【今からでもできる?】医師の転職のタイミングや期間を解説!

医師 転職 タイミング 時期 期間

「転職はタイミングが大切だ」とよく聞きますが、医師転職の場合は、最適な時期はいつでしょうか?

全国的に医療機関では働く医師や看護師は人手不足が深刻化しており、転職できないことはないでしょう。

ゆとりのある働き方をしたい、キャリア転職して年収アップを実現したいなど、満足度の高い転職を実現させるには、転職するタイミング・時期は重要なポイントです。

そこで今回は、医師転職の最適なタイミング・時期を徹底解説していきます。

転職活動の手順

まずは、医師転職をする際に、どんな手順で転職活動をすべきか流れを見ていきましょう。

▼転職活動の手順
⑴転職の目的を明確にする
⑵転職の目的(条件)に優先順位付けする
⑶転職先を探す(求人の情報収集)

ではステップ毎に詳しく見ていきましょう。

①転職の目的を明確にする

満足できる転職のためには、将来のキャリアプランを設計することです。

転職する目的は何なのか、年収を増やしたいのか、手術件数を増やしたいなど、理由をハッキリさせます。

医師によって、転職する目的は専門性を高めたい人とプライベートを重視する人で分かれます。

専門性を高めるならば医局で技術を高めたり、生活を重視する方は予防医学や健診を選択肢に入れと良いでしょう。

長期的な目線で、仕事、生活、家族まで含めて自分が大事にしたいことを考えてみてください。

どんな医師を目指すのか長期のビジョンを立てた後は、中期、短期の目標を決めて行きましょう。

②転職の目的(条件)に優先順位付けする

将来のキャリア設定をしたら、転職目的に優先順位を付けていきましょう。

希望の収入、労働条件、勤務形態などすべての条件が思いどおりになる転職は難しいと言えます。

転職する上でこれだけは譲れないもの、妥協できるものを分けておくと、途中で芯がブレずに転職活動することが可能です。

転職の条件に優先順位をつけない場合、満足度の高い転職ができなくなるので注意しましょう。

③転職先を探す(求人の情報収集)

医師転職の転職先探しは、昔ながらの縁故や知人の紹介、そして最近は人材紹介会社(転職サイト)を使うケースが増えています。

求人は勤務内容、勤務日数・時間、当直などの条件チェックはもちろん、残業や休日出勤の頻度など現状はどうなのかも確認することが大切です。

「当直なし」という条件で入職したら、周囲の医師は当直も残業も当たり前で居心地が悪くなるケースも…。

募集要項だけでなく、実際の現場は医師の状況はどうなのか情報を集めて知ることが大切です。

縁故や知人の紹介

同僚や知人からの転職先を紹介されると、安心して転職できるのがメリットです。

医師としての実務経験・スキルを評価した上での転職となるので、今の職場よりも好条件で転職できるケースが多く年収アップも期待できます。

紹介会社は仲介していない医療施設もあるので、今でも医師転職は縁故や知人の紹介を通じてする人は多いです。

人材紹介会社(転職サイト)

