Apple Japanの評判/求人/転職難易度は?中途採用成功の秘訣!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

Apple Japan(アップル)に転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、Apple Japanへの転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、アップルへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Apple Japanの口コミ・評判は?

Apple Japan 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高いのは「法令順守意識」と「待遇面の満足度」となっており、結果を出せば評価される待遇面の良さに満足している人が多いです。

その一方で、「人材の長期育成」と「20代成長環境」は低評価となっているのは、外資系企業ならではの実力主義の傾向にあり、新卒よりも中途採用が活躍しているのが理由です。

全体評価は3.81点と評価が高く、アップルジャパンの多くの従業員は働きやすく、環境に満足していると感じています。

残業時間は9.4時間、有給休暇消化率は85%となっており、無駄な残業はなく効率よく仕事ができる環境だと言えます。

Apple Japanの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • Apple製品に愛着がある人が多い。アップル商品のファンから社員になった人が集まっている感じ。
  • どの職場環境でも成果主義を徹底している。教育して育てるのではなく即戦力が求められる
  • 人間関係・社員の雰囲気のすべてがクリーンで居心地が良い。ペーパーレス化していてスッキリしている
  • 外資系企業なので英語がある出来ないとポジションが止まってキャリアアップは難しい

Apple Japanの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • US本社の意向がどの部門でも徹底されている。部門ごとの縦割り意識が強く、スペシャリスト志向の人間が多い
  • 世間で騒がれているブラック企業とは真逆の素晴らしい労働環境です。携わっていること自体がやりがいとなる
  • 会社から残業を強制されることはなく、むしろ早く帰る習慣をつけるように言われる。残業するかしないかは自己判断に任されます
  • 個人主義ですが、仕事量が特定の人に集中しないように協力し合う風土があり働きやすい
  • 入社したときは、社内のコミュニケーションツールが充実していて効率の良さに感動した
  • 残業代は分単位で支給されますが、残業するとスケジュール管理の数値が下がるので、残業はしない方が評価されます

Apple Japanの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • アメリカ企業では普通の年俸制です。新卒より中途の方が給与水準が高いです。
  • 年俸制なのでボーナスはないが、一定の条件をクリアした際にはインセンティヴが発生します。
  • 営業職は年俸のうち4割近くが成績によるインセンティブです。
  • プライベートの時間はきちんと確保できる。メリハリつけて働ける人材が求められている。
  • 福利厚生は各種手当等はほぼなく、大手の日系企業と比較すると劣っている。

Apple Japanの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 男女平等は徹底されているため、女性も多く活躍している
  • 陰湿なパワハラやセクハラは無縁です。女性のリーダーも多く活躍しています。
  • 男女、年齢に関わらず、風通しの良い社風です。

Apple Japan(アップル)はどんな企業?

Apple Japan 企業情報

ここからは、Apple Japanの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 Apple Japan合同会社
本社所在地 〒106-6140
東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ
代表者 CEO Tim Cook
設立 1976年4月1日
資本金 54億8000万円
事業内容 Mac、iPodに代表されるアップル社製コンピュータや周辺機器、各種アプリケーションソフトの輸入販売・研究開発

事業内容

Apple Japan 事業内容

2011年、米Apple社の日本法人として、Apple Japan合同会社が設立されました。

アップルジャパンの主な事業内容はApple社製品の輸入・販売を手掛けています。

Apple社ではこれまで、Macintosh・iMac・iPod・iPhone・iPad・Apple Watchといった一般消費者向け製品を生み出しています。

今後は商品開発に加えてビジネス向けの事業拡大に注力する方針です。

従来は研究開発はアメリカ中心で行われており、日本では製品の輸入・販売等が主力事業でした。

しかし、2014年に横浜、2016年に同市綱島に近年研究開発センターが設立されてからは、日本の技術や部材を採用した製品開発も進められています。

開発拠点が日本国内に設立されてからは。エンジニア職等の中途採用の雇用も増えています。

今後はApple社のiOSプラットフォームを活用したビジネスのクラウド化、IBM・シスコシステムズ・SAP・Deloitte社といったグローバルエンタープライズ企業との業務提携も積極的に進められています。

