ファーストリテイリングの評判/求人/転職難易度は?中途採用の秘訣!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

ファーストリテイリングに転職したい方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミや転職成功のコツをまとめています。

これを最後まで読めば、ファーストリテイリングへの転職成功に必要な知識をまとめて得ることができます。

これから本格的に転職活動して、ファーストリテイリングへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ファーストリテイリングの口コミ・評判は?

ファーストリテイリング 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高い項目は「20代の成長環境」と「法令順守意識」となり、20代から30代の若い年齢層の従業員が活躍しています。

気になるのは「人材の長期育成」と「待遇面の満足度」は平均より評価が低く、即戦力のある人材が求められています。

月間の平均残業時間は27時間と少なく、有給休暇消化率は54%と休暇は取りやすく、働きやすいと感じている従業員が多いです。

ファーストリテイリングの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • 小売業から始まった会社なので、現場にいる店長の意見は尊重されて風通しは良い
  • 社内の雰囲気は自由で風通しがよく、年齢にかかわらず自分の意見を主張できる
  • 本部スタッフ入社しても繁忙期は全員店舗業務をすることになる
  • オリーブ基金、障がい者雇用、東日本大震災時の衣料品支援など社会貢献活動は国内トップクラス

ファーストリテイリングの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • 20代からグローバルな大きなプロジェクトを任せられるのでやりがいがある
  • 研修等の機会は多く社員教育には熱心
  • グループのグローバル化が進んでいるため海外での仕事も多い
  • メリハリがあり時間内に結果を出す効率さが求められる
  • 成果主義のため結果を出せなければ降格もある

ファーストリテイリングの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 完全実力主義なので結果次第で20代でも年収1,000万円超えも多い
  • 転職すると前の企業での年俸がベースになり、退職金と企業年金はなし
  • 退職金は毎月積み立てる401kという制度

ファーストリテイリングの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 女性役員の比率を上げようとする活動がある
  • 朝から夜まで働けるので家庭やライフワークに合わせて勤務時間を調整できる

ファーストリテイリングはどんな企業?

ここからは、ファーストリテイリングの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 ファーストリテイリング株式会社
本社所在地 山口県山口市佐山717-1
代表者 代表取締役会長兼社長  柳井正
設立 1963年5月1日
資本金 102億7,395万円
事業内容 衣料品製造販売等子会社の経営管理、戦略統括

  • アパレル・服飾・雑貨・皮革製品
  • 専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)
  • 専門店(スポーツ用品)
  • その他専門店・小売

事業内容

ファーストリテイリング 事業内容

1963年、山口県で小郡商事株式会社としてスタートした「ファーストリテイリング」は「ユニクロ」「GU」などを傘下にもつアパレル企業グループです。

本社は山口県にあり、現在は海外展開も積極的に行っており、多くの衣料品ブランドをM&Aでグループ化しています。

世界19の国と地域でグローバルな展開をしており、世界1のアパレル製造小売業を目指しています。

主な事業内容

  • UNIQLO(ユニクロ)
  • GU(ジーユー)
  • Theory(セオリー)
  • HELMUT LANG(ヘルムート ラング)
  • PLST(プラステ)
  • 婦人服、紳士服等の企画・生産・販売

ファーストリテイリングは企画・生産・販売すべてを管理しているのが特徴です。

デジタルマーケティングにも注力しており、消費者が求める商品を速やかに商品化しています。

独自の物流ネットワークをもち、情報製造小売業へと業態を変革していくと宣言しています。

売上・業績

ファーストリテイリング 売上 業績

ファーストリテイリングの2018年8月期の連結業績は過去最高の業績を達成しました。

売上収益は2兆1,300億円、前期比14.4%アップ、営業利益は2,362億円です。

過去最高の業績を達成した要因は、海外ユニクロ事業、国内ユニクロ事業の増益が貢献したことが挙げられます。

国内ユニクロ事業は収益性の改善により営業利益は大幅な増益して、売上好調に繋がりました。

海外ユニクロ事業は売上収益が国内ユニクロを超えており、営業利益は国内ユニクロと同水準にまでアップ。

グローバル展開を強化している今後のファーストリテイリングの動向に注目です。

従業員

ファーストリテイリング 従業員

ファーストリテイリングの従業員数は44,424人、そのうち国内ユニクロ事業は13,046人、海外ユニクロ事業は23,191人です。(2017年)

