スターバックスコーヒージャパンの評判/求人/転職難易度は?中途採用の秘訣!

スターバックスコーヒージャパンに転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、スターバックスコーヒージャパンへの転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、スターバックスコーヒージャパンへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

スターバックスコーヒージャパンの口コミ・評判は?

スターバックスコーヒージャパン 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高い項目は「法令順守意識」と「社員の相互尊重」となり、風通しがよく自由な風土があると感じています。

評価が低いのは「待遇面の満足度」と「人材の長期育成」となっており、外資系らしく新人を教育する制度や研修は少ないようです。

月間の平均残業時間は22時間と少なく、有給休暇消化率は50%と高いので、ライフバランスが取りやすく働きやすい職場環境と言えます。

スターバックスコーヒージャパンの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 従業員はスターバックス愛が強く仕事のやりがいや成長を感じている人が多い
  • 若い従業員が多く明るくて活気があり自由な社風
  • 人間関係が比較的良好でオープンに付き合うことができる
  • 本社も店舗も中途採用者が多く活躍している
  • エコのリーダーシップというスローガンを掲げており社会貢献アピールが強い
  • 勤務中のフリードリンクは嬉しい

スターバックスコーヒージャパンの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 店舗勤務はお客さんが喜んでもらえるのでやりがいを実感しやすくモチベーションも維持しやすい
  • コーヒーの香り、酸味、コク、風味レシピの勉強などに詳しくなった
  • コーヒーの知識を自分たちで勉強してお客様にクイックコーヒーセミナーで伝えている
  • 社員同士の仲が良く高い使命感を持って働いている人が多い

スターバックスコーヒージャパンの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 飲食業の外資系なので給与は正直イマイチ
  • 福利厚生は少なく住宅補助は転勤直後の数年だけ

スターバックスコーヒージャパンの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 本社は家庭と両立している女性が多くサポートもあり女性も働きやすい
  • 産後復帰後は子守りのために土日祝休みも可能なのが助かる
  • 店舗はシフト制で土日祝が出勤の事が多いため、小さい子供がいる女性が長く働くのは大変
  • 店舗はシフト制で早番遅番・土日勤務もあるため育児との両立は難しい

スターバックスコーヒージャパンはどんな企業?

スターバックスコーヒージャパン 企業情報

ここからは、スターバックスコーヒージャパンの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
本社所在地 〒141-0021
東京都品川区上大崎二丁目25番2号 新目黒東急ビル
代表者 代表取締役最高経営責任者(CEO)
水口 貴文
設立 1995年(平成7年)10月
資本金 135億8114万円 (2016年6月30日)
事業内容 コーヒーストアの経営

