パソナキャリアは第二新卒におすすめ?口コミ、評判を確かめてみた!

パソナキャリアへの登録ページ
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

「パソナキャリアの評判が気になるけど、第二新卒にも役立つのかな…」と迷っていませんか?

早期退職して、経験やスキルに自信のない第二新卒は転職活動の進め方に悩むことは多いです。

この記事では、「パソナキャリア」は第二新卒の転職に役立つのか、登録するメリット・デメリット、口コミ・評判をご紹介していきます。

パソナキャリアとは?第二新卒におすすめ?

結論から言えば、「パソナキャリア」は第二新卒に特化したサービスではありませんが、転職支援を受けられます。

実際に、「パソナキャリア」会員の約15%は社会人経験3年未満の第二新卒(20~25歳)が占めています。

近年の転職市場は、少子高齢化と早期退職の増加により、若手人材の確保が難しい状況となっています。

新卒だけでは十分に若手人材を確保することができないため、多くの企業は第二新卒の獲得に力を入れている傾向にあります。

従来は早期退職した者とレッテルを貼られた第二新卒も、最近はポテンシャル人材として需要が高まっているのです。

「パソナキャリア」も第二新卒にも紹介できる求人を多く保有しており、利用する価値は十分にあると言えます。

パソナキャリアのサービス内容

大手人材派遣会社のパソナが運営する「パソナキャリア」は丁寧なサポートに定評のある転職エージェントです。

「パソナキャリア」は登録後に、会員の希望をしっかりカウンセリングすることをモットーとしています。

無理に求人を紹介する事例が少なく、ユーザーからの信頼が高いのが特徴です。

営業色が丸見えの転職エージェントがある中で、転職希望者の気持ちに沿った親身なサポートをしてくれると評判です。

「パソナキャリア」のサービス内容は、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策まで、幅広く対応しています。

転職活動が初めての方、不安が多い第二新卒も安心して利用することができます。

パソナキャリアの料金

「パソナキャリア」は完全成功報酬型の人材紹介サービスです。

転職希望者は登録から利用まで、すべてのサービスを完全無料で利用することができます。

「パソナキャリア」は会員が内定を獲得して、入社が完了した時点で紹介手数料を得ることで運営しています。

パソナキャリア利用の流れ

ここからは、「パソナキャリア」の登録から利用までの流れを見ていきましょう。

⑴「パソナキャリア」のホームページから無料会員登録する

プロフィール(氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス)を記入します。(約1分で完了)

⑵キャリアコーディネーターから電話が来る

希望する業界・職種、労働条件、職場の規模、雰囲気などを伝えましょう。

※オフィスに来社または電話でのカウンセリング

⑶求人紹介

希望・適性に合った求人を紹介してもらいます。

⑷書類添削、模擬面接など就職サポート

⑸内定獲得

パソナキャリアは電話での転職サポートも丁寧に行ってくれるので、地方在住の方にも役立ちます。

第二新卒がパソナキャリアを使ってみた感想!

「パソナキャリア」の会員の口コミまとめを見ていきましょう。

・過去の収入や能力に関わらず誰に対しても丁寧なサポートをしている
・非公開求人の質が高い
・履歴書・職務経歴書添削・面接対策などの手厚いサポート体制
・電話・メールのレスポンスが速い
・営業色が少なく無理なことを言われない

