「保育士を辞めたい…」そんな辛い気持ちから抜け出す方法3選

保育士 辞めたい 転職

「今働いている保育園を辞めたい…」

このような気持ちになるのはアナタだけではありません。

この記事は、そのような状況から抜け出す方法を提案することを目的としています。

一章では、アナタが保育士を辞めたい理由を整理するお手伝いをします。

そして、二章では、辞めたい理由に合わせた解決方法を提案していきます。

保育士を辞めたい理由4選

保育士 辞めたい 理由

辞めたい理由=現状への不満がはっきりしないと、解決することは難しいでしょう。

そこで、この章では、今の保育園を辞めたい理由としてよくあるものをご紹介していきます。

その中で、絶対に違う理由や、少し近い理由、「まさにこれだ!」という理由などと照らし合わせて、辞めたい理由の整理の助けになれば幸いです。

保育士 辞めたい 理由

出典:厚生労働省

上の表は、現役の保育士さんの職場に対する不満を調査した結果のグラフです。

給料が少ない

1位は「給与・賞与等の改善」(59.0%)です。

保育士は業務や背負う責任は重いにもかかわらず、他の仕事に比べ給料が少ないため、不満に思う方は多いようです。

実際、保育士の平均年収は正規雇用269.2万円*、パート104.1万円*と、全職種の平均(全国416万円、東京612万円)と比べてかなり低い数字となっています。

(*の値は東京都のデータを参照、他の地域ではもう少し低くなる可能性あり)

また、新卒の年収の相場は224.4万円(月収18.7万円)のようです。

(出典:東京都保育士実態調査保育士バンク平均年収.jp)

このように保育士全体で給料が低い傾向はありますが、平均よりもさらに低い給料で働いている場合には、転職することで年収UPできる可能性が高いです。

何故なら、保育士業界は人材不足でもあるため、給料など条件が良い求人も十分に残っている可能性が高いからです。

上の数字を見て、「私、こんなに貰ってなくね?」と思ったアナタは、転職サイトやエージェントで求人情報を探してみてはいかがでしょうか?

ところで、給料に関するもう一つの問題は、残業代の未払いです。

あまり知られていませんが、充分な時間の休憩がとれていない場合や、持ち帰りの残業も、法律上は給料が支払われるべき労働とみなされます。

このように、保育士業界では当たり前に無給で行われていることにも、給料が発生する事例は少なくありません。

長く働く職場だと難しい部分もあると思いますが、不当に給与を支払っていないケースは少なくないので、とりあえず弁護士に相談してみるのも良いかもしれません。

(出典:クエストリーガルラボ)

激務(残業・持ち帰り業務・未消化休暇)

保育士の不満の2~5位は、

2位「職員数の増員」(40.4%)

3位「事務・雑務の軽減」(34.9%)

4位「未消化(有給等)休暇の改善」(31.5%)

5位「勤務シフトの改善」(27.4%)

となっています。

このように、保育士のもう一つの問題は、とにかく激務(=一人の保育士の負担が大きい)であると言えるでしょう。

激務への不満が「給料と見合わない」というものであるのならば、弁護士への相談やより高い給料がもらえる職種への転職によって解決できる可能性があります。

一方で、不満が激務そのものである場合は、別の施設への転職を検討すると良いでしょう。

ただし、疲弊しきっている場合は、とにかく辞めて、休むことに専念しましょう。

死ぬ危険を冒してまで働く必要はないです。

頼れる人がいるなら、退職や失業手当も任せてしまいましょう。

保護者との関係(怪我など)

今まで見てきたように、保育士の労働環境はかなり過酷です。

それにも関わらず、保護者からの叱責や罵倒まで受けるなんてことも少なくありません。

理由は、「子供の怪我」などが多いようですが、実際のところ「なんとなく気に入らない」「鼻につく」といった理由であることも少なくないはず

保護者はいつかいなくなるので、「気にしない」「耐える」ということができれば良いのですが、難しい場合は上司や同僚に相談しましょう。

誰かを挟むことで、関係が良好になる可能性が上がります。

どうにも解決が難しそうな場合は、逃げましょう。

保育園の保育観・経営方針が合わない/職員間の人間関係が辛い

不満の8位には「相談制度の充実」(13.5%)、9位には「園(など)の理念・運営方針」(12.7%)、12位には「評価制度の見直し」(7.5%)がランクインしているように園の経営や人下関係に不満を抱える人も少なくないようです。

