臨床開発モニター(CRA)になるには?

事の一日の流れなど、まとめて解説していきます。

臨床開発モニター(CRA)になるには?

臨床開発モニター(CRA)には、薬に対する専門知識、医師や看護師といった医療従事者との折衝能力が求められます。

そのため、多くの求人は薬剤師、看護師、臨床検査技師、MR、治験コーディネーター(CRC)の経験者であることを条件としています。

企業によっては、理系の大学、短期大学、専門学校等の卒業者を応募資格とする製薬会社もあります。

転職の際には、事前に薬学や検査学を学んで対策をとっておきましょう。

臨床開発モニターに必要な資格・経験は?

臨床開発モニター(CRA)になるための特別な資格はありません。

治験の担当医師や患者と接したり、製薬会社とのやりとりも多く、医薬品に関する幅広い知識が必要となります。

そのため、臨床開発モニターの約90%は看護師、薬剤師、臨床検査技師、MRといった医療業界関係者となっています。

薬剤師の国家資格、MRの資格を所持していると、採用されやすく有利になるでしょう。

そして、治験の手順書や実施計画書を英語で書く会社の場合は、英語のスキルも採用条件となります。

臨床開発モニターは未経験でも大丈夫?

臨床開発モニターは未経験者でも採用されるチャンスがあります。

ただし、調剤薬局や病院で2年以上の臨床経験があり、MR経験があることが条件となります。

薬局やドラッグストア、病院などで服薬指導、臨床経験がある薬剤師は中途採用で転職することができます。

臨床開発モニターの求人の探し方

製薬会社にとって、新薬の開発は会社の売り上げを伸ばす重要な要素であるため、各社とも力を入れています。

新薬の開発に必要な治験に関わるCRAは非常に大切な人材であり、人手不足が続いているため、今後は多くの人材が求められる見込みです。

臨床開発モニターの求人は少ない

臨床開発モニターの求人は全体的に少なく、大手の製薬会社が多い東京都心部での求人に偏っている傾向にあります。

受託臨床試験機関は製薬会社との密な連携が必要なため、製薬会社の周辺地域に本社があるケースが多く見られます。

転職サイトを活用して求人を探そう

臨床開発モニターの求人は医療機関の求人を多く保有している転職サイトに登録して探してみましょう。

臨床開発モニターの求人は、製薬会社、開発業務受託機関(CRO)が募集しています。

製薬会社は常に複数の新薬の開発を行っており、今後は、臨床開発モニターの求人は増えていく見込みです。

臨床開発モニター(CRA)の給料(年収)

臨床開発モニター(CRA)の給料(年収)は地域や企業の規模によって異なりますが、月給25万円~27万円、年収350万円~450万円です。

ボーナス(賞与)は2ヶ月~4ヶ月程度、残業手当、役職手当が付き、スキルによって年収が上がるのが嬉しいポイント。

上級の英語スキルがある人は国際共同案件に参加できるため、勤務年数によっては年収1,000万円以上の人もいます。

20代臨床開発モニターの給料(年収)

20代は年収500万円前後、経験年数によっては同じ年代でも年収金額に差が出ることがあります。

30代臨床開発モニターの給料(年収)

30代になると、5~6年の経験で600万円〜700万円前後までアップします。

日系企業か外資系企業かによっても年収に差が出てくることもあります。

40代臨床開発モニターの給料(年収)

40代以上になると、6年以上の経験で800万円前後が平均相場となり、管理職の場合は1,000万円を超えています。

臨床開発モニター(CRA)はつらい?楽しい?(仕事内容)

臨床開発モニター(CRA)の仕事は治験を実施する医療機関や医師の調査、被験者の適性審査、治験中のモニタリングや治験結果の報告など、治験の流れに全て関わります。

医療機関の立場で治験のチェックを行う治験コーディネーター(CRC)とは異なり、製薬会社の立場から業務を行うのが特徴です。

新薬の開発に関わりたいと考えている方にはやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

臨床開発モニターの一日

臨床開発モニターの業務は内勤メインの日と外勤メインの日があります。

ここからは、治験を担当する臨床開発モニターのスケジュールを見ていきましょう。

朝9時半頃までに、家から直行で治験を行う施設へ向かいます。

朝10時から、今まで行った治験の経過や結果の記録と今回の治験による症例報告書を照合して、不備がないか確認します。

12時から1時間のお昼休憩を取り、午後からは薬を開発した製薬会社の臨床開発モニターも行います。

午後3時からは、治験コーディネーターにSDVの結果提出、質問事項の問い合わせ、症例報告書に不備があったときは修正依頼を出します。

午後4時から、治験を担当した医師と面会し、SDVによる質問事項の問い合わせをして、午後5時には自宅へ直帰します。

臨床開発モニターの口コミ評判

ここからは、臨床開発モニターの口コミ・評判を見ていきましょう。

臨床開発モニターがきつい/辛いという口コミ

臨床開発モニターが楽しいという口コミ

臨床開発モニターのメリット

・新薬の開発に携わることができる
・土日休みのカレンダー通りに休める
・夜勤なし
・転勤がない
・産休や育休、時短勤務がある
・在宅勤務制度やCRAサポート専任ポジション
・家庭との両立が実現しやすい
・CRA以外の仕事にキャリアチェンジできる

製薬業界は、目まぐるしいスピードでさまざまな医薬品の開発が行われています。

臨床開発モニターはいち早く新しい医薬品に携わることができるため、やりがいを感じられます。

新しい医薬品の治験をモニタリングすることで、どのような人に役立つのかを感じ取れるのが魅力と言えます。

臨床開発モニターのデメリット

・正確な治験データを蓄積することが必要
・常に緊張感がある
・定時退社は難しい
・残業時間平均20~30時間
・出張が発生することがある

臨床開発モニターは、治験の担当医や治験モニターに協力が必要となるため、気疲れすることも多いです。

治験は全国の医療機関で行われるため、週2~3日の頻度で出張もあり、移動や残務処理があるのも負担になるかもしれません。

臨床開発モニターに向いてる人

・コミュニケーション能力が高い
・医薬品に関する幅広い知識がある
・しっかりとした倫理観のある
・PCのスキルや文章作成力がある

臨床開発モニターは、治験により有効なデータを得るために医師と的確なコミュニケーションを図る必要があります。

治験参加の同意を得るための説明書、治験依頼書の作成、治験報告書の作成といった多くの文書を作成するため、文章力の高さも求められます。

The following two tabs change content below.
株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

株式会社STORIO 代表取締役 中村彩織【現役転職サイト・転職エージェント】

青山学院大学経済学部卒業後、株式会社キャリアデザインセンターに入社。IT業界、コンサルティングファーム、重機メーカー、飲食業界など、大手上場企業から中小ベンチャーまで200社以上の中途採用に携わる。その後、大手ITサービス企業の人事として年間数百名規模の人材採用に従事。2015年株式会社STORIO設立。キャリアコンサルタントとして転職支援を行うとともに、人事領域のプロフェッショナルとして人材採用支援、組織開発などのコンサルティングも行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。