岩手の看護師転職におすすめ!要注目の公的サービスと転職サイト

看護師 転職サイト 岩手

岩手で看護師の転職を考えているけれど、どうやって転職活動をしたら良いのかわからないという人もいるのではないでしょうか。

まずは岩手の看護師を取り巻く環境を知ることからはじめましょう。求人の多い地域や病床数の多い代表的な病院など知っておくことは、転職活動でも有利です。

さらに、こちらの記事では、岩手の転職方法について公的機関が行っているサービスや転職サイトについてもご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

岩手の看護師は盛岡に集中傾向

看護師 転職サイト 岩手 盛岡

日本医師会総合政策研究機構の資料を元に、岩手県の看護師を取り巻く環境について解説します。

岩手県は全国第2位の面積を持つ県で、県全体で見ると人口10万人あたりに対する病院数は全国平均をやや上回りますが、診療所の数は全国平均を大きく下回っているのが現状です。そのため、各医療機関がカバーすべき診療圏が広く、長距離搬送も頻回に行われています。

また、人口10万人あたりの看護師の数は全国平均よりも高めですが、実はその44%が盛岡に集中していて、他の地域では全国平均を下回っています。さらに、県内の医師数も盛岡以外は全国平均を下回っていて、医療資源の多くが盛岡に集中しています。

都市部とそれ他の地域の医療資源の格差を埋め、県全体をカバーするために、各地域には県立の基幹病院が配置され、盛岡を中心とする県立病院ネットワークが機能しているのも岩手の特徴です。

参照:日本医師会総合政策研究機構

岩手主要病院マップ

一般社団法人 日本病院会のホームページに掲載された情報を参考に、岩手で日本病院会に加盟している病院の分布を地図にまとめました。

岩手で加盟している全37施設中、11施設が盛岡に集中していて、その他の地域は最多でも3施設にとどまります。

また、盛岡は県内病床数最多の600床を超える岩手県立中央病院がある一方で、その他の地域では500床を超える病院はありません。

参照:日本病院会|会員一覧 【岩手県】

地域別・代表的病院施設と医療資源状況

日本医師会総合政策研究機構の資料を参考に、岩手の地域別の医療資源状況を解説します。

地域によって医療資源に大きく差があることは、看護師を取り巻く環境にも影響するので、まずは現状を把握しましょう。

参照:「B.人口動向と将来に向けた地域の医療福祉の整備の方向性」|日本医師会総合政策研究機構

盛岡

岩手の県庁所在地である盛岡は、県内の医療施設を代表する岩手医科大学や、岩手県立中央病院、盛岡赤十字病院、盛岡友愛病院などがあります。

県下の他地域と比べて群を抜いて医療資源が充実している地域で、県内の病院および診療所の40%以上が、さらに、県内の医師の5割、看護師の4割以上が盛岡に集中しています。

地域の医療資源格差を埋めるため、県立病院のネットワークを活かし、岩手県全域の他の県立病院から多くの患者搬送を受け入れているのも特徴です。

岩手中部(花巻)

岩手中部は県内で盛岡に次ぐ人口数を抱える地域ですが、全体的に医療資源は少なめです。

基幹病院としては県立中部病院がありますが、人口当たりの病床数や医師数、看護師数の全てが全国平均を下回っています。医療圏が2000㎞2と広域なため拠点病院までの移送が大変な地域でもあります。

なお、救急救命センターはありません。

胆江

胆江は、人口約14万人の地方都市型の医療圏です。

県立胆沢病院が地域の中核医療施を担っていて、全体では医療資源は少なめです。高機能医療が必要な場合は患者を盛岡に移送し、他の疾患は県立病院を中心に地域で対応しています。

人口当たりの病床数はほぼ全国平均値ですが、医師数や看護師数は全国平均を下回っています。

両盤(一ノ関)

両盤は、人口約14万人の過疎型の医療圏です。

県立磐井病院が地域の中核医療を担っていて、全体では医療資源は少なめです。胆江と同様に高機能医療が必要な場合は、患者を盛岡に移送する体制をとっています。

病床数と看護師数は全国平均を上回る一方で、医師数は少なめです。入院治療がメインの収容型医療の比率が高いと思われます。

気仙(大船渡)

気仙は、人口約7万人の過疎型の医療圏で、東日本大震災では大きな被害を受けた地域です。

県立大船渡病院(救命救急)がありますが、震災前から全国的にもっとも医療資源の少ない地域で、現在は病床数、医師数、看護師数全てが全国平均を大きく下回り、震災後はさらに厳しい状況になったと思われます。