このような場合には、とりあえず転職活動を始めてみるのがおすすめです。

何故なら、他の園の情報も知ることで、今の仕事場を相対的な

他の円の情報収集には、保育士バンクさんが主宰するイベントなどが、一度に数多くの施設の人のお話を聞くことができるのでおすすめです。

「保育士を辞めたい」という状況から抜け出す方法3選

保育士 辞めたい 転職

この章では、「ちょっと転職活動を始めてみようかな」と思ったアナタの目的に合わせた転職方法をご紹介します。

保育観・経営方針のあう保育園に転職する方法

保育観や経営方針のあう保育園に転職するためには、それらを事前に確認できる必要があります。

そのようなときには、保育士バンクなどの施設の内情を知ることができる転職サイトがおすすめです。

高待遇の保育園に転職する方法

高待遇の保育園を探すためには、より多くの求人案件を抱えている

ここでは、求人数の多い「保育ひろば」を紹介します。

保育ひろばの特徴

人材派遣会社のネオキャリアが運営する「保育ひろば」は保育士と幼稚園教諭に特化した転職支援サービスです。

保育ひろばの特徴

  • 全国の保育士、幼稚園教諭の求人を保有している
  • 人材派遣会社のため派遣の求人に強みがある
  • 非公開案件も多数所有している
  • 専任キャリアコンサルタントのサポートあり

「保育ひろば」は全国にある保育施設、幼稚園の求人を常時約1万件保有しています。

運営元のネオキャリアは大手の人材派遣会社なので、豊富な派遣の求人が揃っているのが特徴です。

最近は、正社員にこだわらずに条件の良い派遣社員を選ぶ保育士も増えているので要チェック。

「保育ひろば」は全国にキャリアコンサルタントを配置しており、知らない土地での保育士転職に役立ちます。

キャリアコンサルタントは地元の保育士事情に詳しいので、仕事の相談や情報を提供してくれるので心強いですね。

口コミでも「引越し後の保育士転職にサポートしてもらえた」とサービスの評判も上々てす。

「保育ひろば」は非公開求人も多く保有しており、年収をアップしたい方、キャリアを積みたい方にもおすすめです。

公式サイトによれば、ユーザー満足度は94%と高いので登録する価値は十分にあると言えるでしょう。

保育ひろば 保育園長

「保育ひろば」はしつこい?最悪?口コミ評判を徹底分析!

2019年1月4日

保育士以外の職業に転職する方法

保育士以外の職業に転職したいアナタには、転職エージェントの利用をおすすめします。

何故なら、慣れない他業種への転職を一人で成功させるのはかなり骨が折れるからです。

絶対に失敗できない転職だからこそ専門家のサポートを活用しましょう!

具体的には、大手のリクルートエージェントやdodaなどがおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント 転職

リクルートエージェントのおすすめポイント

  • 転職支援実績No.1!日本一の人材グループ「リクルート」が運営する転職エージェント 
  • 年収1000万以上の求人・土日・平日夜も面談可
  • 求人の90%は非公開求人

リクルートエージェントの特徴

保有求人数 250,000件以上(※非公開求人数:20万件以上)
求人の種類【業界】 IT業界、ゲーム業界、製造業界、金融業界、広告業界、コンサルティング業界、不動産業界、製薬業界、総合商社業界、飲食業界、アパレル業界、外資系、エグゼクティブ・管理職、海外、会計・経理 
求人の種類【業種・職種】 営業・販売、経営・企画、マーケティング、事務系 (経理・総務・ 人事・購買など) 、IT・エンジニア、電気・機械、科学エンジニア、医療・医薬品、化粧品、コンサルタント、建築・土木技術、その他
対応可能な地域 全国

リクルートエージェントがおすすめな年代

年代 おすすめ度
20代
30代
40代

リクルートエージェントがおすすめな年収層

年収層 おすすめ度
〜300万円
300万〜600万円
600万〜1000万円
1000万〜1200万円
1200万〜1500万
1500万〜

リクルートエージェントの評価・おすすめレベル

総合評価 ★★★★★
保有求人数・求人の質 ★★★★★
キャリアアドバイザーの質の高さ ★★★★★
サービスの知名度 ★★★★★
求職者の紹介実績数 ★★★★★
転職経験者の口コミ・評判 ★★★★

リクルートエージェントのサポート体制

サポート内容 あり or なし
キャリアカウンセリング あり
履歴書・職務経歴書の添削 あり
面接対策 あり
面接日程の調整代行 あり
内定後の年収交渉 あり
その他の独自サポート
  • 面接力向上セミナー
  • Personal Desktop

リクルートエージェントの口コミ・評判

【業界最大手、圧倒的な求人数】という口コミを参考に登録致しました。転職エージェントは、4社登録しておりますがその中でも一番レスポンスが早く大手企業〜中小企業まで幅広く紹介して頂き求人数も4社の中で一番多いと感じてます。

