医師(医者)の転職成功の3箇条と転職サイトの選び方3選

医師 転職 成功 転職サイト 選び方

従来の医師転職の方法は、医局や知人の紹介がほとんどでしたが、狭い医療業界では、転職活動中だと周囲に分かってしまうのがネックでした。

近年は、急速なインターネットの普及によりスマートフォンからも自身の希望に合った求人を気軽に探すことができる時代です。

しかし、膨大な求人数の中から最適な求人を探して内定を獲得するのは簡単なことではありません。

そこで今回は、医師(医者)転職の成功ポイント、転職サイトの選び方を解説していきます。

医師(医者)の転職を成功させるポイント3選

医師(医者)の転職を成功させるには、転職理由(目的)を明確にすること、目的に優先順位をつける、人材紹介会社に登録する手順で進めていきます。

転職理由(目的)を明確にする

後悔しない転職をするために、なぜ転職するのか現職の不満や転職理由を紙に書き出してみましょう。

具体的な転職理由が分かると、転職先に求める条件がハッキリします。

転職先に求める希望条件は、年収はこれくらい、当直の回数は少なめ、勤務時間に融通の利く職場が良いなど、転職する目的が明確になります。

目的に優先順位をつける

希望の条件が明確になったら、優先順位をつけてみましょう。

すべての条件がピタリと合う求人を見つけるのはむずかしいため、これだけは譲れない条件を決めるのです。

例えば、年収は1,500万円以上に限定して探したい方は高年収案件を狙います。

常勤看護師ではなく週3日程度の非常勤看護師、当直なし、女性歓迎の求人など、優先順位を決めると絞り込みやすくなります。

良い人材紹介会社を活用

最近は、医療業界に特化した転職サイト・転職エージェントが増えてきました。

リクナビネクストやdodaといった総合型の転職サービスにも医師求人は見つかりますが、医師専門の転職サイトのチェックすることをおすすめします。

医師求人に特化した転職サービスに登録すれば、医療業界の転職市場に精通しており、キャリア相談も的確なアドバイスがもらえます。

希望に合った求人、高収入案件が多い非公開求人を定期的に紹介してもらえるのがメリット。

多くの転職サービスは、病院側とコネクションがあり、病院の採用担当者へ労働条件を直接交渉してもらえるので頼りになりますね。

入職後のアフターフォローもあると、初めての医師転職の方も安心してお仕事を開始できます。

人材紹介会社を利用するメリット4選

転職を希望する医師のインターネット利用率は90%以上となり、転職先をネットで探すことは抵抗なくなっているようです。

人材紹介会社=転職サイト・転職エージェント

人材紹介会社とは、転職サイトや転職エージェントといったいわゆる転職支援サービスのこと。

転職希望の医師は無料で登録することができて、医師求人を閲覧したり、自分の希望する条件とピッタリの求人を紹介してもらえます。

転職サイトは自分で求人を探すやり方、転職エージェントは専任のキャリアアドバイザーがついて、
キャリア相談にのってもらえるのがメリット。

キャリアアドバイザーは医療業界に精通しており、施設側との間に入って労働条件や仕事内容、年収などの交渉を行なってくれるので、頼りがいがありますね。

メリット①転職のノウハウを教えてもらえる

転職エージェントはこれまで多くの医師転職をサポートしてきた実績があります。

転職ノウハウにも精通しているので、応募から面接、採用までの流れがスムーズに進むでしょう。

多忙な医師の負担を減らすために、履歴書・職務経歴書の代筆、面接調整などのサポートをしてくれます。

メリット②転職の疑問に答えてもらえる

求人を見ただけでは分からない職場の内部事情や転職動向などを分かりやすく教えてもらえます。

独自の調査によるデータベースを元に最新の転職市場を知ることができるのです。

医師転職に最適な時期・タイミングも尋ねておくと良いでしょう。

メリット③求人探しを代行してもらえる

忙しい医師も仕事をしながら、転職活動を同時に進めることができます。

