公務員薬剤師の年収・仕事内容は?試験難易度と倍率も解説

薬剤師免許を取得したら、定番の職場である病院・調剤薬局・ドラッグストアの他に、公務員薬剤師になる選択肢があります。

公務員薬剤師は、どんな仕事をして年収はどれくらいなのか気になりますよね。

この記事では、公務員薬剤師に興味がある方に向けて試験難易度や倍率などまとめて解説していきます。

公務員薬剤師とは?

公務員薬剤師は大きく分けて、厚生労働省に属している「国家公務員」・「麻薬取締官」、そして各都道府県などに属している「地方公務員」があります。

「地方公務員」はさらに「病院業務」と「行政業務」に分かれ、「行政業務」の職場は役所、保健所、分析センターなどが挙げられます。

ここからは、公務員薬剤師の職種別に仕事内容を見ていきましょう。

①国家公務員薬剤師

国家公務員薬剤師は厚生労働省の所属の薬系技術職員です。

主な仕事内容は、薬事行政、食品安全、研究開発振興、家庭用品の安全対策や、リスク評価などが挙げられます。

医薬品の副作用で健康被害を受けた方を救済する対策にも関わります。

医薬品や医療機器、化粧品の品質の有効性や安全性の確保など、調剤や服薬指導だけではない幅広い仕事内容です。

注意点としては、国家公務員薬剤師は2年毎に部署が変化するため、他の省庁へ異動する可能性があります。

②地方公務員薬剤師

地方公務員試験に合格すると、病院や行政に配属されて地方公務員薬剤師となります。

地方公務員薬剤師の職種は、調剤業務・病棟業務など病院薬剤師として働く病院勤務と行政勤務に分かれます。

病院勤務の場合は、一般的な病院薬剤師と変わらず、当直や夜勤、土日祝出勤がある職場も多いです。

行政職務に配属されると、役所や保健所、分析・検査センターで水質汚染の検査、医薬品や食品の検査の業務となります。

③麻薬取締官

麻薬取締官は厚生労働省・地方厚生局麻薬取締部に所属です。

主な仕事内容は、薬物犯罪における捜査や情報収集、病院や薬局、製薬企業への立ち入り検査が挙げられます。

薬物乱用防止の相談、鑑定として薬品の分析、毛髪分析など、仕事内容は多岐にわたります。

裏社会の捜査上で危険を伴うこともあり、麻薬の逮捕術の訓練、拳銃を操作する訓練も受けるのでリスクも伴います。

麻薬の被疑者を長時間の張り込みしたり取り調べにも関わるのでハードな業務が多いです。

公務員薬剤師の仕事内容は?4つの勤務先を徹底解説

ここからは、公務員薬剤師の仕事内容を勤務先別に見ていきましょう。

①公立病院

地方公務員試験に合格すると、各都道府県や市町村で公立病院で勤務することが可能です。

仕事内容は私立病院や国立病院と同じ業務内容となり、調剤、監査、注射薬の払い出しなどです。

②厚生局

全国にある地方厚生局は、保険薬剤師としての申請を行う場所です。

薬剤師国家試験が終わる頃、調剤報酬改変時は提出物のチェックの業務が多忙になります。

国家公務員薬剤師、地方公務員薬剤師、麻薬取締官も厚生局で働くことがあります。

部署の異動は2、3年を目安に行われ、国立病院や他のにて研修を受けることもあります。

定期的に異動が多いので、勤務地を変えたくない方には向いていません。

業務が忙しい時期は残業がありますが、基本的には夜勤なしの土日祝休みです。

③分析・検査センター

分析・検査センターは、衛生管理のために企業や飲食店にて調査を行います。

例えば、水質の検査、医薬品成分、食品成分の分析、アスベスト、ダニやアレルゲンの検査があります。

薬剤師の仕事において、分析機器を取り扱う仕事は分析・検査センターの他にはないので、貴重なスキルになるでしょう。

④保健所

保健所の仕事内容は、デスクワークなどの事務と企業にて検査や指導を行う業務です。

薬局として施設基準が整備されているか調剤薬局へ立ち入り検査をします。

