アクセンチュアの評判/求人/転職難易度は?中途採用成功の秘訣!

アクセンチュアに転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、アクセンチュアへの転職成功に必要な知識を一挙に得ることができます。

これから本格的に転職活動して、アクセンチュア(accenture)へ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アクセンチュアの口コミ・評判は?

アクセンチュア 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高いのは「20代の成長環境」と「風通しの良さ」となっていて、若い社員がのびのびと仕事ができる環境にあります。

「人事評価の適正感」や「社員の士気」の評価も高く、成果を出したら認めてもらえる環境だと答えています。

月間の平均残業時間は52.6時間と高めですが、有給休暇消化率61.9%を見ると休みは取りやすいと分かります。

アクセンチュアの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 仕事が自分に合っていて成果を出せれば自由度が高く働きやすい環境
  • グローバル規模の研修が充実しているのはアクセンチュアの強み
  • コンサルタント業務は確実に成果を出さなければならない圧迫感がある
  • 風通しが良く年齢に関係なくストレートに意見を言い合える風土がある
  • 大きなプロジェクトを任されて人生が変わるスキルアップが出来た
  • 昔の勤務時間はキツかったが、今は改善されて深夜の残業はほとんどなし

アクセンチュアの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 中途採用の成長意欲の高い人が多く、スキルアップ出来る環境
  • 実力主義ですがチームで仕事をするため、連携や協調性も評価されます
  • 国内研修の他にも海外研修、グローバルでのeラーニングも豊富なのでモチベーションを保ちやすい
  • アナリスト、コンサルタントは月45時間以上の残業禁止は徹底されている

アクセンチュアの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 年次により給与アップはなく昇格での昇給になります
  • 入社時に定時される年収がベースは低めなので入社3年間は試される期間
  • 年功序列や終身雇用制がない実力主義ですが、経験と実績があれば自由で働きやすい

アクセンチュアの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるために2006年にJapan Women’s Initiativesが発足し、女性で活躍する人は多い
  • 子育て中の社員にも安心してキャリアアップして働けるような環境が整っている
  • 社員の育児休業の取得を促進している。子供が小学校を卒業するまでは時短勤務もできるのは有り難いです。
  • 短日短時間勤務制度、ベビーシッター補助、在宅勤務制度など手厚い支援制度が揃っている。
  • 外資系企業のため男女対等な扱いを受ける環境があります

アクセンチュア(accenture)はどんな企業?

ここからは、アクセンチュアの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 アクセンチュア株式会社

(Accenture PLC)

本社所在地 東京都港区赤坂1-11-44赤坂インターシティ
代表者 代表取締役社長 江川昌史
設立 1995年
資本金 3億5000万円(2010年8月31日時点)
事業内容 経営コンサルティング、業務・ITコンサルティング、アウトソーシングなど

事業内容

世界最大のコンサルティングファーム「アクセンチュア(accenture)」の日本法人として、1995年「アクセンチュア株式会社」が設立されました。

アクセンチュアは、世界120カ国以上にあるネットワークを生かした総合的なコンサルティングサービスを提供しています。

世界で約43万人の従業員が活躍するグローバルコンサルティング企業です。

コンサルティングの範囲は、経営・業務・ITコンサルティングなど多岐にわたります。

様々な業界、業務領域、テクノロジーに関する専門知識を持ち、ITコンサルティングが強みです。

ITサービス企業としてもシステムの設計、開発、運用等を手がけています。

アクセンチュアは企業の組織の変革までも関わり、価値を創出するサービスの提供を心掛けています。

従業員は成長意欲の高い人材が多く、転職してスキルアップしたい方には最適な環境と言えます。

売上・業績

アクセンチュア 売上 業績

アクセンチュアは日本単独の売上は非公開ですが、accenture PLC全体の売上は349億USドルです。(2017年8月期)

1ドル111円と換算すると、日本円で約3兆8,683億5,000万円にも上ります。

アクセンチュアが世界的なコンサル企業として好業績を上げている理由は、世界53ヵ国・200都市以上にグローバル展開していることが挙げられます。

日本国内でも東京、神奈川、京都、大阪、北海道、福島、熊本と大都市に会社があり、広いネットワークを持っています。

そして、アクセンチュアは2016年からユニリーバから流通業向けクラウド導入プロジェクト受託も始めました。

ユニリーバはフロント業務とバックオフィス業務の情報一元化を目指し、流通業との取引業務や販売活動の強化します。

今後は、さらに多くの関連企業や流通業から、信頼性のある正確な販売データを取得できるようになり、売上アップが予想されます。

従業員

アクセンチュア 従業員

accenture PLC全体の従業員数は約43万5,000名、日本法人単体は約9,500人です。(2018年3月1日)

アクセンチュアは、2025年までにアクセンチュア全社員数の男女比を50対50にすると発表しています。

今現在は、グローバル全体で女性社員は社員数のおよそ40%にあたる約15万人が働いています。

転職してキャリアアップを図りたい女性は働きやすい環境にあると言えますね。

2020年までにグローバル全体の女性ディレクターの比率も25%に引き上げると発表しているので、女性の働きやすさは抜群です。

非上場の外資系企業のため平均勤続年数は公式サイトに記載がありませんでしたが、口コミによると若手従業員の働きやすさは高評価でした。

平均月間残業時間は60~70時間となり、他のコンサル企業(日本IBM・アビームコンサルティング)に比べると長めです。

しかし、以前よりもフレキシブルな働き方を選ぶことができて、有給休暇は取りやすいです。

アクセンチュアの平均年収は700万〜1,000万円

アクセンチュア 平均年収

アクセンチュア(accenture)の平均年収は職種により異なり700万〜1,000万円です。

転職時の平均年収は前職の年収により異なり、500万~1500万円となります。

成果主義の年俸制なので、経験と実力次第では平均年収1,000万円を超えている人も多いです。

公式サイトの求人情報サイトによると、金融セクターの経営コンサルタント業務は年俸制600~1,500万円、製造・流通部門のセールス営業は600~2,000万円です。

