【体験談】薬剤師転職の失敗例4選!転職を成功させるための4つの方法とは?

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

「薬剤師だけど転職を考えている。絶対に失敗したくないので事前に情報収集をしておきたい」

「薬剤師の転職で一回失敗してしまった。何が原因だったのかを知っておきたい。」

この記事では、「薬剤師が転職で失敗する理由」と「転職を成功させるための方法」について詳しくまとめていきます。長時間労働・低い年収・複雑な人間関係などが理由で転職を考えている薬剤師は少なくありません。しかし、現職を今すぐ辞めたいがために情報収集をしないで転職先を決めてしまうと、後悔が残ることとなります。

また、薬剤師と一口に言っても、勤務先は病院・ドラッグストア・民間企業・公的機関など様々です。そのため、薬剤師は「年収」「勤務時間」「成長性」などの軸を明確にしておかないと、転職後に「思っていたのと違った・・・。」と後悔してしまうこととなります。

この記事を最後まで読むことで、薬剤師の転職活動において失敗しないための方法について知ることができます。最後までご覧になって、薬剤師の転職を成功させるノウハウを押さえてください。

目次

薬剤師が転職で失敗する理由4選!【薬剤師→薬剤師】

ここからは薬剤師が転職で失敗する理由を4つ挙げていきます。ここでまとめるのは、薬剤師か薬剤師への同職種への転職の場合です。とはいえ、薬剤師は病院などの医療機関・ドラッグストア・民間企業・公的機関など勤務形態が様々です。

そして、勤務場所によって調剤を行うのか臨床を行うのか、それとも化粧品開発の管理を行うかなどの仕事内容が変わってきます。そのため同じ薬剤師から薬剤師への転職であっても、失敗する人は一定数います。

転職で失敗した薬剤師には明確な特徴がありますので、事前に何が問題であったのかを押さえておきましょう。

①現職を辞めたいがために決断を急ぎすぎてしまう

薬剤師は一般的には年収が高い職業であると捉えられています。しかし、実際には長時間労働で実質的な時給は大したことがないという事例は少なくありません。また、薬剤師は慢性的な人手不足であるため、「残業が必要である」「キャリアアップが望めない」などの不満点を抱える人もいます。

このように、薬剤師を辞めたい理由には「長時間労働」「低賃金」「人間関係」などの様々な理由があります。薬剤師の中には今すぐ現職を辞めたいがために、転職先の情報をしっかり収集せずに転職をしてしまう方が後を絶ちません。

情報収集を怠ると「思っていたのと違った・・・。」というミスマッチが起こり、せっかく転職したのに現状はむしろ悪くなったということもあるのです。一度この悪循環に陥った薬剤師の場合、何度も転職を重ねて経歴にキズがつき、最後には希望条件に合った薬剤師求人が見つからないという可能性もあります。

②転職で重視する自分の軸が明確ではない

薬剤師の転職を成功させるためには、まず何よりも転職における自分の軸を明確にすることが重要です。なぜなら、「何を持って転職成功なのか?」は人それぞれ違うからです。あなたにとっての成功が何であるのかを確認しておかないと、薬剤師の転職は失敗してしまいます。

例えば、現在「低賃金」が理由で薬剤師の転職を考えているならば、転職の軸はキャリアアップとなります。そのため、効率よく稼げる派遣・パートの薬剤師求人を探す。または、年収が高い正社員の薬剤師求人を探すなどの指針を考えることができます。

このように転職の軸を明確にすることで、目標達成に向かってどのような行動を起こすべきかが明確になります。転職を考えている薬剤師の方は、後悔のない転職をするためにも自分の軸を明確にしましょう。

③転職先の情報をしっかりと集めていない

転職後に「思っていた職場と違う・・・。」と思ってしまう薬剤師は少なくありません。この手の失敗は、求職活動中に転職先の情報をしっかり集めていないことが原因で起きます。

転職サイトに公開されている求人の中には、「年収700万円以上」「残業なし」などの聞こえの良い情報が載っています。しかし、実際に転職すると求人に書いていた情報と違うといったことは十分起こり得ます。

転職の際には、薬剤師に特化した転職エージェントなどを活用して、職場である病院・ドラッグストア・調剤薬局がどのような風土・文化なのかを把握しておきましょう。また、薬剤師は「人間関係」が理由で転職を考える人も多いため、「どのような人が働いているか」などの情報を集めることも必須です。

