3年目の薬剤師が「辞めたい」3つの理由とは?転職するメリットやおすすめの転職サイトも紹介!

3年目に入って、仕事を辞めたいと思う薬剤師は少なくありません。
2年以上働いていれば、職場の悪い点が見えてきたり、将来のキャリアビジョンも明確になってくる頃でしょう。

しかし、3年目のタイミングで転職してよいのか迷う人も多いのではないでしょうか。
転職するならば、今よりも良い条件で働きたいですよね。

この記事では、3年目の薬剤師が辞めたいと感じる3つの理由や、転職するメリットなどについて解説します。

3年目の薬剤師が「辞めたい」3つの理由

薬剤師

1.理想とのギャップが生まれた

3年目にもなると、入社当時に思い描いていた理想と現実のギャップに悩む場合があります。

想像していた業務内容と違ったり、やりがいを感じられなかったりすることもあるでしょう。
昇進や異動によって、環境の変化に戸惑うケースも少なくありません。

また、人間関係や残業の多さなどで悩んでいる場合も、その職場で長く働くことは想像できないのではないでしょうか。

自分のやりたいことを実現できないと判断したり、将来の姿を想像して不安になったりすることで、転職を視野に入れる薬剤師は多いのです。

2.責任が大きくストレスが溜まる

1〜2年目は、先輩から教わって仕事を覚えていくスタンスだった人も、3年目にもなれば教える側へシフトしていくでしょう。
自分の仕事に加えて不慣れな後輩をサポートすることに、キャパオーバーになってしまう人も少なくありません。

さらに、3年目は薬剤師の仕事を一通り覚え、仕事に対する責任がより大きくなります。
ミスに対する恐怖や仕事への責任感がストレスになることで、辞めたいと考える人も多いのです。

3.他の職場と比較して待遇が悪い

薬剤師3年目は、基本給やボーナスの額や、どれくらい昇給できるのかがわかってくる頃です。
その時期に、他の職場で働く同期の待遇も気になるのではないでしょうか。

もともと給料に対して不満がある場合はもちろん、大学の同期と会って待遇の話題が出た時に、差を感じてしまうケースもあります。
企業や病院によって待遇が異なるため、収入を上げるために辞めたいと考える薬剤師も少なくないのです。

薬剤師が3年目で転職活動をする3つのメリット

薬剤師

1.第二新卒として転職活動が可能

薬剤師3年目は、第二新卒として転職活動をすることが可能です。

第二新卒は新卒から3年以内の人のことを指し、企業にとって下記のようなメリットがあります。

  • 仕事の覚えが良く、多くのことを吸収できる
  • ベテランのような固定概念がなく、職場に適応しやすい
  • ビジネスマナーなどが身についているため、教育コストを削減できる

新卒3年目という若さは、今後の伸び代を期待され、採用されやすい傾向にあります。
ポテンシャルで採用されたい場合は、早めに転職活動をすると良いでしょう。

2.経験が評価されやすい

薬剤師3年目の転職には、経験が評価されやすいというメリットもあります。

どの職業にも言えることですが、3年ほど経験を積んでやっと一人前と判断されます。
そのため、すぐに即戦力になる人材が欲しい職場にとって、3年目の薬剤師は重宝されるでしょう。

また、人材不足の企業や病院も多く、教育のコストを削減するためにも経験のある人材が求められています。
即戦力として転職したい場合は、経験者を優遇している求人も視野に入れましょう。

3.キャリアチェンジがしやすい

薬剤師が3年目で転職することには、キャリアチェンジしやすいというメリットもあります。
第二新卒を歓迎している求人であれば、未経験者も応募可能なところが多いため、全く別の業界にチャレンジしやすいタイミングです。

また、薬剤師としてのキャリアを続けていく場合でも、病院から製薬会社への転職などは業務内容が大きく異なります。
未経験の業種へ転職することは年齢を重ねるほど難しくなるため、早めに行動すると良いでしょう。