今後、大幅な人口減少が見込まれる地域ですが、復興支援を推進するためにも、盛岡との医療ネットワークの強化が望まれます。

釜石

釜石は、人口約5万人の過疎型の医療圏で、気仙と同じく東日本大震災での被害が大きかった地域です。

県立釜石病院が地域の中核医療を担っています。医療資源としては、病床数と看護師数は全国平均を上回る一方で、医師数は少ないため、入院患者の看護をメインとした収容型の医療の比率が高いと思われます。

さらに診療所も少ない地域で、復興支援を進めるためにも、盛岡との医療ネットワークの強化が望まれます。

宮古

宮古は、岩手県の中でも特に過疎化が進む地域です。東日本大震災では大きな被害を受けました。

2000㎞2を超える大きな医療圏の一方で人口密度は低く、医療資源が少ないため、拠点病院までの移送が大変という問題を抱えています。

人口当たりの病床数と看護師数は全国平均を上回っているものの、医師と診療所数は少なく、救命救急もありません。

今後は、さらに人口の大幅な減少が見込まれる地域ですが、復興支援も含めて、盛岡との医療ネットワーク強化が望まれます。

久慈

久慈は、人口約6万人の過疎型の医療圏です。

県立久慈病院(救命救急)が、地域の中核医療を担っています。病床数、看護師数、医師数の全てが全国平均を下回っていて、さらに診療所の数も少なく、医療資源の少ない地域です。

今後も人口が減少していくことが予想されるため、施設強化は困難で、現在の医療提供水準の維持と盛岡との医療ネットワークの強化が望まれます。

二戸

二戸は、人口約6万人の過疎型の医療圏です。

県立二戸病院が、地域の中核医療を担っています。病床数、看護師数、医師数の全てが全国平均を下回っていて、さらに診療所の数も少なく、医療資源の少ない地域です。

久慈と同様に人口が減少しているため、施設強化は見込めないので、現在の医療提供水準の維持と盛岡との医療ネットワークの強化が望まれます。

岩手は看護師のUターン・Iターンを推奨

このように岩手県のほとんどの地域で、看護師が不足しているため、県では看護師確保の対策に取り組んでいます。

看護師のUターン・Iターンを推進し、転職を機に岩手で働きたい看護師にさまざまなサポートを行っています。

公的に受けられるサービスとして、「いわて看護職応援ナビ」と「岩手看護協会」の取り組みについて紹介します。

いわて看護職応援ナビ

「いわて看護職応援ナビ」では、看護学生や、U・Iターンを考えている看護師向けに、岩手県内の看護師求人を公開しています。

画面上の岩手県内の地図から希望エリアや市区町村をクリックし検索すると、求人情報を閲覧できます。求人情報には施設の看護体制などが詳しく表示されていて、さらには施設の代表者や実際に勤務する人のメッセージが掲載されているので、職場の様子がわかりやすいのも◎。もちろん、業務内容から給与や福利厚生などの情報もしっかり網羅されています。

気になる求人がある場合は、直接施設の担当者に問い合わせてみましょう。

また、お知らせページでは、岩手県が主催するお仕事相談の開催などの情報も公開されているので、まずはこうした相談窓口に出向いてみるのも良いでしょう。

参照:いわて看護職応援ナビ

公益社団法人 岩手県看護協会

「岩手看護協会」は、日本最大の看護職の職能団体である日本看護協会を母体とする団体です。

看護に関する最新情報をはじめ、研修情報や県内の看護職求人の無料紹介なども行っています。

現在、岩手県内に就労している看護職16,000人のうちの、約7,000人が看護協会会員になっていて、入会すると研修を優先的に受講できたり、看護職賠償責任保険の加入できたりする特典が受けられます。

岩手県看護協会では、東日本大震災で被害の大きかった沿岸地域の看護職募集を積極的に行っている他、災害支援ナースの登録も推進しています。

参照:公益社団法人 岩手県看護協会

岩手の看護師必見の転職サイト7選

岩手で看護職を探すなら、公的機関の求人情報以外にも、転職サイトをチェックすることをおすすめします。豊富な求人から転職先を探すことで、より希望に近い求人に出会える確率がアップします。