アクセンチュアの平均年収はITコンサル企業の中では平均的ですが、従業員が若いことを考えると高めだと言えます。

アクセンチュアは勤務地が本社の赤坂だけでなく、北海道から九州まで全国の地方都市で仕事の募集があります。

アクセンチュアは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

アクセンチュア 中途 キャリア採用

アクセンチュアは様々な職歴の中途採用の人が活躍しています。

外資系らしく実力主義の企業なので、専門性や得意分野を活かした中途採用の人材は重宝されています。

また、アクセンチュアは女性にとって働きやすい職場環境を目指しているので、女性の中途採用にも積極的です。

子育て中の社員も安心して長く働けるように育児休業も取りやすいと評判です。

そして、世界中の職種にチャレンジできる「キャリアズ・マーケットプレイス」や「キャリアカウンセラー制度」など、キャリアアップできる環境が整っています。

アクセンチュア(accenture)の採用情報

アクセンチュア(accenture)公式サイトの採用情報には募集内容が出ているので、気になる方はチェックしましょう。

外資系企業のため専門性の高い人材を求めており、新卒よりも中途採用の求人の方が積極的です。

新入社員をイチから育てる教育や研修はあまりなく、経験や実績がある即戦力が求められます。

今後は成長している大企業の中で実力を発揮したいという方は、チャレンジする甲斐があると言えます。

事務系・技術系のどちらも経験のある専門職の採用がほとんどです。

日本支社の従業員はグローバルチームとコミュニケーションを取ったり、世界中の顧客にコンサルティング業務を行います。

そのため、アクセンチュアへの転職はビジネスレベルの英語力は必須となります。

アクセンチュアの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 年俸制
勤務時間 週20時間および週3日以上の範囲内で勤務時間を選択

週4日勤務、1日5時間勤務あり

休日/休暇 完全週休2日(土曜、日曜)、祝日、年末年始、年次有給休暇(初年度は12日を月割り付与)、私傷病休暇、結婚・出産・忌引休暇(ライフ・パートナーの場合含む)、ボランティア休暇など
待遇/福利厚生 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
・超過勤務手当、深夜勤務・休日勤務手当、出張手当、通勤費実費支給、住宅手当など

アクセンチュアの求人情報

アクセンチュア(accenture)の公式サイトには随時、求人情報が記載されているので要チェックです。

事務系職種はコンサルタント、管理系業務、技術系職種はエンジニアの募集があります。

中途採用はコンサルタント経験者だけでなく、幅広い業種からの人材を採用しています。

異業種からの転職を検討されている方もアクセンチュアは注目されています。

中途採用の人でも未経験から業界知識を学んで、コンサルタントのキャリアを積んだ人も多いです。

前職のスキルと経験によって給与が決定する年俸制なので、転職エージェントに相談して交渉すると良いですね。

アクセンチュアの転職難易度は?

アクセンチュア 転職 難易度

アクセンチュア(accenture)の公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とグローバルな対応ができる語学力も求められています。

転職難易度は高くても、どのように会社に貢献できるのか明確にすれば、採用の可能性は高いです。

大企業への転職はサポート体制に実績のある転職エージェントの力を借りることが最短です。

アクセンチュアに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

アクセンチュア 転職

アクセンチュアに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切なコツを掴んでおり、採用まで徹底サポートしてくれます。

転職エージェント選びは幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、アクセンチュアへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①JACリクルートメント

外資系・国内企業のグローバル業務の案件を多く持っている「JACリクルートメント」は、外資系への転職を検討されている方におすすめ。

外資系企業やグローバル業務、技術系のスペシャリスト求人に強化した転職エージェントです。

エージェントの提案力や売り込みの営業力もユーザーに定評があります。

JACリクルートメントはキャリアアップの転職をする方は登録しておきましょう。

②リクルートエージェント

案件総数・内定決定数は国内ナンバーワンの「リクルートエージェント」はどんな職種も取り扱う総合転職エージェントです。

業界最大手なので、大企業への多数の転職実績も多く、求人情報量や非公開案件も多く紹介してもらえます。

エージェントは大企業に採用されるために必要やノウハウも持ち合わせているので、安心して任せられるエージェントです。

③doda

doda

最近は、CMでもよく見かける「doda」はリクルートエージェントにつぎ、ナンバー2の規模の転職エージェントです。

エージェントの対応の決めの細かさが好評で、職務経歴書・面接対策はもちろんのこと、自己アピールの方法や給与の交渉も代行してもらえます。

転職エージェントはいくつか登録しておくと使い分けることもできるので、複数のエージェントに相談してみることをおすすめします。

アクセンチュアへの転職まとめ

まとめ

今回は、転職者に人気があるアクセンチュア(accenture)の転職情報についてまとめてご紹介しました。

アクセンチュアへの転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、大企業への面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートしてくれます。

どれも完全無料サービスで登録も無料なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)