ヤフー(Yahoo)の評判/求人/転職難易度は?中途採用を成功させる秘訣!

ヤフー(Yahoo)に転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、ヤフー(Yahoo)への転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、ヤフー(Yahoo)へ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ヤフー(Yahoo)の口コミ・評判は?

Yahoo ヤフー 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高い項目は「法令順守意識」と「風通しの良さ」となっており、働き方も自由で縛られない風土があります。

気になるのは「人材の長期育成」と「待遇面の満足度」は平均以下の低評価となっており、新人をイチから教育したり研修制度は期待できないと答えています。

月間の平均残業時間は24時間となり、他のIT企業よりも少なく、有給休暇消化率は74%と休暇は取りやすいようです。

ヤフー(Yahoo)の「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 従業員はインターネット最先端企業に勤めている誇りがある
  • 外資系IT企業のような典型的な厳しい成果主義ではなく温かみもある
  • 以前は縦割り意識が強かったが近年は組織変更で改善されてきた
  • 有給やまとまった休みが取りやすくワークライフバランスは良い企業
  • 平均年齢も若く比較的自由な雰囲気が魅力
  • ニュース、天気、路線、知恵袋、オークションなど日常的に利用するインターネットサービスの先駆け

ヤフー(Yahoo)の「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 20代でも大規模で様々な仕事に携われるので仕事にやりがいがある
  • インターネット企業の代表格として競合他社を意識しながら消費者にとって様々な価値を提供している
  • 自由な社風だが日本企業のように丁寧に新人や若手を育てる風土はない
  • 四半期ごとの評価で昇給が決定するのでチームワークも大切

ヤフー(Yahoo)の「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • IT企業らしく在宅勤務などワークライフバランスを取りやすく給与も満足している
  • 仕事量と責任の重さを考慮するとエンジニアは給与は見合わない
  • 給与水準は良い方だが福利厚生など各種手当が少ない
  • IT健保で提供される福利厚生のみのため大手他社に比べて選択の範囲は少ない

ヤフー(Yahoo)の「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 制度・風土が良く女性が長く働きやすい
  • 女性の出産・育児だけでなく、男性の育児への参加にも協力的
  • 子育て優先で毎週決まった曜日にフレックス退勤する男性社員もいる

ヤフー(Yahoo)はどんな企業?

ここからは、ヤフー(Yahoo)の「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 ヤフー株式会社

Yahoo Japan Corporation

本社所在地 〒102-8282
東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
代表者 代表取締役社長 宮坂 学
設立 1996年1月31日
資本金 99億8,709万円(2017年第3四半期)
事業内容 ポータルサイト運営、インターネット広告、ブロードバンド関連事業他

事業内容

ヤフー株式会社は、月間725億PVを誇る日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」を運営する会社です。

ヤフー株式会社は米Yahoo!の日本法人ですが、親会社はソフトバンクグループ株式会社、ソフトバンクグループの連結子会社でもあります。

ヤフー株式会社はインターネット広告、検索、オークション、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピングなど100以上のインターネット関連サービスを手掛けています。

近年の業績も好調で、20期連続増収という大記録を出しています。

主な事業内容

  • コマース事業…「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」「Yahoo!トラベル」などのeコマース関連サービス、「Yahoo!プレミアム」「Yahoo! BB」などの会員向けサービス
  • ヤフオク!
  • Yahoo!ショッピング
  • 月額有料会員サービスYahoo!プレミアム
  • 決済金融(クレジットカード関連事業、FX関連事業、決済関連事業)
  • メディア事業…「Yahoo! JAPAN」「Yahoo!ニュース」
  • 検索連動型広告「スポンサードサーチ」
  • ディスプレイ広告