転職エージェントは医療機関の採用担当者とコネクションがあるので、交渉力に優れているのが特徴です。

応募枠がない医療機関へコンタクトを取ったり、新規の設備やポスト導入など、医師の希望に合った転職を実現させます。

高度の設備や特殊な医療を行う医療機関へ転職を希望する方、キャリアアップ転職したい方にも役立ちますね。

メリット④非公開求人にアクセスできる

医師求人は多くの場合、転職エージェントが非公開求人として独自に保有しています。

多くの転職エージェントは90%以上が非公開求人となっており、高収入・好条件の案件が揃います。

人材紹介会社を利用するリスク2選

人材紹介会社はメリットだけでなくデメリットもあるのでリスクを理解しておきましょう。

リスク①転職活動がバレる

転職サービスには、忙しい医師も求人探しができるようにスカウト制度があります。

医療機関の採用担当者側が気になる人材を見つけたらアプローチする制度です。

転職希望者の名前や勤務地などは転職サイト上には掲載されません。

ただし、履歴書や職務経歴書を登録するため転職活動していることが現職の勤務地に見つかってしまう可能性が出てきます。

多くのスカウト制度には特定の医療機関は閲覧制限をかけるブロック機能があります。

転職サイトに登録する際には、スカウト制度にブロック機能を設定しておきましょう。

リスク②後悔の残る転職

転職を急かせて来たり、興味のない求人を紹介される対応をするエージェントも中にはいます。

転職ノウハウが少なく頼りにならないアドバイザーが担当になっても満足度の高い転職はできません。

医師の人材紹介料は年収の20%が相場となっており
強引に転職を勧める悪質なアドバイザーもいるので注意しましょう。

良い転職サイトを選ぶポイント3選

では、どうすれば良い転職サイトから医師転職を成功させることができるでしょうか?

1位:情報の秘匿性

医師転職にとって、転職活動していることが地元の医療関係者に知られないようすることが重要です。

転職サイトは個人情報を厳重に取り扱い、守秘義務の意識が高い業者を利用しましょう。

会社の規則を確認して会員の情報を外部に漏らさないことは大切なポイントです。

情報の秘匿性が重要な理由

転職を希望する医師が転職サイトには病院名、科目、年齢を記載すると、名前がなくても個人が特定されてしまう可能性があります。

特に勤務医の場合は、転職活動していることが勤務先に知られてしまったら現職の居心地が悪くなるので要注意です。

プライバシーマークの取得の有無および取得番号

安心して使える転職サイトはプライバシーマークの取得番号があり、個人情報の管理が徹底されていることです。

情報収集や条件交渉などの個人情報を出さず、匿名性を担保して進める業者を利用しましょう。

個人情報保護方針の記載の有無および内容

個人情報の取扱いを適切に行っている証であるプライバシーマークがあり、個人情報保護方針の記載があることを確認しておきましょう。

個人情報が漏れたり、医師が特定されないための情報管理を徹底している業者が安心ですね。

2位:求人数と情報の豊富さ

転職サービスによって医師求人数は異なるので、よくチェックしてから登録しましょう。

一般に公開されない優良な案件が揃う非公開求人はキャリアアップ、年収アップに繋がるので要チェックです。

募集要項の勤務条件や給与について、不満がある場合は好条件の転職になるように交渉してくれます。

3位:退職のサポート

理想的な転職は、現職の職場には迷惑をかけずにスムーズに退職することです。

初めて転職する方はキャリアアドバイザーが退職のサポートをしてくれると安心ですね。

信頼できるコンサルタントを利用しよう【まとめ】

医師転職サービスは無料で登録して、最後までお金をかけずにサービスを受けることができます。

信頼できるキャリアコンタクトと出会い、キャリア相談をすることで理想的な転職へ近づきます。

ぜひ、転職サービスを上手に活用して情報収集を始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です