J.P.モルガンの評判/求人/転職難易度は?中途採用を成功させる秘訣!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは米国ニューヨーク州に本社を置く、世界最大級の総合金融サービス会社です。

J.P.モルガンへ転職を検討されている方が知っておくべき採用情報、求人情報、社員の口コミをまとめてご紹介しています。

これから本格的に転職活動して、J.P.モルガンへ転職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

J.P.モルガンの口コミ・評判は?

J.P.モルガン 口コミ 評判

出典:Vorkers

社員の生の口コミと評価が分かるサイトVorkersで口コミ・評判をみていきましょう。

社員の評価が高い項目は「法令順守意識」と「待遇面の満足度」となっており、結果を出せばしっかり自分の収入アップに繋がることが分かります。

気になるのは「人材の長期育成」と「社員の相互尊重」が平均的な評価となっており、外資系らしく即戦力が求められています。

月間の平均残業時間は90時間とかなり多めですが、有給休暇消化率は60%となり休暇は取りやすいようです。

J.P.モルガンの「組織体制・企業文化」に対する口コミ・評判

  • ボランティア活動や福祉ボランティアも活発に行われる
  • 従業員は頭脳派が多く会話をしているだけでも学ぶことが多く良い職場環境だと思う
  • 縦割り感はあるが、必要に応じて他部署と関わることもあり連携も大切
  • 金融という仕事は情報を売り買いする面があるので、社員同士の情報交換は活発に行われる

J.P.モルガンの「モチベーション・評価制度」に対する口コミ・評判

  • モチベーション維持の取り組みは部署や上司、個人により異なる
  • インサイダー教育は外部から講師を招いてお金をかけている
  • 会社へのロイヤリティーが重要視される風土がある
  • JPモルガン内でキャリアアップしても他社で通用するスキルは個人次第

J.P.モルガンの「年収・給与制度」に対する口コミ・評判

  • 報酬は成果主義だが、社員はお互いを尊重しながら日々業務に取り組んでいる
  • 従業員の目的意識は高く、年収アップのために語学や営業などを学んでいる人が多い
  • 長期的なキャリアを築くために必要な研修制度や柔軟な勤務体制がある

J.P.モルガンの「女性の働きやすさ」に対する口コミ・評判

  • 出産・育児制度、介護休暇制度を整備しているので家庭を持っている女性も働きやすい
  • 多くの女性従業員が活躍している職場
  • ダイバーシティを重んじられており性別や年齢や国籍に関わらず平等な評価を受けられる

J.P.モルガンはどんな企業?

ここからは、J.P.モルガンの「会社概要」「事業内容」「売上・業績」「従業員」の4つのポイントをご紹介します。

会社概要

社名 J.P.モルガン

JPモルガン証券株式会社
JPモルガン・チェース銀行 東京支店
JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社

本社所在地 〒100-6432 

東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルディング

代表者 会長兼最高経営責任者(CEO)

ジェイミー・ダイモン

設立 1799年 
資本金 総資産 グループ合計約2.5兆ドル

(2017年12月末現在)

事業内容 外資系金融
証券/都市銀行・信託銀行

事業内容

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーは米国ニューヨークに本社を置く世界最大級の規模を誇る総合金融サービス会社です。

世界60カ国以上に営業拠点を持つグローバル総合金融サービス会社として知られています。

日本においては以下の3社が事業を展開しています。

  • JPモルガン証券株式会社(投資銀行、債券・株式、海外資産管理の媒介業務)
  • JPモルガン・チェース銀行東京支店(為替資金、資金決済業務)
  • JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(投資信託委託、投資顧問、投資一任業務)