こちらでは、現在、主要な転職サイトで掲載されている求人情報から、求人数が多い順におすすめのサイトを7つご紹介します。

転職サイトならではのサービスや、メリットなどもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

1 ナース人材バンク

ナース人材バンク
「ナース人材バンク」は求人数の多さが自慢の転職サイトです。

岩手の求人数は1828件(2020年4月現在)と、他の主要サイトと比べても最多を誇ります。

無料転職サポートに登録すると、キャリアパートナーによるさまざまなサポートを受けることができます。例えば、求人票にはない施設の雰囲気や人間関係についての情報が得られたり、給与の交渉を代わって行ってくれたりするので、安心して転職活動に臨めるはず。

さらに、ブランクのある看護師の復職支援も積極的に行っています。

2 看護のお仕事

看護のお仕事

「看護のお仕事」は、キャッチコピーの「職場のリアルがわかる転職」がモットーの転職サイト。サイト内では、職場インタビューなども公開しています。

岩手の求人は1015件(2020年4月現在)と、ナース人材バンクに次ぐ求人数となっています。

キャリアアドバイザーによるきめ細かいサポートが評価されていて、友達に勧めたいサービスNo.1にも選ばれています。

3 医療ワーカー

「医療ワーカー」は、公開求人に加えて非公開求人の多さでも人気の転職サイトです。

岩手の求人は892件(2020年4月現在)で、そのうち264件が非公開求人となっていて、登録することで全ての求人を見ることができます。

登録者は、履歴書の添削や面接対策から、条件面の交渉、さらには入職後のフォローまで、看護師専門のアドバイザーによる無料の手厚いサポートが受けられます。

4 ナースではたらこ

ナースではたらこ

「ナースではたらこ」は、厚生労働省の職業紹介優良事業者の認定を受け、対応満足度No.1に輝いた実績もある人気の転職サイトです。

岩手の求人は743件(2020年4月現在)で、登録すると非公開の求人の紹介や、興味のある医療機関を逆指名することもできます。

キャリア・アドバイザーが施設との交渉などを代行してくれるので、より希望に近い転職先に出会えると好評です。

5 ナースJJ

「ナースJJ」は、好条件の求人を中心に紹介している転職サイトです。

こだわりの検索条件として、年収500万円以上や年間休日120日以上など、高い条件設定ができるのが特徴です。

岩手の求人は485件(2020年4月現在)で、うち10件が年収500万円以上の求人となっています。

さらに、入職後にアンケートに回答すると最大で35万円の祝い金がもらえるサービスも◎。

6 看護roo!

看護roo

「看護roo!」は、全国5万件以上の公開求人数を誇る転職サイトで、岩手県の求人は276件(2020年4月現在)です。

求人と平行して、看護師のコミュニティサイト「ナースカタリーナ」も運営し、看護師の総合サポートサイトとして支持されています。

サイト内には、自己PRや志望動機などの例文集も紹介されいて、転職活動に役立つ情報が満載です。

7 ジョブメドレー看護師

「ジョブメドレー」は、医療介護従事経験者が運営する利用者からの信頼の厚い転職サイトです。

他のサイトと違うのは、求人募集をしている事業所に直接応募が届き、スピーディーに転職活動が進められることです。

さらに、履歴書を公開することで事業所からのスカウトメールを受け取ることができるサービスも好評です。

岩手県の求人は348件(2020年4月現在)です。

まずは転職サイト2社に登録してみて!

複数のサイトに登録するメリットは、条件を比較できることや、より多くの情報にアクセスできること、さらに、相性の良いアドバイザーに出会える確率が上がる点などです。

では、何社に登録するのが良いのでしょうか?

できるだけ多くの求人サイトに登録した方が求人数が多くなるので有利だと思うかもしれませんが、実際は転職サイトからしつこく連絡がきて、疲弊してしまう人も少なくありません。

一方で、1社だけでは条件が限定されてしまったり、キャリアアドバイザーとの相性が合わなかったりするというデメリットも。

CAREEが、転職サイトを利用した看護師に行ったアンケートでは、2社に登録した人の転職成功率は、1社または3社に登録した人よりも高いことがわかりました。

もちろん全ての人にとって、2社登録がベストとは限りませんが、転職活動の際の参考にしてみてくださいね。

【看護師550名の口コミ】転職サイトの複数登録は2社がベスト!メリット・デメリットも紹介

まとめ

岩手で看護師の転職を目指すなら、まずは公的な機関が提供している転職支援サービスにアクセスしてみましょう。そこで求人数や条件などを把握したうえで、さらに条件の良い求人に出会うために、転職サイトを利用するのがおすすめです。

限られた情報からは希望の求人には出会いにくいので、いくつかの転職サービスを比較検討しながら転職活動を進めましょう。

満足できる転職先を探すためにも、焦らずじっくり転職活動に取り組んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です