全然同じじゃない!既卒は転職サイトを使わない方がいい理由3選

既卒就職希望者/女性
既卒が新卒サイトを使った方がいいってのはよくわかったのですが(以前の記事でまとめています)、逆に転職サイトってどうなんでしょうか?年齢的に第二新卒と近いですし、使っても問題なさそうな気もするんですけど…。

既卒のみなさんの中には「新卒枠ではないから」と思って転職サイトに登録して求人探しをする方も多いでしょう。

しかし、結論から言うと既卒は正社員になったことがなく、社会人経験がないので転職サイトは使うべきではありません。

CAREE編集長サム
こんにちは。みなさんの就職を応援するウェブメディア「CAREE」編集長のサムです。私はこのメディア運営を通し、仕事に関わるさまざまな悩みと向き合ってきました

この記事では、既卒が求人探しをするために転職サイトは不向きの理由を解説していきます。この記事を読んで、みなさんの就活がうまくいくことを願っていますよ!

既卒は転職サイトではなく就活サイトを使おう!

既卒就職希望者/女性
転職サイトが使えないとなると、いったいどこで求人を探せばいいんでしょうか?

転職サイトは、基本的に実務経験があり、スキルがある人向けのサイトです。サイト自体も転職が前提となっているため、就活をする既卒にとってはふさわしくありません。

たとえ、転職サイトの求人に応募して面接に進めたとしても即戦力を求める企業からすると、どうしても既卒者は不利になってしまいます。

そのため、既卒者は、既卒専用の「就活サイト」を使うことをお勧めします。

でもなんで転職サイトではなく就活サイトなのか。以下ではその理由をお伝えします!

理由① 転職サイトはライバルが多い

転職サイトの「リクナビNEXT」や「doda」などでも「既卒可」の求人を見つけることはできます…が、「既卒可」の求人はあくまで「既卒も応募できる」にすぎません。既卒者、第二新卒、社会人経験者など多くの人が応募するので必然的にライバルが多くなってしまいます。

そのため、転職サイトの「既卒可」求人は、既卒には向いていません。既卒には既卒なりの戦い方があるのです。

理由② 既卒は転職サイトでは不利になりがち

「転職サイト」とはその名の通り、一度就職した人が「転職する」ために使う社会人経験者向けの求人サイトです。登録されている求人は、即戦力となる人材を求めているので、ほとんどが社会人経験者が応募します。既卒にとって、これらの人と争うことは不利になってしまいます。

また、転職サイトに「未経験者歓迎」「経験不問」と記載がある場合でも、それはあくまで求人に記載されている「業界や職種が未経験でも応募可能」という意味です。決して「社会人未経験者である既卒者が応募してもよい」といった意味ではないので歓迎されません。

以上のことから、既卒が転職サイトを経由して求人に応募しても、内定を獲得するのは難しいと言えます。

理由③ 企業が狙う人材のターゲットと既卒は異なる

転職サイトに掲載されている求人は、実務経験があり、スキルや実績を伴った即戦力のある人材です。

基本的に社会人未経験者をイチから研修したり、教育する時間もコストも検討していません。

既卒者は企業が求めるターゲットと異なるのではじめから不利な状況にあると言えます。

転職サイトには、「既卒可」の求人が見かける事がありますが、求人の質が良くなかったり、ブラックの可能性もあるので注意が必要です。

早く正社員採用されたい!と待遇のよくない会社に妥協して入社すると、すぐに辞めてしまう事態にもなりかねません。

長く勤められる良い職場を見つけるためにも転職サイトに掲載されている「既卒可」には注意しましょうね。

既卒におすすめの就活サイトは?

既卒就職希望者/女性
じゃあ、既卒のわたしはどのサイトを使えばいいんですか?教えてください!

既卒は「転職サイト」が向いていないならば、どこを使えばよいのかと言うと、先程もご紹介した通り「就活サイト」がおすすめです!

