看護師転職サイトの賢い選び方|比較すべきチェック項目5選

看護師 転職 求人 サイト 選び方
The following two tabs change content below.

看護師の転職サイトは数が多く、「比較のポイントは何か」「何社に登録すべきか」分かりませんよね。

しかし、転職を成功させるためには、アナタに合った転職サイトを賢く選ぶことはとても重要です。

また、弊社のアンケートによると、転職サイトの併用も、適切な数に併用することで転職成功率が高まるという結果になりました。

そこで、この記事では、複数の転職サイトに登録して2回転職を経験した私が、看護師転職サイトの選び方についてお伝えします。

看護師転職サイトの賢い選び方|比較すべきチェック項目5選

看護師 転職 求人 サイト 選び方
看護師/転職初心者
どの看護師転職サイトに登録するのが賢い選択なのか教えて欲しい!

このように、看護師転職サイトの数が多すぎて、とにかくどれに登録すべきかを知りたい人は多いのではないでしょうか?

看護師転職サイトを選ぶときに最も重要なのは「適切なポイントで比較すること」です。
適切なポイントを比較することで、自身にとって有用なサイトかどうか判断できます。

転職サイトを選ぶ際の、チェックするべき選び方のポイント5つをお伝えするので参考にしてくださいね。

賢く転職サイトを選ぶために、比較すべきポイントは5つです!

求人数 公開求人数は5万件以上あるか?
得意な求人条件 希望する転職条件を満たす求人案件を扱っているか?
対応地域 転職希望の地域に対応しているか?
転職実績 年間利用者が1万人以上か?
口コミ・評判 口コミ・評判のスコアが他社と比べ低くないか?

転職成功率(転職後の満足度)を高めていく上で、上記の表を満たす看護師転職サイトを選ぶのが重要!もちろん満たすだけではなく、他の看護師転職サイトと比較してどれだけ優れているかもチェックしましょう!

選び方①希望エリアに対応した転職サイトを選ぶ

まずは、希望の勤務地に転職サイトが対応しているかを確認しましょう。

転職サイトには、全国的に幅広く求人を扱っているサイトから、関東エリアや関西エリアなど、地方限定で求人を扱っているサイトまで様々あります。

地方に特化しているサイトであれば、過去の実績や病院との繋がりから職場の情報を多く知ることができるため、希望の病院が見つかる可能性も高くなるのです。

その地域が得意かどうかは、公式サイトの求人検索や拠点を見ることで確認できます。

転職成功率を上げるためにも、最初に確認してくださいね。

 

選び方②希望する雇用形態の求人が充実した転職サイトを選ぶ

エリアでの取り扱い状況が分かれば、次は希望している雇用形態の求人を多く扱っているかを確かめましょう。

例えば、夜勤を避けたいのに日勤のみの求人が少なければ、転職の成功率は低くなりますよね。

私自身が転職するときに、考えなしに転職サイトに登録したら、希望の雇用形態とは異なる求人ばかりで困った経験があります…。

まずは、「職種・雇用形態・契約条件」など自分自身の希望を整理すると良いですよ。

頭の中では分かっていても、整理することで本当に自分が求めている雇用形態を明確にすることができるためです。

整理ができたら、希望に当てはまる求人が充実している転職サイトを選んでいきます。

雇用形態も地域と同様に、公式サイトで検索すると確認することができるので、「働きたい」「話を聞いてみたい」と思う求人が3つ程度あれば登録して求人状況を確認しましょう。

そうすると、私は同じような条件の求人を、他にも教えてもらえたのでおすすめです。

 

選び方③全体的な求人数(非公開求人含む)が多い転職サイトを選ぶ

そして、求人の数も、確認しておくべきポイントの1つです。

求人数がもし少なければ、希望条件を減らしたり、転職先に妥協する必要が出てきます。

そうなると、残念ながら転職に失敗してしまう可能性がありますよね。

でも、求人数が多い転職先を選べば、求める条件を増やすことや、ここだけは譲れない!という条件の深堀りも可能になるのです。

私の転職活動中、求人数が多い転職サイトからは、かなり詳細の条件を聞いてもらえて助かりました。

結果的に思い描いていた施設よりも、ずっと良い条件の求人をゲットできたので、求人数の確認は欠かさず行いましょう。

また、非公開求人や独占求人がある転職サイトであれば要チェックです。

「本当に非公開求人なんてあるの?」と疑っていましたが、登録すると公式サイトで見かけない求人や、新しく求人が出た時に優先的に連絡を頂けました。

非公開求人や独占求人には、好条件の求人が多いことが特徴。

そのため求人数が多く、さらに非公開求人を保有する転職サイトを選ぶと、求人の幅が広がり、転職成功率が高まります。

おすすめの求人数:3~10万件以上

3万件以上あれば転職サイトの規模が大きいため、比較できる施設が増えて効率的に転職活動を行えますよ。

 

