薬剤師の転職に年齢制限はある?30代・40代など年代別に解説!

The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

薬剤師は、年齢層に関係なく比較的転職しやすい仕事だと言われています。

そうは言っても、本当に30代・40代でも薬剤師転職できるのか不安な方は多いでしょう。

転職活動をする前に、薬剤師の年齢制限について知っておくと、仕事選びもしやすくなりますね。

そこで今回は、薬剤師転職において、年代別に職場ごとの年齢制限を解説していきます。

【年齢別】薬剤師の転職事情と注意点まとめ

一般的にどんな仕事でも、30代後半になると転職市場の価値が低くなり、転職することは難しくなります。

薬剤師の場合は、国家資格を持つ特別な仕事ですから、比較的年齢は関係なく仕事を見つけやすいと言われています。

実際に、30代後半の年齢層が高めの人でも薬剤師転職する方は多いです。

薬剤師の転職市場も他の仕事と同じく、20代から30代前半までの需要が最も高めです。

ただし、30代後半になると選択肢は減るものの仕事は何とか見つかるのがポイントです。

「薬剤師免許の国家資格を持っていて良かった」と実感する瞬間ですね。

ただし、注意点としては納得の行く職場が見つかるかどうかはまた別の話です。

年齢層が高いと体力的にも限度があり、選択肢は狭くなっていきます。

薬剤師転職は、年齢が上がるつれて、狭い選択肢から最適な仕事を見つけるのが難しくなります。

20代の薬剤師は転職に年齢制限はある?

20大の薬剤師は、どの職場でも転職するチャンスは高いです。

病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社など、それぞれ転職難易度は異なりますが、年齢は気にする必要はありません。

20代の薬剤師は若さゆえに実務経験が少ないことがネックとなります。

病院からドラッグストア、調剤薬局から製薬会社など、未経験の職場に転職する際は、未経験であることがマイナスです。

しかし、20代の場合は将来性を見込まれるので、研修制度がある職場は積極的に採用するので心配は不要です。

30代の薬剤師は転職に年齢制限はある?

30代になると、前半と後半で転職市場の価値が分かれていきます。

30代前半までは、比較的どんな職場でも薬剤師転職することは可能です。

30代前半までは未経験でも採用するケースが多いので、積極的にチャレンジすることをおすすめします。

30代前半は20代と同じく若い人材として市場価値があり、社内の研修や教育制度を行い、経験を積むことができます。

ただし、30代後半になると、職場によっては年齢制限がかかることがあるので注意が必要です。

経験者は採用されるチャンスはありますが、未経験から製薬会社のMRに採用されるのは難しくなります。

40代の薬剤師は転職に年齢制限はある?

40代は経験があれば、薬剤師転職することは十分に可能です。

即戦力があり、求人のもとめる人物像にマッチしてれば、採用されるので積極的に転職活動をしましょう。

特に調剤薬局やドラッグストアは問題ないので年齢を心配する必要はありません。

ただし、40代の未経験の場合はどんな職場も厳しくなります。

年齢的に体力も落ちるため、これから研修や教育制度で時間とコストをかけてもプラスの見込みがないと判断されてしまうのです。

40代の場合、特に病院と製薬会社への薬剤師転職は厳しくなります。

50代の薬剤師は転職に年齢制限はある?

50代の薬剤師は40代と同じく、経験があれば転職できるチャンスは高いです。

調剤薬局で長年働いていた経験がある方、ドラッグストアの薬剤師をしていた実務経験がある場合は、50代でも採用されるでしょう。

50代の薬剤師は未経験の職場では転職するのは厳しいですが、経験があればチャンスはあります。

特に調剤薬局とドラッグストアは50代でも積極的に採用しています。

60代の薬剤師は転職に年齢制限はある?

