看護師転職サイトに不満!しつこい連絡や求人の断り方10選

看護師 転職サイト 断り方
The following two tabs change content below.

転職を決めて看護師転職サイトに登録したはいいものの、「担当者からの連絡がしつこい」「ミスマッチな求人ばかり紹介される…」なんて不満を抱えていませんか?

もし登録した転職サイトが不満なら、無理に活用せず思い切って断り、自分に合った転職サイトを使うのが転職成功の近道です!

今回は「どう断ればいいの…?」と悩んでいる看護師さん向けに、転職サイトの断り方をわかりやすく解説します。

看護師転職サイトに不満を感じる…!そのまま使うと損かも!?

看護師 転職サイト 断り方

看護師転職サイトを使っていて、「担当者と合わない」「希望条件と合わない求人ばかり紹介される」といった不満があっても、「担当者を変えてください」「もう使いません」なんて伝えるのは至難の技。

きっぱり断るのは、なかなか勇気がいりますよね……。

しかし、モヤモヤしたまま同じ看護師転職サイトを利用し続けていると不満が溜まり、さらには転職において損するデメリットとなります。

【転職サイトを断らずに生じるデメリット】

・転職活動そのものがストレスになる
・合わない求人を紹介され、転職活動が長引く
・ミスマッチな職場に転職して後悔する

転職成功率を上げるには、きっぱり断ろう!

こういったデメリットを回避するためにも、「自分に合わない」と感じた看護師転職サイトは、早めに断ることをおすすめします。

ときにはしっかり断って自分の要望を伝え、自分に合った転職サイトを使うのが転職成功の近道!

「担当者にも一応お世話になっているしな…」と断るのに悩んでいる方は、「上手な断り方」をおさえておきましょう。

【場面別】看護師転職サイトの上手な断り方10パターン

看護師 転職サイト 断り方

ここからは、看護師転職サイトの利用状況別に「上手な断り方」を紹介していきます。

・基本の断り方
・応募後の断り方
・内定後の断り方
・その他の断り方(転職時期の変更、中止)

順番に1つずつ見ていきましょう!

基本の断り方

看護師 転職サイト 断り方

まずは、看護師転職サイトの担当者に対して不満があるときの断り方を見ていきましょう。

【断り方①】担当者の変更がしたいとき

担当者変更の依頼はとても言いづらく、勇気がいることですよね。

しかし、担当者の変更は、転職サイトに記載されている電話やメール、問い合わせフォームで簡単に手続きできます。

(文面例)

いつもお世話になっております。
転職の支援をお願いしております、○○と申します。

担当アドバイザーについてご相談があり、ご連絡いたしました。

現在ご担当いただいている△△様について、丁寧にご対応いただき感謝しているのですが、私が目指す転職と△△様のご意見にずれを感じております。

そのため、他の方のご意見も伺ってみたく、可能であれば、別のアドバイザーの方とお話させていただけないでしょうか?

お手数をおかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

「担当者に直接言うなんて無理…!」という人は、上記の文面例を参考に、転職サイト上に記載されている電話・メールの問い合わせフォームを活用しましょう。

担当者を断る際には、相手に配慮しつつ、できるだけ理由を明示するのがポイントです!

【断り方②】しつこい連絡(電話やメール)をやめてほしいとき

【しつこい連絡(電話やメール)の断り方】

・「電話は困ります」と伝える
・求人紹介の頻度を減らしてもらう
・紹介条件をしっかり絞ってもらう

(それでも無理なら…)
・担当者を変更する
・転職サイトを変更する

仕事中に担当者からの電話がしつこくて、気が散ってしまったり、上司や同僚の目が気になってしまう…。そんなときは、「仕事中の電話は困ります」ときっぱり断りましょう。

また、メールなどでの求人紹介がしつこいときには、「頻度を減らしてほしい」「条件を絞って紹介してほしい」と伝えるのが有効です。

それでも電話やメールの連絡がしつこいようなら、担当者を変更するか、転職サイト自体を断りましょう

【断り方③】的外れな求人を紹介されたとき

【的外れな求人の断り方】

・自分の希望条件と合わない旨を伝える
・再度、自分の希望条件を担当者に共有する

的外れな求人を紹介されたときに大切なのは、まず、自分の希望と合わない旨を伝えること!

