幼稚園教諭におすすめの転職サイト・エージェント比較5選

保育士ワーカー 転職サイト おすすめ

幼稚園教諭の転職をしたい時はどの転職サイト・エージェントを使うべきでしょうか?

ほとんどのサイトは保育士求人がメインとなっているので、幼稚園教諭求人が多いところが気になりますよね。

そこで今回は、幼稚園教諭の求人数が豊富で転職に役立つ転職サイト・エージェントをご紹介しましょう。

せひ、今後の転職活動の参考にしてみてください。

幼稚園教諭の求人は保育士向け転職サイトに多い

幼稚園教諭 転職サイト 保育士

幼稚園教諭の求人をお探しの方は、保育士向けの転職サイトを活用することです。

自分のペースで求人探しをしたい方は転職サイト、相談しながら条件に合った求人を紹介してもらうには転職エージェントが最適です。

自分が希望する幼稚園教諭の労働形態(正社員・パート)を取り扱っているかチェックしましょう。

幼稚園教諭におすすめの転職サイト・エージェント比較5選

幼稚園教諭 転職サイト おすすめ 比較

幼稚園教諭の転職に使いたいおすすめ転職サイト・エージェントをチェック!

保育士コンシェル

保育士コンシェル 幼稚園教諭

株式会社コンプレートが運営する「保育士コンシェル」は優良な非公開求人に定評のある転職サービスです。

キャリアコンサルタントに希望の条件を伝えると、最適な仕事を紹介してもらえます。

現職が忙しい方が優良待遇の幼稚園求人を効率的に見つけたい時に役立ちます。

マイナビ保育士

 

マイナビ保育士

株式会社マイナビが運営する「マイナビ保育士」は知名度と安心感で選ばれている転職サービスです。

幼稚園教諭の転職サポート実績が多く、全国に事務所があるので、対面式で丁寧なカウンセリングを受けられます。

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接日程の調整、入職後のアフターフォローまで安心のフルサポートがおすすめポイント。

個人情報の取扱いは厳密な管理基準を満たしたプライバシーマークを取得済みなので安心感です。

ほいく畑

ほいく畑 幼稚園教諭

株式会社ニッソーネットが運営する「ほいく畑」は保育士求人のほか幼稚園教諭求人も豊富に取り扱ってい
ます。

関東と関西の都市部の求人が多いですが、地方の幼稚園教諭求人も見つかるので要チェック。

無料の保育セミナーやスキルアップ講座など、働き方に合わせて役立つイベントもたくさん。

キャリアコンサルタントによる丁寧なフルサポートもあるので初めての転職も安心ですね。

保育ひろば

保育ひろば 幼稚園教諭

ネオキャリアが運営する「保育ひろば」は保育士専門の求人サイトです。

全国にある保育士求人と幼稚園教諭求人8000件以上保有しています。

キャリアコンサルタントは地域密着型により、地域の特性や園の特徴にも精通しているので信頼できますね。

「保育ひろば」の利用者満足度94.2%と評価の高さにサービスの質が現れています。

ジョブメドレー保育士

ジョブメドレー保育士 幼稚園教諭

「ジョブメドレー保育士」は、全国にある保育士と幼稚園教諭の求人数を約1,000件以上保有する転職サイトです。

取り扱い職種や職場の種類が多く、自分のペースで求人検索することができます。

転職エージェントから何度も電話がかかってくるのが苦手な方でも使いやすいと人気です。

全国の幼稚園教諭求人を検索できて、応募内容が直接事務所に届くため、面接までがスピーディー!

幼稚園教諭の年収の平均・相場は?

