013年12期には223億8100万円となり2.5倍も増加しているのです。

GCAの営業利益率を見ると、2009年12期の3.6%から2013年12期には18.7%にまでアップしています。

近年では、2017年12期の売上高は58億9900万円、総資産は273億8700万円にも上り、確実に日本一のM&Aアドバイザリーの地位を築いています。

グローバルの上場、独立系M&AアドバイザリーファームとしてGCAは第7位の規模ですが、今後はさらに上位へのし上がる勢いです。

現在は主にグローバルなM&Aアドバイザリーやアセットマネジメントに注力していますが、今後はビジネス、財務、税務デューデリジェンスサービスなども展開する予定なのでさらなる好業績が見込まれます。

従業員

GCA 従業員

GCAの従業員は2017年12月31日現在、414人となっています。

アドバイザリー事業は404人、アセットマネジメント事業10人という構成になります。

平均年齢は37.3才と若い従業員が多く、平均勤続年数は5.1年となっています。

2004年設立されたので、これから平均勤続年数はどんどん上がると予想されます。

会社の知名度はまだまだかもしれませんが、GCAは日本だけでなくアメリカやヨーロッパでも活動する、独立系コンサルティングのM&Aアドバイザリーです。

従業員はグローバルな感覚を持ち、高い目標を持つ専門職が集まっているのです。

実際に2016年12月期・有価証券報告書によれば、国内の社員数138人だけで58億9900万円の売上を出しています。

現在は、世界10カ国14拠点にて従業員数414人だけで構成するグローバル企業へと成長したのです。

GCAの平均年収は1,560万円

GCA 平均年収

2017年12月31日現在、有価証券報告書2017年12月期によれば、GCAの平均年収は1,560万円です。

前年度の平均年収は2,140万なので580万ダウンしましたが、それでも業界の中でも安定した高収入をキープしています。

では、なぜGCAの年収はそんなに高いのか、転職先として検討する価値があるのかを見ていきます。

GCAの平均年収は1,560万円と高収入ですが、同業他社の日本M&Aセンターは1,320万円、M&Aキャピタルパートナーズは2,995万円と全体的に高めです。

つまりGCAだけが高収入なのではなく、M&Aアドバイザリー全体的に平均年収が高いのです。

2017年国税庁・民間給与実態統計調査による男女正社員の平均年収は494万円ですから、M&Aアドバイザリー会社がいかに高いか分かりますね。

M&Aアドバイザリーは製造業と異なり、原価がほとんどないので、かなり高い利益率になります。

設備投資や研究開発も必要ないので、会社の利益が社員に還元されやすいのです。

従業員は交渉力や実行力など高い資質があり、専門性が高く、それが会社の利益になり、高収入へ繋がっているのです。

GCAは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

GCA 中途 キャリア採用

GCAは中途(キャリア)採用の人も大活躍できる場が与えられます。

GCAが中途採用に求める条件としては、会社の理念に共感できて、高い倫理観と強い向上心を持つ人材です。

クライアントのM&Aが成功したあとも新しく誕生した企業の価値をクライアントと共有できる人材が理想的です。

GCAは中途採用の即戦力は健全な国内M&Aマーケットの成長に大切な人材だと考えています。

最近では、海外のクロスボーダー案件も増えてきているので、国際的な活躍も視野に入れたい人は、GCAへの転職を検討してみてはいかがでしょうか?

GCAの採用情報

GCA 採用情報

出典:GCA

GCAの採用ページには、M&Aファイナンシャルアドバイザーの中途採用の募集要項があります。

募集条件は実務経験が3年以上あり、GCAの経営理念に対する十分な理解と完全な賛同が求められます。

給与においては年俸制ですが、成果主義をとっていて個人の能力により異なります。

面接の際には給与についても交渉次第で高収入のスタートも期待できます。

転職エージェントでは転職希望先の採用担当者に収入アップの交渉を代行するサポートもあるので、積極的に利用しましょう。

GCAの勤務条件

雇用形態 正社員

M&Aファイナンシャルアドバイザー

給与 年俸制
※個人の能力により当社規程に照らして決定昇給は当社規程による(年1回、1月)
賞与は当社規程による(年1回、1月)別途支給
勤務時間 9:00~18:00(昼時間1時間を含む)
但し、フレックスタイム制あり
休日/休暇 完全週休二日制(土・日)、祝日、年末・年始、年次有給休暇(1週間超連続休暇×2/年の奨励制度あり)、出産休暇制度、育児休業制度、介護休暇制度、その他
待遇/福利厚生 各種社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険)、長期所得補償保険、医療保険、団体定期保険、スポーツクラブ、人間ドック受診制度、従業員持株制度、借り上げ社宅制度、その他

GCAの求人情報

GCA 求人情報

出典:GCA

GCAの求人情報は公式サイトの採用ページにて記載があるので、気になる方は随時確認しましょう。

現在募集がなくても、お問い合わせフォームから人事採用グループへ連絡すると、採用に関する情報を返信してもらえます。

GCAの転職難易度は?

GCA 転職 難易度

GCAの公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すれば、転職希望者は多いと予想されるので、転職難易度は高いと言えます。

しかし、現場では多くの中途採用の人が活躍しているので、GCAが求める人物像であれば、採用される確率は高くなります。

実際に、自分が採用されたら会社にどんな利益をもたらすことができるか、目標や企業理念の理解度をアピールする必要があります。

そのためには、自力で情報収集して転職活動するよりも大企業への転職サポートに強いエージェントの力を借りることが最短です。

GCAに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

GCA 転職

GCAに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に必要な要点を理解していて、適切なアドバイスがもらえます。

ここからは、GCAへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は第二新卒と20代の転職に強化した転職エージェントです。

中小企業から初めて大企業への転職をしたい人対して、20代、30代が転職成功へ導くためのサポートに定評があります。

マイナビエージェントは、2015年に「職業紹介優良事業者」として厚生労働省から認定されています。

転職エージェントとして転職希望者の希望と能力、適性を把握しており、きめ細かいサポート力が期待できます。

②type転職エージェント

「type転職エージェント」は東京・神奈川・埼玉・千葉の関東エリアの案件を中心に提供している総合転職エージェントです。

大手のリクルートエージェントやdodaと異なり、全体の案件数は少ないのですが、IT企業の独占案件を多数保有しているのがおすすめポイント。

老舗大手企業の非公開案件や魅力的な案件は大手に勝るほどです。

他の大手の転職エージェントよりも利用者数が少ないので、エージェントが1人あたりに多くの時間を割いてサポートしてくれるのも嬉しいポイント。

営業が直接企業と調整しながら転職成功まで徹底的にサポートしてくれます。

③エンエージェント

「エンエージェント」大手人材会社enジャパン社が運営する転職エージェントです。

初めて転職をする方やキャリアに自信のない人も自分の性格や価値観を見極めて、新しい分野へのチャレンジをサポートしてくれます。

公式サイトでは求められる人材を発見できる「知能+性格+価値観テスト」を利用できたり、コンテンツも役立つ情報が多いです。

GCAへの転職まとめ

まとめ

今回は、M&Aアドバイザリー会社「GCA」への転職情報についてまとめてご紹介しました。

GCAの転職は、転職のプロによるエージェントが徹底サポートにより成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、大企業の転職成功の秘訣や面接対策や自己分析などを把握しているため頼りがいがあるのです。

今回ご紹介した転職エージェントはどれも完全無料サービスで登録も無料なので、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。