本格的やキャリア転身をしたい、自分では気づかない転職アドバイス、ノウハウを知りたい方は人材紹介会社(転職サイト)を使うと効率的的です。

転職活動は時間がかかりますが、転職エージェントに書類の準備や面接日を調整してもらえば、手間が省けるのもメリット。

募集要項に不満がある場合は、条件交渉を請け負ってもらえるのも嬉しいポイントです。

ただし、担当者のキャリアアドバイザーと相性が合わない場合もあるので信頼できる担当者を見つけることも大切です。

④求人に応募・見学・面接

良い求人を見つけたら、早めに応募をして職場の見学へ行き現場を目で確かめておきましょう。

募集要項や医療機関のホームページを見ただけでは分からない現場の雰囲気を掴むことができます。

スタッフの連携が良く、感じが良い雰囲気だと分かったり、逆にイメージと違うと気がつくことも。

面接当日は、その医療機関を選んだ志望動機を必ず聞かれるので、現場見学をしておくと役立ちます。

⑤内定・条件の交渉

最終面接を突破して、無事に内定をもらった後に、労働条件や年収面でもう一歩良い条件にしてもらいたいと思うときがあります。

転職エージェントの担当キャリアアドバイザーは採用担当者との間に入って、条件交渉を積極的に行ってくれます。

転職エージェントは人材紹介を成功すると、採用側から紹介手数料をもらうため、年収アップの交渉に応じてくれるのです。

⑥退職の報告・引継ぎ

スムーズな転職をするためにも、現職の職場には早めに退職の報告をして、引継ぎをできるようにしましょう。

医局を出るには半年前までに申し出る場合が多いですが、民間施設は3か月前までの申し出で退職できることもあります。

雇用契約書などで期限を確認して早めの行動を取り迷惑をかけずに退職しましょう。

【スケジュール】転職活動の時期・タイミングは?

ここからは、医師が転職するベストなタイミング・時期を見ていきましょう。

人材不足が叫ばれている医師であっても、自分に合う求人が常に募集されているわけではありません。

院長、部長などのポスト付きの好条件の求人、産業医の人気求人は、すぐに埋まるので、随時チェックする必要があります。

開始は1、6~8、10月がやや多い

医師の転職活動を開始する時期は、1月、6月~8月、10月が多いです。

病院・医局は前年の暮れ頃から次期の体制や人事を決定していくため、年度の始まりは4月です。

医師求人が多くなるタイミングは6月〜8月となります。

早めの転職活動を始める場合は、夏または10月から始めると良いでしょう。

医師の転職活動の開始が少なくなる時期は連休前となり、4月(ゴールデンウィーク前)、9月(シルバーウィーク前)、12月(年末年始前)です。

転職先決定は2~4、9~11月

医師が転職先を最終的に決定する時期は2~4、9~11月が多くなっています。

9月~11月に転職先を決定する理由は、現在の勤務先や医局の人事が決まる前に、退職の申し出をできるようにするためです。

2~4月に転職先を決定する理由は、年明けから転職活動を始めて、短期間のうちに転職先が決まったケースが見られます。

勤務開始は4月からが多い

転職先の職場で勤務を開始する時期は4月のタイミングが最も多いです。

4月は病院にとって期の変わり目であり、転職先と前職のどちらも外来・病棟などの新体制を整えやすい時期にあたります。

その他には、1月の年始の時期、10月の下半期に始まる時期、または4月がずれ込んで5~7月も見られます。

転職活動にかかる期間は?

ここからは、医師の転職時期を踏まえながら、転職活動にかかる期間を見ていきましょう。

自分が転職したい時期から逆算してスケジュール設定を行なうやり方があります。

平均は勤務開始まで約半年

転職先で勤務を開始するまで約120~200日かかります。

求人を探し始める時期が早いほど、希望の求人が見つかる確率は高くなります。

医師の転職活動が活発になる時期、転職を考え始めた時期から、求人を探し始めた方が良いと言えるでしょう。

一般の転職より長い理由

医師の転職活動のスケジュールは、地域や診療科により変わるため、一般の転職より長くなります。

前職の職場との引き継ぎなどに時間を要することもあるため、早めに転職活動する人が多いです。

医師は多忙

医師は明確なスケジュールが決まって業務に取り組んでいるため、非常に多忙を極めています。

転職活動は求人探し、地域・専門領域別の転職動向をチェックしたり、履歴書・職務経歴書の準備などやることは多くあります。

多忙な医師の場合は、転職エージェントに求人探しや書類の制作を依頼すると効率的です。

労働条件の交渉が複雑

医師の労働条件は年収、勤務時間など交渉が複雑で難しいという特徴があります。

年収、年齢などの労働条件については、直接採用担当者に聞きにくいですが、転職エージェントを利用すれば条件交渉も行ってもらえます。

希望の条件を医療機関側に交渉してくれるため、年収や待遇の交渉などもスムーズに進むでしょう。

前職の引継ぎ

前職の職場を退職する際は、他の医師に影響が出ないように早めの引継ぎをすることも大切です。

退職する時期と求人探し、面接の時期が重なると非常に忙しくなります。

転職エージェントに手助けしてもらいながら退職と転職をどちらもスムーズになるように進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です