外資IT企業ですが、日本支社の事業は国内向け事業がほとんどで、縦割り感も強くなく、働きやすい風土があります。

売上・業績

Yahoo ヤフー 売上 業績

2018年3月期第3四半期決算によれば、コマース事業の売上高は前年同期比5.1%アップして4,379億円です。

コマース事業の売上は増加の要因は「Yahoo!ショッピング」における広告売上が好調であったこと。

そして、前連結会計年度にイーブックイニシアティブジャパンを連結子会社化したことが挙げられます。

eコマース国内流通総額は前年同期比で14.8%アップの1兆5692億円となりました。

「Yahoo!ショッピング」は顧客数が新規・既存ともに大幅に増加しています。

ソフトバンクのスマートフォンユーザーへのTポイント還元施策により「Yahoo!プレミアム」会員による取扱高の増加が影響しています。

従業員

Yahoo ヤフー 従業員

ヤフージャパンの従業員数は5,826人、平均年齢は36歳となり、20代後半から30代の若い従業員が多くを占めています。

平均勤続年数は6年ですが、従業員が若いため定着率は良いと予想されます。

従業員はインターネットのトップ企業として誇りを持っている人が集まっています。

典型的なバリバリの外資系企業ではなく日本企業らしい温かさもあり、風土も強く志気の高い社員が多いです。

以前は縦割り感が強かったのですが、近年は組織改善されて部署ごとの連帯感もあるようです。

外資の自由さと日系企業の保守的な面がバランス良く整った企業と言えますね。

中途社員が多く新人や新卒をイチから教育する制度は少なく即戦力が求められています。

ヤフー(Yahoo)の平均年収は450万〜800万円

Yahoo ヤフー 平均年収

ヤフー(Yahoo)は成果主義を取っているため、平均年収は実績や経験、成績により個人差があります。

転職時の平均年収は450万円〜800万円となり、30代では平均800万円までアップします。

ヤフーの平均年収は同業他社の楽天株式会社、アマゾンジャパン合同会社、Apple Japan合同会社などと比較すると平均的もしくは若干高めです。

従業員の平均年齢が若いことを考えると、30代でも高収入を狙いやすいと言えます。

ヤフージャパンは給与だけでなく、社員の働きやすさに力を入れております、独自の有給休暇制度もあります。

他の外資系のIT業界と比べるとプライベートとのバランスを取りやすい職場環境です。

ヤフー(Yahoo)は中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

Yahoo ヤフー 中途 キャリア採用

ヤフー(Yahoo)は新卒だけでなく、随時中途採用も積極的に採用しています。

正確な中途社員比率は分かりませんが、口コミによれば、従業員のほとんどは中途社員で占められているとあります。

そのため、ヤフージャパンは事務系・技術系ともに多くの中途社員が活躍してると分かります。

ヤフー(Yahoo)の採用情報

ヤフージャパンの公式サイトの採用情報には多くの職種を募集しています。

事務系職種では正社員よりも契約社員が多いですが、技術系では多くの職種で中途採用が見られます。

ヤフージャパンは中途採用を2種類に分けているのが特徴です。

キャリア採用は年齢を問わず経験を活かして働きたい方が対象ですが、ポテンシャル採用は応募時30歳以下に限定されています。

ポテンシャル採用は新卒と同様にエンジニア、デザイナー、ビジネスなど様々な職種に応募できます。

ヤフー(Yahoo)の勤務条件

雇用形態 正社員
給与 職務をベースに経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇
勤務時間 フレックスタイム制(コアタイム10:00~15:00)
標準労働時間7時間45分
※部署によりシフト勤務あり
休日/休暇 完全週休2日制、国民の祝日、年末年始(12月29日から1月4日まで)有給休暇、特別有給休暇(慶弔、マタニティー、子の看護、介護、ボランティアなど)
待遇/福利厚生 社会保険(健康保険、厚生年金、雇用、労災)、確定拠出年金制度、総合福祉団体定期保険、長期所得補償制度、財形貯蓄制度、株式累積投資制度、脳ドック・心臓ドック・乳がん検診費用補助、Yahoo! BB利用補助制度、社内マッサージ室、社内クラブなど

ヤフー(Yahoo)の求人情報

ヤフージャパンは公式サイトにて事務系と技術系の求人情報を詳しく掲載しています。

事務系職種は契約社員の募集が多いですが、技術職はエンジニア、スマホアプリ開発・ビッグデータ・プラットフォーム開発などの正社員募集が多く見られます。

どれも日本のトップIT企業として、最先端の開発業務に携われるチャンスと言えます。

30歳以下の場合はポテンシャル採用に該当して、新卒と同様にデザイナー、エンジニア、ビジネスコースに応募することができます。

ヤフー(Yahoo)の転職難易度は?

Yahoo ヤフー 転職 難易度

ヤフー(Yahoo)の公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

ヤフー(Yahoo)は業界でも新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とビジョンを持った人物像が求められています。

転職難易度は高くても、会社にどう貢献できるかを明確にして理想の人物に近づければ、採用される可能性は十分にあります。

そのためには、自力で転職活動するよりも、大企業への転職サポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

ヤフー(Yahoo)に転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

ヤフー Yahoo 転職

ヤフー(Yahoo)に転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切なコツを掴んでいるので、適切なアドバイスがもらえます。

転職エージェント選びは豊富な転職コンテンツや幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、ヤフー(Yahoo)への転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①ビズリーチ

「ビズリーチ」は管理職、専門職、グローバル企業などハイキャリア向けの転職サイトです。

2007年に創業されたばかりのベンチャー企業ですが他の転職サイトとは全く違ったサポート体制で注目を集めています。

登録は無料ですが、無料のスタンダードプランの他に月額2980円からの有料サービスがあるのが特徴。

ビズリーチに登録すると大企業からのスカウトがダイレクトに来たり、ヘッドハンターが転職をサポートが受けられます。

スカウトの状況のより自分の転職市場における市場価値が分かるので、それだけでも非常に役立つと言えます。

ビズリーチには1400名を超えるヘッドハンターが常駐しているので、効率良くキャリアアップ転職をしたい方は活用しましょう。

②JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は、専属の転職コンサルタントです。

リクルート社などの大手転職サイトは転職サイトと転職エージェントを併用するスタイルです。

JACリクルートメントは、エージェント特化スタイルをとっており、サポート体制の質の高さに定評があります。

外資系企業の案件が強いイメージがありますが、国内の技術系専門職の案件も多く保有しています。

特にハイキャリアの技術専門職求人が多く、ソフトウェア開発技術者、栄養士や介護福福祉士など幅広く対応しています。

経験と実績かあり、キャリアに自信がある方が有利な条件で転職するなら、JACリクルートメントはマストです。

③リクルートエージェント

株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントサービス「リクルートエージェント」は国内最大級の求人数が特徴です。

求人数はもちろん、職種、年齢層にかかわらず幅広い求人案件と転職支援サービスの質の高さが魅力。

日本全国の各地域における求人をカバーしているので地方での転職やUターン転職を希望する方にも向いています。

転職エージェントは面談調整や給与アップの代行なども行ってくれるため、効率的に転職活動を進めることができます。

ヤフー(Yahoo)への転職まとめ

まとめ

今回は、ヤフー(Yahoo)の転職情報についてまとめてご紹介しました。

難易度が高い大企業への転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、ヤフー(Yahoo)の中途採用に適した面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートします。

今回ご紹介した転職エージェントはどれも完全無料サービスなので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)