日本マイクロソフトの評判/求人/転職難易度は?中途採用成功の秘訣! 

日本マイクロソフト(Microsoft)に転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、日本マイクロソフトへの転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、日本マイクロソフトへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本マイクロソフトの口コミ・評判は?

日本マイクロソフト 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高いのは「法令順守意識」と「待遇面の満足度」となっており、外資系らしく成果主義であることが分かります。

他には「風通しの良さ」と「社員の相互尊重」の満足度も高く、年齢層に関係なく仕事がしやすいと感じています。

しかし、「20代の成長環境」と「人材の長期育成」の評価は低いので、若手社員をイチから育てる教育や研修は少なく、即戦力が求められています。

月間の平均残業時間は43時間と平均的ですが、有給休暇消化率は57.6%となり、休暇は取りやすいようです。

日本マイクロソフトの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 外資系らしくオープンで風通しが良い職場環境
  • 働き方や仕事のペースは自由なので指示されることもなく、自分を律しながら仕事をやる
  • 完全フレックスタイムとリモート勤務も推奨されていて時間の使い方が自由
  • 外資系なので服装や休憩時間などは自由
  • ペーパーレス化が徹底されており社内がクリーン
  • 部門ごとの縦割り意識が高く、別の部署は企業が違う雰囲気
  • 実力主義のため優秀な従業員が多く、ついて行けない場合は辞める人もいる

日本マイクロソフトの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 業界のプラットフォームを担っている企業として従業員一人ひとりのモチベーションは高い
  • 基本的に本社からは残業はしない指示があるが、裁量性のため業務量が上回り残業が発生する部署もある
  • 外資系らしく自由でクールですが、日本の企業から転職したので飲み会などもなく、慣れるまでは冷たく感じた

日本マイクロソフトの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 実力主義なので、結果を出せば評価されて給与アップに繋がる。同業他社と比較しても高い
  • 目標を達成して上司や周囲からも認めてもらえれば給与もボーナスも上がっていく環境
  • 営業職は各担当の売上に連動するインセンティブがあるのでやる気次第で給与アップする
  • 職務レベルが上がればボーナスに占める株の割合が増えてプラスになる
  • ストックオプションでの持ち株付与あるが5年間在籍していないと全額はもらえない

日本マイクロソフトの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 在宅勤務を活用すれば家庭の両立がしやすく女性も活躍できる
  • 産休を取って復帰する人は少ないので今後の課題
  • 入社して2か月目以降は社内にあるマッサージルームにてマッサージ師によるマッサージが受けられる
  • フリードリンクが充実しておりコーヒーとチョコは無料は嬉しい

日本マイクロソフト(Microsoft)はどんな企業?

ここからは、日本マイクロソフトの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 日本マイクロソフト株式会社
本社所在地 東京都港区港南二丁目16番3号 品川グランドセントラルタワー
代表者 代表執行役社長 平野拓也
設立 1986年2月17日
資本金 5億円(2010年6月30日時点)
事業内容 コンピュータソフトウェアおよび関連製品の開発、営業、技術支援

事業内容

1986年に設立された日本マイクロソフト(Microsoft)は世界最大のソフトウェア会初会社「マイクロソフト」の日本法人です。

マイクロソフトの本社は米国ワシントン州に本社にあり、日本支社は営業・マーケティング・サポート等を担当しています。

主な事業内容は、Windowsシリーズを代表とするパソコン用OS、Microsoft Officeシリーズなどのソフトウェア製品の販売、マーケティング、サポートです。

日本マイクロソフトでは、大きく分けて以下の5つの事業を行っています。

  1. Windows&Windows Live部門…Windows製品全般、PCメーカーとの協力、Windows Liveを通じたオンラインソフトウェアとサービスの提供
  2. マイクロソフト ビジネス部門…マイクロソフト スイート、PC向けソフトウェア、サーバー、サービス、ソリューション、Microsoft Dynamicsの提供
  3. サーバー&ツール部門…Windows Server、SQL Server、などのサーバー製品の提供
  4. オンラインサービス部門…出版社や広告主向けサービスとしてのオンライン広告プラットフォーム、BeingやMNSポータルのサービス提供
  5. エンターテイメント&デバイス部門…X box360、Xbox Liveのビデオゲームシステム、モバイル、デバイスプラットフォームなどの提供

マイクロソフトは以上の5つのビジネス部門に分けて絶えず製品をアップデートし、サービス向上を図っています。

売上・業績

マイクロソフトの総売上高を見ると、2017年6月期のグローバル連結は9兆8945億円となり、2016年6月期の9兆3852億円よりも約5,000億円アップしています。

事業内容別に見ると、Windows & Windows Live 部門は387億7000万ドル(4兆2647億円)が多くを占めています。

近年のマイクロソフト社の業績好調の要因は、クラウドコンピューティングサービス「アジュール」とクラウド型業務ソフト「オフィス365」の需要が拡大が挙げられます。

「オフィス365」やオンライン業務管理ソフト「ダイナミクス365」の売上高が61%増加したことは、業績アップの要因と言えます。

従業員

日本マイクロソフト 従業員

マイクロソフト社のグロール従業員は12万4293名、日本支社の従業員は2150名です。(2017年7月1日現在)