60代でも実務経験があれば、転職することは可能です。

実際に、過疎地域のドラッグストアは人手不足が深刻化しており、60代でも年収600万円の高収入案件を出して採用しています。

都市部では薬剤師の人口が多いので高収入を狙うのは難しいですが、転職するチャンスはあります。

ただし、60代は未経験から薬剤師転職するのは難しいので、実務経験が求められると捉えておきましょう。

年齢が気になる薬剤師が転職を成功させる3つの方法

年齢が高くなると薬剤師転職する勇気がなくなるかもしれません。

ここからは、年齢が気になった時に気をつけたい薬剤師転職のコツをご紹介します。

①実務経験をアピールする

30代以降になると、採用側としては体力的な問題により「すぐ辞めてしまわないか…」と心配されます。

年齢層が高い人は、薬剤師としての実務経験を武器にして、仕事に貢献できることをアピールしましょう。

病院であれば残業が多くても業務をこなしたこと、ドラッグストアであれば接客業が得意など経験を話すと効果的です。

採用担当者は「年齢が高くても頑張ってくれそうだな」と判断して採用されるチャンスがアップします。

年齢はどうにも変えられないので、実務経験を話して即戦力をアピールしましょう。

②小規模の調剤薬局を狙う

大手の調剤薬局グループの場合は、新卒を大量採用したり、中途採用も年齢層の枠が決まっていることが多いです。

年齢層が高くても調剤薬局の実務経験があれば、採用されるチャンスはありますが、大手の場合は難しくなります。

年齢が気になる薬剤師は、小規模の調剤薬局に絞って求人を探すと、採用率は上がるでしょう。

個人経営の調剤薬局や単一薬局の場合は、年齢制限を設けていない場合が多く、チャンスは高くなります。

③地方の勤務地を検討する

多くの仕事は都心部のほうが年収が良く、地方の方が年収が下がる傾向にあります。

しかし、薬剤師を含む医療業界においては都心部よりも地方の方が年収が高めに設定されてるのが特徴です。

人手不足が深刻な上に医療従事者の数が少ないので、年収や労働条件が良い求人が多く見つかります。

そして、地方の薬剤師求人は年齢制限を設けていないので年齢に関係なく採用されるチャンスがあります。

年齢が上がってきたら都心から離れて地方の調剤薬局やドラッグストアへ転職すると、年収がアップして内定率も高くなるのです。

年齢が気になる人でも大丈夫!おすすめの薬剤師向け転職エージェント3選

ここからは、年齢が気になる薬剤師におすすめの転職エージェント3つをご紹介しましょう。

20代・30代・40代におすすめ|マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
保有求人数 強みのある業種 対応地域
50,000件以上 調剤薬局、病院・クリニック、ドラックストアなど 全国

マイナビは新卒に特化した転職サポートも行っており、若手人材の転職サポートに強みがあります。

20代から40代の薬剤師転職する方は、「マイナビ薬剤師」に登録しましょう。

全国の薬剤師求人を幅広く取り扱っており、地方在住者もフルサポートを受けられるのが嬉しいポイント。

マイナビ薬剤師の評価

総合評価 ★★★★★ 4.8
保有求人数 ★★★★★ 5.0
保有している求人の数 ★★★★★ 5.0
年収(時給・賃金)アップ、キャリアアップ実績 ★★★★★ 4.6
待遇・福利厚生・紹介先の満足度 ★★★★★ 4.6
口コミ・評判の高さ ★★★★★ 4.8

20代・30代・40代におすすめ|リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師
保有求人数 強みのある業種 対応地域
35,000件以上 調剤薬局、ドラッグストア(調剤併設)、ドラッグストア(OTPのみ)など 全国

「リクナビ薬剤師」は転職大手のリクルートが運営している薬剤師専門の転職サービスです。

おすすめポイントな「リクナビ薬剤師」だけが持つ非公開求人を紹介してもらえることです。

20代・30代・40代のユーザーが多く、年齢に合わせた最適な仕事を紹介してもらえます。

リクナビ薬剤師の評価

総合評価 ★★★★★ 4.6
保有求人数 ★★★★★ 4.8
保有している求人の数 ★★★★★ 4.8
年収(時給・賃金)アップ、キャリアアップ実績 ★★★★ 4.4
待遇・福利厚生・紹介先の満足度 ★★★★ 4.4
口コミ・評判の高さ ★★★★★ 4.6 

30代・40代・50代におすすめ|ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
保有求人数 強みのある業種 対応地域
54,000件以上 調剤薬局 病院・クリニック 企業 ドラッグストア ドラッグストア(調剤あり) など 全国

30代・40代・50代の薬剤師転職には、「ファルマスタッフ」がおすすめです。

全国にある調剤薬局の求人を保有しており、年齢層高めの薬剤師転職サポートに実績があります。

正社員よりも派遣求人が多く、ライフスタイルに合わせた働き方を提案してもらえます。

厚生労働省が認定した「職業紹介優良事業者認定企業」なので安心して利用することができます。

ファルマスタッフの評価

総合評価 ★★★★★ 4.5
保有求人数 ★★★★★ 5.0
保有している求人の数 ★★★★ 4.2
年収(時給・賃金)アップ、キャリアアップ実績 ★★★★★ 5.0
待遇・福利厚生・紹介先の満足度 ★★★★ 4.0
口コミ・評判の高さ ★★★★ 4.3 

薬剤師の年齢制限まとめ

薬剤師は他の仕事と比較すると、年齢が高くても仕事が見つけやすいのがメリットです。

ただし、自分の希望する条件に合った仕事を見つけることは年齢と共に難しくなります。

そんな時は転職エージェントに登録して、最適な仕事選びと採用までのフルサポートを受けると安心です。

年齢の不安や自己PRのやり方なども丁寧に指導してもらえるので、積極的に利用することをオススメします。

現役薬剤師に聞く!薬剤師特化の転職サイトおすすめ比較ランキング

2018年12月8日
The following two tabs change content below.

CAREE編集部

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「転職をもっと身近に。」 価値観が多様化していく中で転職については従来の「3年は働け」のような価値観が依然として残っています。 CAREE編集部は転職を「キャリアを実現するためのステップ」と考え、皆さんの転職が成功するようなコンテンツをお届けします。