大阪で転職する薬剤師が押さえるべきポイント8選|知らないと損!?

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

「薬剤師が大阪で転職するならどんなことに注意すればいい?」

大阪は西日本を代表する都市ということもあり、薬剤師の人口が多いのが特徴です。そのため、人気の薬剤師求人には応募が殺到することが予想されます。

薬剤師が大阪で転職を成功させるには、求人の特徴や年収を上げるための方法などの情報を知っておかなければいけません。ライバルとなる薬剤師が多い大阪だからこそ、事前に転職成功のために綿密な準備が必要です。

この記事では大阪で転職する薬剤師が押さえるべき8つのポイントについてまとめていきます。「大阪府の薬剤師求人の特徴」「大阪府の薬剤師が年収を上げるための方法」「大阪府の調剤薬局・ドラッグストアの一覧」「おすすめの転職エージェント」などの役立つ情報を知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

大阪府の薬剤師求人の特徴は?転職前に押さえるべきポイント5選

大阪府は人口が多いので、国内でも薬剤師の数が多いという特徴があります。採用側である調剤薬局・ドラッグストア・病院なども多くの求人を出しており、地方よりも転職の選択肢が幅広いという魅力があります。

しかし逆に、求人の種類が多いことが転職中の薬剤師を混乱させることも珍しくありません。そこで、ここからは大阪府の薬剤師求人の特徴を全部で5つまとめていきます。

①大阪府の薬剤師求人は約6,000件

大阪府にはどれだけの薬剤師求人があるのでしょうか。国内最大手の薬剤師向け転職サイト「薬キャリ」を調べたところ、大阪府の薬剤師求人は約6,000あることがわかりました。

勤務先としては調剤薬局が圧倒的に多く、病院やOTC業務のある薬局などの求人も豊富です。また、募集職種の多くは一般薬剤師であり、次いで人気の高い管理薬剤師となっています。

人口の多い大阪府の求人は、地方と比べると年収が低いものが多いとよく言われます。しかし、大阪府でも管理薬剤師の求人の年収は高めに設定されています。そのため、年収を上げたい大阪の薬剤師は、求人全体の約1割を占める管理薬剤師の求人を探すといいでしょう。

【業種別】大阪府の薬剤師求人一覧

業種 薬剤師求人数
調剤薬局 5323
病院 376
調剤薬局・OTC販売 202
OTC販売 45
企業 56
その他 11
合計 6,013

※参考サイト:「薬キャリ

【職種別】大阪府の薬剤師求人一覧

職種 薬剤師求人数
一般薬剤師 5655
管理薬剤師 501
研究開発 1
臨床開発 7
学術 7
薬事 7
合計 6,013

※参考サイト:「薬キャリ

②年収600万円以上の高給求人が半分以上

基本的に、薬剤師の求人は地方の方が年収が高めに設定されています。なぜなら、地方は大阪府と違って人口が少ないので、年収を高くしないと募集が来ないからです。

ただ、実際に「薬キャリ」で調べてみると、大阪府の求人の5割以上は年収600万円以上の高給求人であることがわかりました。そのため、低年収を理由に転職を考えている薬剤師にとって、大阪府の求人は魅力的なものが多いということになります。

大阪府の薬剤師|年収600万円以上の高給求人数

年収600万円以上の高給求人数 3,344
合計 6,013

※参考サイト:「薬キャリ

③大阪府には企業勤務の薬剤師求人はほとんどない

薬剤師求人の中でも、企業勤務ができるものは特に人気です。なぜなら、企業薬剤師は調剤以外にも薬剤の研究・開発などのスキルを身に付けることができ、育休などの福利厚生も充実しているからです。

地方の場合、企業薬剤師の求人はほとんどありません。しかし、大阪府には少数ながら企業薬剤師の求人が存在しています。そのため、転職でキャリアアップを図りたい薬剤師は、積極的にチャレンジしてみるといいでしょう。