社内で英語を使用する機会が多いので、外資系企業で通用するビジネススキルを身に付けたい人に最適な環境です。

売上・業績

Apple Japan 売上 業績

アップルの公式サイトでは2018年のApple社のサービス部門の売上高が過去最高になったと話題になっています。

2018年度第3四半期の業績によれば、当四半期の売上高は533億ドルとなり、前年同期と比べて17%アップしています。

アップル社の好調な業績には引き続き好調なiPhoneやサービス、ウェアラブルの販売が影響しています。

アップル社の売上の内訳を見ると、依然としてiPhoneが68%を占めており、注目度の高さが伺えます。

2013年の全体の売上度におけるiPhoneの比率55%と比較すると13%アップしており、未だにiPhoneユーザーは拡大しています。

従業員

Apple Japan 従業員

アップル社の従業員数は130,000名(法人全体)となっており、アップルジャパンは2,900名です。

アメリカ本社からのトップダウンの面がとても強く、アップルジャパンは本社からの意向を日本で徹底するための部門となります。

そのため、社内の雰囲気としては外資系企業らしく外国籍社員も多く、自由な風通しの良さがあります。

社内では開発、マーケティングなど各部門ごとの縦割りがはっきりしていて、別会社と仕事をする感覚で業務が進められています。

アップルジャパンの平均残業時間は10〜20時間程度となっており、同業他社の日本マイクロソフト、日本アイ・ビー・エムと比較するとかなり少なめです。

基本的には成果主義なので、教育や研修はほとんどなく、結果を出せば残業をしなくても勤務時間が短くても良い風土があります。

有給休暇も取りやすく、オンとオフのバランスが取りやすいのも魅力です。

しかし、営業職や一部のコーポレート職では小売業のスケジュールに合わせるため、週末や祝日は業務量が多く休みを取りにくい場合もあるようです。

Apple Japanの平均年収は650万〜800万円

Apple Japan 平均年収

アップルジャパンの平均年収は650万〜800万円です。

職種により平均年収は変わりますが、基本的には年俸制となっています。

基本給の昇給は少ないため、インセンティブで年収が上下します。

転職時の平均年収はサービスエンジニア450万円~650万円、営業は750万円~800万円です。

高収入の職種は、エンジニアとアートディレクターとなっており、シニアソフトエンジニア1,000万円、アートディレクター1,060万円です。

アップルジャパンの平均年収は同業他社の日本マイクロソフト、日本アイ・ビー・エムと比較すると平均的な給与です。

アップルジャパンは新卒よりも中途採用の人のほうが前職以上の給与で入社しているので、給与水準が高いようです。

ただし、日系企業で支給されるような住宅手当などの福利厚生はなく、外部委託の福利厚生制度が適用されています。

転職する際は給与や平均年収だけでなく、福利厚生を含めた条件で検討すると良いです。

Apple Japanは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

Apple Japan 中途 キャリア採用

アップルジャパンは、成果主義が徹底されているので新卒採用よりも中途採用が多く、多くの活躍する場が与えられます。

中途採用は専門職の募集が多く、最先端の企業で自分の持っている実力を発揮するチャンスがあるのです。

アップルの中途採用の人は、アップル製品に愛着があるのはもちろんのこと、製品販売までの一端を担っている責任が求められます。

アップルの求める人物像は、あらゆる業界に革命をもたらして、ある種の驚きを生み出したいと意欲のある人だとメッセージしています。

アップルジャパンへの転職は人材の可能性を重要視しているので、分析能力やコミュニケーションスキルのアピールが重要です。

Apple Japan(アップル)の採用情報

Apple Japan 採用情報

出典:Apple

アップルジャパンの採用情報は公式サイトで随時公表されるので、こまめにチェックしましょう。

法人営業職、財務等の管理部門職種では中途採用を募集しています。

技術職ではハードウェアエンジニア職、プロジェクトマネージャー、オペレーターなどの求人が見られます。

2014年からは日本で研究開発センターが設立されたため、今後もエンジニア職での雇用は増加すると予測されます。

技術職の場合は約5年以上の同業務経験が条件となっており、経験があればアップルジャパンで活躍するチャンスと言えます。

事務系職種は、家電量販店での店舗管理、販売職の求人があります。

主な業務は家電量販店内のApple Shopで同社製品の販売、接客、店舗の管理、担当店舗への販売促進となります。