3年目の薬剤師が転職先を選ぶ際のポイント

薬剤師

成長できる環境かどうか見極める

「現在の職場ではスキルアップができない」「一緒に働く人たちに向上心がない」などという理由で転職を考える薬剤師は多いでしょう。
無駄な残業が多かったり、ミスや責任を押し付け合ったりするような職場では成長できません。

反対に、仕事にやりがいを持った人が集まっている職場であれば、周りからの学びが多く成長できるでしょう。
求人票や面接だけで職場の雰囲気を判断することは難しいため、社内調査を行っている転職サイトや、口コミ情報などから情報を探してみましょう。

会社の理念やトップの考え方に共感できることが大切

会社の考え方に共感できない場合、働く上で多くの不満を感じる可能性があります。

例えば、「患者さんとのコミュニケーションを大切にしながら対応したい」と考えているとしましょう。
そこで、「効率重視で事務的な対応をするように」と言われてしまったらやりがいを感じられませんよね。

自分の考え方と会社の考え方がある程度一致していたほうが、伸び伸びと働くことができます。

また、責任者などのトップの考え方が、職場の雰囲気に反映されると言っても過言ではありません。
面談の際に、「この人について行きたい」と思えることが理想的でしょう。

3年目の薬剤師におすすめな転職サイト3選

薬剤師

1.マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の特徴は、下記の通りです。

  • 大手企業のマイナビが運営している
  • プライバシーマークを取得している
  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 求人数が48,000件以上
  • 全国に14箇所の拠点がある

マイナビ薬剤師は、大手企業のマイナビが運営しています。
プライバシーマークは転職活動中であることなどが外部に漏れないことをことを保証するものなので、バレないように転職活動したいという方も安心です。

求人数が豊富で、アドバイザーの質が高いと評価されている点も特徴です。
信頼できるエージェントを利用したいという方は、ぜひ登録してみてください!

2.薬キャリ

薬キャリ

薬キャリの特徴は、下記の通りです。

  • 10万人の薬剤師が登録する「m3.com」のエムスリーグループが運営
  • 求人数は約4万件
  • 登録してすぐに求人の紹介が可能
  • コンサルティング満足度97%
  • 転職後の満足度は93.6%

薬キャリを運営するエムスリーグループは、医療業界に精通した信頼できる企業です。
病院以外にも薬局やドラッグストアなどの求人も多く、幅広い選択肢から選ぶことができます。

薬キャリだけの非公開求人もあるため、好条件で転職したい方にもおすすめです。
利用者の満足度も高いので、ぜひ登録してみてください!

3.リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の特徴は、下記の通りです。

  • 薬剤師業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍
  • 最短3日で転職に成功した実績がある
  • 専用アプリがある
  • 非公開の求人が多数ある

リクナビ薬剤に在籍するキャリアアドバイザーは、薬剤師の業界に精通しています。
転職する際に不安な、職場の雰囲気やサポート体制などの調査もしているため、求人を見ただけではわからない情報も得られるでしょう。

また、他のサイトには載っていない非公開の求人が多く、選択肢を広げられる点もメリットです。
業界の知識が豊富なアドバイザーに依頼したいという方は、ぜひ登録してみてください!

まとめ

3年目の薬剤師が辞めたいと感じる理由や、転職するメリットなどについて解説しました。

3年目は一人前の薬剤師と判断される時期であり、経験を認められやすいタイミングです。
即戦力としての採用や、第二新卒としてのポテンシャル採用も期待できるでしょう。

3年目で自分のキャリアビジョンが実現できないと判断した場合は、転職を視野に入れた情報収集から始めることをおすすめします。
ぜひ、ご紹介した転職サイトを利用してみてください!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

転職メディア「CAREE」のミッションは「転職の成功率を高める情報を発信すること」です。 CAREE編集部では、「その転職ノウハウは本当に転職の成功率を高めるものなのか?」を転職経験者への調査を通して徹底的に検証。 (現在アンケート700人超、インタビュー20人超。)