幼稚園教諭 年収 平均 相場

幼稚園教諭の平均年収は、園や地域によって異なりますが約300万円〜350万円です。

公立幼稚園の場合は、公務員となり長く働けば働くほど給料は高くなる定期的な昇給があります。

私立幼稚園場合は、園の規定によって給与が数万円変わることがあるので、業績が良くて人気のある園を選ぶことが大切です。

また、幼稚園教諭の年収は短期大学卒業、4年制大学卒業の学歴でも差が出てきます。

短大卒は「幼稚園教諭2種免許状」、4年制大学卒は「幼稚園教諭1種免許状」取得となります。

4年制大学の新卒は、短大の新卒よりも幼稚園教諭の初任給は高めに設定されています。

幼稚園教諭のキャリアアップ

幼稚園教諭 キャリアアップ

幼稚園教諭や保育士はキャリアアップに直結する資格は特にありません。

一つの園で勤続年数が長くなると、主任や園長といった役職に就くことができます。

幼稚園教諭は主任や園長を目指すことが一つのキャリアアップと言えるでしょう。

特例で保育士資格を取得

平成27年から施行されている「認定こども園制度」の促進のために特例制度が設けられています。

幼稚園教諭免許を持つ人は厚生労働省が発表した「特例制度」により保育士資格取得することが可能です。

特例制度の対象者は、幼稚園教諭免許持つ人も幼稚園や保育関係の仕事をしていない方も活用することができます。

特例制度は、保育士試験後に保育士資格をスムーズに取得できるメリットがあります。

保育士養成施設における学びと幼稚園等における実務経験が必要です。

キャリアアップ研修制度

従来の保育士のキャリアアップといえば、クラス担任のあとは主任保育士、園長と役職が上がること。

2017年4月から、一般保育士と主任保育士の間に、職務分野別リーダー、専任リーダー、副主任保育士の3つの新しい役職ができました。

キャリアアップ研修とは、保育士の経験が3年以上の人を対象に専門知識を深めるための昇格を目指す研修です。

幼児保育や食育、保護者支援など実践的な知識も身につけることができてキャリアアップに役立ちます。

キャリアアップ研修は全国の自治体で実施されており、全国共通の資格ですから全国どこでも転職できます。

園長になるには?

幼稚園の園長先生になるための特別な資格というものはありません。

幼稚園教諭から園長へのキャリアステップは現場経験が何よりも必要となります。

現場での実務経験を積み、クラス長や、主任、副園長などを経験すると園長の役職へとアップします。

トップ役職となる幼稚園長は、指導監督力やバランス感覚なと総合的な能力が求められます。

多くの幼稚園長は20年以上の経験を積んだベテランが揃っています。

公立幼稚園は、自治体によって条例に基づき現場経験の年数を園長就任の条件としている場合もあるので確認しておきましょう。

私立幼稚園の場合は、運営母体の基準に委ねられています。

幼稚園教諭の転職を成功させるには?失敗しないための方法3選

幼稚園教諭 転職 方法 おすすめ

ここからは幼稚園教諭の転職成功の秘訣をご紹介しましょう。

①転職サイト・エージェントを活用する

幼稚園への転職には幼稚園教諭の求人が豊富な転職サイト・エージェントを使うと役立ちます。

幅広い求人数から選ぶと自分の働きやすい職場を見つけるチャンスが高くなります。

転職エージェントはキャリアアップの相談にも乗ってトもらえるので、悩みや困りごとを聞いてもらいましょう。

②応募する前に園を現場見学する

幼稚園教諭に応募する際は、履歴書を出す前に実際に現場へ見学へ行きましょう。

施設の雰囲気や子どもたちの表情、幼稚園教諭の対応の仕方などから職場環境を確かめる事ができます。

ホームページや募集要項では分からない雰囲気を自分の目で確かめると、長く勤められるか判断できます。

③働きやすい労働条件であること

幼稚園教諭の給与は園の規定で決まっているので園によって数万円の差があります。

働いた後にサービス残業を強要される、休憩時間がない、有給休暇が取れないケースもあるので注意が必要です。

健康保険や年金などの社会保険もしっかり備えられているか労働条件を確認しておきましょう。

幼稚園教諭の転職サイト・エージェントまとめ

幼稚園教諭 転職サイト

幼稚園教諭のキャリアアップは一つの園に長く勤めて役職を上げることが一つのキーポイントです。

自分にとって働きやすい職場を見つけるためにも転職サイト・エージェントを活用して、良い幼稚園を見つけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です