第二新卒は転職エージェントを使った方がいい?5つのメリットを紹介

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

転職エージェントは理想的な転職を実現するために様々なサポート体制が整った支援サービスです。

新卒入社して、短期間で辞めてしまった第二新卒にも良い求人を紹介してもらえるのかな…と考えていませんか?

結論から言えば、社会人経験が浅い第二新卒でも転職エージェントを活用する価値は十分にあります。

転職の方向性を見出すことができたり、自分の適性が分かり、進むべき道が見えてくるのです。

自分では見つけられない優良求人を紹介してもらえるのも転職エージェントを利用するメリットです。

この記事では、第二新卒に転職エージェントをおすすめする5つのメリットを解説していきましょう。

第二新卒が転職エージェントを使った方がいい5つのメリットとは?

転職活動の進め方から悩むことが多い第二新卒は、転職サポートのプロである転職エージェントを活用すると効率的です。

①第二新卒の転職エージェントには非公開求人がある

多くの転職エージェントは公開求人の他に、独自に管理している非公開求人をウリにしています。

非公開求人は全体の求人数の約80%から90%を占めており、会員登録しなければ紹介してもらえない仕組みになっています。

転職エージェントに登録するメリットは非公開求人を紹介してもらえるかと言っても過言ではありません。

非公開求人とは

非公開求人とは、転職エージェントが独自に保有している特別な求人案件のことをいいます。

人気の有名企業、上場企業、募集をかけたら応募が殺到する人気の求人が多く揃います。

第二新卒は次の転職先は失敗したくない、ミスマッチによる職場は避けたいと慎重になっているか思います。

転職エージェントに登録することで、優良な非公開を紹介してもらえるのがメリットです。

②非公開求人に応募することで内定率が上がる

非公開求人は企業の公式サイトや一般の求人サイトには公開されていません。

「企業が求める人材がいたら紹介してくださいね」と転職エージェントに託されているのです。

特に、金融やIT・SEといった人気の業界や職種は非公開求人の方がライバルが少なくなるので、選考に残りやすくなります。

優良求人を見つけて内定率を高めるためにも、転職エージェントを活用する価値があります。

③第二新卒は転職エージェントを使うことで市場価値を客観的に判断できる

早期退職した第二新卒は自分の強みが見つけられないと自信をなくしている人が多く見られます。

転職エージェントは実務経験やスキルだけでなく適性を見極めて、市場価値を判断することができます。

転職後に年収がぐんと上がれば、第二新卒の転職に「エージェントを利用して良かった!」と心から思えるでしょう。

市場価値を知ることで待遇面の向上も

転職エージェントと面談の際に、現在の年収と希望する年収の条件の聞き込みがあります。

エージェントはどんな経験・スキルがあれば年収はどれくらい見込めるか把握しています。

自分の市場価値を知ることで、年収のミスマッチを防いで、的確な希望年収を設定することができるのです。

④転職エージェントを使うことで未経験の職種や業界に挑戦できる

前職は人間関係や職場の雰囲気が合わなくて早期退職したけど、転職したら長く勤めたいと思っている第二新卒は多いです。

転職エージェントを利用すれば、未経験の職種にどれだけ適性があるのか、前もってある程度把握することができます。

キャリアアドバイザーは職場の内部事情や職場の雰囲気まで精通しています。

事前に職場の情報を得ることで、入社後に後悔することなくキャリア設計の第一歩をスタートできるのです。

キャリアアドバイザーは異業種や異業界への転職の可能性を探りアドバイスをしてくれるので、納得いくまで相談することをおすすめします。

最新のデータに基づいてどんな人が採用されやすい人物像なのか、第二新卒の未経験者も採用されるのか尋ねておきましょう。

⑤第二新卒は転職エージェントを使うことで効率よく転職できる

転職活動と一口に言っても、自己分析から求人探し、情報収集、書類の作成、面接対策など、やることは山のようにあります。

特に現職の仕事をしながら転職活動をする場合、時間がなく、転職時期がずれ込んでしまうことも良くあります。

一人で転職活動を進めるよりも、転職エージェントに登録して、担当のキャリアアドバイザーと二人三脚で進めるほうが断然効率よく進めることができるのです。

キャリアアドバイザーは、長期的なキャリア形成、
強みを引き出してくれたり、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策などスムーズに進みます。

特に第二新卒の転職は初めての転職のケースがほとんどなので、悩むことが多いはず。

転職エージェントは第二新卒の悩みや心情をよく知っていて、どうすれば理想的な転職ができるかノウハウを知り尽くしています。

キャリアアドバイザーによるアドバイスの転職ノウハウにより、自分に自信を持って面接にも臨めるようになるでしょう。

転職エージェントは転職活動のサポートをしてくれる

転職エージェントは一人では手間がかかる作業や難しい交渉などを代行してくれるメリットがあります。

内定後に年収や労働条件を交渉してもらうフォローは非常に頼りがいがあると感じるでしょう。

ただし、どんなに口コミで評判の転職エージェントに登録しても、キャリアアドバイザーのサポート経験や知識は人によって差があります。

第二新卒の転職サポート経験が豊かなベテランもいれば、新卒入社した若手のアドバイザーもいるのでサポートの質はそれぞれです。

多くの転職エージェントは一定の研修期間を経て担当者となり、サポート業務に入りますが、中にはモチベーションの低いアドバイザーもいるので要注意です。

キャリアアドバイザーがどれだけ一生懸命動いてくれるかによって転職の結果が変わると言っても過言ではありません。

多くの転職成功者は、何でも相談できて心から信頼できるキャリアアドバイザーとの出会いが良かったと口を揃えて言います。

自分に合った転職エージェントは複数登録して、信頼できるキャリアアドバイザーをを選ぶことも非常に重要なポイントです。

転職エージェントは書類選考対策、面接選考対策をしてくれる

前職を短期間で辞めてしまった第二新卒は、履歴書や職務経歴書に何を書けばよいのか悩む方は多いです。

転職エージェントには履歴書や職務経歴書など書類の添削サービスがあるので、表現力が豊かな魅力溢れる文章を書くことができます。

キャリアアドバイザーは採用基準や通過しやすいコツを心得ているので的確なアドバイスを受けましょう。

転職エージェントはなかなか聞きにくい年収アップ交渉もしてくれる

面接は上手く行ったけど、年収や労働条件で気になることがある…といったケースは多いです。

面接時に直接聞きにくい年収や労働条件の話は担当キャリアアドバイザーに間に入ってもらうのが効果的です。

キャリアアドバイザーは企業の採用担当者に給与の交渉や条件など交渉を代行することが可能です。

第二新卒が少しでも良い条件で転職するには、転職エージェントを思いっきり活用すべきです。

まとめ:第二新卒は転職エージェントを使った方がいい!

第二新卒は早期退職した中途半端な人材としてレッテルを貼られた時代もありました。

しかし、近年は第二新卒の若手人材は転職市場において価値が急速に高まっているのです。

転職エージェントを活用することで、自分を客観視することができ、強みも発見できるのがメリット。

今度こそ後悔しない職場を見つけるために、第二新卒は転職エージェントを活用することをおすすめします。

第二新卒におすすめの転職エージェントを比較しました。

2019年6月25日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。