転職エージェントは薬剤師求人を出している職場の 事情を詳しく知っています。そのため、薬剤師は登録することでミスマッチのない転職を行う確率が上がります。

④残業や長時間労働があることを知らなかった

特に「長時間労働」や「低年収」が理由で転職を考えている薬剤師の方は、実質の時給がいくらであるのか、長時間労働や残業が本当にないのかなどについては慎重に確認しましょう。なぜなら、仮に現職よりも高い年収が求人に書いてあっても、労働時間が多くなれば実質の賃金は低くなるというケースもあるからです。

職場全体では残業・長時間労働は少ないけれども、あなたの配属先によってはこのようなケースも起こり得ます。そのため、転職先となる病院・ドラッグストア・調剤薬局・公的機関などで、本当に長時間労働・残業などがないのかについて情報収集を怠らないようにしましょう。

薬剤師が転職で失敗する理由2選!【薬剤師→未経験職】

ここからは、薬剤師から未経験職に転職する方のために、転職で失敗する理由についてまとめていきます。薬剤師は命に関わる薬剤を扱う職種であるため、徹底したプロフェッショナルの姿勢を求められます。

また低い年収にも関わらず長時間労働などが横行しており、資格を持っていても民間の一般の企業に勤めたいという人は少なくありません。薬剤師の中には仕事は好きだけど、人間関係の問題で転職せざるを得ないという人もいることでしょう。

一般に、薬剤師が全く未経験の業界・職種に転職する場合、少なくない困難が伴います。現在、薬剤師から未経験職への転職を考えている人は、同じような境遇の人がなぜ失敗したのかの理由を押さえておきましょう。

①未経験者に対する研修・教育がないことを知らなかった

未経験職に転職する薬剤師の場合、転職先で研修フォローなどが充実していないケースに注意しましょう。研修・フォローがないまま中途で入ると、業務をこなすのに必要なスキル・知識などが身につかないため、転職先に馴染むことが難しくなってしまいます。

例えば、大手企業の場合は中途採用者にも新卒採用者と同じぐらいの研修・フォローを行うことは珍しくありません。しかし、中小企業・ベンチャー企業などに転職する場合、会社の教育システムが整っていないなどの理由で十分な研修・教育が行われない可能性もあります。

そのため、薬剤師が未経験職に転職する場合は、あなた自身が自ら積極的に勉強できる人であるか、または転職先がしっかりとした教育・研修を行っているのかを一度確認しておきましょう。

②昇進・給与アップについて事前に確認不足だった

中途採用で入社する場合、新卒と比べて昇進・給与アップの可能性が低いという会社は珍しくありません。特に民間企業に転職する場合、その会社が中途採用者を重視する会社なのか、それとも新卒が中心の会社であるのかなどは事前に確認しておくことが必須です。

新卒重視の会社の場合、あなたがどれだけ優秀であっても昇進できる可能性が低いということも考えられます。また、転職後の初任給が薬剤師の頃より高かったとしても、今後の昇給の見込みが薄ければ「薬剤師のままの方がよかった・・・。」ということもあるでしょう。

給与面については転職後に社内の人に相談することは難しいのが現状です。そのため、薬剤師が未経験職に転職する場合、転職する前に給与面の交渉を行っておくことが必要です。

転職エージェントは難しい年収交渉なども代行してくれます。薬剤師を辞めて未経験職に転職する際には、プロである転職エージェントを効果的に活用するといいでしょう。

薬剤師で転職に失敗した人の体験談3選

①30代男性|薬剤師の転職失敗談

30代・男性・調剤薬局→病院

大手調剤薬局で管理薬剤師をしていましたが、勤務先の長時間労働によって体を壊してしまいました。精神的にも限界が来ていたので、新しい職場を探したいと思い転職を決意しました。その際、自分の薬剤師としてスキルで人を喜ばせたいという気持ちがあったので、患者に近い立場で様々なサポートができる臨床の仕事を選びました。しかし実際には、「患者の役に立つ」「現場チームへの貢献」などは夢のまた夢で、立場的に偉い医師の出世のために仕事をしているというのが現場です。労働時間も変化がない上に、仕事にもやりがいがなくなってしまいました。現在では2度目の転職を検討中です。