言いにくいからといって断らずに受けてしまうと、ミスマッチな求人ばかり紹介されたり、さらには合わない職場に転職してしまうことにもなりかねません。

「こういう点が自分の希望とは合いません」と伝えたうえで、再度、自分の希望条件を担当者に共有しましょう。

応募後の断り方

看護師 転職サイト 断り方

続いて「応募後のフェーズまで進んだのに断りにくい…!」という場面別の断り方を紹介します。

【断り方④】応募後(面接前)のキャンセル方法

【応募後に断る3つの鉄則】

・できるだけ早いタイミングで伝える
・謝罪の気持ちを伝える
・メールより電話で伝えるのベター

応募後の断り方の基本は、「できるだけ早いタイミング」で断ること!面接日程が確定した後の直前キャンセルは、担当アドバイザーだけでなく、病院側にも迷惑がかかります。

貴重なお時間をいただいたにも関わらず、大変申し訳ございません。」といった謝罪の言葉を必ず添えましょう。

なお前日や当日のキャンセルはもちろん、すでに応募している場合はメールでなく電話で伝えるのが一般的です。

◆「担当アドバイザー」とやりとりしている場合

担当アドバイザーと今後もやりとりする可能性がある場合には、断りたい理由を正直に伝えるなど、信頼関係を損なわないように気をつけましょう。

◆「病院の担当者」と直接やりとりしている場合

病院の担当者と直接やりとりしている場合には、一身上の都合により、選考を辞退させていただきたく、ご連絡させていただきました。と伝えれば大丈夫です。

【断り方⑥】面接のキャンセル方法

【面接の断り方】

・こちらの都合でお断りする旨を謝罪する
・担当アドバイザーには、正直に理由を伝える

面接を断るときには、○月○日に面接のお約束をしていましたが、選考を辞退させていただきたくご連絡いたしましたと丁寧に要件を伝えたうえで、「貴重なお時間をいただいたにも関わらず、誠に申し訳ございません。
身勝手なお願いで大変恐縮ですが、何卒ご了承いただけますようお願いいたします。」と謝罪の気持ちを伝えましょう。

面接日程も決まった後で断りにくいな…」という人もいるかと思いますが、もし自分に合わない病院を受けたところで、転職活動が長引くだけです。

モヤモヤした気持ちがあるなら、担当アドバイザーに正直に伝えて断りましょう。

【断り方⑤】職場見学のキャンセル方法

【職場見学の断り方】

・こちらの都合でお断りする旨を謝罪する
・担当アドバイザーには、正直に理由を伝える

もし「見学にいくモチベーションが湧かない…」なんてときは、早めにキャンセルしたい旨を担伝えましょう。

というのも、選考が進んだ段階での「職場見学のキャンセル」は、担当アドバイザーからの信頼を失い、今後の求人紹介に響く可能性も出てくるからです。

キャンセルしたい「理由」を正直に伝えるなど、誠実に対応しましょう。【断り方⑥】と同様に、謝罪と合わせて選考を辞退したい旨を伝えるのがポイントです。

【断り方⑦】転職サポートをやめてほしいとき

【サポートの断り方】

・担当アドバイザーを納得させる理由を伝えて断る

(全てのサポートを断りたいなら…)
・担当アドバイザーを変更する
・転職サイト自体をやめて変更する

履歴書添削、面接練習といったサポートは、客観的なアドバイスをもらえて通過率が上がることから、積極的に利用するのがおすすめです。

ただ、「面接練習の時間を割きたくない」といった理由がある場合には、「仕事が忙しく面接練習に伺う時間がとれそうにないため、ご遠慮させていただきます。」と断りましょう。

最終的に「どうしても全てのサポートを断りたい!」というときは、【断り方①】を参考に担当者の変更を依頼するか、転職サイトを変更しましょう。

内定後の断り方

看護師 転職サイト 断り方

【断り方⑧】内定を辞退したいとき

【内定の断り方】

・少しでも早く伝える
・辞退について謝罪する
・辞退理由は正直に伝え、誠心誠意の対応を心がける
・できればメール→電話でフォロー

内定辞退の際は、少しでも早く担当アドバイザーに伝えるのが鉄則です。

謝罪理由は正直に伝えて、丁寧な対応を心がけましょう。

(文面例)

お世話になっております。〇〇です。

先日内定をいただきました△△(会社名)様について、内定を辞退したく、ご連絡いたしました。

大変恐縮ですが、〜〜〜(理由)、このような結論に至りました。

一度内定をいただいておきながら、私の身勝手な決断でご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。

〇〇(担当者名)様には転職活動において色々とサポートしていただいたにも関わらず、このようなご連絡となってしまったこと、心苦しく思っております。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

