P&Gの評判/求人/転職難易度は?中途採用を成功させる秘訣!

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)に転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、P&Gへの転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、P&Gへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

P&Gの口コミ・評判は?

P&G 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

全体的にどの項目も評価が高く、中でも「法令順守意識」と「20代の成長環境」は満点に近く、多くの従業員は将来性を感じています。

「風通しの良さ」と「待遇面の満足度」も高く、年齢に関係なく多くの社員は働きやすさを感じているようです。

低評価はほとんどありませんが、「人材の長期育成」は他の項目よりも低いため、外資系らしく即戦力が求められています。

月間の平均残業時間は41時間と平均的ですが、有給休暇消化率は62%となっており休暇は取りやすいことが分かります。

P&Gの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 社員の能力・士気は高く完全実力主義
  • 人間関係が良く会社の雰囲気は風通しが良い
  • 結果さえ出していれば働き方は自由。勤務時間等の制約はなし
  • 災害が起こったときは地域に生活に必要な製品を寄付するボランティア活動も誇り
  • 水や生活物資を支援して世界の健康、生活に役立っている
  • 社内のニュースレターと必須トレーニング等の案内は英語なので理解に時間がかかる

P&Gの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 20代のうちから責任のある仕事を任せられやりがいがある
  • グローバル単位で社員の成長に力を入れているところが魅力
  • P&Gは自己成長のための社内トレーニングが揃っている
  • 外資系企業なので部署の直属の上司との関係が大切
  • 持ち株会での奨励金が20%支給されるのが楽しみ

P&Gの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 成果主義なので結果を出すことで昇給スピードも早くなる
  • 同業他社と比較すると年収は高く満足している
  • 基本給よりも昇格での上がり幅が多いので実力次第で高収入も狙える
  • 医療費負担などの福利厚生はあるが住宅手当は別途支給はなし
  • 実力が発揮できなければ評価されず辞める社員もいる

P&Gの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • グローバル企業なので早くから女性の活躍を推進している
  • 産前産後休暇、生理休暇、母性健康管理休暇があり女性は働きやすい
  • 自宅で電話会議をする機会も多く家庭と両立しやすい
  • 多くの女性が重要な管理職に就いて活躍している

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)はどんな企業?

P&G 企業情報

出典:P&G

ここからは、P&Gの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 P&G Japan
本社所在地 兵庫県神戸市東灘区向洋町中1-17
代表者 代表取締役社長 スタニスラブ・ベセラ
設立 2006年
資本金 非公開
事業内容 日本における洗濯洗浄関連製品・紙製品・医薬部外品・化粧品・食品・ペットフード・小型家電製品などの研究開発・製造・販売・輸出入

事業内容

P&G

出典:P&G

1837年、アメリカに設立された世界最大の一般消費財メーカーP&G(プロクター・アンド・ギャンブル)の日本法人がP&Gジャパンです。

2006年に設立され、本社は兵庫県神戸市にあり、日常生活に必要な幅広い製品を生産・販売しています。

主な事業内容

  • ファブリック&ホームケア事業 (洗濯用洗剤、柔軟剤、洗濯関連製品)
  • ホームケア事業(台所用洗剤、エアケア製品、住居用洗剤・掃除用品、ホームケア関連)
  • ベビー、フェミニン&ファミリーケア事業 (乳幼児用紙おむつ、おしりふき)
  • フェミニンケア事業(生理用品)
  • ファミリーケア事業(ティッシュペーパー、トイレットペーパー)
  • ビューティ事業 (ヘアケア、シャンプー、コンディショナー、スタイリング剤)
  • グルーミング事業(男性用・女性用かみそり・替刃、シェービング剤、電気シェーバー、脱毛器)
  • オーラルケア事業(歯ブラシ、歯磨き粉)

代表的な人気ブランド

  • アリエール(洗濯用洗剤)
  • ファブリーズ(エアケア製品)
  • パンパース(紙おむつ)
  • パンテーン(シャンプー)
  • ブラウン(電機シェーバー)
  • SK-Ⅱ(化粧品)

P&Gは世界180カ国以上、48億人の世界中の人々に愛される製品を提供しているのが特徴です。

世界の中でもP&Gジャパンはアジアを代表する販売戦略拠点として位置づけられています。

企業理念は「世界中のお客様の暮らしをよりよいものにする」モットーに、消費者の真のニーズに応えるような商品づくりを目指しています。

売上・業績

P&G 売上 業績

2017年の純売上高はグローバルで651億ドル(7兆3563億円)となり、2016年6月期よりも15.4%アップしています。

事業内容別に見ると、最も高いのはファブリック&ホームケア事業の31.8%、次にベビー&ファミリーケア事業28.1%、ビューティ事業17.6%と続きます。

P&Gの業績好調の要因は2017年11月~2018年2月の「ヘアトリートメント・パック」購入個数が1位になったことが挙げられます。

P&G「パンテーン ディープリペアミルク 毛先まで傷んだ髪用 100ml」は大ヒット商品となり大きく売上に貢献しています。

多くの商品を企画・販売しているため、総売上も安定していると考えられます。

従業員

P&G 従業員

P&Gジャパンの従業員数は関連会社のピー・アンド・ジー株式会社、P&Gイノベーション合同会社を含めると3,946名です。(2017年12月時点)