日本における主な事業内容は証券、銀行、資産運用業務の事業と債券・株式、投資銀行を手掛けています。

J.P.モルガンはボランティア活動を通じて従業員が社会意識を高めて、地域社会に貢献することを推奨しています。

世界の様々な非営利団体や慈善団体を支援するボランティア活動を活発に行い、日本における雇用提供と地震の支援活動にも資金を提供しています。

売上・業績

J.P.モルガン 売上 業績

2017年通期、J.P.Morgan Chase & Co.(グローバル連結)の売上高は約996億ドル(10兆9,600億円)です。

2016年12月期は956億ドル(10兆5,300億円)となり資産額にて圧倒的な実力を見せつけています。

2011年には世界トップのバンク・オブ・アメリカを抜いて世界一の売上をマークしました。

2017年12月期地域別別の売上高を見ると、北米エリアの売上高が半数以上を占めており、欧州・中東・アフリカとアジア・太平洋の売上が順調です。

今後もJPモルガンは世界的にインベストメント・バンキングのマーケット市場を拡大すると予想されます。

従業員

J.P.モルガン 従業員

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーの従業員数は2017年現在、グループ全体では約25万人、日本オフィスは約1,100人です。

従業員の平均年齢や平均勤続年数は明らかにされていませんが、従業員口コミによれば、様々なタイプの人材で構成されています。

JPモルガンは「ダイバーシティ」を考慮した採用をしているため、従業員の人種、国籍、性別、性的指向、身体的特徴は様々です。

多種多様な人材を採用することが顧客の満足度を高めることに繋がり、最終的にビジネスの成長になると考えています。

J.P.モルガンの社内は外資系らしく自由で風通しが良く、従業員同士が仲良く、連携力もあるのが特徴です。

そして、新卒でも中途入社であっても従業員が働きやすいように研修や教育制度もあり満足度が高くなっています。

J.P.モルガンの平均年収は800万〜1,200万円

J.P.モルガン 平均 年収

J.P.モルガンの報酬制度は成果主義を取っているため、平均年収は実績や経験、成績により個人差があります。

J.P.モルガンの平均年収は業界でも高めとなっており、800万〜1,200万円です。

個人の成績により適切に評価されて自分の年収アップに繋がるので、従業員のモチベーションは高いです。

実力や能力があれば、年齢や性別に関係なくチャンスが与えられるので、非常にやりがいがあると言えます。

J.P.モルガンは中途(キャリア)採用の人でも活躍できる?

J.P.モルガン 中途 キャリア 採用

J.P.モルガンは新卒だけでなく、随時中途採用も積極的に採用しています。

世界を代表するグローバル企業として、様々な海外研修の機会や海外オフィス勤務の機会も与えられています。

他部署への異動など会社側の柔軟なサポートがあるため、ライフスタイルに合ったキャリア形成が実現します。

これからグローバル企業へ転職したい方、海外で働いて実力を試したい方はJ.P.モルガンへの転職を検討する価値があります。

J.P.モルガンの採用情報

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーの公式サイトの採用情報のページにて26種の職種を募集しています。(2018年11月現在)

随時、採用情報は更新されるので気になる方は定期的に確認しましょう。

募集職種

  • Compliance – Analyst- Japan
  • CIB – EQ Cash Trading – Analyst/Associate
  • Global Corporate Bank – Head of TS Sales – Executive Director
  • Asset Management, Asia Operations Control Manager, Associate
  • Asset Management, Portfolio Analysis Group, Operational Control, Vice President

J.P.モルガンはダイバーシティを重視する職場が魅力なので人種、国籍、性別、性的指向、身体的特徴などは問いません。

高い倫理感を持ちお客様を第一主義に仕事に取り組める人材を採用しています。

J.P.モルガンの勤務条件

雇用形態 正社員
給与 年俸制

過去の実績と経験により決定

勤務時間 フレックスタイム 、時差出勤、コンプレスト・ワーク 、短時間勤務 、在宅勤務
休日/休暇 育児休業、介護休業、特別有給休暇( 子の出生休暇、弔慰休暇など)、出産休暇 最大16週間(うち14週間は無給、2週間は有給。無給期間中は出産手当金ほか
待遇/福利厚生 社会保険制度 :健康保険、介護保険、雇用保険、労災保険、厚生年金ほか