大阪府内で企業勤務の薬剤師求人数|早見表

業種 薬剤師求人数
企業 56
合計 6,013

※参考サイト:「薬キャリ

④地方と比べると派遣・パートの求人が多い

大阪府の求人の特徴として、地方よりもパート・派遣の求人が多いということが挙げられます。これは、大阪府には調剤薬局・ドラッグストアの数が多いので、積極的に薬剤師を採用しようとする動きがあることが大きな理由です。

パート・派遣勤務の場合、正社員と違って安い賃金で雇うことができるので、採用側も積極的に求人を出しているということですね。さらに、求職者側からしても時短勤務などで働きやすいため、女性の薬剤師にはパート・派遣の薬剤師求人はおすすめです。

【雇用形態別】大阪府の薬剤師求人一覧

雇用形態 薬剤師求人数
正社員 4219
契約社員 109
派遣 1496
パート 1492
合計 6,013

※参考サイト:「薬キャリ

【雇用形態別】地方都市の薬剤師求人一覧

雇用形態 薬剤師求人数(奈良県)
正社員 305
契約社員 8
派遣 72
パート 90
合計 420

※参考サイト:「薬キャリ

⑤大阪市に4割以上の求人が集まっている

大阪府にはいくつもの市町村区がありますが、中心となる大阪市に全体の4割の薬剤師求人が集まっています。そのため、大阪市を中心に転職活動をすれば、選択肢が多くなるのでミスマッチがより少ない結果となるでしょう。

逆に大阪市以外は求人が少ないということになりますが、中心市街から離れるにつれて給料は上がる傾向にあります。なぜなら、大阪市から離れるにつれて薬剤師の数が少なくなるため、高い給料を払わないと募集が来ないからです。

下記に「薬キャリ」に掲載されている大阪府の求人を市町村別にまとめています。自分の居住地の求人を確認して、数が少ないようであれば探す範囲を広げていくといいでしょう。

【市町村別】大阪府の薬剤師求人数

大阪市 (2462) 大阪市都島区 (114) 大阪市福島区 (98) 大阪市此花区 (32) 大阪市西区 (87) 大阪市港区 (48) 大阪市大正区 (54) 大阪市天王寺区 (91) 大阪市浪速区 (51) 大阪市西淀川区 (68) 大阪市東淀川区 (106) 大阪市東成区 (83) 大阪市生野区 (65) 大阪市旭区 (59) 大阪市城東区 (132) 大阪市阿倍野区 (112) 大阪市住吉区 (117) 大阪市東住吉区 (75) 大阪市西成区 (109) 大阪市淀川区 (145) 大阪市鶴見区 (88) 大阪市住之江区 (80) 大阪市平野区 (126) 大阪市北区 (168) 大阪市中央区 (181) 堺市 (569) 堺市堺区 (138) 堺市中区 (93) 堺市東区 (24) 堺市西区 (100) 堺市南区 (59) 堺市北区 (108) 堺市美原区 (14) 岸和田市 (111) 豊中市 (218) 池田市 (48) 吹田市 (177) 泉大津市 (38) 高槻市 (215) 貝塚市 (52) 守口市 (77) 枚方市 (233) 茨木市 (148) 八尾市 (160) 泉佐野市 (87) 富田林市 (45) 寝屋川市 (154) 河内長野市 (50) 松原市 (43) 大東市 (86) 和泉市 (101) 箕面市 (52) 柏原市 (31) 羽曳野市 (58) 門真市 (97) 摂津市 (49) 高石市 (20) 藤井寺市 (54) 東大阪市 (307) 泉南市 (57) 四條畷市 (25) 交野市 (27) 大阪狭山市 (44) 阪南市 (35) 三島郡島本町 (8) 豊能郡 (9) 豊能郡豊能町 (4) 豊能郡能勢町 (4) 泉北郡 (6) 泉北郡忠岡町 (5) 泉南郡 (28) 泉南郡熊取町 (10) 泉南郡田尻町 (2) 泉南郡岬町 (4) 南河内郡 (6) 南河内郡太子町 (2) 南河内郡河南町 (2) 南河内郡千早赤阪村 (0)