理由については、「仕事内容などを考慮した結果」「別の企業に縁を感じて転職を決めたため」など、正直に伝えるようにしましょう。

特に、内定承諾後の辞退(入社辞退)は多大な迷惑がかかります。

今後、その病院と全く接点がないとは言い切れませんから、担当アドバイザーにはメールを送ってから電話するなど、誠意ある対応をしてください。

その他の断り方(転職時期の変更など)

看護師 転職サイト 断り方

【断り方⑨】転職時期を変更したいとき

【転職時期変更による断り方】

・理由を正直に伝えて断る
(担当者へのお礼を忘れずに!)
・退会手続きをとる

転職時期を変更したいときには、その旨を正直に伝えて転職サイトの利用をストップしましょう。

せっかく求人を紹介いただいたところ恐縮ですが、転職活動の時期を見直し、しばらくは今の仕事を続けることにいたしました。また転職活動を再開したときには、改めてご連絡させていただきます。

このように、転職活動を再開したときのためにも、印象を悪くしない丁寧な対応がポイントです。

メールか電話で連絡を入れたら、退会手続きをして問題ありません。

【断り方⑩】看護師の転職活動を辞めたいとき

【転職活動を辞める断り方】

・理由を正直に伝えて断る
(担当者へのお礼を忘れずに!)
・退会手続きをとる

転職する気がなくなった、看護師以外の職業に転職したいと思った、転職したいと思える求人がなかった、などの理由で転職活動をやめるときにも、その理由を正直に伝えて、転職サイトの利用をストップしましょう。

退会手続きをしないと、大量の求人メールが届き続けることもあるので、退会手続きは忘れずにおこないましょう。

最終的な「お断り」は退会で

看護師 転職サイト 断り方

これまで転職サイトを利用するうえでの様々な「断り方」を紹介してきましたが、最終的なお断りは「転職サイトの退会」です。

担当者と相性が合わないとき、自分に合う求人がないとき、転職活動を中止するとき、転職活動を終えるときには、退会手続きをとりましょう。

簡単な退会方法

最も簡単な退会方法は、担当アドバイザーに直接、退会したい旨を伝えること!

基本的に、退会手続きはそれだけで完了です。

ただ、それ以降にも求人紹介のメールが届き続けるような場合には、メールに記載されている問い合わせ先や、転職サイトHPの問い合わせフォーマットから、改めてメールの停止と退会手続きを依頼しましょう。

登録中の看護師転職サイトに不満を感じたら?

登録中の転職サイトや担当アドバイザーが合わないときは、お断り・退会手続きを踏んだうえで、別の転職サイトを利用するのがおすすめです。

ここでは、看護師転職サイトのなかでも人気かつ知名度の高い2つの転職サイトをチェックしておきましょう!

ナース人材バンク

ナース人材バンク 看護師 転職サイト 

『ナース人材バンク』は、年間10万人以上の看護師さんが利用している人気の転職サイト。

病院の求人はもちろんのこと、クリニック、訪問看護、介護施設、治験(CRC)まで幅広い求人がそろっているので、病院以外への転職を考えている看護師さんにもおすすめです。

「日勤のみ」「2交代制」といった勤務形態などの条件で絞り込みができるので、自分好みの働き方で検索可能!

都道府県別の看護師の募集状況や給与・年収データも公開されており、転職活動に役立つ情報が多いのもポイントです。

看護roo!(カンゴルー)

看護roo 看護師 転職サイト

『看護roo!(カンゴルー)転職サポート』は、サポートが充実していることで人気の転職サイト。

看護師専門のコンサルタントが、応募手続きの代行や面接の練習、転職アドバイスなどの対応をしてくれます。

コンサルタントは病院の内情についても詳しく、ネットには載っていない情報を教えてもらえるのもメリットです。

検索条件では「駅徒歩5分以内」「託児所あり」など細かく設定されていて、生活スタイルやライフプランに応じた転職活動が可能!

コンサルタントが丁寧に相談にのってくれるので、ブランクがある方にもおすすめです。

断り方を知って看護師転職サイトと上手に付き合おう!

自分に合わない転職サイトに登録しているなら、勇気を持って断ることが、後悔しない転職のための第一歩

「断りにくいな、どうしよう…」と最初は悩むかもしれませんが、一度断ってしまえば、その後は怖いこともなく、自分に合う転職サイトに絞れるというメリットしかありません!

ぜひこれを参考に、自分が目指すキャリアへの一歩を踏み出してくださいね。

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です