平均年齢や平均勤続年数は公式サイトに記載がありませんでした。

社内の雰囲気は外資系企業らしく自由で風通しが良いですが、実力主義のため、結果を求められる点は厳しいです。

部門ごとの縦割りの意識は強く、本社との調整もあるので社内調整に時間がかかるのも特徴です。

日本マイクロソフトの平均月間残業時間は約40時間となっていて、同業他社の日本IBMやApple Japanと比較すると平均的な時間です。

完全フレックスタイム制やリモート勤務も導入されており、働き方は自分で自由に決めることができます。

海外の社員やビジネスと触れ合う機会も多いので、グローバルポジションへ転職したい方は検討する価値があります。

日本マイクロソフトの平均年収は700万〜900万円

日本マイクロソフト 平均 年収

日本マイクロソフトの平均年収は700万〜900万円です。

給与は年俸+インセンティブのため、職種や個人の能力により異なりますが、転職時の平均年収は600~900万円と予想されます。

インセンティブは常に目標を達成すれば下がることはないので安定性は高いです。

過去の経験や実績によっては、転職時に2,000万円からスタートする人もいるようです。

給与の他にも定期的なストックアワード制度(自社株式付与)もあるのが嬉しいメリット。

口コミのよると、社員の平均年収は平均年齢39歳でも930万円を超えています。

外資系を含む同業他社(グーグル合同会社やApple Japan合同会社)と比較しても高いと言えます。

日本マイクロソフトは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

日本マイクロソフト 中途 キャリア採用

日本マイクロソフト(Microsoft)は新卒よりも中途(キャリア)採用の人が大活躍している職場です。

外資系らしく即戦力を求めているので、実績や実力がある中途採用の人が働きやすい職場と言えます。

日本マイクロソフトの公式サイトには中途採用に求める人物像として、誠実さと正直さ、オープンで相手に敬意を払う、チャレンジ精神と情熱だとメッセージしています。

これから日本マイクロソフトの中途採用に応募する方は理想に近づけた職務経歴書や面接対策を行うことが大切です。

日本マイクロソフト(Microsoft)の採用情報

日本マイクロソフトの採用情報ページには事務系・技術系の専門職ポジションが募集されています。

他にも管理職が募集されることもあるので、気になる方はまめに採用情報をチェックしましょう。

日本マイクロソフトの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 大卒 基本年俸 570 万円 (月例給与 475,000 円)
大学院卒 基本年俸 590 万円 (月例給与 493,000 円)昇給    昇給年1 回
勤務時間 9:30〜17:30

フレックス制あり

休日/休暇 完全週休 2 日制、有給休暇は初年度 10 日、そのほかに夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、傷病休暇、ボランティア休暇、産前産後休暇、介護休業、ファミリーフレンドリー休業制度
待遇/福利厚生 各種社会保険完備、交通費全額支給、社員持株会、財形貯蓄、退職金制度、スポーツ クラブ法人会員、団体定期生命保険、入院給付金、障害時収入サポート保険

日本マイクロソフトの求人情報

日本マイクロソフトの公式サイトには求人情報が公開されています。

事務職ではコンサルティング業務、技術系では技術コンサルタント、サポートエンジニアの求人情報が見られました。

技術サポートエンジニアはトラブルシューティングの対応を任されるため、IT知識を持った顧客との問題解決能力が求められます。

日本マイクロソフトの転職難易度は?

日本マイクロソフト 転職 難易度

日本マイクロソフトの公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

日本マイクロソフトは新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とビジョンを持った人物像が求められています。

転職難易度は高くても、会社にどう貢献できるかを明確にして理想の人物に近づければ、採用される可能性は十分にあります。

そのためには、自力で転職活動するよりも、大企業への転職サポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

日本マイクロソフトに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

日本マイクロソフト 転職

日本マイクロソフト(Microsoft)に転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切なコツを掴んでいるので、適切なアドバイスがもらえます。

転職エージェント選びは豊富な転職コンテンツや幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、日本マイクロソフトへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本マイクロソフトのような大企業の非公開求人を多く保有しています。

大企業の求人は公式サイトに出すよりもエージェントに依頼して、有能な人材を探すことが多いです。

そのため、ハイキャリアや大企業、外資系の転職を希望する方は最大手の転職エージェント「リクルートエージェント」に登録しておいて損はありません。

転職エージェントは一人ひとりの人材を見極めて、企業の採用担当者に営業してくれることもあります。

リクルートエージェントに登録すれば、非公開求人を案内してもらえるだけでも有利と言えます。

②JACリクルートメント

「JACリクルートメント」はキャリアアップや外資系の転職サポートを特化した転職エージェントです。

「JACリクルートメント」の転職エージェントは今までの多くの大企業への転職を成功させた実績があります。

そのため、大企業の中途採用で聞かれる面接の質問や求められてあることを熟知しています。

職務経歴書や履歴書の添削や面接対策はもちろんのこと、転職情報の提供やきめ細かいサポートが特徴です。

③doda

doda

リクルートエージェントに次いでナンバー2の転職エージェント「doda」は豊富な非公開情報の案件を持ち、採用まで徹底サポートが魅力です。

個人で転職活動していると年収アップの交渉も大変ですが、dodaの転職エージェントは間に入って、値段交渉を代行してくれます。

これから本格的な転職活動をして、年収アップやキャリアアップを図りたいと考えている方はdodaを要チェックです。

日本マイクロソフトへの転職まとめ

まとめ

今回は、日本マイクロソフト(Microsoft)の転職情報についてまとめてご紹介しました。

難易度が高い大企業への転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、日本マイクロソフトの中途採用に適した面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートします。

今回ご紹介した転職エージェントはどれも完全無料サービスなので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)