※参考サイト:「薬キャリ

大阪府で転職する薬剤師の年収は?押さえるべきポイント3選

薬剤師は難関な国家資格であるにしては給料が高くないことで有名です。実際、年収を理由に転職をする薬剤師は多く、転職で最も重視するのは「年収の高さ」である大阪の人も少なくありません。

しかし、転職前に正しい知識を押さえておかないと、キャリアアップが果たせない可能性があります。そこで、ここからは大阪府で転職する薬剤師のために年収に関わる情報をまとめていきます。

①大阪府で働く薬剤師の平均年収は全国的に低め

地方都市と比べると大阪府で働く薬剤師の年収は比較的低いです。その理由は大阪府は日本でもトップクラスの人口を誇り薬剤師になり手が多いからです。

採用側である調剤薬局やドラッグストアもそれほど高い年収を提示しなくても応募が来るため、地方と比べると年収が低くなってしまうのです。薬キャリ職場ナビによる薬剤師年収ランキングによると、1位の奈良県は777.3万円ですが大阪府は全国33位の510万円にとどまっております。

このように人口の多い大阪府ではトップの奈良県とは年収が260万以上も違っているのです。

ランキング順位 都道府県 平均年収
1位 奈良県 777.3万円
2位 静岡県 684.6万円
3位 青森県 670.6万円
4位 栃木県 655.7万円
5位 島根県 648.4万円
6位 鹿児島県 627.4万円
7位 愛媛県 623.5万円
全国平均 543.8万円
33位 大阪府 510.1万円

※「都道府県別 薬剤師年収ランキング(2018年版)|薬キャリ職場ナビ」をもとに筆者作成

②大阪府の薬剤師が転職で狙うべき求人は4種類

大阪府で転職をする薬剤師は狙うべき求人は4種類あります。

  • ①新店×管理薬剤師求人
  • ②急募×管理薬剤師求人
  • ③ラウンド勤務求人
  • ④地方×調剤薬局・ドラッグストア

まず基本的に管理薬剤師のポジションで募集されている求人は年収が高く設定されていま。また大阪市以外の 市町村数の場合中心都市である大阪市と比べて年収が高い傾向にあります。

薬剤師の求人は地方かける調剤薬局ドラッグストアの組み合わせで年収が高い場合が多く、大阪も例外ではありません。

③薬剤師特化の転職エージェントなら年収交渉を代行してくれる

転職で年収を上げたいならば薬剤師特化の転職エージェント利用するのがおすすめです。転職エージェントは採用側である調剤薬局ドラッグストアのにあなたの魅力を売り込んでくれ、なおかつ採用後の年収交渉まで行ってくれます。

普通求職者が年収交渉を行うと採用側からはあまり印象を持たれません。しかし転職エージェントに年収交渉をお任せすれば、こちらに悪い印象を持たれることなく転職することが可能です。

大阪府で転職する薬剤師におすすめ|転職支援サービス早見表

比較ランキング順位 転職エージェント 名 保有求人数 強みのある業種 対応地域
1位 薬キャリ

薬キャリ(エムスリーキャリア)

 

62,000件以上
調剤薬局、調剤薬局(OTC販売)、病院・クリニック、OTC販売、企業など
全国
2位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

50,000件以上 調剤薬局、病院・クリニック、ドラックストアなど 全国
3位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

35,000件以上 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTPのみ)など 全国
4位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