既卒者専門の「就活サイト」を使えば、不利な立場になることはなく、既卒者を積極採用しているので内定率がアップします。求人も既卒が応募しやすいものが多く、待遇も良い優良求人が揃っているので安心して応募できます。

では早速、既卒者専門のおすすめ「就活サイト」を3つご紹介しましょう。

ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒のトップページ

出典:ウズキャリ既卒

「ウズキャリ既卒」は既卒を採用したい!という企業がばかりが揃った既卒専門の就活サイトです。

丁寧な就活サポートに定評があり、応募する企業ごとに2時間かけて面接対策が行われます。

社会人になったことがない既卒を丁寧に教えてくれるので、既卒者から絶大な信頼を得ています。

「ウズキャリ既卒」のユーザー満足度は、内定率86%という高い数値に現れていますね。

そして、既卒が一番心配なのはブラック求人に引っかかからずに優良求人を見つけられるかという点です。

「ウズキャリ既卒」はブラック企業を徹底して排除すべく厳しい基準を設けています。

そのため、掲載されている企業は職場環境が良いホワイトで離職率が低く、優良企業が多く揃っているので安心して仕事選びができます。

実際に、「ウズキャリ既卒」を通して就活して内定をもらった人は定着率は95%とかなり高い数値をキープ!

優良企業へ就活できたことに心から満足して、職場に納得している人が多いので、「ウズキャリ既卒」のサービスの質は高いと言えますね。

また、ウズキャリ既卒のメリットやデメリット、口コミなどはこちらの記事で紹介しています。よろしければお読みください!

ウズキャリに登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

2019年1月9日

ハタラクティブ

ハタラクティブのトップページ

出典:ハタラクティブ

レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」は既卒、第二新卒、20代に特化した転職エージェントです。

社会人未経験者、または社会人経験が浅い人20代の就活・転職サポートに強みがあります。

キャリアアドバイザーによる手厚いサポートがあり、適性チェックやキャリア相談に乗ってもらえます。

正社員としてキャリアを積みたいけど自分は何が適しているか分からない方、やりたい仕事が見つからない方は、「ハタラクティブ」のアドバイザーに相談しましょう。

これまでのアルバイト経験や得意なこと、スキルなどをチェックして最適な業界・職種を見つけるヒントを得ることができます。

また、ハタラクティブのメリットやデメリット、口コミなどはこちらの記事で紹介しています。よろしければお読みください!

ハタラクティブに登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月6日

DYM就職

DYM就職のトップページ

「DYM就職」は既卒の就職を専門ににサポートしているエージェントです。

「DYM就職」の取引先企業は、一部上場企業、トップベンチャー企業など優良企業の求人が2,000社以上!

優良企業の正社員に就職したい既卒を応援する頼もしいエージェントです。

専任キャリアアドバイザーが付いて正確なマッチングをして求人紹介してくれるので、最適な仕事が見つかります。

取り扱っている業界・業種は幅広く、特にエンジニア、マーケティング、事務、クリエイティブに強みがあります。

「DYM就職」に相談して就職・転職成功した人は定着率96%と大満足の結果が出ているので期待できますね!

DYM就職のメリットやデメリット、口コミなどはこちらの記事で紹介しています。よろしければお読みください!

DYM就職に登録すべき?口コミ評判からメリット・デメリットを徹底解説!

2018年12月6日

まとめ:既卒は転職サイトではなく就活サイトがおすすめ!

既卒は転職サイトよりも既卒専門の就活サイトが断然おすすめです。

今回ご紹介した就活サイトは既卒を積極採用している優良なサイトなので安心して利用することができます。

早速気になる就活サイトに登録して、就活成功へ導きましょう!

また、どの就活サイトを使っていいかわからない…という人はまず『ウズキャリ』や『マイナビジョブ20’s』、『ハタラクティブ』などの大手の転職エージェントサービスを使ってみましょう。一度使ってみることでエージェントに対する不安も緩和されるはずです。

アドバイザーがあなた一人ひとりに向き合い、既卒の就活サポートをしてくれます。安心して使ってみてください!

こちらの記事で既卒向けの就活エージェントの比較を行っています。合わせてお読みください。

既卒向け就活サイト・就活エージェント7選!おすすめ比較ランキングも紹介!

2019年5月1日

CAREE編集部一同

既卒向け就活サイト7選!

※このページは2019年5月時点の情報をもとに作成しています。

【既卒向け】おすすめエージェント比較ランキング7選【早見表】

ランキング順位 就活エージェント
ランキング 1位 ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒公式サイトロゴ

ランキング 2位 就職Shop

就職Shop公式サイトロゴ

ランキング 3位
DYM就職

DYM就職ロゴ

ハタラクティブ

ハタラクティブ公式サイトロゴ

JAIC

JAIC公式サイトロゴ

4位 いい就職.com

いい就職ドットコムのロゴ

5位 マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20'sのロゴ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です