女性管理職比率は34%と高めなので、多くの女性が活躍している職場だと分かります。

平均勤続年数は約15年と長めで定着率が良く、働きやすい環境にあると言えます。

会社の雰囲気は年功序列がなく、完全実力主義で風通しの良さが特徴です。

新卒でも中途採用でも年齢や性別に関係なく、自分の意見を発言できる働きやすさが魅力です。

外資系の成果主義が徹底されているので、結果を出していれば勤務時間等についても指示されることはありません。

P&Gジャパンに転職すると、自己管理がしっかりと出来るようになったという口コミも多く見られました。

社員全体の能力や士気は高いので、高い目標に向かってしっかりと成果を出せる人が多く集まっています。

P&Gはリーダー育成企業ランキングで世界1位に輝き、質の高い人材を育成する企業としても知られています。

外資系企業でありながら、社内の人材を自ら育成して昇進させる教育制度も充実しているのが特徴です。

P&Gの平均年収は550万〜800万円

P&G 平均年収

P&Gの平均年収は経験や実績、成績によって個人差がありますが、約550万〜800万円です。

転職時の平均年収は約550万~800万円となり、30代の平均年収は約750〜1,000万円です。

P&Gの年収は同業他社(ユニ・チャーム株式会社、小林製薬株式会社)と比べても平均的と言えます。

外資系ですが福利厚生が充実していて、傷病時の医療費負担などもあります。

任された業務に対して結果さえ出せば、しっかり評価されるのでモチベーションを保ちやすい口コミが多いです。

その一方でプレッシャーに疲れてしまう従業員も少なくないようです。

P&Gは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

P&G 中途 キャリア採用

P&Gは年齢に関わらず、多くの中途採用の人が活躍している職場です。

P&Gは社員に必要なスキルを習得する全社トレーニングやレベル・職種により異なる教育が充実しています。

自分で受けるトレーニングを選択して、勤務時間中に受けることができるのがメリット。

中途採用に求める理想の人物像は「自分の持てる能力を常に最大限に発揮してビジネスや組織を構築出来る人」と伝えています。

社内公用語は英語で行われるのでビジネスレベルの英語能力(TOEIC600~800点)が求められています。

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)の採用情報

P&G 採用情報

出典:P&G

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)の採用情報は公式サイトにて記載があります。

専門職の募集が多く、マーケティング、消費者市場戦略、アソシエートマネージャー、セールス(営業統括)、アカウントマネージャーなどの募集がありました。

P&Gでは多くの職種で中途採用を行っており、随時更新されるので、気になる方こまめにチェックをしましょう。

事務系、技術系のどちらも個人の実力を発揮しながらリーダーシップ能力もある人材が求められています。

P&Gの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 非公開

諸手当 外勤手当・資材管理手当(営業のみ)

賞与は年収に含む

勤務時間 フレックスタイム制
休日/休暇 土・日・国民の祝日、その他会社の定める休日(夏季、年末年始)、年休
待遇/福利厚生 各種社会保険(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)

P&Gの求人情報

P&G 求人情報

出典:P&G

P&Gの公式サイトには求人情報のページにある「既卒者採用」にて募集要項が記載されています。

主な職種はマーケティング、販売、人事、ITなどが挙げられます。

事務系は営業・広報・人事などの幅広い職種を中途採用していますが、マーケティングの職種はかなり細かく募集されています。

マーケティングのスキルがある方、経験や実績がある方はP&Gへ転職して年収アップするチャンスです。

技術系は生産設備の開発、原材料の調達から供給など幅広い職種が募集されています。

P&Gの転職難易度は?

P&G 転職 難易度

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)の公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

P&Gは業界でも新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とビジョンを持った人物像が求められています。

転職難易度は高くても、会社にどう貢献できるかを明確にして理想の人物に近づければ、採用される可能性は十分にあります。

そのためには、自力で転職活動するよりも、大企業への転職サポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

P&Gに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

P&G 転職

P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)に転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切なコツを掴んでいるので、適切なアドバイスがもらえます。

転職エージェント選びは豊富な転職コンテンツや幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、P&Gへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①ビズリーチ

ハイクラスの転職、外資系企業への転職に絞った転職を目指すなら「ビズリーチ」をチェック。

ビズリーチは管理職やハイクラスの転職に特化した転職サポートに定評があります。

転職サイトや転職エージェントサービスとも少し異なり、ヘッドハンターや企業の人事から直接スカウトを受けるスタイルとなります。

実力と実績がある人、専門職のスキルがある方はビズリーチに登録すると、自分にあった企業からスカウトが来るのでモチベーションも上がります。

高い年収を望むハイクラス転職をするなら登録しておきたいサイトです。

②JACリクルートメント

外資系転職を成功に近づけてくれる転職エージェントといえば「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントは外資系企業への転職に力を入れているので、グローバルな企業や海外勤務を希望している人にも向いています。

J専属のエージェントが付いて、採用されるまで書類の添削や面接対策など徹底的にサポートしてもらえます。

そして、コンサルタントの質が高くきめ細かいサポートをしてくれるのもおすすめポイント。

他の転職エージェントではハイキャリア案件が少なく満足できなかった方も納得できるサービスです。

③ランスタッド

ランスタッドはオランダ発の総合人材サービス会社です。

日本ではまだ知名度はありませんが、世界最大クラスのグローバルな求人情報を提供しているのがポイント。

営業担当がきめ細かなスタッフサポートに定評のある転職エージェントです。

サイトは業種や職種ごとに求人検索することができて利用しやすいと定評があります。

ランスタッドは日本国内に78の拠点を持つので地方へ転職する方、Uターン転職する方にもおすすめ。

転職エージェントは履歴書や職務経歴書などの添削や面接対策もサポートしてくれます。

P&Gへの転職まとめ

まとめ

今回は、P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)の転職情報についてまとめてご紹介しました。

難易度が高い大企業への転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、P&Gの中途採用に適した面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートします。

今回ご紹介した転職エージェントはどれも完全無料サービスなので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)