54,000件以上 調剤薬局 病院・クリニック 企業 ドラッグストア ドラッグストア(調剤あり) など 全国

大阪府で薬剤師の人数が多い3つの理由

大阪府の薬剤師の年収が低いのはライバルが多いからでした。ではなぜ、大阪府にはライバルとなる薬剤師が多いのでしょうか。

ここからは転職でライバルとなる薬剤師の人数が多い3つの理由についてまとめていきます。

理由①:薬学部のある大学が多いから

大阪府に薬剤師が多いのは薬学部のある大学が多いからです。大阪府には薬学部のある大学が5つあり、国内でもその数はトップクラスとなります。

そのため、薬学部を卒業して薬剤師となる人が多く、転職活動でもライバルが多いということになります。

大阪府内の薬学部がある大学一覧

大阪府内の薬学部がある大学一覧 住所
(国立)大阪大学 大阪府吹田市山田丘1-6
(私立)大阪薬科大学 大阪府高槻市奈佐原4-20-1
(私立)近畿大学 大阪府東大阪市小若江3-4-1
(私立)摂南大学 大阪府寝屋川市池田中町17-8
(私立)大阪大谷大学  大阪府富田林市錦織北3-11-1

理由②:人口が多いので薬剤師になる人が多いから

一般的に薬剤師の数が不足している地方や郊外では年収が高くなりやすいです。しかし大阪府のように人口が多い場合、特に大阪市のような都市都市部では年収が低くなってしまいます。

大阪府の人口は約880万人であり、薬学部のある大学も多いことから薬剤師の数が全国トップクラスになっています。

大阪府の人口数|早見表

ランキング順位 都道府県 人口
1位 東京都 約1380万人
2位 神奈川県 約900万人
3位 大阪府 約880万人

※「厚生労働統計|厚生労働省(2019年)」をもとに筆者作成

全国の薬剤師の人数|早見表

性別 人数
116,826
184,497
合計 301,323

※参考サイト:「平成28年(2016年)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況|厚生労働省」

大阪府の薬剤師の人数|早見表

大阪府の薬剤師の人数 人口10万対
25,632 290.2

※参考サイト「平成28年 医師・歯科医師・薬剤師調査の結果|大阪府」

理由③勤務先である薬局・医療施設が年々増えているから

大阪府の薬剤師が多い理由として、勤務先である薬局や医療施設の数が年々増えているからということが挙げられます。厚生労働省の調査によると、全国で薬局医療施設の数は年々増大しており、大阪府でも例外ではありません。

大阪府は人口だけでなく勤務先である薬局医療施設を合わせて増えているのです。

大阪府にある調剤薬局・ドラッグストアを運営する企業一覧

大阪府には薬局調剤薬局やドラッグストアが多いですが、それは運営する企業が多いということでもあります。下記に大阪府にある調剤薬局・ドラッグストアを運営する企業まとめてあります。

国内を代表する大手企業の名前もあり、大阪府が調剤薬局・ドラッグストアだけでなく企業に就職を希望する薬剤師にとって魅力的な場所であるということがわかります。

大阪府にある調剤薬局・ドラッグストアを運営する企業|早見表

企業名 本社所在地 特徴
株式会社ダイコク 大阪府大阪市中央区南船場3丁目5番17号 ドラッグストア・調剤薬局を運営
株式会社コクミン 大阪府大阪市住之江区粉浜西1-12-48 全国に192店舗のドラッグストア「コクミン」を経営する会社
キリン堂ホールディングス 大阪府大阪市淀川区宮原4丁目5番36号 関西を中心にドラッグストアを展開する「キリン堂」の持ち株会社
株式会社キリン堂 大阪府大阪市淀川区宮原4-5-36 大阪を拠点としたスーパードラッグストアチェーンの会社
株式会社アカカベ 大阪府大東市明美の里町1番71号 調剤薬局やドラッグストアチェーンを運営している会社
株式会社サエラ 大阪府豊中市寺内2丁目4番1号 サエラ薬局を運営する会社
株式会社ミック・ジャパン 大阪府大阪市中央区北久宝寺町3丁目5番12号 ドラッグストア・調剤薬局の経営や、医薬品や化粧品の小売、リハビリ型デイサービスの経営を行う会社
モチノキ薬品株式会社 大阪市西区江戸掘二丁目1番1号江戸堀センタービル12F 医薬品や化粧品などの訪問販売を行う会社

大阪府で転職する薬剤師におすすめの転職支援サービス4選

【30代前半向け】おすすめの転職エージェント比較ランキング3選!

