日本コカ・コーラの評判/求人/転職難易度は?中途採用成功の秘訣!

日本コカ・コーラに転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、日本コカ・コーラへの転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、日本コカ・コーラへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

日本コカ・コーラの口コミ・評判は?

日本コカ・コーラ 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高い項目は「法令順守意識」と「待遇面の満足度」となり、多くの従業員は結果を出せば適切に評価してもらえると感じています。

気になるのは「20代の成長環境」と「人事評価の適正感」は3点以下の低評価であることです。

教育や研修制度は期待できないと感じる従業員が多いです。

月間の平均残業時間は36時間と平均的であり、有給休暇消化率は66%となり、休暇は取りやすく、ライフスタイルのバランス良く働くことができます。

日本コカ・コーラの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 海外出張などの機会にも恵まれていておりグローバル企業に勤めたい方は知名度があり適している
  • 勤続5年毎に1-2週間の休暇が取れるので外資系の中でもまとまった休みが取りやすいのがメリット
  • 毎年20日間は2年間有効の有給休暇が発生するのでライフスタイルのバランスが取りやすい
  • 各種トレーニングは会社補助で受けられるので中途入社しても心配はない

日本コカ・コーラの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 外資系なので営業職は個人の裁量がありますが、実力次第で昇進もしやすい
  • やる気次第で実績と経験がなくても直ぐにマネジャーに登用される中途社員も見られる
  • 毎月直属の上司と一対一で面談があり、自分の目標進やキャリアについて評価されます

日本コカ・コーラの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 優秀な中途入社の人は実力とやる気次第で高収入を狙える
  • 忙しい部署は家に持ち帰って週末に対応したり、米国本社との電話会議を深夜・早朝にして割に合わない
  • 暇な部署は定時上がりで残業はなく、忙しい部署との給与に差がある

日本コカ・コーラの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 女性のリーダーを増やす取り組みがあるので女性の中途社員が多くなった
  • 1週間の連続休暇取得促進が行われることがあり休みを取りやすく女性も働きやすい
  • 部署・時期によっては夜遅くまで仕事しなければならないことがあり家庭との両立は厳しい

日本コカ・コーラはどんな企業?

ここからは、日本コカ・コーラの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社

(COCA-COLA BOTTLERS JAPAN INC.)

2018年1月1日 コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社に商号変更

本社所在地 東京都港区赤坂九丁目7番1号ミッドタウン・タワー
代表者 代表取締役社長 吉松 民雄
設立 2001年(平成13年)6月29日
資本金 1億円
事業内容 清涼飲料水の製造、加工および販売

事業内容

「コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社」はアメリカに本拠を置くザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人です。

日本コカ・コーラの主な事業内容は、飲料の供給と製品の企画開発及び広告などのマーケティング活動です。

日本コカ・コーラは炭酸飲料を始め、スポーツ飲料、コーヒー飲料など50以上のブランドを持ち、全部で800以上の製品を展開しています。

日本のコカ・コーラグループ全体の出荷量は、日本国内の清涼飲料業界ではシェア1位です。

2位のサントリーフーズ(サントリー食品インターナショナル)の約2倍も引き離しています。

日本コカ・コーラは1都2府35県を販売エリアとしており、日本のコカ・コーラシステムの約9割の販売量を担います。

日本コカ・コーラは製品開発・宣伝・マーケティング、原液の製造等を行い、製品の製造販売はフランチャイズ契約をしたボトラー各社が担当しています。

そして、コカ・コーラ社は最も歴史あるオリンピック競技大会のスポンサー企業としても有名です。

東京2020オリンピックでもトップのスポンサーシップとしてワールドワイドオリンピックパートナーを務めます。

売上・業績

日本コカ・コーラ

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの2017年12月期連結決算によれば、売上高は前期89.5%増の8726億2300万円となりました。

経常利益は93.5%増の398億5900万円、最終利益は4.8倍の252億4400万円となり、業績は好調です。

近年の業績アップの要因は、新製品を投入や品揃えの強化による売上アップ、製造コスト削減の積極的な取り組みが挙げられます。

コカ・コーラウエストを存続会社としてコカ・コーライーストジャパンと経営統合したことも増収増益に繋がったと考えられます。

従業員

日本コカ・コーラ 従業員

日本コカ・コーラの従業員数はグループ全体では8355人、単体では4204人です。(平成27年12月)