選び方④転職成功率(実績)が高い転職サイトを選ぶ

過去の転職実績数を見ることでも、転職に強いサイトかどうか判断が可能です。

過去の実績が多ければ、その分転職成功者を多く輩出しているため、転職を成功させるためのノウハウや情報を多く持っていることが分かります。

また、実績がある転職サイトには施設側からも信頼されているため、質の良い求人が集まりやすいです。

過去の転職者から転職サイトに、人間関係や業務状況を報告することもあるため、施設内の情報を教えてもらえることもメリット。

おすすめの年間利用者数:1万人以上

年間1万人以上の利用者がいる転職サイトであれば、転職実績があると言えるため安心できます。

 

選び方⑤評判・口コミが良い転職サイトを選ぶ

評判や口コミから利用者の意見を参考にすると、登録すべき転職サイトを絞れます。

もちろん評判・口コミは個々の意見や、その時の担当者によって変わるため、良いものから悪いものまで様々です。

100%信じられるものではありませんが、利用者の体験談は参考になるため、目を通しておくと参考になりますよ。

評判や口コミは、公式サイトの「〇〇No.1」やTwitter、口コミサイトなどで見ることができます。

例えば、Twitterで検索をすると、このような口コミが出てきました。

体験した人の口コミを見ることで、どの転職サイトに登録しようかイメージが湧きますよね。

登録前に一度調べておきましょう。

あくまで口コミや評判は参考程度に活用してくださいね

 

選び方①~⑤を高水準で満たしている看護師転職サイト3社を比較

選び方①~⑤を高水準で満たしている看護師転職サイト3社を比較

ここまでは、看護師の転職サイトを選ぶための、5つの比較基準についてお伝えしました。

改めてチェック項目を確認しておきましょう。

5つのチェック項目
  1. 希望エリアへの対応状況
  2. 希望する雇用形態の求人の充実度
  3. 全体的な求人数(非公開求人含む)
  4. 転職成功率(実績)
  5. 評判・口コミ

ただ、判断基準を理解しても、数ある転職サイトから探し出すことは難しいですよね。

そこで、5つのポイントを高基準で満たしている転職サイトを、私の体験談を交えて3つお伝えします。

雇用形態は「常勤(夜勤あり)」以外の得意な求人を記載しました。

常勤であれば、どのサイトも求人数が豊富です。

看護roo

看護師 転職サイト 看護roo!
エリア別の対応 全国対応
拠点 東京、大阪、名古屋、神戸、新横浜
求人の雇用形態 土日祝休、4週8休、日勤のみ、保健師
求人数 5万件
年間利用者数 2万人以上

看護ルーは、関東、関西、東海エリアの求人に強いことが特徴です。

全国対応ではありますが、この3エリアへの転職希望者は登録すると、地域に特化した情報をもらうことができます。

また、看護ルーの公式サイトでは、「転職ガイド」のページがあり、職務経歴書の書き方や退職方法などが簡潔にまとめられています。

転職に慣れていない人や不安な人は、手助けになるので参考にすると良いでしょう。

口コミでは、看護ルーは対応が良く、好印象を抱かれることが多いようです。

私が登録した時も丁寧に条件を聞いてくださり、押し売りなどもなく安心できました。

看護のお仕事

看護師 転職サイト 看護のお仕事
エリア別の対応 全国対応
拠点 東京(渋谷)、渋谷第二、立川、福岡、船橋、札幌、広島、横浜、名古屋、大阪、さいたま、京都
求人の雇用形態 病院以外、夜勤なし、日勤のみ、託児所あり、助産師
求人数 12万件(非公開求人多数)
年間利用者数 11万人以上