求人件数は大手のリクルートやdodaには及びませんが、求人の質が高いという声が多く見られました。

次の職場では長くキャリアを積みたいと考える第二新卒にとっては嬉しいポイントです。

また、パソナは社会貢献を重視した社風であるため、しつこい営業メールや押しの強さがないのも安心ですね。

第二新卒がパソナキャリアを使うデメリット

ここからは、「パソナキャリア」を使うデメリットを見ていきましょう。

①都市部の求人が多く地方求人は少ない

「パソナキャリア」は全国対応ですが、首都圏、東海、関西の都市部が中心となっています。

そのため、地方在住の方は「パソナキャリア」に登録するだけでは希望に合った求人が見つからない可能性があります。

ただし、電話でのサポートもあるので上手く利用しながら他の転職サービスも併用することをおすすめします。

②業界大手より求人数が少ない

「パソナキャリア」が保有する求人数は3万件と決して多い数字ではありません。

求人数よりも質にこだわっている傾向にあり、非公開求人の質の高さをアピールしています。

ただし、転職サポート大手リクルートエージェントの非公開求人は15万件以上、dodaは10万件以上保有しており、パソナは選択肢が狭いのがネックです。

求人の選択肢を広げることは最適な仕事を見つけるために大切ですから、他のサービスも併用することをおすすめします。

③スピード感に欠ける

「パソナキャリア」は丁寧なカウンセリングを意識しているため、他のサービスよりもスピード感に欠けています。

すぐに転職先を決めたい第二新卒の方は、合わない人もいるかもしれません。

早く転職をしたい方は登録の際に希望の転職時期を伝えて、「いつまでに転職したいです」と明確に伝えておきましょう。

第二新卒がパソナキャリアを使うメリット

ここからは、「パソナキャリア」を使うメリットを見ていきましょう。

①第二新卒の若者キャリア応援制度

「パソナキャリア」には独自の若者キャリア応援制度があり、第二新卒の転職に役立ちます。

パソナグループの社員として最長3年間働き、今後のキャリア形成を考えていく若手人材を育成する制度です。

他にも、一年間の基礎研修を受けて専門分野を学ぶスペシャリスト社員コースもあります。

②非公開求人の質が高い

「パソナキャリア」は非公開求人の質が高いことに定評があります。

大手の優良企業、外資系のコンサル企業、業績良好のベンチャー企業など、人気の求人を多く揃っています。

第二新卒の場合は、新卒時に不採用となった大手企業が諦めきれないといった方も多いかと思います。

パソナキャリアの非公開求人は、誰もが知る企業の求人を多く揃えているので見逃せません。

③キャリアコンサルタントの対応が丁寧

「パソナキャリア」はキャリアコンサルタントの対応が丁寧なことでも知られています。

多くの第二新卒は、短期間で仕事をやめてしまったコンプレックスやウリとなる経験・スキルがないことが悩みの種です。

キャリアコンサルタントは社会人を経験していることを強みに変えるノウハウを教えてくれます。

将来のキャリア形成が決まっていない方も、相談をしながらやりたいことが見えてくる人も多い様です。

「パソナキャリア」は入社後も手厚いサポートがあり、仕事の悩み相談も乗ってくれるので良心的ですね。

【Q&A】パソナキャリアを第二新卒が使うにあたっての疑問

「パソナキャリア」に登録する前に気になる疑問点を解説していきましょう。

Q.パソナキャリアは第二新卒に強いの?

「パソナキャリア」は第二新卒に特化した転職エージェントではありません。

実務経験やスキルを持った人の方が向いていますが第二新卒のサポートも行っています。

Q.パソナキャリアの求人は第二新卒向け

転職市場は近年の若手人材の不足により、第二新卒者の価値が高まっています。

そのため、高品質な非公開求人を多く持っている
「パソナキャリア」に登録する価値は十分にあると言えるのです。

Q.パソナキャリアの退会・解約方法は?

パソナキャリアの退会・解約方法は、担当キャリアアドバイザーに電話をして、退会する旨を伝えるだけで簡単に退会できます。

担当キャリアアドバイザーのメールアドレスに退会する旨を伝えても問題ありませんが、メールの場合は見落とされる可能性があります。

キャリアアドバイザーは何人もの会員や企業の採用担当者と大量のメールをやり取りしているため、気づかれないことがあります。

確実に退会するにはメールをするよりも電話の方が確実です。

まとめ:第二新卒はパソナキャリアを使うべき!

パソナキャリアは第二新卒や既卒に特化した転職支援サービスではありませんが、登録する価値は十分にあります。

非公開求人の質の高さやキャリアコンサルタントの丁寧なサポートが受けられるのがメリットです。

他の転職サービスは押しが強くてどうも苦手意識を持ってしまった方、相談しながらキャリア設計を立てたい第二新卒の方は、利用してみることをおすすめします。

第二新卒におすすめの転職エージェントを比較しました。

2019年6月25日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。