看護師が転職サイトを活用するメリット3選

看護師が転職サイトを活用するメリット3選
The following two tabs change content below.
看護師ライター 【経歴:国立総合病院急性期→クリニック精神科→大手メーカー企業の産業保健師

看護師の転職方法はいくつかあるため、何を利用したら良いのか悩みますよね。

私自身は看護師としての転職経験がありますが、最初は「転職サイトは信用できるのかな」「自分で転職活動をしたほうが良いかな」と不安に思っていたことがあります。

結果的に1人では情報収集が難しく、転職サイトを利用するとスムーズに希望の職場へ転職することができました。

この記事では、実際に看護師として転職経験がある私が、転職サイトが転職の成功にどのように活躍するのかをお伝えします。

転職サイトのメリット3選

看護師 転職サイト メリット

看護師転職サイトのメリットを3つにまとめました。

役立つポイントを確認していきましょう。

メリット①転職の目標を一緒に整理できる

看護師の退職率は高いと聞いたことはありませんか?

厚生労働省による調査では、以下の理由で退職する人が多いことが分かっています。

退職理由については、「出産・育児のため」(22.1%)が最も多く、次いで「その他」(19.7%)、「結婚のため」(17.7%)、「他施設への興味」(15.1%)となっていた。

引用:看護職員就業状況等実態調査結果

その他にも、人間関係や超過勤務が理由として挙がっており、様々な理由で看護師は退職を決めています。

私自身は夜勤業務が辛くなって転職を考えましたが、結婚や出産のためにライフスタイルを変える看護師もたくさんいますよね。

ですが、「何となく今の職場が嫌だから」という理由で退職すると、次の職場でも同じように嫌気が差したり、転職理由が明確でないことから面接で落ちてしまうこともあります。

退職理由は人により異なるため、転職をしたい理由・転職後にどのような生活を送りたいかを明確にすることが重要です。

高収入につられて転職した結果、思っていた職場とは違うとすぐに退職した知人がいます。

仕事とプライベートを充実させるためにも、「転職してどうなりたいのか」をはっきりとさせましょう。

とはいっても、日々の業務の中での積み重ねが、退職や転職したいという気持ちに変わっていくもの。

なかなか転職理由や将来のビジョンを明確にすることは難しいですよね。

そんなときに、転職サイトは役に立ってくれます。

担当者が一緒に、転職に至った経緯やキャリアプラン、人生設計などを考えてくれるため、「自分が本当はどうしたいのか」を整理することができるのです。

キャリアが浅い状態で転職を考えていたので、採用してもらえるか心配でした。もし、採用してもらえても臨床経験が2年未満だったのでちゃんと教えてもらえるかも心配で不安だらけでした。担当さんに正直に自分の思いを相談したら、キャリアが浅くても大丈夫と励ましてもらい、教育システムがきちんとしているところを重点的に探してもらえました。採用後、ちゃんと色んなことを教えてもらえたし、おかげさまで自信がつきました。無理せず自分らしく仕事ができて満足しています。

引用:みん評

 

メリット②転職活動の諸作業を代行してもらえる

次に、転職サイトが具体的に、どのように転職活動に役立つかをお伝えします。

 

求人探しの代行

転職サイト登録後は、まず希望勤務地と年収、勤務形態(日勤、夜勤)、勤務施設(病棟、外来、施設など)を確認されます。

その後に電話やメールで病院を紹介してもらう流れですが、ネットで流れている情報以外の実際に働いている人の口コミ・人間関係や離職率なども教えてもらうことが可能です。

これは、サイトを利用して就職した人から担当者へ情報が入るためです。

病院の公式ホームページには掲載されていないことを知れるため、転職先選びに役立ちますよね。

実際に、すぐに求人を見つけてくれるとの口コミがありました。

有料施設をさがしておりました。保険の関係で色々悩んでいる中、すぐによい求人をみつけてきてくれました。アドバイスなどくださり、不安に思っていることも解消でき、今回は私の諸事情で契約にはいたりませんでしたが、誠実な対応をしていただきました。私は特に年齢的なものもあり、難しいとおもいましたが、優しく親身に知りたいことを教えていただけました。

引用:みん評

また、非公開求人(転職サイトのホームページに掲載されていない求人)を紹介してもらえる場合もあります。

人気の求人は出回る前に、条件が合う登録者へ紹介することもあるのです。

私も、「昨日入ってきたばかりの求人なんですが…」と連絡をいただいたことがありました。中には希少な求人もあったため、これだけでも登録する価値はあると言えます。

前述したとおり、私自身は転職サイトの登録に悩んでいたため、最初は一人で求人を探していました。

ですが、仕事終わりや休日返上でネット検索をするのは、本当に煩わしくストレスになってしまいます。

また、gooリサーチの看護師の就業意識に関する調査結果によると、転職手段としては、「ハローワーク」が75.3%、次いで「インターネットの転職情報サイト」が57.7%と続いています。

今後転職の際に利用したい手段としては、インターネットの転職情報サイトを挙げる声が72.9%と最も高くなっているので、転職サイトを利用して手間を省きたいと考えている人が多いと分かりますね。

 

応募先との連絡の代行

転職希望の応募先とは、このようなやり取りをする必要があります。

応募先との連絡内容
  • 求人状況の確認
  • 面接日の調整
  • 合否確認
  • 入職までの手続き

看護師転職はアルバイト探しとは違い、最初から最後まで1人で手配を行うのは大変です。

勤続中であれば、転職に割ける時間も少ないですよね。

けれども、転職サイトを利用すると担当者が仲介に入ることで、上記の手間はすべてなくなります。

現職の引継ぎや面接対策に時間を割くことができるようになるのです。

その際の私の印象を含め、希望病院へエントリーシートを送って下さったりと、経歴だけではなく人柄も見て、その人にあった所を紹介して下さる、他では経験のなかった素晴らしさに感動しました!
転職も急いで探している旨を理解して頂き、病院側との交渉も迅速な対応でした。
自身では交渉難しいような金銭的な事も、上手にお話を進めて下さり、本当に感謝しております!!