J.P.モルガンの求人情報

J.P.モルガンの求人情報は求人サイトindeedにて23件の案件が見つかりました。(2018年11月現在)

求人情報

  • CB – Japan Commercial Banking – Associate
  • Investment Banking – Equity Capital Markets – Associate
  • CIB Operations – Tokyo Equity Derivatives Trade Support – Associate

どの業種も4年から5年の実務経験が求められておりコミュニケーションスキル、英語の読み書き、PCスキルがあることが募集条件もなっています。

J.P.モルガンの企業理念や中途採用に求める理想の人物像を徹底調査することが大切です。

J.P.モルガンの給与体系は転職時の給与も決定されるので、入念に面接対策しておくことも重要です。

J.P.モルガンの転職難易度は?

J.P.モルガン 転職 難易度

J.P.モルガンの公式サイトには明確な転職難易度の記載はありませんでした。

従業員の口コミや世界的に認められているグローバル企業という特徴を考慮すると人気は高く、転職難易度は高いと予想されます。

しかし、J.P.モルガンの公式サイトには中途採用に求める人物像ははっきり明記してあるため、対策次第では採用される可能性はあると言えます。

人気の外資系企業への転職を成功するには実績があるエージェントのサポートを利用することをおすすめします。

J.P.モルガンに転職したい人におすすめな転職エージェント3選!

J.P.モルガン 転職

J.P.モルガンに転職を検討するなら、転職エージェントを活用すると効率的です。

外資系企業の面接に大切なコツを掴んでいるエージェントからは適切なアドバイスと有利な情報を得ることができます。

ここからは、J.P.モルガンへの転職に導いてくれるおすすめの転職エージェントを3選をご紹介します。

①ビズリーチ

外資系企業への転職、ハイキャリア向けの転職サービスならばビズリーチがイチオシです。

ビズリーチはいわゆる典型的な転職エージェントとは異なり、会員制転職サイトになります。

ビズリーチに登録して無料でも求人を閲覧できますが、ビズリーチの強みは有料会員になると発揮されます。

ビズリーチの有料会員になると、ベッドハンターや企業の人事から直接スカウトが来るサービスがあります。

高年収で質の高い求人が多く、他の転職サイトでは見られない特別な案件が多いのが嬉しいポイント。

すでに会員数は100万人以上を突破している今注目のハイキャリア向け転職サービスです。

②JACリクルートメント

外資系企業、グローバル企業への転職を希望する方はJACリクルートメントも見逃せません。

JACリクルートメントはキャリアと実力がある方から評判の転職エージェントです。

JACリクルートメントは外資系企業、IT・通信業、機械系・メーカーの業種に絞り込んだ案件を取り扱っています。

他の大手転職エージェントに登録したけど、あまり良い案件が見つからなかったという方はJACリクルートメントの登録をおすすめします。

事務系は営業職、技術系は管理部門・管理職、技術・開発系(エンジニア)の案件が多く見られます。

JACリクルートメントは都心部だけでなく地方の高収入案件も豊富に揃えてあるので、一度見てみる価値がありますよ。

③ランスタッド

大手転職エージェントにはない、注目の企業の案件を取り扱っているのがランスタッドです。

上場していないけれど人気の企業や業績アップしている注目の企業の目玉の案件を取り揃えています。

転職サイトはどこも同じようなものという概念を覆してくれるので、メインの転職サイトと合わせてサブとして使う方も多いです。

外資系の営業職や技術職も強みがあるので、登録する価値のあるサービスです。

J.P.モルガンへの転職まとめ

まとめ

今回は、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーの転職情報についてまとめてご紹介しました。

世界を代表する外資系企業への転職は決して簡単ではありませんが、エージェントのサポートにより夢は近づくはずです。

外資系企業への転職に強いエージェントは満足の行くサポート体制が整っています。

ぜひ、今回ご紹介した転職エージェントを参考に登録してみてはいかがでしょうか。

【2019年】転職エージェントおすすめ人気ランキング比較9選|口コミ評判から決定

2018年10月23日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。