出典:みん評

とにかく今の状況から逃げたいという思いで心身ともボロボロの状態で面談してもらったのですが、転職はいつでも出来るから焦らず今はとにかく休養をとった方が良いと親身になって心配して下さったのが印象でした。

出典:みん評

リクルートエージェントに登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

2018年11月3日

doda

doda

dodaのおすすめポイント

  • 非公開求人を含む10万件以上の求人
  • 書類選考なしの面接確約オファーが届く
  • 毎週月曜・木曜に新着求人が更新される

dodaの特徴

保有求人数 120,000件以上(※非公開求人数:70,000件以上)
求人の種類【業界】 IT業界、ゲーム業界、製造業界、金融業界、広告業界、コンサルティング業界、不動産業界、製薬業界、総合商社業界、飲食業界、アパレル業界、外資系、エグゼクティブ・管理職、海外、会計・経理 
求人の種類【業種・職種】 営業・販売、経営・企画、マーケティング、事務系 (経理・総務・ 人事・購買など) 、IT・エンジニア、電気・機械、科学エンジニア、医療・医薬品、化粧品、コンサルタント、建築・土木技術、その他
対応可能な地域 全国

dodaがおすすめな年代

年代 おすすめ度
20代
30代
40代

dodaがおすすめな年収層

年収層 おすすめ度
〜300万円
300万〜600万円
600万〜1000万円
1000万〜1200万円
1200万〜1500万
1500万〜

dodaの評価・おすすめレベル

総合評価 ★★★★★
保有求人数・求人の質 ★★★★★
キャリアアドバイザーの質の高さ ★★★★★
サービスの知名度 ★★★★★
求職者の紹介実績数 ★★★★
転職経験者の口コミ・評判 ★★★★

dodaのサポート体制

サポート内容 あり or なし
キャリアカウンセリング あり
履歴書・職務経歴書の添削 あり
面接対策 あり
面接日程の調整代行 あり
内定後の年収交渉 あり
その他の独自サポート
  • セミナー
  • 転職フェア、イベント

dodaの口コミ・評判

良かったのは、すぐに希望条件に合った求人を紹介してもらえた点です。転職活動は何かと大変だと言いますが、私の場合は初めてにもかかわらず非常に効率的に成功しました。

出典:みん評

私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。

出典:みん評

doda(デューダ)に登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

2018年11月11日

保育士を辞めたいときの悩み2選

保育士 辞めたい 言えない 新卒

年度途中に辞めたいと言えない

「心身が辛いけど、年度途中には辞めづらい」と辞め時を逃し続けている方も、少なくないように思います。

たしかに、従業員が年度の途中に辞めるのは、施設とその経営者にとって望ましいことではありません。

しかし、それは基本的に従業員であるアナタが責任ではなく、気にする必要がはありません。

それに、辛い思いをしてまでアナタが働くことは、子供にとっては必ずしも望ましいことではないはずです。

何故なら、疲れていれば不慮の事故のリスクも高まりますし、アナタが辛そうにしているとこども達も悲しくなってしまうからです。

また、働きすぎでアナタが倒れてしまえば、それはこども達にとっても悲しいことでしょう。

まとめると、アナタが辞めたいのであれば、タイミングなど気にせずに辞めるべきです。

辞めたい理由

辞める際には、自己都合で辞めるときっちり伝えましょう。

何故なら、「周りに迷惑がかかるから」などと周囲の都合を理由にしてしまうと、「辞められるほうが迷惑!」などと論破される可能性があるからです。

「私が辞めたい」

この理由に勝るものはありません。

【新卒一年目・二年目】今の職場の善し悪しが判断できない

働き始めたばかりで自分が保育士に向いているのかわからない。

今の職場に不満があるけど、自分の経験・能力不足なのか、保護者や上司などの環境が悪いのか判断できない。

このような悩みを持つ方は少なくないでしょう。

そのような方には、転職活動を少し始めてみることをおすすめします。

というのも、転職活動をとおして他の園の経営方針や雰囲気に詳しくなることで、アナタの不満が今の仕事場特有のものなのか、保育士をしていく上で避けることが難しいものなのか、判断できるようになるからです。

例えば、保育士バンクさんの主催する転職フェアでは、一度に数多くの施設の人のお話を聞くことができるのでおすすめです。

まとめると、今の職場にある新卒一年目・二年目の方は、とりあえず転職活動を始めてみるのが得だと考えます。

それで「今の職場で頑張ろう」と思えれば今までよりも仕事に身が入るでしょうし、もっと良い職場を見つけられればそこで活躍していけばよいでしょう。

とにかく、不満を抱えながら動かないのが一番辛い結果になるので、まずは気軽に始めてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です