引用:みん評

不要な手間は省いて、希望の職場を見つけましょう。

 

勤務条件の確認・交渉の代行

転職前には、面接時や合格後に勤務条件を確認する場面が多々あります。給与面や配置先など気になることは多くありますよね。

ただし、自分で直接聞くことは難しいと感じる人も多いのが事実。

転職後に聞いていたよりも給料が低かったり、日勤で応募したはずが夜勤出るように言われたなどのトラブルが起こることもあります。

せっかく転職したのに、条件が合わなければ困ってしまいますよね。

しかし、転職サイトを利用すると担当者が代わりに条件を確認してくれるだけでなく、サイトによってはトラブルが起こった際に対応可能な場合もあるため、安心して転職ができますよ。

求人もたくさん紹介してもらえたし、給料などの金額面でこちらからは直接聞きにくいことも代わりに確認、交渉してもらえたので大変助かりました。

引用:みん評

 

メリット③選考に強くなれる

転職サイトは求人を紹介してくれるだけではなく、面接での質問対策や自己PR方法などを一緒に対策してくれます。

また、看護師が身に付きにくいビジネスマナー等も教えてもらえるため、すごく助かりました。

進捗状況も説明してくれるので信頼できました。ラインでのやりとりをしていましたが、電話する前にラインで予定を聞いてくれるところも好感を持てました。履歴書添削や面接対策も丁寧にしてくれ、希望の病院に就職することができました!

引用:みん評

過去に何人もの転職をサポートしているため情報が多く、サイトによっては面接対策マニュアルなどの用意もあり、インターネットで対策を調べるよりもずっと効率的です。

質疑だけでなく振る舞いや身だしなみも勤務時とは違うため、間違った情報を入れてしまうと「いまいち」な印象をもたれる可能性もあるので注意したいですよね。

ハローワークや自主応募の場合は、看護師に特化した面接対策は得にくいため、無料でサポートを受けられるのは大きなメリットと言えます。

希望の職場に採用されるためにも、転職サイトを利用して活動を行い、内定をゲットしましょう。

 

結局、転職サイトは利用すべき?

看護師 転職サイト メリット 他の求人の探し方と比較

ここまで転職サイトのメリットを紹介しました。

最後に、転職サイトを利用するべきかどうかを改めて解説しますね。

転職サイトに登録すると、転職成功率UP

careeが実施したアンケート調査の結果によると、転職サイトを利用することで、転職の成功率は高まります。

具体的には、転職サイトを利用しなかった人の転職成功率が56.2%だったのに対し利用した人は63.0%。6.8%も成功率が高くなっていたのです。

とは言っても、転職サイトの登録に不安な点もありますよね。転職サイトのデメリットを確認してみましょう。

転職サイトのデメリット
  • 求人紹介の連絡が多い
  • 希望と異なる施設も紹介される
  • 担当者と合わない場合がある

転職サイトの利用では、上記のことで困る場合があります。

ただ、登録当初はそうであっても、連絡頻度や希望条件を再確認したり、担当者を交代をすることで対処が可能です。

そのため、デメリットが不安だからといって、転職サイトを利用しないことはおすすめしません。対処可能なデメリットよりも、転職を成功へとサポートしてくれるメリットの方が大きいからです。

施設情報を得て面接準備などを行うことで、転職の成功率はUPします

転職活動の目的は「転職を成功させること」なので、転職サイトを利用して成功率を上げる方が良い選択だと言えます。

 

他の方法で転職活動するよりも良いの?

この記事では、転職サイトを利用するメリットを3つお伝えしました。

転職サイトのメリット
  • 転職の目標を一緒に整理できる
  • 転職活動の諸作業を代行してもらえる
  • 選考に強くなれる

ただ、看護師が転職をする方法は他にもありますよね。

本当に転職サイトを利用するべきか、別の転職手段と比べてみました。

目標整理 作業代行 選考対策
看護師転職サイト
求人情報サイト × × ×
ハローワーク
看護協会 ×
病院ホームページ × × ×
知人の紹介 × ×
3点に当てはまる転職方法

  • 目標整理…転職サイト、ハローワーク、看護協会
  • 作業代行…転職サイト、ハローワーク
  • 選考対策…転職サイト、ハローワーク、看護協会、知人の紹介

個人応募の「求人サイト」「病院ホームページ」はサポートが一切ないため、全て1人で行う必要があります。

知人の紹介は、内部情報に詳しかったり、既に知人が話を通している場合が多いため、選考対策は可能ですがその他のサポートはありません。

ハローワークはサポートがありますが、看護師専門ではないため情報に詳しくない可能性が高く、不十分だと言えます。

また、看護協会は相談サポートなどあり、目標整理には役立ちます。

ですが、求人応募後は直接やりとりしなければならず、求人数も少ないため転職サイトのような役割は期待できません。

その点、転職サイトであれば、求人数が多いのはもちろん最初から最後まで転職を手助けしてくれます。

以上のことから、働きたい職場探しから選考対策まで、サポートを受けて転職を成功させたい人は、看護師専門の転職サイトの利用がおすすめです。

 

The following two tabs change content below.
看護師ライター 【経歴:国立総合病院急性期→クリニック精神科→大手メーカー企業の産業保健師

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です