コーヒー及び関連商品の販売

事業内容

スターバックスコーヒージャパン 事業内容

1971年米国シアトルで誕生した1号店「スターバックス」の日本支社として1995年「スターバックス コーヒー ジャパン」が設立されました。

1996年に東京・銀座に1号店がオープンし、現在は国内で1,000を超える店舗数に達している日本最大のコーヒーチェーンです。

2014年からは米スターバックスの100%子会社となっています。

主な事業内容はコーヒーストアの経営、コーヒー及び関連商品がメインです。

全国展開しているスターバックスは店舗ごとにコーヒーセミナーを行い、地域に根ざした店舗運営を行っています。

オシャレで雰囲気の良い店内とカスタマイズできるオーダースタイルが人気となり、カフェ業界の中でも不動の地位を確立しています。

その他にもフード、ドリンク、デザート、コーヒーグッズの関連商品、コンビニ等で販売されるコーヒーなどの販売も行っています。

その国に合わせたドリンクやフードメニューを揃えているのが特徴で、地域の名前が入った限定マグカップやタンブラーはコレクターがいる程人気です。

売上・業績

スターバックスコーヒージャパン 売上 業績

スターバックスジャパンの近年の売上・業績は2016年10月~2017年9月期決算は、売上高1709億円(前期比6.4%増)と増収しています。

純利益は86億円(前期比11.9%増)と過去最高を更新しています。

店舗数は直営店が1218店、空港やサービスエリアなど特殊立地向けのライセンス店を含めると1304店に達しています。(2016年末)。

スターバックスの業績好調の要因は主力商品であるフラペチーノの売れ行きが未だ順調であること。

1店舗当たりの売上高は年間約1.4億円となり、同業他社のドトールコーヒーやコメダ珈琲を倍以上の差をつけています。

そして、スターバックスジャパンは今後の日本国内での出店計画について、2020年に1500店という計画を発表しています。

今後も全国的に店舗数が拡大して業績も上がる見込みです。

従業員

スターバックスコーヒージャパン 従業員

スターバックスジャパンの従業員数は3,788人です。

従業員の平均年齢と平均勤務年数や女性社員の比率は公式サイトに記載がありませんでした。

従業員の口コミによれば、従業員は20代後半から30代が多く、明るくて自由な雰囲気があると答えています。

風通しは良く、職場の士気も高く、仕事のやりがいや成長を実感している従業員が多いようです。

外資系の飲食業のため、外資系の他業界と比較すると給与面での不満は見られましたが、それ以外の項目では満足度は高めです。

同業のタリーズやドトールコーヒーなどと比べると待遇の良さに満足しているようです。

平均残業時間は20時間程度ですが、店舗勤務の場合は土日祝に出勤となることが多いため、家庭との両立は難しいと答えています。

スターバックスコーヒージャパンの平均年収は470万〜780万円

スターバックスコーヒージャパン 平均年収

スターバックスコーヒージャパンの平均年収は実績や経験、成績により個人差があります。

スターバックスコーヒージャパンの平均年収は20代で470万円、30代で780万円までアップします。

店舗勤務の場合は、ストアマネジャーは平均年収500万円、エリアマネージャークラスは700万円となります。

スターバックスの平均年収は同業他社のタリーズコーヒーやドトールコーヒーと比べると高めの水準です。

ただし、外資系企業の年俸制のため、本社勤務の場合はみなし残業もあり、給与面での不満の声も多く見られました。

日本企業の飲食業のように福利厚生は少なく住宅補助は入社後数年だけです。

勤務中のフリードリンクや週1回のコーヒー豆100g無料配布、社割サービスは定評です。

スターバックスコーヒージャパンは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

スターバックスコーヒージャパン 中途 キャリア採用

スターバックスコーヒージャパンは新卒だけでなく、随時中途採用も積極的に採用しています。

公式サイトの中途採用ページでは「自分とスターバックスの成長に未来志向でチャレンジできる方」を理想の人物像としています。

夢や目標を実現する意欲や情熱と行動力に溢れる人を求めていますので、転職を希望する方は意識することが大切です。

スターバックスコーヒージャパンの採用情報

スターバックスの公式サイトには採用情報のページにて職種を募集しています。

採用情報は随時更新されるので、気になる方は定期的に公式サイトを確認しましょう。

現在は、店舗勤務の他にもマーケティングや人事など本社の様々な職種で募集されています。

採用情報・職種

  • グリーンエプロンアンバサダー(店舗)
  • グリーンエプロンエキスパート(店舗)
  • 事務系(サポートセンター本部)…営業、事業開発、マーケティング、サプライチェーン、経理・財務、管理、人事、経営企画、広報
  • 技術系(サポートセンター本部)…店舗開発、 商品、IT、デジタル戦略

スターバックスコーヒージャパンの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 月給 208,000円
※大学院卒、大学卒、短大卒、専門卒、高専卒問わず昇給 年1回、賞与 固定賞与 年2回(7月・12月)
勤務時間 フレックスタイム制(標準勤務時間は10:00~18:30)
休日/休暇 公休 10日/月(2月のみ9日) 年間休日119日
有給休暇(入社時10日付与) 、特別休暇(私傷病休暇・慶弔休暇等)・産前産後休暇・育児休暇・介護休暇 
待遇/福利厚生 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、確定拠出年金、財形貯蓄、転勤社員借上社宅制度、CUPファンド(相互扶助制度)、パートナー割引、パートナードリンク、週1回コーヒー豆100g支給、ベネフィットステーション(福利厚生プログラム)

スターバックスコーヒージャパンの求人情報

スターバックスコーヒージャパンの公式サイトでは求人情報のページに中途採用の項目が掲載されています。

本社の事務系の職種は商品企画、プロモーション、営業企画、経理財務、技術系はIT、デジタルマーケティング、店舗開発などの求人があります。

職種により経験やスキルが求められますが、スターバックスは他業界からの転職も多いので、異業界でチャレンジしたい方はチャンスです。

スターバックスコーヒージャパンの転職難易度は?

スターバックスコーヒー 転職 難易度

スターバックスコーヒージャパンの公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

スターバックスコーヒージャパンは新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とビジョンを持った人物像が求められています。

転職難易度は高くても、会社にどう貢献できるかを明確にして理想の人物に近づければ、採用される可能性は十分にあります。

そのためには、自力で転職活動するよりも、大企業への転職サポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

スターバックスコーヒージャパンに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

スターバックスコーヒー 転職

スターバックスコーヒージャパンに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切なコツを掴んでいるので、適切なアドバイスがもらえます。

転職エージェント選びは豊富な転職コンテンツや幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、スターバックスコーヒージャパンへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①ビズリーチ

管理職クラスのハイキャリア転職や外資系企業の転職に特化した「ビズリーチ」は高いキャリアを目指す方におすすめ。

多くのグローバル企業への転職成功をサポートした実績があります。

求人数は随時4万件以上を保有しており、優良企業の非公開求人も豊富に揃います。

ビズリーチは会員登録の際に「スタンダード」(無料)または「プレミアム」(月額2,980円から)を選びます。

プレミアムを選ぶと非公開案件を閲覧できるだけでなく、ヘッドハンターのよるスカウトやきめ細かい専門エージェントによるサポートを受けられます。

有利な条件で転職活動したい方、キャリアアップしたい方は有料プラン「プレミアム」がおすすめ。

②JACリクルートメント

外資系企業への転職に強い転職エージェントといえば「JACリクルートメント」がベストです。

JACリクルートメントは転職エージェント型のサービスに特化しているので、きめ細かいサポートを受けることができます。

特に外資系企業、IT・通信業、機械系・メーカーの案件に強く、エージェントの営業力の高さにも定評があります。

職種では営業職や管理部門・管理職、技術・開発系(エンジニア)の専門職に詳しいエージェントが揃っているので、スムーズな転職活動をサポートします。

③リクルートエージェント

国内最大手の「リクルートエージェント」は全国規模の幅広い案件を多く保有しているのがメリット。

とくにかく案件の種類が豊富で、業界や職種、エリアや年齢層に関わらず、どんな条件でもベストな案件が見つかります。

企業に対しての営業力も高く、面接の際に給与アップの交渉代行など、頼りになるサポート体制が魅力です。

スターバックスコーヒージャパンへの転職まとめ

まとめ

今回は、スターバックスコーヒージャパンの転職情報についてまとめてご紹介しました。

難易度が高い大企業への転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、スターバックスコーヒージャパンの中途採用に適した面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートします。

今回ご紹介した転職エージェントはどれも完全無料サービスなので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)