Apple Japanの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 年俸制400万円〜900万円

※経験、前職年収を考慮し相談の上決定
※1/12を月々支給

勤務時間 シフト制 – 9:00 ~ 21:30

(実働7.5時間+60分 昼休憩&15分x2 小休憩)
※土日祝を含む、週5日間のシフト勤務

休日/休暇 完全週休2日制(シフト制) 、夏期休暇(2日間)
年次有給休暇(勤務年数に応じて最大20日まで)
病気休暇、産休・育休・介護制度
待遇/福利厚生 社会保険完備 、保養施設 、会社加入保険 社員割引(年間上限あり)など

Apple Japanの求人情報

Apple Japan 求人情報

出典:Apple

Apple Japanでは、事務系、技術系のどちらも随時多くの中途採用を実施しています。

公式サイトの求人情報では採用に関する情報を公開しているので、アップルジャパンへの転職を検討されている方はチェックしておきましょう。

公式サイトからスタート履歴書を送信すると、Appleの採用担当者から条件に合う職種の情報が送信されるので活用すると便利ですね。

Apple Japanの転職難易度は?

Apple Japan 転職 難易度

アップルジャパンは正確な転職難易度や採用比率は公表していません。

近年の業績好調とアップル製品の人気度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

アップルジャパンは業界でも新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とビジョンを持った人物像が求められています。

将来の目標、アップルジャパンに何が貢献できるのか明確にして対策しておけば、採用されることも夢ではありません。

大企業への転職成功にはサポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

Apple Japanに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

Apple Japan 転職

アップルジャパンに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切な受け答え方、自己分析、アピールの仕方などの適切なアドバイスをしてもらえます。

転職エージェント選びは豊富な転職コンテンツ、幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、大企業への転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①リクルートエージェント

国内最大手の総合転職エージェント「リクルートエージェント」は大企業の非公開案件を多く保有しています。

第二新卒案件からハイキャリア層まで幅広い転職サポートに定評があり、大企業への多数の転職実績もあります。

大手ならではの圧倒的なノウハウの蓄積、エージェントのリスポンスの速さなど全てにおいて満足度の高いエージェントです。

②doda

doda

「doda」はパーソルキャリアが運営する国内規模ナンバー2の転職エージェントです。

取り扱い案件の幅が広く、大企業の非公開案件も多く紹介してもらえるので、登録しておいて損することはありません。

職務経歴書・面接対策といった実践的なサポートから面接日の取次、売り込みや給与の交渉など、採用までを安心して任せることができます。

③パソナキャリア

「パソナキャリア」は初めての転職、キャリアアップのために準備期間中にしっかり対策したい方におすすめ。

パソナキャリアは業界最大手のリクルートエージェントやdodaには劣りますが、ユーザーからは手厚いサポートとフォローに定評があります。

エージェントが親身に転職相談に乗ってくれたり、履歴書・職務経歴書添削、面接対策のサポート体制も丁寧と好評です。

担当エージェントの電話やメールのレスポンスが速く安心できる点がおすすめポイント。

Apple Japan(アップル)への転職まとめ

Apple Japan まとめ

今回は、転職者に根強い人気があるApple Japan(アップル)の転職情報についてまとめてご紹介しました。

難易度が高いApple Japanの転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、Apple Japanの面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートします。

どれも完全無料サービスで登録も無料なので、試してみる価値があります。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。