②30代女性|薬剤師の転職失敗談

30代・女性・調剤薬局→ドラッグストア

大手調剤薬局で5年ほど勤務した後、薬剤師としての基本的なスキルを学んだので新しい職場にチャレンジしたいと思い転職をしました。結婚・出産などを考えると家庭との両立が十分できる職場が良いと考え、「家から近い・週休2日以上・残業なし」という条件で仕事を探しました。結果として、最寄りのドラッグストアに転職が決まったのですが、近くのドラッグストアへのヘルプなどが原因でなかなか休みが取れません。また 私の転職後に先輩薬剤師が2名辞めてしまったため、慢性的な人手不足です。私自身の労働時間も前職より長いという事態になってしまいました。

③40代女性|薬剤師の転職失敗談

40代・女性・ドラッグストア→ドラッグストア

ドラッグストアに勤務後、育児に専念するために薬剤師の仕事をいったん退職することにしました。出産から5年経って子育てが一段落し、子供の将来の為に収入を得ておきたいと思い復職を考えました。家庭との両立が最優先だったので、家から近いドラッグストアを転職先として選びました。しかし、転職先の情報収集が甘かったことを後悔しています。職場には人が足りないため、なかなか定時に帰ることができないという状況でした。さらに、仕事内容はOTCが基本で調剤ができないため、年齢とともに薬剤師としての市場価値が下がってる気がします。個人で勉強を行って知識をつけようと思っても、二人の子供の面倒を見るのに手一杯でとても手が回りません。転職の際には、もう少し情報収集をしておけばよかったと後悔しています。

転職に失敗する薬剤師の共通点

転職に失敗する薬剤師の共通した特徴についてまとめていきます。実は薬剤師が転職で失敗する原因の多くは、自分の軸が明確でなかったり、転職先の情報収集が甘いことがほとんどです。

そのため、何かしらの不満があって今すぐ転職したい薬剤師の方も、転職をする際にはきちんと時間をかけて準備をするべきです。下記の4項目に当てはまる薬剤師の方は、転職後に苦労する可能性がありますのでご注意ください。

①転職先の情報収集をしない

多くの場合、転職で失敗する薬剤師は転職先の情報収集をあまりしていません。転職エージェントが話したことを鵜呑みにしたり、求人に書いてある情報をそのまま信じてしまう薬剤師が少なくないのです。

しかし、転職先の情報収集をしっかりしないと、転職後に「思っていたのと違う・・・。」と後悔してしまうことになります。そのため、職場見学などを行い、どのような業務をするのか、どのような人が働いているのかなどを詳しく把握しておくことが必要です。

転職エージェントは求人先の職場の文化や風土・雰囲気などについても詳しいため、登録して知りたいことを細かく確認するといいでしょう。

②転職における自分の軸が不明確

薬剤師が転職をする際には、必ず何を優先すべきかのを明確にしておきましょう。例えば、あなたの目的がキャリアアップであるなら、転職後に年収が上がれば転職成功ということになります。

しかし、あなたが家庭との両立を考えて「時短勤務・勤務場所が近い・土日休み」などの条件で転職先を探す場合、たとえ年収が上がっても労働時間が長くなれば転職成功とは言えません。

このように転職において優先すべき項目は人によって違います。そのため、薬剤師が転職をする際にはあなたが何を一番大事にしたいかの軸を明確にする必要があるのです。

③求人の情報を鵜呑みし、細かい条件を確認していない

転職サイトに掲載されている求人の情報を鵜呑みにする薬剤師は転職後に後悔する可能性があります。なぜなら、求人に掲載されている情報は現在の職場の状況とは違う可能性があるからです。

転職エージェントを利用せずに個人で活動すると、求人先の職場などの情報収集も全て自分で行わなくてはなりません。そのため、どうしても必要な情報が集まらず、転職後にギャップが発生して後悔するということが起こり得ます。

④転職エージェントなどのサービスを活用していない

特に低い年収が原因で転職を考える薬剤師は、転職のやり方が問題でキャリアアップを果たせないということがあります。一般に、年収交渉や労働条件の確認を自分で行うことは非常に難しいです。