平均年齢は42歳、平均勤続年数は18年となり、外資系企業としては幅広い年齢層の従業員が在籍しています。

日本コカ・コーラの従業員は爽やかなコカ・コーラのように明るくリーダーシップがあり、行動力のある人材が多いです。

日本コカ・コーラの規定にはリーダーシップを発揮するための行動規範(leadership behavior)という項目が重要視されています。

新卒でも中途採用でも採用時にはリーダーシップがあるかどうかは大変な判断材料とされています。

日本コカ・コーラはスーパーフレックスタイム制度を導入しており、週2回までの在宅勤務も可能です。

そのため、家庭と両立しやすくフレキシブルに働くことができる職場環境が整っています。

日本コカ・コーラの平均年収は650万〜1,000万円

日本コカ・コーラ 平均年収

日本コカ・コーラは成果主義を取っているため、平均年収は実績や経験、成績により個人差があります。

日本コカ・コーラの平均年収は役職や年齢によって幅広く、平均年収は650~1,000万円です。

外資系ということもあり、同業の日本企業と比べると給与水準は高いです。

中途採用の場合は前職の給与が査定の基準になるため、転職エージェントと対策をして有利に入社できるように準備をしましょう。

日本コカ・コーラは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

日本コカ・コーラ 中途 キャリア採用

日本コカ・コーラは新卒だけでなく、随時中途採用も積極的に採用しています。

公式サイトには中途採用の比率や採用人数の記載はありませんでした。

口コミによれば、ほとんどが中途採用というほど中途入社が多くを占めています。

中途採用は経験と実績、そしてヤル気とリーダーシップがあれば、他業界からでも活躍する場が与えられます。

コカ・コーラ製品が好きで企業理念に共感できる方、新しい分野で活躍したい方は、日本コカ・コーラへ転職を検討する価値はあると言えます。

日本コカ・コーラの採用情報

日本コカ・コーラでは公式サイトにて多くの業種の採用情報を掲載しています。

募集要項は職種によって異なり更新されるため、詳しくは公式サイトを随時チェックしましょう。

日本コカ・コーラの募集職種

  • コカ・コーラブランド飲料の製造と品質管理、メンテナンス
  • マスタデータ管理
  • 調達企画課、プロジェクトマネジャー、プロジェクトアシスタント
  • ビッグデータ、アナリティクス課
  • イノベーションテクノロジーリーダー
  • サイバーセキュリティ&データリーダー

日本コカ・コーラは「2020 Vision」という長期成長戦略を打ち出して、「価値を生み出し前向きな変化をもたらすこと」という企業の使命を掲げています。

転職活動は企業理念やテーマを意識した書類作成や面接対策が重要です。

日本コカ・コーラの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 職務をベースに経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇
勤務時間 9:00 – 17:15 (標準労働時間7時間15分)
スーパーフレックスタイム制度。在宅勤務(週2回まで)
休日/休暇 完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(5日)、年次有給休暇(年間20日)、私傷病休暇(有給・無給)、リフレッシュ休暇 等
待遇/福利厚生 社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)退職給付制度(確定拠出年金、退職一時金)ほか

日本コカ・コーラの求人情報

日本コカ・コーラの求人情報は公式サイトにて随時更新されているので気になる方はチェックしましょう。

コカ・コーラは世界一の飲料メーカーであり、入社すれば有名ブランド製品の企画開発に携わることができます。

世界的に知名度があり、社会活動も認められている企業へ転職することは誇りであり、仕事に対してやりがいも生まれるでしょう。

日本コカ・コーラは一人ひとりに責任のある業務が任されるため、採用の基準は高いと言えます。

日本コカ・コーラの転職難易度は?

日本コカ・コーラ 転職 難易度

日本コカ・コーラの公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

日本コカ・コーラは新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とビジョンを持った人物像が求められています。

会社にどう貢献できるかを明確にして理想の人物に近づければ、採用される可能性は十分にあります。

自力で転職活動するよりも、大企業への転職サポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

日本コカ・コーラに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

日本コカ・コーラ 転職

日本コカ・コーラに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切なコツを掴んでいるので、適切なアドバイスがもらえます。

転職エージェント選びは豊富な転職コンテンツや幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、日本コカ・コーラへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①ビズリーチ

「ビズリーチ」は企業の採用担当者やヘッドハンターからスカウトが届くスカウト制度の転職サイトです。

外資系企業、ハイキャリア、エグゼクティブ向けの転職サポートに注力しているのが特徴です。

登録の際には職務経歴書や履歴書、面接などを行い、国内外の優秀なヘッドハンターによるスカウトが行われます。

一般的な転職サイトでは満足のいく案件が見つからなかった方、転職エージェントに上手く伝わらなかった方は、「ビズリーチ」に登録してみてはいかがでしょうか。

②JACリクルートメント

「JACリクルートメント」は元はイギリスの人材会社による転職エージェントです。

外資系企業、グローバル企業などのハイクラス転職を中心にサポートしており、年収1,000万円以上の案件を多く保有しています。

「JACリクルートメント」は転職希望者と的確にマッチしたキメの細かいコンサルティングに定評があります。

そのため、「JACリクルートメント」が関わった転職者の離職率は低く、企業側からの評価も高いのが特徴です。

ハイキャリアに特化した転職活動を始める方は「JACリクルートメント」に登録することをおすすめします。

③リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は国内最大級の求人数15万件以上を誇る転職エージェントです。

現在、ナンバー2のdodaが保有する求人数8万件と比較すると2倍近く差があり、ダントツの最大手と言えます。

やはり、求人数の多さは有利な転職をする上で大切ですから上手に活用すべきです。

「リクルートエージェント」は大都市に限らず、地方のIT業界や製造メーカーの求人も多く見られます。

大手企業や東証一部上場企業からの求人が多くありますが、その多くは非公開求人となっています。

まずは、「リクルートエージェント」に早めに登録して自分に合った最新の求人をチェックしましょう。

日本コカ・コーラへの転職まとめ

まとめ

今回は、日本コカ・コーラの転職情報についてまとめてご紹介しました。

難易度が高い大企業への転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、日本コカ・コーラの中途採用に適した面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートします。

今回ご紹介した転職エージェントはどれも完全無料サービスなので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)