従業員の平均年齢は37歳と若い従業員が占めており平均勤続年数は4年です。

社内の雰囲気は自由で風通しがよく、自己主張も歓迎される風土があります。

今では世界的な大企業に成長しましたが、元々は小売業なので、本部よりも現場にいる店長の意見が反映されやすいのもメリット。

ファーストリテイリングの平均残業時間は約20時間〜30時間程度となり、同業他社のオンワード樫山、三陽商会と比べると平均的です。

本社勤務の従業員はワークライフバランス推進があり19時に社内消灯されます。

しかし、年末年始、お盆などの繁忙期は社員は店舗に勤務することが多くなります。

ファーストリテイリングの平均年収は500万〜1000万円

ファーストリテイリング 平均 年収

ファーストリテイリングは完全成果主義を取っており、平均年収は実績や経験、成績により個人差があります。

ファーストリテイリングの平均年収は500万〜1000万円です。

賞与は業績により変動するので、成績が良いときは200万出ることもあり、従業員のモチベーションに繋がっています。

本社勤務の30代の平均年収は770万円となり、同業他社のオンワード樫山、三陽商会と比べると高めの年収だと言えます。

しかし、「退職金制度なし」や「一部の交通費の支給がない」など、福利厚生について不満を感じている従業員は多いようです。

ファーストリテイリングは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

ファーストリテイリング 中途 キャリア採用

ファーストリテイリングは新卒だけでなく、随時中途採用も積極的に採用しています。

他業界からの事務職、技術職の中途社員も活躍の場が与えられています。

今までの実績や経験に自信がある方は、ファーストリテイリングで高収入アップするチャンスがあります。

成果主義のアパレル業界への転職先をお探しの方はファーストリテイリングを検討する価値があります。

ファーストリテイリングの採用情報

ファーストリテイリングは公式サイトの採用情報のページにて募集内容をを公開しています。

随時、採用情報は更新されるので気になる方は定期的に確認しましょう。

中途採用は事務系、技術系の専門職が多く、海外勤務の募集も見られます。

デジタル化を重要視しているため、IT関連職の専門職を積極的に募集しています。

ファーストリテイリングの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 前職の実績や経験により決定
勤務時間 実動8時間、休憩1.5時間のシフト制
休日/休暇 週休2日制、前期・後期休暇(各8日、年間16日)、年次有給休暇、特別・慶弔休暇
待遇/福利厚生 社会保険完備(健康・厚生年金・労災・雇用保険)、確定拠出年金制度(ファーストリテイリング型401K)、社員持株制度、社員割引制度、育児・介護休暇制度、社宅制度(当社規定による)

ファーストリテイリングの求人情報

大手転職エージェント「doda」によると、ファーストリテイリングは現在35軒の職種を募集しています。(2018年11月現在)

①事務(アシスタント)

▽仕事内容
・データ入力・分析などの事務作業(Excelでの作業)
・配属部署のサポート業務
・資料作成など

②出店開発/店舗資材 設計監理担当(店舗資材開発ソーシングチーム)

▽仕事内容
・出店開発、店舗資材
・設計監理担当(店舗資材開発ソーシングチーム)

③人事/労務チームリーダー候補

▽仕事内容
・人事、労務チームリーダー候補

④内部統制・情報セキュリティ/事業監査・ビジネスコンサルティング

▽仕事内容
・内部統制、情報セキュリティ
・事業監査、ビジネスコンサルティング

⑤情報セキュリティスペシャリスト (ガバナンス&コンプライアンス)

▽仕事内容
・グローバル情報セキュリティ管理体制の構築、維持
・情報セキュリティポリシー、ルール、ガイドラインの策定、更新と従業員への浸透ほか

中途採用はどの職種であっても、過去の経験と実績を最大限にアピールすることが大切です。

面接次第で転職時の給与も決定されるので、入念に面接対策をしておきましょう。

企業理念や中途採用に求める理想の人物像を徹底調査して完璧な準備をすることが重要です。

ファーストリテイリングの転職難易度は?

ファーストリテイリング 転職難易度

ファーストリテイリングの公式サイトには正確な転職難易度や比率は記載されていませんでした。

近年の業績好調と注目度を考慮すると、転職難易度は高いと予想されます。

ファーストリテイリングは業界でも新しいプロジェクトに取り組むチャレンジ精神とビジョンを持った人物像が求められています。

転職難易度は高くても、会社にどう貢献できるかを明確にして理想の人物に近づければ、採用される可能性は十分にあります。

そのためには、自力で転職活動するよりも、大企業への転職サポートに実績のあるエージェントの力を借りることが最短です。

ファーストリテイリングに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

ファーストリテイリング 転職

ファーストリテイリングに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

転職のプロであるエージェントは大企業の面接に大切なコツを掴んでいるので、適切なアドバイスがもらえます。

転職エージェント選びは豊富な転職コンテンツや幅広い業界や業種の求人数を誇る業者を選ぶことが大切です。

ここからは、ファーストリテイリングへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①ビズリーチ

過去の実績や経験を活かした有利なハイキャリア転職をするなら「ビズリーチ」がおすすめ。

「ビズリーチ」はヘッドハンターや企業の採用担当者から直接スカウトが来る「スカウト制」の転職サポートサービスです。

主にハイキャリア、外資系企業、管理職の経験がある方向けの転職サポートに定評があります。

ビズリーチの登録は無料ですが、無料会員と有料会員の2つのサービスがあります。

断然、有料会員は有利な転職活動が可能になり、他の転職サイトにはない案件に直接応募できるようになります。

有料会員は求人案件の年収額により会費が異なり、月額料金2,980円(税抜)から利用可能です。

②JACリクルートメント

外資系企業に絞って転職をするなら、「JACリクルートメント」の登録は欠かせません。

JACリクルートメントは国内有数のグローバル企業に特化した転職エージェントです。

語学を活かした転職、海外転職、外資系企業の管理職への転職を希望する方は要チェックです。

JACリクルートメントは専門のコンサルタントが付いてキメが細かい転職サポートをしてくれるのがメリット。

外資系企業や大企業への転職に必要な書類作成のコツ、面接対策をサポートします。

③doda

doda

幅広い業界と職種の案件を取り揃えているdodaは始めての転職や第二新卒の満足度が高い転職エージェントです。

他の転職エージェントよりもセミナーやイベントが充実しており、転職の情報収集に役立ちます。

dodaが人気がある理由は、自分で案件を探す転職サイトとして使ったり、専属のキャリアアドバイザーにサポートしてもらうことができること。

そして、企業担当者からスカウトがもらえるサービスまであるので、利便性の高い転職サービスと言えます。

dodaはどんな転職スタイルをする方にも役立つので登録しておいて損することはありません。

ファーストリテイリングへの転職まとめ

まとめ

今回は、ファーストリテイリングの転職情報についてまとめてご紹介しました。

難易度が高い大企業への転職は、転職のプロによるエージェントが成功に近づけてくれます。

転職エージェントは、ファーストリテイリングの中途採用に適した面接対策や自己分析など専属アドバイザーとして徹底サポートします。

今回ご紹介した転職エージェントはどれも完全無料サービスなので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。