なぜなら、あまり給与条件に口を出すと「待遇目当てで入ってきたのではないか」と人事から疑われる可能性があるからです。そのため 自分で求人に応募して転職活動を行う薬剤師は、転職エージェントに年収交渉を代行してもらった人と比べるとキャリアアップの可能性が低くなります。

薬剤師が転職で成功するための2つの方法

ここからは、薬剤師が転職で成功するための2つの方法についてまとめていきます。薬剤師は国家資格を持った人しかすることができない仕事です。

そのため、調剤薬局やドラッグストアだけでなく、化粧品会社などの民間企業からも高い需要があります。転生サイトの求人も途切れることなく更新されていますので、正しく活動をすれば後悔のない転職が可能です。

①情報収集に時間をかける

薬剤師が転職を成功させたいなら、まずは転職先の職場の情報収集をしっかりと行うことが必要です。

特に長時間労働や残業の心配がある方は、職場の人数や残業時間をしている人がいるかなどの確認するために、職場見学なども行うといいでしょう。

さらに ドラッグストアに勤務する人は、自分の仕事内容はOTCだけなのか、それとも調剤も担当することができるなのかなども把握しておくのが懸命です。

②転職における自分の軸を明確にする

転職を成功させている薬剤師の多くは自分の軸が明確です。例えば、子供がいる女性の場合、家庭との両立を最優先とするため、「家から通いやすい立地にある」「土日祝日休み」などを基準に求人を探します。

このような女性は優先事項が明確であるため、転職エージェントなどから紹介される求人にもミスマッチがなく結果として転職成功に近づけます。逆に、人間関係が理由で今すぐ現職を辞めるために、時間をかけず転職先を決めてしまう方は注意が必要です。

そのような方は、現職から逃げることを優先しているため、転職先でも同じようなミスマッチを感じて、何度も転職を繰り返すこととなります。

薬剤師で転職に成功した人の体験談3選

①20代女性|薬剤師の転職成功談

20代・女性・ドラッグストア→認定薬剤師

調剤ありのドラッグストアから調剤薬局に転職しました。新卒で入社した会社が統廃合などを繰り返し、仕事の内容が安定しませんでした。また、社員のモチベーションも低く、今後成長の機会も少ないという問題も抱えていました。そこで、これまで身につけた薬剤師としてのスキルや経験を活かせる職場に転職することを決めました。転職活動中は、もっと自身の市場価値を高められる会社に行きたいという軸で行いました。結果、年収は60万円アップし、今では毎日やりがいのある仕事ができています。

②30代女性|薬剤師の転職成功談

30代・女性・調剤薬局→調剤薬局

調剤薬局で10年以上の勤務しましたが、出産・育児というライフイベントに伴い、正社員での勤務が難しくなりました。また、現職では残業や長時間労働などで深夜まで働く必要があ、家庭との両立が難しいという問題もありました。そこで、柔軟に働けるアルバイト・パート職での勤務をするために転職を行いました。「駅から家への通勤時間が1時間以内」「土日祝日は完全休み」などの細かい条件がありましたが、パートという勤務形態のおかげか求人も早く見つかりました。収入についても、時給換算で見ると前職より高いということになり、転職して満足したという感じです。

③30代男性|薬剤師の転職成功談

30代・男性・病院→ドラッグストア

病院では医師が絶対であり、薬剤師は看護師などからも見下されて、あまり良い職場環境ではありませんでした。また労働時間も長く休日などもなかなか取れないため、ワークライフバランスを実現できる職場で働きたいと考え転職しました。転職後は手取りで2倍以上の年収を得ることができ、仕事と生活のバランスがうまく取れるようになりました。残業も少なく、OTC薬販売管理の職務を通じて、キャリアにも箔が付きました。現在では社内研修制度で認定薬剤師の資格も目指しています。

薬剤師の転職で失敗したくない人におすすめな転職エージェント4選

薬剤師が転職をするなら、求人サイトよりも転職エージェントを活用するのがおすすめです。なぜなら、求人サイトを利用する場合、掲載されている情報を元に自分で情報収集を行うなどを全て一人でこなさなくてはいけません。

しかし、転職エージェントは基本となる薬剤師求人の読み方から、書類・面接の選考対策、さらには内定後の年収交渉などの様々なサポートも行ってくれます。

そのため、比較的労働時間が長いと言われる薬剤師の方でも、現職を続けたまま転職活動を行うことが可能です。ここでは薬剤師が転職の際に利用すべきおすすめの転職エージェントを4つ紹介していきます。