薬剤師らしい調剤の業務はありませんが、健康推進活動や地元住民の安全性を追求する仕事です。

保健所の薬剤師はリスクが少なく、女性でも働きやすいので、人気がある仕事です。

公務員薬剤師のメリット・デメリット

ここからは、公務員薬剤師として働くメリットとデメリットを解説していきます。

公務員薬剤師のメリット

厚生労働省の公務員薬剤師は、大企業も国から任される仕事に関わるため、責任感があります。

毎回新しい事にチャレンジするため、非常にやりがいを感じられるのもメリットです。

年功序列の制度があり、昇格・役職が確約されている社会的な安定も魅力と言えるでしょう。

公立病院の場合も営利追求がなく、勤続年数に合わせてしっかり評価してもらえるのが嬉しいポイント。

公務員薬剤師のデメリット

他の薬剤師の働き方と比べると公務員薬剤師は給料が低いのがデメリットです。

公務員のため他の仕事のアルバイトをしたり、副業することができません。

業績を上げてもボーナスに反映されず、貯金がしにくいのは公務員薬剤師の大きなデメリットと言えます。

公務員薬剤師の年収は?平均的な給料相場を解説

公務員薬剤師は給与は低いですが、年功序列で年収が徐々に上がっていきます。

公務員薬剤師の平均給与は20代で25万円、40代になると30万円です。

公務員薬剤師の平均年収は20代で450万円、40代になると590万円です。

40代50代になると、ドラッグストアで働く一般の薬剤師よりも高くなるので安定性が嬉しいボイントです。

公務員薬剤師の大きなメリットは、まとまった退職金がもらえることも挙げられます。

公務員薬剤師の試験難易度・倍率を徹底解説

公務員薬剤師を目指すのは一般の薬剤師よりも難しいのでしょうか?

公務員薬剤師の直近の倍率を見ていきましょう。

公務員薬剤師の試験難易度

国家公務員の薬剤師になる場合は、国家公務員試験
を受験する必要があります。

筆記試験で国家公務員総合職試験に合格した後、人事院面接と官庁訪問により合否が出されます。

厚生労働省の採用ページによれば、平成20~27年の間に採用された人数は毎年5~7人です。

国家公務員の薬剤師は非常に高く狭き門のため、多くの場合は地方公務員の薬剤師を目指す人が多いです。

試験内容は教養試験、専門試験、論文試験、面接試験、適性試験などがあり、都道府県および市区町村により異なります。

公務員薬剤師の倍率

公務員の薬剤師になるには、試験の倍率はどれくらいなのでしょうか?

地方公務員は市町村によって倍率は異なりますが、直近5年は約10倍程度の倍率で推移しています。

近年は、調剤薬局やドラッグストアへ就職する薬剤師が多い事が理由と考えられます。

調剤薬局やドラッグストアは高収入な上に、求人倍率は約2~3倍程度と低いのではやり魅力的に感じます。

そのため多くの薬剤師は、病院・調剤薬局・ドラッグストアへ就職・転職する道を選んでいるのが現状です。

公務員の薬剤師の倍率は10年間減少していますが、まだまだ難易度は高いと言えるでしょう。

ただし、どうしても公務員の薬剤師を目指すならば地方公務員の薬剤師となり、保健所がおすすめです。

保健所勤務の場合は、倍率5倍くらいと難易度が低くなっていますので狙いやすいです。

公務員薬剤師の年収・仕事内容・試験難易度まとめ

公務員薬剤師は一般の薬剤師とは、仕事内容がガラリと変わり、全く異なる働き方です。

まずは公務員試験に合格する必要があり、長い道のりが待ち受けています。

仕事の安定性やキャリアの幅を広げたい薬剤師にとっては、候補に入れてみてはいかがでしょうか。

【2019年】薬剤師向け転職サイト比較ランキング|薬剤師28人が選ぶおすすめはどれ?

2018年12月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です