【看護師550名に調査】転職サイトの複数登録は2社がベスト!

転職サイト2社登録した看護師の転職成功率
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 そのために、CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証しています。

「転職サイト複数登録しようと考えているんだけど、本当にいいのか不安がある…」

「何社登録するのがベストなんだろう」

そう思っている方へ向けて、看護師550名に1番転職成功率の高い登録数を大調査!

複数登録することへのメリットやデメリットも調査しました。

【看護師】転職サイトに登録するメリット・デメリットは?

看護師転職1

そもそも転職サイトに登録することへのメリット・デメリットは何なのでしょうか?

まずは大まかにチェックしてみましょう!

メリット デメリット
  • 病院の内情を知ることができる
  • 条件に合った職場がすぐ見つかる
  • 転職活動が効率的に進められる
  • 希望と違う求人案件を紹介される
  • アドバイザーからしつこく連絡がくる

効率的に転職活動を進めることができる反面、相性が合わないアドバイザーが担当になってしまうとストレスに繋がってしまう場合があります。

それでは、メリット&デメリットを詳しく紹介していきます!

転職サイトとは?

一般的な転職サイトは、求人情報をまとめたサイトのことを指します。

しかし、看護師の転職サイトは「転職エージェント」の役割を同時に担っていることが多いです。

転職エージェントは、求人情報をまとめているだけでなく、以下のような手厚いサポートをしてくれます。

  • 求職者に合った職場の紹介
  • 転職に関する悩み相談
  • 面接の日程調整
  • 給料交渉

転職は身体的にも精神的にも非常に労力を使うものです。

転職エージェントは、その負担を少しでも軽くしてくれる存在といえるでしょう。

転職サイトに登録するデメリット2選

看護師転職サイト デメリット

看護師の転職サイトはきちんと利用すれば、良い職場へ導いてくれる素晴らしいサービスですが、一歩使い方を間違えると転職のストレスや失敗に繋がってしまうことも。

そうならないために、まずは転職サイトを利用する上でのデメリットを説明します。

希望と違う求人案件を紹介される

合わない担当者に当たった場合、希望している条件等を考慮せず、無鉄砲に求人を紹介されることも少なくない様子。

「とにかく色々なところを受けたい!」というマインドの方には向いているかもしれませんが、「自分に合った職場を丁寧に探してほしい」という方には困っちゃいますよね…。

以下のような方が担当になったら、遠慮せずに担当者変更をお願いしたほうが無難でしょう。

  • 仕事内容ではなく〝転職をさせる〟ということに重点を置いている担当者
  • そもそも求職者の希望に応える気がなく、仕事だからと仕方なくやっている担当者

担当者に直接言いにくい場合は、会社のコールセンター等に連絡をして、人づてで担当変更をお願いするのがおすすめです。

アドバイザーからしつこく連絡がくる

転職先探しに熱心になってもらえるのは嬉しいことですが、あまりにも度が超えると連絡がしつこくストレスがかかってしまうことも。

このようなことをする担当者としては、以下が特徴として挙げられます。

  • 自身または会社の実績を挙げるために必死な担当者
  • 転職先探しに熱心になりすぎるあまり〝ありがた迷惑〟になってしまっている担当者

実績重視の場合は、今後の転職先探しも上手くいかない場合が多いので、担当者や会社を変更することをおすすめします。

熱心になりすぎてしまっている場合は、素直に「連絡数を減らしてほしい」という希望を伝えると、しっかり直してくれることが多いです。

転職サイトに登録するメリット4選

看護師転職サイト メリット

デメリットを把握したところで、ここからは転職サイトに登録するメリットを具体的に紹介していきます。

病院の内情を知ることができる

これは通常の転職サイトにはない大きなメリットのひとつです。

職場の雰囲気や人間関係、給与事情、離職率についての情報を細かく提供してくれるので、就職後に人間関係に悩まされたり給与面での不満を抱えたり…という確率がグッと下がります!

条件に合った職場がすぐに見つかる

通常の転職サイトでも条件に合った職場を見つけることは不可能ではありませが、それにはかなりの労力が必要です。

そこで、登録制の転職サイトであれば、担当者へ希望の条件を伝えるだけで、希望に合った職場を素早く見つけ出してくれます。

転職活動が効率的に進められる

上で紹介したメリットにも繋がってくることですが、本来は自分でやらなくてはいけない作業を、転職に特化したアドバイザーが勧めてくれるので、自身で進めるよりも圧倒的に効率よく転職活動を進めることができます。

非公開求人を紹介してもらえることがある

非公開求人とは、通常の転職サイト等に一般公開されていない求人のこと。

求人を一般的に公開していない理由として以下のことが挙げられます。

  • 募集が殺到するのを防ぐため
  • 即戦力になる人材を求めているため
  • 不特定多数に募集をかけ、職場の質が落ちるのを防ぐため

まとめると「実力のある人に良い条件&良い環境で働いてほしい」という考えで非公開求人にしていることになります。

つまり「きちんとした職場を見つけたい!」と思っている人には持ってこいのおいしい求人なのです…!