看護のお仕事は、無理に転職を勧めることはなく、丁寧な対応を心掛けることを重視している転職サイトです。

公式サイトに「友達に勧めたいサービスNo.1」と記載していることからも、転職者から人気であることが分かりますね。

看護のお仕事は拠点数が多く、各地域ごとに専任のコンサルタントがいるため、地域に密着した提案を受けることが可能です。

表に出ている情報だけではなく、内部の詳細を知りたい場合は手助けとなってくれるでしょう。

そして好条件の非公開求人が多いこともポイント。登録者には、条件が良い求人を優先的に案内してくれます。

看護のお仕事の公式サイトには、「転職成功事例」が掲載されていました。一部ご紹介しますね。

前の職場は有給制度があるのに、子供の用事などで止むを得ず有給申請すると嫌な顔をされ、毎回、苦痛に感じていました。

でも、子育てしながらの転職ってけっこう大変じゃないですか。

キャリアアドバイザーの方も「無理に転職しなくていいですよ」と言ってくれたので、気軽に紹介してもらった病院に行ってみたんです。

現職の方に、直接、働きやすさなど聞くことができました。「有給消化率100%だから、気兼ねなく休みが取れるよ」と言われたのが決め手になりました。

授業参観や運動会など、子供は来て欲しいものなんですよね。母子家庭でも子供に寂しい思いをさせたくなかったので、あの時、相談してよかったと思っています。

引用:看護のお仕事「転職成功事例」

やはり看護のお仕事は、施設の条件だけではなく、内部の情報を得ながら転職活動を行えそうです。

看護のお仕事の担当者は、他サイトで紹介を受けた病院の情報も快く教えてくれました。

ナース人材バンク

看護師 転職サイト ナース人材バンク
エリア別の対応 全国対応
拠点 札幌、仙台、大宮、東京、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡
求人の雇用形態 各雇用形態の求人数が圧倒的に多い
求人数 20万件
年間利用者数 10万人以上

ナース人材バンクは、求人数が圧倒的に多いことが特徴です。

拠点も広く、地方の求人数も多いため、関東や関西以外の人も安心して利用ができます。

また、情報収集の段階であっても、希望の転職時期を伝えておくとメールで情報を教えてくれます。

抱えている求人数が多いため、転職者個々のニーズに合わせた対応が取れるのです。

ナース人材バンクには、希少求人であったり、情報を多く提供してくれるメリットがありますね。

電話やメールで求人の新着情報を、頻繁に教えてもらうことができました。

関連記事:看護師転職サイトおすすめランキング【求人数を条件別に比較】

 

おすすめは2サイト登録して転職活動をしていくこと

転職サイトの登録数×転職成功率

希望の職場から内定をもらうためには、2社の転職サイトを併用することがおすすめです。

CAREE編集部が「転職経験のある看護師550人」に調査した結果では、「2社」がベストな看護師転職サイトの登録数であることが分かっています。

関連記事:【看護師550名の口コミ】転職サイトの複数登録は2社がベスト!

2社の転職サイトに登録することの、メリットと注意点をお伝えしますね。

複数の転職サイトに登録するメリット
  • 1施設の情報量が多くなる
  • 求人情報をより多く得られる
  • 転職サイトとの相性が分かる

転職サイトを複数登録することで、1つの施設に対する情報を多角的に得られます。

施設の情報を得た後に、別のサイトで同施設について尋ねると、新情報を得られることが多々ありました。

また、転職サイト登録時には「他ですでに紹介された病院はありますか?」と聞かれることが多いです。伝えておくと、まだ紹介されていない求人を教えてもらうことができますよ。

そして、転職活動のサポートを受けるうえでは、担当者との相性が重要となります。

サイト自体は優秀であっても、担当者と合わなければ転職成功は難しそうですよね。

その点、複数に登録していれば、自分に合った担当者と出会う確率が高くなるメリットがあります。

複数の転職サイトに登録する注意点
  • 情報量が過剰になる
  • 転職活動が忙しくなる

複数のサイトに登録する注意点は、必要以上の情報が入ってきたり、担当者とのやり取りで多忙になることです。

転職サイトに登録すると、多々ある求人からいくつか選んで紹介を受けることになります。

そのため、登録数が多すぎると求人数を全て確認することが難しくなり、希望に合った求人を見落とすリスクが生じる場合も…。

また、担当者とは電話やメールでやり取りをするため、数が多いと連絡が繁雑になることも考えられます。

そういったことが起きないよう、転職を成功させるためには、転職サイトの登録数は2社がおすすめだと言えるでしょう。

 

自分のキャリア・希望転職先が明確なら選び方はもっと具体的に!

自分のキャリア・希望転職先が明確なら選び方はもっと具体的に!

将来のキャリアプランや、希望の転職先が自分の中ではっきりとしている場合は、より具体的な方法で転職サイトを選びましょう。

求人の希望条件が詳細まで決まっていると、それに特化した転職サイトを選択することが重要です。

働きたい病院の候補があったり、外来勤務や老人ホームなどのように働き方や施設の種類を決めているのであれば、それらを紹介してくれる転職サイトを選ぶとスムーズですよね。

転職先への希望がある方は、看護師転職サイトおすすめランキング【求人数を条件別に比較】の記事で具体的に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です