薬剤師転職で失敗をしたくない人向け|転職エージェント比較表

比較ランキング順位 転職エージェント 名 保有求人数 強みのある業種 対応地域
1位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

50,000件以上 調剤薬局、病院・クリニック、ドラックストアなど 全国
2位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

35,000件以上 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTPのみ)など 全国
3位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

54,000件以上 調剤薬局 病院・クリニック 企業 ドラッグストア ドラッグストア(調剤あり) など 全国
4位 薬キャリ

薬キャリ(エムスリーキャリア)

62,000件以上 調剤薬局、調剤薬局(OTC販売)、病院・クリニック、OTC販売、企業など 全国

①マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、薬剤師の転職で「5年連続利用者満足度ナンバーワン」になっている転職エージェントです。求人の強引な紹介は行なっておらず、あなたのニーズやキャリアに合わせた薬剤師求人のみを紹介してくれるのが特徴です。

マイナビ薬剤師は大手人材会社マイナビが運営しているということもあり、求職者に対してのサポートが特に手厚いです。薬剤師の求人情報の読み方といった初歩的なことから、面接対策・給与交渉などの各種サポートをしっかりと行なってくれます。

転職を失敗する薬剤師の多くは自分の軸がはっきりしていないか、事前の情報収集が不足していることが原因であることが多いです。そして、転職エージェントはキャリアカウンセリングであなたの軸を明確にし、必要な情報をしっかり教えてくれます。薬剤師の転職を失敗させたくない人は「マイナビ薬剤師」に登録することから始めてみてください。

②リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師の転職支援サービスです。薬剤師専任のキャリアアドバイザーがあなたの希望を丁寧にヒアリングし、転職成功までの最短ルートを提案してくれます。

最短3日での転職が実現したこともありますので、現在離職中ですぐに転職先を見つけたい薬剤師の方にもおすすめです。

登録も60秒で簡単に終わりますので、薬剤師の転職を失敗させたくない人は合わせて利用するといいでしょう。

③ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは薬剤師の転職支援で18年以上の実績を持つ大手転職エージェントです。1ヶ月〜長期など様々な就業期間の薬剤師求人があります。そのため、正社員だけでなく、アルバイト・派遣などの勤務形態で働きたい薬剤師の方にもおすすめです。

ファルマスタッフには、「時給4000円以上」「推定年収800万円」の高額派遣の求人が多いという魅力があります。また全国15拠点で展開しているため、都心だけでなく地方の薬剤師転職でも利用することも可能です。

薬剤師の場合、派遣やパートなどの勤務形態の方が効率よく稼げるといったことも珍しくありません。そのため、現在の年収に不満があってキャリアアップを目的に転職する薬剤師は、ファルマスタッフのも合わせて利用するといいでしょう。

④薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは医療業界の有名企業エムスリーキャリアが運営する転職サイトです。全国約6万件以上の薬剤師求人を保有しています。また、「どこで働くか」「働く場所は調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業・公的機関のどれか」など、様々な条件で薬剤師の求人を探すことができます。

正社員だけでなく、パート・アルバイトなどの勤務形態でも薬剤師の求人を探すことが可能です。また薬キャリには、「薬キャリエージェント」という転職支援サービスもあり、一般には公開されてない非公開求人を紹介してもらえます。

薬剤師の転職支援サービスではトップクラスに有名で実績もありますので、薬剤師の転職で絶対失敗したくない方は「薬キャリ」もご利用ください。

薬剤師の転職で失敗する理由まとめ

以上、ここまでで「薬剤師が転職で失敗する理由」と「成功のためのノウハウ」についてまとめていきました。薬剤師の転職失敗の理由は「情報収集不足」「転職の軸が不明確」の2つの大別されます。

どちらにせよ、薬剤師が後悔のない転職を行うなら、きちんと時間と労力をかける必要があるということです。その際、転職エージェントを利用することであなたの負担を減らせますので、忙しい方ほど利用をおすすめします。

【本当のおすすめは5つのみ】薬剤師特化の転職サイト比較ランキング最新版

2018年12月8日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。