転職サイトに登録すると転職の成功率が上がる!?

看護師/転職初心者

転職サイトのメリット・デメリットは分かったけど…
結局、転職サイトには登録した方が良いの?

結論から言いますと、登録すべきです。

何故なら、転職サイトを利用した看護師の方が転職の成功率が高いからです。

転職サイトを利用した看護師の転職成功率 転職サイトを利用しなかった人の転職成功率

(調査者:CAREE編集部、調査日:2020/01/16~18、調査対象:転職経験のある看護師550人)

デメリットよりもメリットの方が大きい場合が多いということですね!

また、デメリットは知っておくことで回避できることも多いので、転職サイトは登録した方が良さそうですね!

※転職成功率は「転職先の求人に満足しているか」というアンケートの結果を基に算出。詳細はこちら

【看護師】転職サイトに複数登録するメリット・デメリットは?

看護師 転職サイト複数2
看護師/転職初心者

転職サイトを利用すると、転職成功率が上がるんだね~
なんか、ネットで「転職サイトは複数登録すべき」って見たんだけど、実際に何社登録するのがベストなんだろ?

転職サイトにもメリット・デメリットがあるように、転職サイトに複数登録することにもメリット・デメリットがあります。

この章では、複数登録のメリット・デメリットを整理した後、転職経験のあるナースさんへの調査結果を紹介していきます!

転職サイトに複数登録するメリット3選

看護師 転職サイト複数4

まずは、複数の転職サイトに登録することへのメリットを説明します。

転職サイトを比較して評価できる

ある転職サイトでは「望みにぴったり合った求人はない」と言われて諦めかけていたけど、別のサイトに登録したら条件に合った求人を紹介してくれた!

ひとつの転職サイトを使っていると、この条件が限界か…。と自分で決めつけてしまい、本当に条件の良いお仕事に出会えなくなってしまうことも。

しかし、複数の転職サイトを比較することで自分が希望する最大のお仕事の条件に出会うことができます!

相性の良いアドバイザーに出会える確率UP

何回担当を変えてもらっても、合うアドバイザーさんに出会えない。そんな時に思い切って会社を変えてみたら、ぴったりの担当者さんに出会えた!

担当者さんを何回変えてもイマイチ合う方に出会えない、なんて場合は社風そのものが合っていない場合も。

複数の転職サイトに登録をすると、より自分に合ったアドバイザーに出会える確率が高まります。

より多くの情報・アドバイスが得られる

人間関係の情報に詳しいA社と給与面に詳しいB社。両方のサービスに登録していたので、どっちの情報も知ることができてラッキー!

転職サイトによって得意分野はさまざま。

複数の転職サイトに登録することによって、転職に関する最大限の情報をゲットすることができます。

転職サイトに複数登録するデメリット3選

看護師 転職サイト複数3

次は複数の転職サイトへ登録することへのデメリットを紹介します。

管理が面倒

メールや電話でのやり取りが常に並行して行われるから時間を取られる…。

まずひとつ挙げられるデメリットがこちら。

登録する転職サイトを増やした分だけ、アドバイザーとのやりとりや連絡が増え、管理が管理が面倒になります。

アドバイザー間で情報の不一致があると混乱する

A社では「アットホームな職場環境で良い」と言われたけど、B社では「人間関係が理由での退職が多いので勧められない」と言われた。どっちを信用すればいいんだろう…。

複数の転職サイトに登録しているとありがちなのが、会社ごとの情報の不一致。

こういう際は、自身の判断能力に委ねるしかなくなってしまいます。

複数の転職サイトから病院に情報が行くと、心証が悪い

複数の転職サイトに就職先の希望条件を同時に提示するとなると、同じ病院が被ってしまうこともしばしば…。

そんな時に「求職希望者がきてますよ!」と複数の転職サイトから同じ病院に連絡をしてしまうと、イメージダウンに繋がってしまう可能性があります。

実際に複数の転職エージェントから連絡がいって面接を断られる事例があったんだとか。

そうなるのを防ぐためには、以下の方法をとることををおすすめします。

  • 素直に複数の転職サイトに登録していることを担当者へ伝える
  • 1社以外、病院への連絡は不要であることを伝える

転職サイトの複数登録は2社がベスト!

看護師/転職初心者

で、何社の看護師転職サイトに登録すのがベストなの?

当サイトの調査では「2社」がベストな看護師転職サイトの登録数でした!

転職サイト1社登録した看護師の転職成功率転職サイト2社登録した看護師の転職成功率

 

転職サイト3社以上登録した看護師の転職成功率

(調査者:CAREE編集部、調査日:2020/01/16~18、調査対象:転職経験のある看護師550人)

「1社目の転職サイトでよい求人に内定できた!」

「転職サイト2社登録したけど、全然気になる求人に出会えない…」

といったケースなど、必ずしも2社がベストではありません。

しかし、これから転職活動を始める方は、まず2社の転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか?

おすすめの看護師転職サイトを見たい方はこちら↓の記事をぜひご覧ください!

関連記事:看護師転職サイト比較12選

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 そのために、CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 そのために、CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証しています。