大阪府は薬剤師の求人が多いということもあり、自分で求人を探していると 転職活動に時間かかってしまいます。しかし転職エージェントを利用すれば、あなたにあった求人をすぐに紹介してくれます。

ここからは大阪府で転職する薬剤師におすすめの転職エージェント全部で4つ紹介していきます。

大阪府で転職する薬剤師におすすめ|転職支援サービス早見表

比較ランキング順位 転職エージェント 名 保有求人数 強みのある業種 対応地域
1位 薬キャリ

薬キャリ(エムスリーキャリア)

 

62,000件以上
調剤薬局、調剤薬局(OTC販売)、病院・クリニック、OTC販売、企業など
全国
2位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

50,000件以上 調剤薬局、病院・クリニック、ドラックストアなど 全国
3位 リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

35,000件以上 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTPのみ)など 全国
4位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

54,000件以上 調剤薬局 病院・クリニック 企業 ドラッグストア ドラッグストア(調剤あり) など 全国

1位:薬キャリ

薬キャリ

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「薬キャリ」の特徴

保有求人数 強みのある業種 対応地域
62,000件以上
調剤薬局、調剤薬局(OTC販売)、病院・クリニック、OTC販売、企業など
全国

大阪府で転職する薬剤師に一番おすすめの転職エージェントは「薬キャリ」です。「薬キャリ」は総求人数6万件以上の国内最大手の薬剤師特化転職サイトです。

調剤薬局やドラッグストアなどの求人が多く、豊富な選択肢の中からあなたにあった求人を探したい方におすすめです。また利用勤務の求人も他の転職されておりも多く掲載されています。

そのため、薬剤の研究・開発などの新しいスキルを身につけたい大阪府の薬剤師にもおすすめです。

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「薬キャリ」の評価

総合評価 ★★★★ 4.4
保有求人数 ★★★★★ 5.0
保有している求人の数 ★★★★ 4.2
年収(時給・賃金)アップ、キャリアアップ実績 ★★★★ 4.2
待遇・福利厚生・紹介先の満足度 ★★★★ 4.2
口コミ・評判の高さ ★★★★ 4.4

2位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「マイナビ薬剤師」の特徴

保有求人数 強みのある業種 対応地域
50,000件以上 調剤薬局、病院・クリニック、ドラックストアなど 全国

大阪府で薬剤師が転職するなら大手転職サイト「マイナビ薬剤師」も利用しましょう。マイナビ薬剤師は人材業界で有名なマイナビが運営している転職エージェントです。

利用者満足度5年連続ナンバーワンの実績があり、転職の申し込みも1分で簡単に済みます。求人数も5万件と多く、初心者から転職経験者まで多くの大阪府の薬剤師におすすめできます。

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「マイナビ薬剤師」の評価

総合評価 ★★★★★ 4.8
保有求人数 ★★★★★ 5.0
保有している求人の数 ★★★★★ 5.0
年収(時給・賃金)アップ、キャリアアップ実績 ★★★★★ 4.6
待遇・福利厚生・紹介先の満足度 ★★★★★ 4.6
口コミ・評判の高さ ★★★★★ 4.8

3位:リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「リクナビ薬剤師」の特徴

保有求人数 強みのある業種 対応地域
35,000件以上 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTPのみ)など 全国

大阪府で複数の転職エージェントを利用しようと考えているなら、リクナビ薬剤師も活用しましょ。リクナビ薬剤師はリクルートが運営する転職エージェントであり、優秀なキャリアアドバイザーが多いことで有名です。

求人数は35000件と他と転職サイトと比べると少ないですが、大阪府 の調剤薬局・ドラッグストアの求人を多数そろえています。転職はキャリアアドバイザーの質で決まると言われることもあります。

そのため、リクルートのような大企業で働いている優秀なキャリアアドバイザーに担当してもらいたい方はリクナビ薬剤師も利用しましょう。

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「リクナビ薬剤師」の評価

総合評価 ★★★★★ 4.6
保有求人数 ★★★★★ 4.8
保有している求人の数 ★★★★★ 4.8
年収(時給・賃金)アップ、キャリアアップ実績 ★★★★ 4.4
待遇・福利厚生・紹介先の満足度 ★★★★ 4.4
口コミ・評判の高さ ★★★★★ 4.6 

4位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「ファルマスタッフ」の特徴

保有求人数 強みのある業種 対応地域
54,000件以上 調剤薬局 病院・クリニック 企業 ドラッグストア ドラッグストア(調剤あり) など 全国

正社員ではなくパートやアルバイト派遣社員などの勤務形態で働きたいなら、ファルマスタッフも活用するべきです。ファルマスタッフは大阪府のパート・アルバイトなどの勤務形態の求人を多数そろえています。

時給4000円以上の高額派遣求人も多く、年収上げたい薬剤師になら一度は利用しておきたいところです。転職相談満足度96.5%・薬剤師の転職支援18年度布などの豊富な実績があります。サービスの信頼度も高いので、年収を上げたい大阪府の薬剤師はぜひ活用してみてください。

大阪府で薬剤師が利用すべき転職サイト「ファルマスタッフ」の評価

総合評価 ★★★★★ 4.5
保有求人数 ★★★★★ 5.0
保有している求人の数 ★★★★ 4.2
年収(時給・賃金)アップ、キャリアアップ実績 ★★★★★ 5.0
待遇・福利厚生・紹介先の満足度 ★★★★ 4.0
口コミ・評判の高さ ★★★★ 4.3 

【Q&A】大阪府で転職する薬剤師からよくある質問

ここからは大阪府で転職する薬剤師が疑問に思うことについて解説していきます。転職は事前にどれだけの情報を集められるかが非常に重要となります。

そのため大阪府で転職する薬剤師は下記のよくある質問についても押さえておきましょう。

大阪府の薬剤師が市場価値を上げるにはどうすればいい?

大阪府の薬剤師が市場価値を上げるには、まず対人業務の経験を積むことが大事です。現在では臨床のように患者との直接のコミュニケーションを業務とする薬剤師が増えています。

今後も「在宅医療」や「かかりつけ薬剤師」の経験などがあると、転職市場での価値が上がると予想されます。そのため、大阪府で転職する薬剤師は対人業務の経験を積んでおくと良いでしょう。

大阪府で薬剤師が転職する際に注意すべき点は?

  • 求人先の情報は時間をかけて集める
  • 転職活動で重視するもの(年収・働きやすさなど)を明確にする
  • 複数の転職エージェントに登録して求人を多く紹介してもらう

大阪府で薬剤師特化の転職エージェントを使うメリット・デメリットは?

メリット デメリット
  • 求人先の調剤薬局・ドラッグストア・医療機関の情報を教えてもらえる
  • 内定後に年収交渉を代行してくれる
  • 書類の添削をしてくれる
  • 面接の日程調整をしてくれる
  • 求人サイトのみを利用するよりもミスマッチが起こりづらい
  • 転職にかける時間が少し長くなる
  • 求人は自分で選べるとは限らない

大阪府で薬剤師特化の転職エージェントはどう使えばいい?

  • 公式サイトから登録を行う
  • キャリアアドバイザーとの面談を行う(※電話面談の場合もあり)
  • 履歴書・職務経歴書を作成
  • おすすめ求人を紹介してもらう
  • 応募して面接を受ける(※日程調整は代行してもらえる)
  • 採用後に年収交渉をやってもらう

大阪府の薬剤師転職まとめ

以上、ここまで大阪府の薬剤師が転職する際の重要なポイントについてまとめていきました。

当記事の内容を参考に、大阪府の薬剤師はミスマッチのない転職をしてみてください。

【本当のおすすめは5つのみ】薬剤師特化の転職サイト比較ランキング最新版

2018年12月8日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。